[ 2179 ]  『KABUKI TUNE (2018/12/14放送)を聴いて』 <後編>

 

昨日の続きね。


◆ふ: は、ゲストのふかわりょうさん
う:  は、尾上右近さん
←い: は、オイラのひとりごと



ふかわさんとのトーク【3】

「LOVE DISCO」
ROCKETMAN:作詞
ROCKETMAN:作曲
(歌・演奏)ROCKETMAN feat.トリンドル玲奈
(1分43秒)
<ビクターエンタテインメント VICL-63905>

←い: が終わって、
う: こういう発想ってどっから来るんですか こういう曲を作ろうっていう
◆ふ: んー家に帰るとですね 音に浸かる時間があるんですよ いろんな音と戯れるというか
う: へぇ~
◆ふ: それは CDやレコードを聴くじゃなくって 今パソコンでいろいろ曲を作れるわけですけど いろんな 色で言うと何万色 の 音色があるんですね それこそ三味線の音だったりピアノの音だったりトランペット それをもっと細分化するとそれぐらい種類があるんですよ そのいろんな音と戯れる時間があって 戯れた結果、こういう曲に なる場合もあるし 途中で頓挫するのもあるんですけど
う: その戯れるというのは 実際楽器を触って?
◆ふ: 音色自体はパソコンにプログラムされているので 実際は 鍵盤を パソコンに接続された鍵盤を 叩くことによって音色は生まれるわけなんですが ま、簡単に言うと その時間が毎日
う: へぇ~
◆ふ: 日々あるので 日記をつけるようなと言うか なんかその日その日が 心の形って微妙に変わるじゃないですか(←い: 一瞬通信が切れたようです あ、録音ファイルの話・・・) その心を整える一環で音と戯れて ごつごつした部分がころころ転がる、まるぅくなるみたいななんかそんな感じですかね 厄介なおっさんなんですよ
う: いやいや でもそういう曲にするって凄い大変な作業ですよね
◆ふ: そこは もちろん最終的な商品にするってのは ある程度 8合目からの登山が大変なように そっから結構気合が必要なんですけど 8合目までは楽しいですよ
う: へぇ そっから先が大変なんだ
◆ふ: そっから細かなところのジャッジをするのが 凄く神経も使うし 耳で聞いてジャッジするって 目で見て間違いを正すよりも 耳って直接脳に来るから結構神経をすり減らすんですよ
う: へぇ~~~
◆ふ: だからスタジオ 深夜まで そういうのをやってると 結構 好きなことではあるけど体力消耗するんですが その繰り返しが楽しいですね
最終的に出来上がるとそれはそれで なんでしょうかねぇ 自分の宝物のようなものなので

←い: 上手い! え? 間髪を入れずに
   kabukitune181214jingle.mp3

だったんでぇ



ふかわさんとのトークは続く【4】

う: 話はちょっと変わりましてですね 2018年 早いもので後2週間余りとなりました というところで ふかわさんにとって今年一年はどんな年だったかを振り返っていただきたいと思います
◆ふ: お~ まぁ 例年にも増して 相槌の多い
う: また
◆ふ: 気がします もう相槌のプロになろうかなっていうぐらい でもホントに

★★
これまた違う意味でのふかわ節~

◆ふ: 相槌って大事だと思うんですよ 相槌の相はキヘンじゃなくて愛情の愛だと思ってるんで
う: うわ、凄い!
◆ふ: ワタシもう 108っつの相槌パターンありますので
う: 108手ですか
◆ふ: いやあの煩悩の数とも言われるね
う: はい
←い: ナハハ、右近さんがちょっとずっこけツッコミいれたつもりだったんだろな スルーされちゃったね
◆ふ: 108っつ ちゃんと数えたことはないですけど それぐらい 相槌にもいろんな種類があって これ さっきの相手を楽器を思ってじゃないですけど 相槌次第で
う: そうなんですよねぇ
◆ふ: ひとたび 相槌を打たなくなると相手の人って不安になるんですよ
う: 不安になる そうですよね
◆ふ: 何これ ちゃんと聞こえてるのかなぁ
とかって 相槌ひとつで相手の気持ちも変わってくるので ある種馬の鞭を打つような
←い: はぁ 変な例えでない?
◆ふ: あれによってスピードも上がったり気持ちも高揚するとかっていうのもあるので その相槌ひとつ? 和風でいうと合いの手という表現もありますけど そういうのって全体的なハーモニーに影響するなぁと だからそういうのをより大事にした一年だったかな
う: なるほどなぁ
(トーンを改め)
来年はどんな年になる っていきたいですか?
←い: ナハ、変な質問 意味はわかるけど
◆ふ: 来年・・・そうゆことを初めて聞かれたなぁ 今年
う: もうそういう時期ですからね
◆ふ: ま今までの感じからすると 2018年の惰性でいければな、と
う: ぐふふふふ
◆ふ: ジェットコースターで最初の一番上に上がったところから あとはもう下る? 重力だけで行くみたいなことを聞いたことありますけど そんな感じですね
う: 上がった その反動で
◆ふ: そのなんか惰性で行けるところまで行ければ、と
う: すげぇ、そういう抱負を抱くひと初めてだな 力抜けまくってるな
◆ふ: おっさんってねそういうことなんですよ おっさんになるって
う: 歌舞伎界の先輩そういうことはあんまりおっしゃらないですからねぇ 年齢はある意味そこは無視してるとこがあると思って
◆ふ: でも見習うのはそっちですからね ワタシのことなんか全然見習う必要ないですよ
う: いやいやみんなホントは内心そうなんだな、と垣間見た気がします
◆ふ: でもね ほんとにつくづく感じるのは 出会うんです いろんな方に。自分でもがこうが止まっていようが 出会うので 出会いに委ねていればどうにかなるな って思うので
う: そうですよね きっとねぇ出会い ホントでも今日の出会いは・・・反省です 反省をいただいた
◆ふ: なんだろ ボクもね 以前反省するタイプだったんですけど そういうの周りに波及しちゃったりするので やっぱり前向きに
 っていう感じですね 
う: うん、うんうんうん
◆ふ: そこら辺も精神の鍛錬になるんでしょうかねぇ 今後もねぇ
う: と思ってますけど・・・
◆ふ: 声が大分小さくなって
う: ウハァッハッハッハ(←い: 歌舞伎かぁ!?) 
本気で反省してるからですよ なぜならば
◆ふ: 反省しなくて大丈夫ですよ
う: いやぁでもそうかぁ 力抜けて自然体っていうことだったんですねぇ
◆ふ: 年に一回ぐらいお会いしたいですね こういう番組とかで
う: いいですか?プライベートじゃだめですか?
◆ふ: プライベートはね、ちょっとワタシ閉じちゃうタイプなんで
(←い: 右近さんに大うけ)
あるじゃないですか よくトーク番組で年末になるとこの人がやって来るみたいな 一年どうだったみたいな
う: そういう感じですか
◆ふ: ワタシそういうの好きなんですよ その派生で飲みに行くとかは全然ありですけど この番組とかそういうので
う: そういう 会わなきゃいけないシチュエーションで会う方がいいってことですか
◆ふ: そういう義務とかじゃなくって 一年後に それぞれのなんか収穫を見せ合うじゃないですけど
う: したいです
◆ふ: そういうなんか
う: じゃぁまた呼んでいただいてでも嬉しいです
◆ふ: いやぁこちらこそ また会いたいと思ってくれる人になりたいので
う: 会いたいです
◆ふ: ははは、どっちなのかな 本気で言ってくれてるんですか
←い: さぁてここで問題の 告白シーンに!
う: 会いたいです すぅごい好き
◆ふ: あ、ほん え?
う: 好き もうどんどん好きになってる
◆ふ: ちょっと久々です 告白されたの
う: どんどん好きになっていっちゃってる
◆ふ: ありがとうございます、ホントニ
う: プライベート閉じるとかもぉすげぇ好き
◆ふ: 曲行きましょう(←い: ナハハふかわさんが軌道修正)
う: え?あ、そうですよね
◆ふ: じゃ聞いてほしい曲があるので
う: お願いします
◆ふ: いいですか ワタシから紹介しちゃって
う: パーソナリティ失格発言 お願いします
←い: ん? そんなことないよ よくあることよ まぁシナリオがそうなってなかったんならちょい問題かな でもそこは流れに乗るのも大事だからいいんでない?

「ワン・ノート・サンバ」
アントニオ・カルロス・ジョビン/ニュウトン・メンドンサ:作詞
アントニオ・カルロス・ジョビン/ニュウトン・メンドンサ:作曲
(歌・演奏)ジョアン・ジルベルト
(1分36秒)
<東芝EMI TOCP-7874>


←い: ここまででやぁっと番組33分過ぎ。
この後、ノートは音 一つの音のボサノバ という説明があって右近さんがめっちゃ感心して ふかわさんにとってボサノバと歌舞伎が根底がつながってるというふかわさん流解釈があって、
右近さんの「すげぇ面白い切り口 考えにもいたらなかった 「きらクラ!」でも音楽のお土産 ここでもお土産いただいちゃった 今日はふかわさんに歌舞伎のお土産を」

そして歌舞伎の演目をひとり二役で右近さんが披露したあと、
(などなどの件りは中略~)


◆ふ: 今なんか歌舞伎を体感した気分
う: 義務感なかったですか? 
◆ふ: いやもちろん
う: 仕事だからやっぱこれ聞かなきゃな なげぇな台詞とか思ってませんでした?
◆ふ: エンジンかかってきましたね 大分 あやっぱり歌舞伎入ると
う: 逆に奏でられちゃってますか ボクが
◆ふ: いやもぉ 目もちゃんと開いてるし
う: ウハハ
◆ふ: 寝起きの目だったけど やっぱり歌舞伎で一個スイッチ入ったら
う: ホントですか
◆ふ: ようやくオンというか
う: 逆に奏でられちゃったかぁ
◆ふ: ご自身のペースが出てきたのか
←い: スイッチ入ったのはふかわさんのような・・・
◆ふ: 義務なんてとんでもないですけど 恐れ多いぐらいですけど あ歌舞伎ってこういうことなんだ、と実感できました
う: こういう一面もある、ということですね
◆ふ: いやぁ素敵なお土産ありがとうございます
う: 選ばせていただきました お聞きいただきましてありがとうございます
◆ふ: 人生で二度とないと思いますんでこんな経験は
う: いつでもまたお会いしたときにやりますんで もう一度ということであれば
◆ふ: いやぁジュークボックスじゃないですか 歌舞伎ボックスではないですけど いやホントにありがとうございました。


■エンディング
う: ふかわさん 何か ヒトコト いかがでしたでしょうか
◆ふ: なんせねぇ 久し振りに告白されたのが大っきぃですね
う: いやぁもうどんどん どんどん 惹かれていかれてしまいました
◆ふ: ホントですかぁ ワタシも勿論 「きらクラ!」でお会いしてお話し伺って ホントに素晴らしい素敵な方だなと思ってたんで まさかそんな方から告白されるとは思わなかったんで いやぁ是非・・・だから一年に一度より
う: もうちょっと
◆ふ: 3、4年経ってからお会い
う: え?
◆ふ: する方がいい え?もうちょっとってどっちの方向でした?逆でした?
う: う、う~ん、マジか 3、4年か マジか
◆ふ: 今日は余りにも収穫が多かったので
う: 3、4年ってだって目指してたらもう会えない気がする
◆ふ: 今男女のなんか喫茶店みたいな雰囲気なってますけど
う: もうちょっと会いたいですね お願いします なんとか
◆ふ: ワタシなんかよりもっと素敵な方沢山いますから ワタシはもう刻まれたので ワタシの中に完全にインストールされましたので 右近アプリが ふかわアプリ入りましたね?
う: (ひそひそ声で) 入りました
◆ふ: インストールされましたね
う: (ひそひそ声で) されたぁ ふふふふ
◆ふ: じゃぁ大丈夫です いろんな人とお会いした方がいいですよ
う: ホントですかぁ
◆ふ: こんなに残念がってくれるんですね もっと会いたい?
う: もっとお話ししたい フフフ
◆ふ: 全然いつでも呼び出されたら伺いますけど
う: わかってますよお忙しいの ボクとなんか時間割いてらんないというのはわかってますよ
◆ふ: いやいやとんでもないです
う: わかってますけどもうちょっと会いたいですね
◆ふ: ワタシ以上にお会いするべき人は沢山いますから 今日会えたことはワタシにとって収穫ですし 大きいものですけど
←い: ナハハ、告白受けた相手が好きでないときの断わり常套句のようなやりとり まぁホントに気があったようだけどね
◆ふ: ワタシの中にしっかり入りましたんで
う: 3、4年ですか 3年にしますか 4年にしますか
◆ふ: 東京オリンピック終わったあとぐらいにしましょうか
う: わかりました じゃそれを目指して
◆ふ: 受け入れてくれるんすねこれは
う: しょうがないです だって言いくるめられちゃったもん
←い: ナハハ 最初の予感が当たりましたかな?

◆ふ: ホームに伺いたいと思います
う: 歌舞伎? 是非ご覧いただきたいです
◆ふ: 言いませんので
う: 何をですか?
◆ふ: 見に行くとか行きましたとか 言わずに伺います
う: なんでですかどうしてどうして そんな性格悪いことありますか 言ってくださいよ
◆ふ: 東京オリンピック終わった後にあの日行きましたって報告します
←い: この辺りはお笑い芸人ですな
う: うわ気になってしょうがない 毎日ふかわさんが来てんじゃないかと思いながら舞台出ますから
◆ふ: あ、それじゃタチ悪いですね でもどっかで伺わせてください
う: ありがとうございました 勉強になりましたし この反省は持ち帰りたいと思います
◆ふ: とんでもないです 反省はしなくていいですよ

←い: ということで、文章にすると面白みやおふざけ気分のところがわかりにくいけど、総じて、ふかわ節三昧って感じでしたぁ。あぉ面白かった。そしてほんわかしましたぁ。







ということでぇ、皆さんがお忙しい年末、暇だったんでテープ起こししてみましたぁ。

でもそれなりに疲れたよ。


しかし・・・それにしても ・・・・・・ 同じ人? 

ukonkurabe181214.jpg

(まぁ顔の造作とか良く見れば同じ人かぁ)


ということでぇ、年初のっけからの長~~い文章をお読みいただき、ありがとうございました~~



ではでは。 ♪ banneretomo.gif







[ 2019/01/03 05時05分05秒 ] カテゴリ:・日記みたいなの | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)










↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/2179-e56f0129