[ 2143 ]  第307回 (2018/11/26放送) を聴いて

 

今回もまたHPに今日のゲストへのお便り募集とかは載らず。

ひふみんさんはバッハがお好きってどっかに書いてたけどちゃんと一曲だけど載ってました。
さぁてどんな進行になるのか楽しみ~




で、以下、

ひ:  は、ゲストの加藤一二三さん
◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆ふ: さぁ、いよいよですよ
●ま: いよいよですねぇ
◆ふ: こちらにいらっしゃいますよ(ひふみんさん)


◆: 今週のゲストはひふみんこと加藤一二三さん
駒を指す勢いで将棋盤を割ってしまった?




◆: リクエスト ↓ 俳句はできないので晩秋と言えばこの曲



「抒情小曲集 第6集 作品57から 第6曲“郷愁”」 グリーグ作曲
(4分07秒)
(ピアノ)舘野泉
<EMI TOCE-55410 ̄12>

←い: え?左手だけで弾いてるんだよねぇ 凄いね




♪ドン

◆: カルロスクライバー指揮の演奏で衝撃 流麗 まるでワルツを見ているよう
◆ふ: 手の長さってこういう時に感じる 華麗に見られる


◆: ふかわさん 他の番組でも是非一度クラシックを取り上げてください
←い: へぇ 要求ですな で、ふかわさん かしこまりましたって言ったよ~


●ま: (少し長く聞いて、指揮は)三角とか四角とかに振ればいいというもんじゃない
◆ふ: パフォーマンス


◆: 生演奏は聞いたことない コミカルなところ哀愁のあるところが魅力 長大な作品 ウィーンで堪能したい


◆: ビギナーの頃はキャッチーな曲を聴いてましたが最近はオペラや歌劇がいい
←い: ん~ワタシ、オペラと歌劇の違いがわからないじぃさん・・・


◆: 将棋の棋士とバラの騎士をかけたんですね
◆ふ: 見事そちらも正解
←い: なるほどねぇ そういうことかぁ



ニアピン

◆: せごどんのメインテーマ?

◆: エドワードエルガー 威風堂々 2番冒頭

◆ふ: 今度は正解を狙ってください
←い: ステッカー残念 



当選者

◆: 絶対間違いない でも前回間違えた 
クライバーの指揮姿 還暦を迎えたおっさんですが きゃぁ素敵~ と言いたくなる
50年ほど前から将棋を趣味



第287回「きらクラ!」ドンの出題

←い: あ! K・・・



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「歌劇“ばらの騎士”から 第1幕 序奏」 リヒャルト・シュトラウス作曲
(3分36秒)
(管弦楽)ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
(指揮)ベルナルト・ハイティンク
<EMI TOCE-7510 ̄12>




←い: 正解曲が終わって、ひふみん登場
◆ふ: 本日のお客様をご紹介します 将棋棋士のひふみんこと加藤一二三九段です

●ま: お越しいただいて嬉しいです
◆ふ: 早速確認したいことがありまして
ひ:  えぇえぇえぇ
◆ふ: 将棋盤を叩き割ったことが
ひ:  えぇえぇえぇ あの、そうですね 昭和41年か2年に 大山名人との 王将戦の対局でね 盤が割れたのは事実で ワタシが割ったのと盤が割れたのと両方だと思います 割れたのは事実ですが 多分 ま、駒音高く戦っていましたから ま、それだけで盤が割れるとも思えないので 多分 その、それとですね、ま、盤の中の都合で 割れた のはつまり あのあの 具体的に言いますと 香車がぼーんと音立てて飛び上がりました 前代未聞 あのぉいや 空前絶後ですよ だってこんなはっきり言って あの萱の六寸盤ですよ (←い: かやって聞こえたから漢字変換してみた その次の言葉は かんろくすぽまん って聞こえたけどわからん で続けます) 将棋の駒指すだけで割れたんですよ
◆ふ: 奇跡が起きたんですね
ひ:  ま、と思います

←い: で真理さんがプロフィールを紹介。(略っす。wikipediaをご参照


◆ふ: 以前お話の中で将棋の棋譜 はメロディーだとおっしゃったことが非常に印象的だった
ひ:  そうなんですね やっぱりあのぉメロディーだし よくワタシが言うんですけども クラシックの大天才たちの名曲は まぁ100年、200年長く色褪せませんよね ワタクシの指した まぁワタシに限りませんけれども 棋士の指した素晴らしい この名曲(←い: 名譜だろね)というものは まぁ100年、200年は色褪せないという確信があります いやつまり 音楽と似ているところは まぁ結局えっとね 音楽というのも一瞬一瞬こうメロディーが展開していきますし ま将棋も一手一手 あのこう景色が変わっていくんですね で、やはり作品としての魅力というのは やっぱりあのクラシックの名曲と同じだと思ってます
◆ふ: 局と曲でね 響きが
●ま: あぁなるほど
◆ふ: ちなみに勝ち方メロディーは作曲家でいうと誰のような勝ち方のときありますかぁ?
ひ:  あ、そうですね んーと、あのね そうですね、ま、勝ち方でいうと そうですね あのベートーヴェンという感じですかね ちょっとこう ワタシが思うにはベートーヴェンは迫力もありますし えぇえぇまぁ、好きな作曲は沢山ありますけど なんかこう壮大で迫力があってですね まぁこの畳みかけていくような あのこの戦い方っていうのは ひとことで言うとベートーヴェンに似てると思います
おふたり: いやぁ
◆ふ: ご自身で確信があるということは素晴らしい
←い: ですなぁ ですがぁ、話しが長い、そしてちょいくどい、お年寄りは同じことを言うのにも長い時間かかるし、同じことを繰り返したりするけど、ひふみんさんはそのご性格と年齢から仕方ないんでしょうな ということで、以下、ひふみんさんの言は簡潔に書きます



◆: 誕生日が1月23日 大の将棋ファンだった父が ひふみ と命名しようと思った 父は耳を病み 現在は筆談



◆: ネコへクラシック音楽を聞かせたところネコが涙を流したというお話しを伺い驚きとクラシックパワーを感じた
ひ:  人がクラシックの名曲に感動するなら犬にもネコにも メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲 ネコが涙を流した 体験
◆ふ: 水差すわけではないですけど ネコも感動したときに涙を流す?
ひ:  直結すると思った



◆ふ: (クラシックを)好きになったきっかけは?
ひ:  42歳のときに名人戦7番勝負中原名人と 一局と一局の間に一週間 気分転換も込めて(クラシックを聞き) 遂に名人獲得

(対局の)合間をどう過ごすかも勝負

勝負は緊張感も必要だがクラシックの名曲を鑑賞することにより肩の力を抜くことも必要

◆ふ: ではその非常に大事な 身を委ねた曲を ↓

「戴冠式のミサ曲から “キリエ”“アニュス・デイ”」 モーツァルト作曲
(9分52秒)
(ソプラノ)アンナ・トモワ・シントウ
(アルト)アグネス・バルツァ
(テノール)ヴェルナー・クレン
(バス)ホセ・ヴァン・ダム
(合唱)ウィーン楽友協会合唱団
(オルガン)ルドルフ・ショルツ
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヘルベルト・フォン・カラヤン
<Deutsche Grammophon
POCG-2271>




◆: 2月頃から「きらクラ!」を聞き始めた
脳の疲れが激減 集中力アップ
←い: へぇ なるほどぉ ん? その効果があっての今のワタシ???
◆: 将棋をする際、クラシック音楽が集中力を高めたご経験は?
ひ:  直接お答えする前に 知られていることとしてはモーツァルトはα波が出て良い 犯罪が激減した例 ワイン造りにクラシックの名曲をかけると美味しいのができる 名曲はワクワクさせる

将棋の試合の前、1時間はモーツァルト、将棋の研究だけだと疲れる

バッハの名曲を聴くとこうしてはいられない
モーツァルトの名曲はこれでいい
バッハは何かしなさい、となってくる
モーツァルトは明日がんばりましょ
◆ふ: 体をさすってくれるモーツァルトと背中を押してくれるバッハと
←い: ふかわさん上手いねぇ


ひ:  将棋の試合の前は古典派が良くてロマン派は聞かない方がいいという説もある テンションが上がるから


◆ふ: 以前インタヴューさせていただいたとき 平常心でいられる方がおかしい 闘争心の方が必要なんだとおっしゃってた
←い: ツッコミ?
ひ:  勇気を持って戦う 相手の面前で弱気を出さない 慌てないで落ち着いて


●ま: ちなみにモーツァルトを聞かれるときの体勢は?
ひ:  胡坐をかいて座って
●ま: 寛ぎすぎないように 背筋をピーンとした感じなんですね
ひ:  ながら聞きはしない
←い:  へい、すんません・・・・・・今もクラカフェ聴きながら書いてます・・・
ひ:  ひたすら集中して
◆ふ: 音に溺れる感じ

「マタイ受難曲 BWV244から 第78曲“われらは涙を流してうずくまった”」バッハ作曲
(6分24秒)
(合唱)ミュンヘン少年合唱団、ミュンヘン・バッハ合唱団
(管弦楽)ミュンヘン・バッハ管弦楽団
(指揮)カール・リヒター
<Deutsche Grammophon
F00G-27099>




第149回 BGM選手権~♪

ひ:  初めて聞いた詩 素晴らしい将棋の本質を突いてる 菊池寛さんが相当強かったことが窺える 深い深い詩 流石

◆: ① 播州亭れおなるどさん (今日も快調さん)

「交響曲第5番 第4楽章(抜粋)」 チャイコフスキー作曲
(管弦楽)ボストン交響楽団
(指揮)小澤征爾
<Deutsche Grammophon
POCG-3227>

ひ:  これはパス
←い: いきなり!
ひ:  戦いなので明るいところも入ってる方が良い


◆: ② あややさん

「25の練習曲から“アラベスク”」 ブルグミュラー作曲
(ピアノ)クリストフ・エッシェンバッハ
<Deutsche Grammophon
F26G-20322>

ひ:  いい 弾むよう 将棋を指す楽しさ 山あり谷あり そういうことも含んで前向き


◆: ③ 弘法も木から落ちるさん

「演奏会用ワルツ 第1番 作品47(抜粋)」 グラズノフ作曲
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)エフゲーニ・スヴェトラーノフ
<EMI TOCE-3427>

ひ:   ちょっと静か過ぎるかな


◆: ④ さかいしげはるさん(ぷっぺさん)

「ジ・エンターテイナー(抜粋)」 スコット・ジョプリン作曲
(ピアノ)ジェームズ・レヴァイン
<BMG BVCC-38367>

ひ:  なるほどねぇ 将棋の戦いというのはこうなんだよ、と伝えているよう 説得力ある


で、ベストは、ひふみん審査員が決めて ②

←い: う~ん、バッハがお好きって聞いてたから一曲はバッハがあるんだろな、と思ってたけどなかったな。

それとぉ、どうでもいいことかどうか知らないけれどぉ
②の方の文章は「バラード」だったけど、かかったのは「アラベスク」だそうです。(ある方から教えてもらいました)
こりゃ物議を醸しそう・・・?

ひ:  将棋は面白くて楽しくて深い 深さがないと論外
一手 一番いい手を見つけるのに7時間考えタイトル取ってます
←い: 言い切ります! 自信! まぁ外見と話方と根本的なご性格で憎まれないんですなぁ


●ま: 将棋に対する思いもそうだけど音楽との相性も考えてられるけど ひふみんさんが一言一言に うんうん と頷かれているのが印象的 すべての言葉を噛み締めてられる
←い: なるほど!




勝手に名付け親の出題

「コンチェルト・グロッソ第1番から 第2楽章」シュニトケ作曲
(4分17秒)
(バイオリン)オレグ・クリサ
(バイオリン)リアナ・イサカーゼ
(ピアノ)アルフレッド・シュニトケ
(管弦楽)グルジア室内管弦楽団
(指揮)サウリュス・ソンデツキス
<TRITON DMCC-26025>

←い: ぎょえ~ 何度も聞こうと思わんなぁ・・・





◆: ひふみんさんのイメージはモーツァルト 前向きで明るくハッピー でもスリルがあってワクワクドキドキ そして天才
もしも対局する部屋に入るときに入場の音楽があるなら
フィガロの結婚 序曲
が合うかな?
ひ:  最適
◆ふ: 見事 ステッカー差し上げましょう 

実際の入場のときは?
ひ:  静か イヴェントのときは持ち歌のひふみんあいが流れてる 名曲

←い: なんでも名曲だぁ~

◆ふ: プロレスのように入場のときに流れたら面白い
←い: おいおい・・・真理さんも個性が出るとか、ひふみんもそうですね、って言ってたけど
「赤コーナー 藤井く~ん! 青コーナー ヒ・フ・ミ~ン」 ってか?

◆ふ: 最初に棋譜はメロディー でも将棋はお相手がいてのこと
ひ:  相手がいないと成り立たない 作曲家は無から作っていく 将棋は無じゃなくて相手がいるから作品として成り立つ

◆ふ: この相手だと明るい曲(←い: 局かな?) この相手だとマイナーとかある?
ひ:  (←い: 矢倉の話とか長々とやってはりましたが、要するに) お互いが得意手(でやるからいつもやる相手とは基本はあまり変わらない)


ひ:  藤井7段 秀才 あの年齢で将棋の研究一番 ワタシは18歳でA級8段 藤井さんが二十歳前後でA級8段になっていると天才と認める
←い: ナハハ、暗に自分は天才だとぉ!




強化月間

←い: ふかわさんが説明してる間にも ひふみんの ほぉほぉ という声が。 ずぅっとこういう感じで進んでます。

「ピアノ・ソナタ 変ホ長調から 第3楽章」 コジェルフ作曲
(3分32秒)
(フォルテピアノ)小倉貴久子
<ALM RECORDS ALCD-1067>

←い: 初めて見たときフォルテピアノってなんだんべ、フォルテとピアノ(音の強弱)のアイの子?って思ったりしたけどすぐに楽器とはわかったものの普通のピアノとどう違うの?ってずっと気になってたんで調べた。(ってググッただけだけど) (あ、アイの子 って言葉使っちゃいかんのかな? まぁこういう性格なんで許して)



◆ふ: 映画化しましょう
ひ:  映画と言えばアマデウス 何回も見ました 知らなかった曲を沢山知った
←い: なのかぁ 映画も見ないといけないね(と言うだけ、の繰り返し)




♪始まりはクラシック はじクラ♪

←い: 略ね。なんだけど、ひふみんがいちいち相槌打つししゃべるんで

「映画“愛情物語”から “トゥ・ラブ・アゲイン”(抜粋)」 ショパン作曲
(ピアノ)カーメン・キャバレロ
<poludor POCP-9143>

ひ:  とってもいい曲 ノクターンって言うんですか?
今でも家族でショパンのピアノの一番良く聞く 
5回ぐらい繰り返し毎日 ルビンスタインの演奏で
←い: ピアノの一番 ってなんじゃらほい

◆ふ: 真理さん今の4拍子
●ま: 4っつに顔を動かしたくなる感じでした
◆ふ: 元は8分の6拍子
←い: 勉強になる番組ですなぁ ほとんど頭に残らないのがたまに傷だけどぉ ワタシのキャパの問題・・・




◆ふ: 一番好きな曲を選んでもらってるんですが
ひ:  スランプ脱出になった名曲です
←い: 名曲と断言しますな 名曲と思います、ではないのよね まぁモーツァルトは名曲だらけとは思うけどぉ そして誰々の演奏とかよう覚えてはる 棋士は自分の対局の棋譜ほとんど覚えてはるもんねぇ なんちゅうか、ワタシにはみぃんな天才に見えるんですけど

「バイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216から 第1楽章」モーツァルト作曲
(9分09秒)
(バイオリン・指揮)イツァーク・パールマン
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
<EMI TOCE-55519>

ひ: 五ヶ月間ぐらいスランプで勝てないときがあった たまたま試合の前に聞いてスランプ脱出ができると思った
とっても瑞々しく若々しい
演奏 指使いが 遊び心が感じられる
(←い: で終わると思いきや、また)
今聴いても 瑞々しくて躍動感 ヴァイオリンがかすれるような弾き方が遊び心 将棋も遊び心がある方が良い
◆ふ: 感受性が強い
●ま: 素晴らしい 参考になる こういう見方で音楽を聴いてくださっていると思うとそういう気持ちで演奏しないといけないと思う




エンディング

◆ふ: 改めて将棋とクラシックの関係いかがでした?
ひ:  大変嬉しく思ってる(←い: 独特な表現ですな) 大好きなクラシックを晒すことができて(←い: って聞こえた) ホントニ良かった なんにしても音楽は大きな感動を与え続けることができる 世界中の人に喜びを与える 普遍的
クラシックを(対局のときに)取り入れて勝ってきた

ウィーンフィルが日本に来たときに食事を共にした モーツァルトのレクイエムを聴いて名人になった と棋士が紹介 加藤さんという人は将棋の天才だと思う、と 得意な話
←い: ナハハ、自分のことを褒め上げる、という憎めない おじぃさん!

◆ふ: 素晴らしいエピソード 将棋盤の上の駒たちはオーケストラのような
←い: マジ、ふかわさん上手い!
ひ:  美しい動きをする 我々には美学がある 単なる勝ち負けの世界ではない お互いに

◆ふ: ひふみさんは指揮者 指揮台に立って振る姿を見てみたい
●ま: 目に浮かぶびます

←い: で、実際に指揮台に立った 運命を(少し)振ったっていう話題をエンディングの曲が流れだしても続けるひふみん。
おいおいこのままだと番組終了まで話続けるのぉ? 最後のラジネ紹介にかけるしかないワタシはヒヤヒヤ・・・




エンディングのラジネ紹介

←い: でなんとか、ひふみんが失礼します って収まって・・・振ると便利だー がかろうじて(ほぼ最後に)読まれました。
はいはい貴志康一さんね、もうわかったからね、しつこいよ~ってことかな・・・



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



ドンも名付け親も締め切りは11月28日(水曜)だよ~ 

ってまたまた今日やがな~!







そして・・・どうでもいいですが、
10月6日のこだまっち講演の案内

kodamacchi181006sendai2.jpg


やぁっと消えました。(11月22日の朝見たら消えてました。21日朝見たときにはあったんだけどね。神戸のときにはちょうど一ヶ月で消えたので今日消えるかな?消えるかな?って見てましたぁ。暇人?)





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2018/11/28 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今6件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)










↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 15673 ] 将棋とクラシック


•゚・✿ヾ╲(。◕‿◕。)╱✿・゚:✲こんばんは~♬♫♬
詳しいまとめありがとうございます。
私は大分削除しましたので簡素です。

ひふみんさんはクラシックに相当お詳しいのですね、
ウイーンまで行かれたのでしょうか?
猫が涙を流したお話私は有りうると思いました。
もしかして年をとった猫だったかも?
家の猫達もじっと聴いていますからね、嫌だったら逃げると思うのに
リラックスしているようですよ。
将棋ファンには楽しい番組だったのでしょう。

クラシックも将棋も猫も奥が深いです。そして嵌ります。


この場をお借りして・・・

さかいしげはるさん(ぷっぺさん)BGM採用おめでとうございます。
ひふみんさん、気に入られたようで惜しかったですね。


[ 2018/11/28 18時34分35秒 ] [ 編集 ]

[ 15674 ] この場をお借りして

こんばんわ

ゆめこさん、BGM選手権のお祝、ありがとうございます。
もう少しテンポの速いバージョンでお願いしたかったんですが、イメージをひふみんさんに気に入ってもらえて嬉しかったです。

[ 2018/11/28 18時57分19秒 ] [ 編集 ]

[ 15675 ] 棋譜は楽譜?



こんばんはぁ、ゆめこさん。

>詳しいまとめ
ナハハ、いつものようにダラダラぁです。

>ひふみんさんはクラシックに相当お詳しい
ウイーンに行かれたみたいでしたねぇ。
ナガラ聞きをしないということですから、ただでさえ記憶力が凄いのにどんどん頭に入っていくんでしょうね。
ナガラ聞きする凡人にはどだい無理な境地です・・・

>もしかして年をとった猫だったかも?
アハ、そういえばワタシも涙もろくなりましたぁ。

>家の猫達もじっと聴いています
ふ~ん、猫ちゃんたちも聞いてますか。それは・・・その・・・恐らくですけど、飼い主さんがいいんでしょう。
家で飼ってた犬は音楽聞いても、テレビ見せてもなぁんも反応しませんでしたぁ。

>クラシックも将棋も猫も奥が深い
なるほど。ワタシは表面で十分・・・オイ?


[ 2018/11/28 19時11分26秒 ] [ 編集 ]

[ 15676 ] 改めて~


いーともさん、おはようございます。
改めて・・・11月のご登場(ラジネコール)おめでとうございました!
この長~い記事、もちろん全部拝見いたしましたが、チェックの余裕も「ん?」と思う所の聞き直しをする余裕もなく~、ありのままで~~
いや~、ほんま長い!詳しい!聞き逃してもここ読めばOK?みたいな感じになってますね(*^^)v


この場をお借りして・・・
ぷっぺさん、BGM採用おめでとうございます!
ひふみんさんに、説得力があると言われて良かったですね~


他にも知った方のお名前がちらほら・・・
名付け親はまた3つ出せず2個どまりでした、どうせ採用されないし(投げ槍~)
いーともさんの頑張りについて行けない歳になりました(~_~;)
あ、お便りの方・・・1月23日ひ○み(爆)そういう事だったのか~~
ひふみんさんは元旦のようですが・・・

[ 2018/11/29 08時03分59秒 ] [ 編集 ]

[ 15677 ] 改めてですかぁ


おはようございます、快鳥家族さん。

ラジネ、ありがとうございます。(最後にかろうじて読まれましたぁ)

>この長~い記事
ほんなこつすんません。だら長~で。

>「ん?」と思う所
今、も一度読み直しましたぁ。
いろいろ修正したんだけど、やっぱり妙な箇所がありますな。

>好きになったきっかけは? ← (クラシックを)好きになったきっかけは?

>対に名人獲得 ← 遂に名人獲得

>将棋はお相手がいてこと ← 将棋はお相手がいてのこと

まぁ「ん?」と思う所というのは違う意味なんでしょが、そこはパスさせてもらうとしてぇ・・・(パスは禁句?)

>頑張りについて行けない
いやそりゃあぁた、現役主婦と、リタイア趣夫(?)とは違いまっせ。暇してますからぁ。

>ひふみんさんは元旦
みたいですねぇ。まんまるお日様って感じそのまんま。


[ 2018/11/29 09時33分56秒 ] [ 編集 ]

[ 15678 ] この場をお借りしまして

こんばんわ

快鳥家族さん
BGM選手権、お祝いありがとうございます。
ツイッター界隈では、今回の選手権はレベルが低いとの評価だそうで。
それでもひふみんさんに認めてもらえれば光栄です。

[ 2018/11/29 17時14分44秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/2143-1399fa86