[ 2728 ]  第363回 (2020/3/1放送) を聴いて 【後編 その1】


さて、「きらクラ!」が消えて行ってから3ヶ月が経ちました。

まだ過去の録音を追いかけてる状態ですが、何やら蜃気楼を見ているような感じもしてます。


まぁオイオイとその蜃気楼たちの感想は書くとして、

まだ3ヶ月前だし、実体として残っている像から、

って・・・・・・

まぁ要するに、まだ書いてなかった記事を書き上げちゃおう、と思います。



全然書く気にならなかったんだけど、3ヶ月経ったし、
まぁ節目として残りを書いておこうかなぁ、と
重い筆、というか重い気持ちをよっこらさ、と
持ち上げて、書いてみます。

(てか、またまた小出しの予感ですがぁ・・・
この記事3回目だけどまだ番組始まって50分過ぎ・・・)






ということで、



こちらこちらの続きです。




では、以下、

★藤: は、藤田真央さん
◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと



◆: 昨年のせんくら(仙台クラシックフェスティバル)で初めて聞いた 若手の演奏家として目が離せなくなった
左足の怪我(マメ)は回復?

◆ふ: マメ
★藤: なぜかですよ 15日間ヨーロッパとロシア 10日コンサート マメができて日本帰って来て次の日に 普段靭帯を断絶した影響で歩く姿が元々の段階で芳しくない
プラス 同じ左足に 
その時はひどかった 歩く恰好が
◆ふ: ペダルは
★藤: 足の腹の部分で踏んだ
◆ふ: 反田さんは靴下 さすがに書いたことは?

★藤: あんなにぶっ飛んでないですよワタシは
◆ふ: ぶっ飛んでるとこありますけどね




◆: 真央さんはどの曲でも座るやさっと弾き始め曲の中に入り込みご自身の音楽を奏で始めるる どんなイメージで想像?
★藤: 歩いてお辞儀をして座る ワタシの中でこうやって弾くんだというテンポ感なり音楽観なり考えて 自然とそうなっちゃった
◆ふ: 椅子の位置しっくりこないな、とか そういう揺れみたいなのないわけ?
★藤: ありますあります 途中ぐらいで気付く 激しいところになったときに瞬発力でバンとずらす でも行き過ぎてるときがあってこりゃダメだ 左がメロディーで右がせんの時に(←い:って聞こえた) ちょっとお尻を上げて 調整 そういうことしちゃだめなんですけどね本来
●ま: 小澤征爾さんとヤマカズさんと真央君 ずぅっと動いてる 体が 演奏中じゃなくて
ぴっと立ち止まれないタイプ ずっと多分音楽が流れてる 頭(の中)に
◆ふ: ピアニストとして世界の真央くんですけど ワタシが教師で普通の生徒だったらしょっちゅう叱ってる
(ふたり爆笑!)
通信簿に落ち着きがないって書かれたことは
★藤: ありますあります!



◆: 映画「蜜蜂と遠雷」 リクエスト ↓

「春と修羅(風間塵バージョン)」 藤倉大・作曲
(6分13秒)
(ピアノ)藤田真央
<NAXOS NYCC-27310>




◆ふ: たのも~ 真理さん、真央さん たのも~ どうします?今日お客さまいらっしゃる
●ま: 帰ってもらいましょうか たまには
←い: 冗談最高!


   tanomou200301.jpg

で、ふかわさんが読み上げてる途中で
●ま: 余裕ですね もう大丈夫
★藤: トゥ~でわかりました

●ま: シベリウスのヴァイオリンコンチェルト三楽章




♪空耳クラシック

◆: オッフェンバック作曲 歌劇ホフマン物語 第4幕第1場第7景 ジュリエッタの歌で始まる御ドラ(アハ、ごんどらで変換したら出たの) ゴンドラの舟唄のコーラスが続く辺りで たのも~が2度
←い: おもろかったぁ!(でもあれ?2度?1度だけだったような・・・?)




◆ふ: 番組からのお知らせ 来週はマーチinマーチ
←い: あぁ懐かしい・・・




勝手に名付け親の出題

「ドレスラーの行進曲による9つの変奏曲 ハ短調 WoO63」
ベートーベン作曲
(7分13秒)
(ピアノ)ミハイル・プレトニョフ
<Deutsche Grammophon
POCG-10065>

←い: あぁ懐かしい・・・

「クラリネットをこわしちゃった、と思ったけれどこわれたわけじゃなかったの」 そしてその後

って名付けたなぁ・・・・・・

◆ふ: プレトニョフ 好きと
★藤: 好きですねぇ 本人に2回お会いした 1ッ回目は指揮 終った公演直後 ご満悦 サインしてください チャイコフスキーのコンチェルトの譜に(サイン)してくださった
その二日後 ピアノリサイタル 素晴らしかった って言ったらむっつり 目線が合わない
早く帰れみたいなオーラ
ピアノの時は機嫌悪いんだぁ と思ったのが印象的
ピアノはワタシはこの人が一番と思う世界で
◆ふ: 真央さんのエピソードってなんかオモシロイ
●ま: ちょいちょい毒を挟んでくるところが
★藤: いやいやいや
◆ふ: いい不協和音が 笑える不協和音が届いてきますが
←い: こういう語彙の使い方、抜群だったなぁ、ふかわさん・・・



で、今回はここまで。
続きはまた次回、いつか~






ではでは。 ♪ banneretomo.gif







[ 2020/06/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)










↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 18457 ] ~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ございます

きらクラ起こし、お疲れさまです。
三カ月しか経っていないとはいえ懐かしいですね。
昨日の✖クラはラジネコールがあったので、それさえもきらクラを思い起こさせました。そのような要望があったのでしょうね。

[ 2020/06/29 05時50分14秒 ] [ 編集 ]

[ 18458 ] お!おはよーございま~す


ナハ、記憶と気持ちを掘り起こしてます、ぷっぺさん。

>そのような要望
それと、昨日それを聞いたときに、
スタッフもMCさんも、こちらもこれだけのリスナーさんがいらっしゃいますよう、きらクラ!ファンの方も是非聞いてくださぁい、っていうアピールかなぁ、とも思いました。ナハハ。


[ 2020/06/29 06時08分29秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/2728-4a4833cc