[ 2152 ]  100年前何してましたぁ?

 
って生まれてないか・・・


ヒトコトで100年って言うけど、
最近は人生100年とか言う人もいらっしゃいますが(あ、生命保険ができたとか?)
でもまだまだ健康人生100歳には程遠いし、まだまだ身近じゃないですな。


ワタシとしては36年後、 よぼよぼ・・・・・・
できればあんまりみっともない姿を晒したくないんでその前にちゃんとあの世に行っておきたいけど・・・



逆に100年前、

いろいろググってみた。


◆ 1918年はどんな年だったのか


>100年前に創業した松下幸之助氏 ← なるほど

>あちこちで米騒動
>特需好景気
>民謡の流行

そして
>欧州戦線(第一次世界大戦)
>第一次世界大戦は日本を世界的な工業国として成長させるきっかけとなった。

だったんだねぇ。



◆ 1918年の政治

>原内閣
>ドイツ帝国
>ドイツ革命
>ドイツ社会民主党(SPD)とドイツ独立社会民主党(USPD)による臨時政府


◆ 西暦1918年(大正七年) 



◆ 第一次世界大戦史(年表)


徳島も第九もありません。



が、この年に日本で最初に第九が演奏されたのです。



◆ 第一次世界大戰 第九


◆ 第一次世界大戰 徳島


◆ ベートーヴェン『第九』アジア初演100周年 音楽が繋ぐ日本とドイツの絆


◆ [PDF]第一次世界大戦期の日本の国際関係と坂東俘虜収容所での日独交流


◆ 日本初「第九」演奏会の〝意外な史実「収容所第九コンサート」


◆ 赤十字ゆかりの地



まぁ良ければこちらもご参考まで。





そしてこの夏、NHKで紹介された

◆ 「鳴門の第九 歌声がつなぐ日独の100年」



さらに、12月22日にはNHK FMで、

◆ 「響け、100年目の第九」というオーディオドラマ

も放映されるようですよ。




ということで前置きが長くなりましたが、ってリンク貼ってるだけだけどぉ、

ちょっと前から右メニューの その他 に追加してます、



★★★★★★★★★★★★



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

crowdfuding-MusikschuleWildberg_photo.jpg


へのご協力お願いの記事3っつです。(この記事が一個め)




この11月3日に徳島で「100年前の和洋大音楽会」が開かれました。

100年前に第九が日本初演された翌日、

捕虜たちのオーケストラが徳島市内で住民の方々との音楽会で、

西洋の音楽と和楽器での交流があった
というもの。

当時としては画期的で奇跡ともいえることでしょうね。


そして今回の「100年前の和洋大音楽会」として再現されたわけですが、

それらの記録を残そう、というのでクラウドファンディングを立ち上げられたのだそうです。


で、詳しい続きは明日ね。




ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2018/12/07 05時05分05秒 ] カテゴリ:・日記みたいなの | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)










↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 15702 ] \( ΄◞ิ .̫.̫ ◟ิ‵)/ こんばんわぁ~

100年後の日本を予想してみました。

製造業は東南アジアやアフリカに行ってしまい、日本はIT関連の従事者のみ。
そのために労働者は海外移住して人口が激減。国内では多民族が入り混じって
もはや純日本人は希少価値。
地震を嫌うため日本を離れる元外人も多く、結局2118年頃には人口が6000万人程度。国民総生産も世界10位に落ち着いている。
言語は50%が英語。天皇制は存在するが総理は外人である。

[ 2018/12/07 21時57分54秒 ] [ 編集 ]

[ 15703 ] おはようございますぅ~


おはようございます、ぷっぺさん。

100年後ですね。

>人口が6000万人程度
そんな感じなんでしょうねぇ。そして高齢者が半分以上? どうなるこっちゃら。

あれま、
>総理は外人
って、法律が変わる?
https://matome.naver.jp/odai/2149999066951151601
変えざるを得ない状況を迎えるってことでしょうね。
さらに
>言語は50%が英語
だともう日本という国名もどうなってることやら・・・

第九は英語で~?

[ 2018/12/08 06時01分43秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/2152-c0a2b634