[ 3004 ]  第1回 (2012/4/8放送) 初回! を聴いて (2)

 

こちらの続きです。

さて今日はどこまで書けるかな?


以下、
◆ふ:  は、ふかわさん
●ま:  は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと



◆ふ:  早速メールが届いてるみたいなんですけど。
●ま:  はい、じゃ一枚目の、お便りを、ご紹介したいと思います。大分県王子町の おるしあさん という方でよろしいんでしょうかね。
◆: 初めまして。3月まではきまクラを仕事中の車中で聞いていましたが、今度はきらクラになってしかも日曜日の午後というのはいいですね。
←い: きまクラは日曜じゃなかったのね?
◆: 新鮮なおふたりのトークを楽しみにしております。がんばってください。
●ま:  というお便りをいただきました。ありがとうございまぁす。
◆ふ:  ねぇ、ボクねぇ、日曜午後のクラシックって凄くいいと思うんですよ。
●ま:  そうですねぇ。
◆ふ:  で、できたらねぇ、陽射しが差し込む?ちょっと明るい部屋の中で、コーヒーでも片手に?
●ま:  (笑)
◆ふ:  そういのが、よりクラシックを味わうのがベストな空間なんじゃないかと。いや別に雨だからいけないわけじゃないですけども、なんか日曜の午後のほんの少しけだるさと、明日からまた仕事始まるな、というほんの少しの苦味とさ、なんかミックスされた
●ま:  そんな日曜の午後に そっかそういう明るくて整えられた空間でクラシックを聴くってのがあるもんですねぇ
←い: 最初からふかわ節が流れてたのね。
◆ふ:  曜日でいうと日曜日がベスト、って昔から言われてますからね。
●ま:  あ、そうなんですか、へぇ
◆ふ:  ショパン辺りが言ってましたよ
←い: お笑い芸人の言うことは真に受けない!真理さん。
●ま:  (笑いながら) へぇ、ま、キリスト教のあれもあるのかも知れないしねぇ。
◆ふ:  ゴメンナサイね、メンドクサイ話ししちゃってね。
●ま:  ちょっと根拠が取れなくて、あぁそうなんだ、と。
◆ふ:  まりちゃんね、ひとつだけ言っとくと、ボクの話、基本根拠ないのね。根拠もないのと、真実かどうかもちゃんと取れてないので、その辺は適当に流しちゃって大丈夫だから
●ま:  そうなんですか、わかりました。
◆ふ:  じゃもう一通
●ま:  お便り行きましょうか。富山県富山市の ばいおりんちょうせんちゅうおやじさん からのお便りです。
◆: きままにクラシックが終わり、きまクラならぬきらクラですか?楽しみです。放送時間もいいですね。楽しい番組、期待しています。
●ま:  (読み終わって)ありがとうございます。ちょっと言いにくくてね、すみません。
←い: うぶ~
きまクラのリスナーの方が、もしかしたらこのきらクラになっても聞いてくれてるかも知れませんが、パーソナリティが代わるというのは、ラーメン屋さんのスープの出汁が替わるような
←い: アハ、これまたふかわ流ですな。
◆ふ:  特にラジオってのは、その出汁が替わったら敏感に反応してしまうんですよ。おい大将、これ味替わったんじゃねぇか、ってね。(←い:真理さん笑ってます) ボクらがどんなに頑張ったところで変化、違和感ってのはどうしても
●ま:  ぬぐいきれないところありますよねぇ 確かに。
◆ふ:  まぁそれは回を重ねて、徐々に徐々に、皆さんと
●ま:  味に慣れていただくということになりますかね
◆ふ:  こう寄り添って行けたらいいな、と
●ま:  確かに
◆ふ:  思いますので。
←い: 真理さんは普通の人。ふかわさんはやっぱ一味違った人。(こういう表現の用い方ね。)
しかし・・・やっぱ「きらクラ!」の後番組のスタートとは偉い違いだ!と思うのはワタシだけ?
エコ贔屓し過ぎかな? 後番組、その後聞いてないんで知らんけどぉ・・・
◆ふ:  では、早速行きましょうか。
●ま:  はい、では第一曲目の、えぇ録音をかけたいと思います。
←い: アハ、第一曲目をかけたい、とすっと言えなかったんだねぇ。
で、やっと ↓ です。 記念の一曲目!



「シャンペン・ポルカ」 ヨハン・シュトラウス作曲
(2分02秒)
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ウィリー・ボスコフスキー
<LONDON FOOL-29084>



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



まぁまたこの続きは後日~


   cvj275.jpg


ではでは。   iconetomo.gif



[ 2021/04/06 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 3000 ]  第1回 (2012/4/8放送) 初回! を聴いて



こちらは昨日の仕切り直しのマジで。

これから暇を見付けて、

(え?いつでも暇やろが!って? アハ、まぁそこはそれ、
適当、ということで・・・・・・)

初心に戻って、

(って初めの一年は聴いてなかったんで新鮮なんだけど)

初回の録音から聴いて感想なんぞを書いてみようと思います。


まぁ、いつものパターンに当てはめつつ、
できれば、ラジネなんぞにも注目しつつ、
適当に書いていきますかね。(適当なのは性格・・・)

ただ今まではメモ帳で書いてたんだけど、
ワタシの好きなエクセルで書くことにしたんで、
レイアウトとかちょっと違いが出るかも知れませんが、
そこは慣れてくださいな。(ワタシも慣れます)



さて、それでは、いつものように?(一年前・・・)

◆ふ:  は、ふかわさん
●ま:  は、真理さん

←い: は、オイラのひとりごと



Opening
◆ふ:  こんにちは、ふかわりょうです。
●ま:  こんにちはぁ、チェリストの遠藤真理です。
◆ふ:  さぁ始まりました「きらクラ!」、今日は記念すべき第一回の放送です。
気楽にクラシック、音楽でキラキラ楽しく、肩の凝らない笑えるクラシックトークヴァラエティです。
●ま:  放送は、毎週日曜日午後2時から、再放送は翌日月曜の朝7時20分から、楽しいおしゃべりと聞き易い音楽を2時間たっぷりお楽しみいただきます。
←い: 真理さん緊張してますなぁ。新鮮~ アハ、楽しいおしゃべりと聞き易い音楽なんだ。特にクラシックと言ってなかったんだねぇ。
◆ふ:  さぁ、ということで、ねぇ
●ま:  よろしくお願いします。
◆ふ:  まりちゃん、始まっちゃったよ。どう、体調、大丈夫?
●ま:  体調 バッチリです。
◆ふ:  大丈夫? 
●ま:  ありがとうございます。
◆ふ:  あのぉ、始まっちゃったらさぁ、もう細かいこと気にせず、もう、時の流れに乗ってくしかないから。
●ま:  わかりました。
←い: ふかわさん完全上から目線でスタートですな。
◆ふ:  今まで、まりちゃんと打ち合せとかでお会いして話もしてるけど、まぁ多分そんなに言葉を交わしてないじゃない
●ま:  そうですね、あえて、お話しない方がいいのかな、と
◆ふ:  あぁそういうあえて感あったんだ。
●ま:  ちょっとありました。
◆ふ:  あぁホント、だからお互いまだ良く知らないからさぁ
←い: 溜め口だぁ~(んだね、最初っから)
●ま:  そうですねぇ
◆ふ:  リスナーの皆さんもぼくらのことそんなに知らないと思うし、真理ちゃんのファンの方とかも居るでしょうが、多分このふたりの会話ってどうなの、っていう
●ま:  皆さん気になるところでしょうね。
←い: 9年前! 手さぐり状態だよねぇ。 だけどふかわさんのしゃべり方、乱暴なようでちゃんと真理さんのファンにも配慮してる、この頃からさすがだったんでね?
◆ふ:  全国、今、不安でね、見守っていると思うので。
●ま:  (←い:ここで豪快な、でもちょい控え目な?笑いのあと) でも楽しみにしてくだってる方も沢山いると思いますよ。
◆ふ:  ま、とりあえず共通点として、は、クラシックが大好きだ、と。いうとことは、ね、
●ま:  そうですね
◆ふ:  ボクも、ご存知ない人も多いでしょうけど、小さい頃からピアノやってまして、一時期はね、音大を目指した時期がね、まぁ三ヶ月ほどありまして
●ま:  (←い: 出ました大笑い!)
◆ふ:  直ぐ挫折したんですけど。
●ま:  まそれが長く続けていたって(←い: あと良く聞こえず)
◆ふ:  ピアノは未だに弾いてたりします

◆ふ:  自然とまりちゃん、って言ったけどこれ大丈夫?
●ま:  もちろんです
◆ふ:  ホントに?
●ま:  ふかわさん、って呼んでいいですか? ふかわさま、とか
◆ふ:  少し温度差あるけど
●ま:  え?なんて呼ばれるんですか? でもふかわさんじゃないんですか
◆ふ:  ぼくは、まぁそうですね、基本ふかわですけどね。
●ま:  (笑) さすがにそんなそんな
◆ふ:  ボクからまりちゃんは大丈夫?
●ま:  もちろんです 友達なんかは まりっぺ ってのが多いんですけど
◆ふ:  そういう時もあるかも知れない
●ま:  ご自由に なんとでも
←い:  ということで、小学生にもふかわ、と呼び捨てにされるとか言ってましたが、ふかわさんと真理ちゃんで落ち着いたみたいですな

◆ふ:  この番組、素敵な音を日曜にお届けすることなんですが、 やはり、僕らの話も重要ではありますが、皆さんの声
●ま:  そうですね
◆ふ:  皆さんの熱い思いなどが番組を盛り上げると思いますのでドシドシ お便りやリクエストなどお待ちしております。
  ちなみにまりちゃん、HP見ました?
●ま:  見ました。
◆ふ:  写真見ました? ボク、海賊みたい もうちょいいい写真あったと思うんだけど びっくり
●ま:  一緒に撮っていただいた その日のベストだったと思いますよ

←い: これですかね? ↓

   cvj275.jpg

◆ふ:  海賊感満載
●ま:  陰がある感じで 良かった
◆ふ:  顔の凹凸意外とあるから
●ま:  鼻も高くて 目も深くて 彫が
←い:と散々弄んで? というか↓上手にリード? (ん?海賊の演技をした有名な俳優さんに似てると言って欲しかったとか?)
◆ふ:  じゃぁ宛先をね まりちゃん
●ま:  じゃ初めての宛先を読ませていただきます
←い: おしゃべりはいいけど読むのは苦手 って感じだったのねぇ
●ま:  お便りの宛先は 郵便番号150の8001 NHKFMきらクラの係です。
番組HPのアドレスは、
www.nhk.or.jp/classic/kira/
←い: 当初は長かった。読むのも大変だった。
◆ふ:  どうですか
●ま:  緊張 スラッシュとか言ったことないですし
◆ふ:  こういうのはボクやるべきだろなぁ こういうことは
●ま:  いやがんばってこの先のためにも練習させていただこうと
◆ふ:  あとで言ってね 嫌なことあったらね
●ま:  まぁお優しい
←い: お笑い芸人の要素もおありなんでオモロイでんな。
◆ふ:  早速メールが。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




ということで書き出したけど、番組始まってまだ5分20秒。
書き起こし、久しぶりだし、最初の放送だし、でなるべく書きたいし、で
疲れたんで今回はここまで。

アハ、次回はいつになるんでしょう・・・てかこのペースで書いてたらいつ初回放送の記事が終わるやら、ですな。



ではでは。   iconetomo.gif



[ 2021/04/02 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今1件)

[ 2999 ]  「きらクラ!」 第一回放送を聴いて



の感想記事のはずだったんだけど・・・・・・


明日かな?



ではでは。   iconetomo.gif



[ 2021/04/01 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2997 ]  アハ、今気づいたぁ

 

今日の記事書いてませんでしたなぁ。

ということは明日もぉ。



引っ越しするとナンヤカヤ忙しいんですわ。



ということで明日の記事もなしね~



ではでは。   iconetomo.gif



[ 2021/03/30 20時17分25秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2996 ]  一周忌と二回忌

 

今日で、


「きらクラ!」が逝っちまってから一年が経ちました。


ゆめこさんが逝かれてしまってから二年が経ちました。



悲しみ再度! です。



でも、悲しんでもどちらも生き返っては来ない。(多分)



とは分かっているんですが・・・・・・



そう言えば5時に夢中もふかわさんが卒業されるんだそうで。

ちょうど引っ越しの夜、ホテルで何気にテレビを点けたらやってました。

ほとんど見たことない番組だったけど、

進行すると共にふかわさんが涙々するのを見て、

「きらクラ!」のときもこんな感じだったんだろなぁ、

ラジオだから見られなかったけど、

とか想像し、涙が溢れました。



いい番組でした、「きらクラ!」 (ゴジムファンの方には申し訳ないですが)



いい出会いでした、 ゆめこさん。



思い出は大事にしていきますね。



では。   iconetomo.gif



[ 2021/03/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2938 ]  入れ歯も役に立つんや!

 


こちらで紹介したサーヴィス?



オフクロの入れ歯を(親父のもまだ残ってたんでそれも)入れてきやした。


そこに貼ってました。

   ireba21011.jpg



一年間で14万円ね。(総額は35万円)


なかなかのもんですな。


ある意味えぇ商売でんな。



でもまぁ、入れ歯を捨てちゃうこと考えればまぁ良し!でしょう。



ではでは。   iconetomo.gif



[ 2021/01/30 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2919 ]  ごごカフェ「オトナの心得」 を聴いて



twitterで知って、



ふ~ん、ふかわさんが出るんだぁ、で



聴き逃し 金曜日



を録音しましたぁ。


      (画像をクリックすると・・・してもどこにも飛びません。ナハ)

   gogocafeFukawa210108.jpg




中で、

ふかわさん、(「きらクラ!」話題で)



「全国のリスナーさんの音楽愛が集うカフェのような場所でしたねぇ」


「沢山の方に愛される番組だった」


「復活できないですかねぇ」



そうだぁ~!


と思ったら


MCの武内陶子さんも

「ホントですよねぇ。
(良く聞こえなかったのを挟んで)楽しかったです。」




あぁホンマに復活してほしいなぁ。




でしたぁ。





ではでは。   iconetomo.gif



[ 2021/01/11 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2820 ]  第367回 (2020/3/29放送) 最終回 を聴いて(5/5)




「きらクラ!」が消滅してから半年が過ぎました。


あの頃は、

桜が静かに花びらを散らせています。 (お便りから抜粋)


満開の桜 (お便りから抜粋)


だったのが、今は、

百日紅の花が色褪せだして秋が深まって行く気配を感じる季節になりました。



もう3年前になるんですなぁ。



百日紅で採用された時は、
>季節がやって来た。


だったけど、今は、そうねぇ、なぁんもかもが過ぎ去った、って感じかな・・・・・・



ということで? ということとは関係なく、最後の最後の記事です。(最終回放送の最後の記事)



こちら と こちら の間です。





第177回 BGM選手権~ 卒業制作♪

◆ふ: さぁ、BGM選手権です。
番組が発表したシチュエーションに合うBGMをクラシック音楽の中から選んでいただこう、というコーナー。
卒業制作、で、スーザン・バーレイ作 小川 仁央(ひとみ)訳 絵本「わすれられないおくりもの」
こちらをテーマとして上げました。
えぇ、この物語を8つのブロックに分けて、各ブロックにつき一曲、音楽を充てます。
←い: あ、そういうことか・・・8ブロックそれぞれに3曲ぐらいずつかけてその中からベストを選んでいくのかと思ってたの・・・それなら時間が全然足りんわなぁ
◆ふ: ひとつ目のブロックからやっつ目のブロックまで通してお送りしたいと思いますが、
その選ばれた
●ま: はい
◆ふ: お便りを順番に紹介したいと思います。

●ま: 宮城県仙台市の satotakaさん です。

◆: ブロック一 誰からも慕われていたアナグマが死に、仲間達はアナグマの存在、残してくれたことの大きさに気付かされます。
残された仲間たちは深い悲しみの底に落とされます。
しかし長い冬が過ぎ、春を迎える頃、ありし日のアナグマに想いを巡らせる仲間たちは笑顔に変わっています。
アナグマの大切なおくりものやかけがえのない思い出が、心の中で生き続けていることに気付いたからです。
この「わすれられないおくりもの」に込められた想いを貫くエピローグ的なBGMを選んでみました。
北欧の作曲家、ブレインの「外洋へ向かって」はいかがでしょうか。
ホルンの牧歌的な旋律は、優しく温かく友達を包み込むアナグマにつながります。
いずれワタシが死ぬ時、家族や友人がどんな風にワタシのことを思い出してくれるか、どんなことで語り合ってくれるのか、温かな思い出として語ってもらえるような一生を送りたいものです。
最後にワタシにとって「きらクラ!」は、正に「わすれられないおくりもの」です。
◆ふ: はい、ありがとうございます。(←い: ふかわさん、既に涙声のような・・・?)

では続いてのブロックです。

東京都の 街角のビオラ弾きさん 

◆: ブロック②(トゥー) 夢のシーンにとっても似合う素敵(←い: 詩的かも知れません)な音楽を見付けました。
セヴラックの「“休暇の日々から”第一集全8曲の最後の曲“ロマンティックなワルツ”」です。
原曲はピアノ曲ですがリリー・ラスキーヌさんがハープで演奏したものがあり、これがもう夢の中で走るアナグマ君の軽やかな足取り、ふわっと宙に浮く感じにビックリするほどピッタリします。
是非この曲をお願いします。
◆ふ: ありがとうございます。では、

●ま: ハイ、続いてです。 

栃木県宇都宮市の 越前86.2キログラム さんでぇす。

◆: ブロック三 BGM選手権、アナグマが天に召されるシーンに応募します。
ピアソラ作曲「tanti anni prima」 です。曲を選びながら、つい番組との別れを思い涙が止まりませんでした。
この卒業作品、ずっと心に残ると思います。素晴らしい番組をありがとうございました。
◆ふ: ハイ
では続いて 四ブロック目です。

兵庫県の ひこうき雲 さん。 (!)

◆: 最後のBGM選手権に投稿いたします。
「わすれられないおくりもの」第四ブロックには、
ヨハン・シュトラウス一世の「アンネン・ポルカ」作品137はいかがでしょうか。
切り紙を楽しんでいるモグラには陽気でユーモラスなポルカの曲想がピッタリなのでこれに決めました。
本当に長い間お疲れさまでした。素敵な番組に出会えて幸せでした。どうもありがとうございました。
◆ふ: はい、ありがとうございます。

●ま: 続いてです。 

千葉県の市川市 ジャック天野さんでぇす。

こちらはブロック五になります。
◆: BGM選手権「わすれられないおくりもの」第五ブロックです。
ベルリオーズ作曲「交響曲“イタリアのハロルド”の第三楽章」冒頭のオーボエソロ部分です。
◆ふ: はい、ありがとうございます。 続いて、

岡山県岡山市の らいぞうさん 

◆: キツネが優しいアナグマのアドヴァイスでクルクルキュッと上手にネクタイを結べるようになるところ、踊る人形というこの曲の優雅さ、軽快さが良く合うと思います、
ポルディーニの「踊る人形」
最後に皆さん本当にお疲れさま、ありがとうございました。季節がらどうぞご自愛くださいませ。

●ま: はい続いていきまぁす
◆ふ: 続いて、七ブロック目です。

●ま: はい、

栃木県おやま市(←い:と聞こえた)の マヌル猫さん でぇす。

◆: 「きらクラ!」最終回のBGM選手権、「わすれられないおくりもの」に応募です。
うさぎの奥さんの心情は、ピアノの音で表現してみました。(←い: ん~こういう言い回しはワタシにはできない。 は、なの? を でない?と、 みました、 って言いきるところ・・・)
スクリャービン「ピアノ協奏曲 第2楽章」ピアノ独奏直前のクラリネットの部分から、はいかがでしょうか。
第一回放送から聴かせていただき、とうとう8年後に最終回を迎えてしまいました。
「きらクラ!」ほど、毎週の番組を心待ちにするFM放送はありません。
ふかわさん、真理さん、こだまっち、そしてスタッフの皆さん、8年間素敵な放送、公開収録、ありがとうございました。
これからの皆さまの益々のご活躍を祈念いたします。どうぞご自愛ください。
◆ふ: はい、ありがとうございます。
さぁやっつ目、最後のブロックです。
最後の第八ブロックに、

東京都 ひまわリストさん

◆: ふかわさん、真理さん、こだまっちさん、こんばんは。
BGM選手権の卒業制作に投稿します。
ピーター・ウォーロックの「“カプリオール組曲”から 第5曲“ピエ・アン・レール”」を充てたいと思います。
体は無くなってもアナグマの心は続くように、放送が終わっても「きらクラ!」はみんなの心の中に続いていく、とそういう想いを込めて選びました。
あっと言う間の8年間、ホントに素晴らしい番組をありがとうございました。

(←い: 投稿者紹介が終わって)

◆ふ: という、えぇ、ホントに沢山ある中で、選ばせていただきました。
みんなで作った 「わすれられないおくりもの」 お聴きください。



<BGM選手権“わすれられない おくりもの”>

(←い: 以下曲名をクリックすると遊粒へ。①は初めから最後まで ②は50秒ぐらい(ただハープのは見つけられなかったのでピアノ版) ③は冒頭ピアノ演奏部分12秒ほど?をカットして1分40秒ほど ④は・・・あれ?2世? まぁいいや 30数秒 ⑤も30数秒 ⑥は約1分 ⑦は1分10秒余り ⑧は2分30秒弱 というか全曲。
 あと★の後ろは・・・ムニャムニャ・・・・・・)


ブロック①

外洋へ向かって(抜粋)」 ブレイン作曲
(管弦楽)ノルウェー放送管弦楽団
(指揮)アリ・ラシライネン
<FINLANDIA WPCS-4868>


ブロック②

“休暇の日々から”より“ロマンチックなワルツ”(抜粋)」セヴラック作曲
(ハープ)リリー・ラスキーヌ
<ERATO WPCS-6249>


ブロック③

tanti anni prima(抜粋)」 ピアソラ作曲
(バイオリン)ギドン・クレーメル
(ピアノ)オレグ・マイセンベルク
<TELDEC WPCS-6177>


ブロック④ 

アンネン・ポルカ(抜粋)」 ヨハン・シュトラウス(父)作曲
(管弦楽)シカゴ交響楽団
(指揮)ダニエル・バレンボイム
<ERATO WPCS-4441>


ブロック⑤

交響曲“イタリアのハロルド”から第三楽章(抜粋)」ベルリオーズ作曲
(管弦楽)バスティーユ管弦楽団
(指揮)チョン・ミョンフン
<Deutsche Grammophon 4828287>


ブロック⑥

踊る人形(抜粋)」 ポルディーニ作曲
(バイオリン)前橋汀子
(ピアノ)東誠三
<Sony SICC-1541>


ブロック⑦

ピアノ協奏曲 から 第2楽章(抜粋)」 スクリャービン作曲
(ピアノ)ウラディーミル・アシュケナージ
(管弦楽)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ロリン・マゼール
<DECCA UCCD-3876>


ブロック⑧

「“カプリオール組曲”から 第5曲“ピエ・アン・レール”(抜粋)」ピーター・ウォーロック作曲
(管弦楽)アカデミー室内管弦楽団
(指揮)ネヴィル・マリナー
<DECCA 4527072>



←い: そして、すべて通しで聞いて、 (↓ 画像をクリック・・・しても何も起こらないと思います・・・あれ?)

   WasureBookCover.jpg




◆ふ: スーザン・バーレイ作 小川 仁央(ひとみ)訳 絵本「わすれられないおくりもの」
「きらクラ!」スペシャルヴァージョン でお届けしました いやぁ素晴らしかったですね
●ま: 素晴らしかったですねぇ 
優しさと温かさと 
はい
言葉にできない物が沢山詰まっていて、思い出深い曲も沢山ありました。
◆ふ: そうですね、えぇ皆さんいかがでしたでしょうか。沢山の投稿 そしてやはりね あの・・・んーこのあのぉ・・・(←い: 言葉に詰まった? 泣いてる?) ホントにみんなで作った卒業制作と実感しました。 そして改めて触れなくてはいけないと 思うんですけど(←い: 完全に涙声) 音楽監督 こだまっち 本当にありがとうございました。
●ま: ありがとうございました。
←い: 涙声。わかる・・・(ふかわさんね。真理さんは普通・・・相変わらず最後まで男前~! そして年下の若い人に監督、とふかわさん。年齢に関係なくリスペクトできる人に出会えることは幸せなことです。)


そして曲紹介なく、こちらの記事に続いたわけです。




終わりです。

終わりです。

終わりです。


ヒロシよりも悲しいです・・・


終わりました・・・・・・




ではでは。   banneretomo.gif 




[ 2020/09/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2793 ]  猛残暑 アザラシヴィリの お代わりを




誰?

有名な指揮者?

と真理さん。

【MUSIC TODAY Op. 76】原田慶太楼 & 遠藤真理【アザラシヴィリ:無言歌】
(画像クリックで遊粒へ。)

   MUSIC_TODAY_Op76.jpg




昨日の演奏の話だぁ~



そしてぇ、40分から 「きらクラ!」 ぁ!



うん! ちょっと涼しくなった・・・




真理さんの言葉遣い、気遣い、素晴らしい、と思うのはワタシだけ?

ふかわさんの気遣い、言葉遣い、とのバランスが絶妙だったんだなぁ、と改めて思う、ワタシです。





ではでは。   iconetomo.gif 





[ 2020/09/02 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2789 ]  完?

 
昨日、「きらクラ!」最終回、第367回放送の感想記事も書いちゃいました。

終わりました・・・







昨日、ワタシの誕生日。(66歳。 かけるクラシックじゃない、かける7割で自称46歳は変わらず~)



昨日、快鳥家族さん(今日も快調の家族さん)の一周忌命日。



に合わせて記事書いて来ました。





そして今日、yumekoさんが逝かれて1年と5ヶ月。



寂しさが募りますなぁ・・・







え? 「わすれられないおくりもの」がごっぞり抜け落ちてる?

そうなんですよねぇ。  そうなんだけど・・・

ん~それも書いちゃうと本当に本当に終わっちゃう・・・・・・



書く気になったら書きます。


それまでは・・・ (クリックで遊粒へ)

   wasureokurimono2008291.jpg





そうそう、こちら ↓ も昨日全公開が完了しました。


   wasureokuri2008293.jpg


益々、今後何を書こうかなぁ、です。




   hpillust200326.png


でした。



では!banneretomo.gifでは! ♪




[ 2020/08/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今5件)

[ 2788 ]  第367回 (2020/3/29放送) 最終回 を聴いて(4)

 


こちらの続きです。




以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと



尚、前回同様ラジネも書いてますが、聞き間違いや誤字があるかも知れません。
お気づきの方はご指摘ください。修正します。



←い: これも曲紹介なし。(2014/10/05の公開収録時の録音)

「WALTZ IN AUGUST」
ふかわりょう・作詞、ふかわりょう・作曲、上柴はじめ・編曲

(4分00秒)
(ソプラノ)臼木あい
(クラリネット)亀井良信
(チェロ)遠藤真理
(ピアノ)ふかわりょう
~NHKふれあいホールで収録~




◆: ちらさん

ふかわさん、真理さん、ハロー。3月はグッバイの季節ですね。(←い: 明るく始まりましたが・・・)歳のせいか涙腺が弱くなってしまい、リスナーの方々の8年間のご家族の成長を綴ったお便りに涙。好きな曲がかかっては涙。おふたりの静かな美しい演奏に涙。いつもの笑い声に涙。ふかわさんの涙に、また涙。そんな3月でした。
←い: 言ってくれてありがとう! 涙しながら頷きながら聞きました。
◆: 毎週日曜日はアマチュア吹奏楽団の練習に参加し、移動の合間などで聴く「きらクラ!」は本当に至福のひと時でした。
先週のBGM選手権祭りでは、懐かしい珠玉の名作を聴いていると、その時の景色や空気や当時練習していた曲まで蘇って来て、音楽の記憶の深さを感じました。きっとこの先、グラズノフのワルツを聞く度、さっき練習してきた同じくグラズノフの秋と、秋ならぬこの満開の桜の景色を思い出すのだろうなぁ。
あまり情報社会に参加しておらず狭い世界で生活しているのですが、「きらクラ!」で思いがけず同じ空気を吸ってきた人たちや、だよねぇ、と共感できる沢山の見えない仲間に出会えました。ありがとうございました。
ふかわさん、真理さん、スタッフのみなさま、そして寅さんの冒頭2秒に反応してしまう沢山の同士のみなさま、またお会いできるのを楽しみにしています。どうぞ、ご自愛ください。
◆ふ: はい、他沢山のメッセージありがとうございました。
←い: お便り紹介、打ち止め・・・






◆ふ: さて、我々
●ま: はい
◆ふ: 毎週かけたい曲をかけてきましたが
●ま: えぇ
◆ふ: 我々の 思っているすべてのことを この一曲に込めました。

「愛のあいさつ(ありがとう、きらクラ!バージョン)」
エルガー作曲

(3分00秒)
(チェロ)遠藤真理
(ピアノ)ふかわりょう
~NHKスタジオで収録~

←い: いい演奏でした・・・涙、涙・・・




エンディング

◆ふ: ホントに、楽しい8年間でしたね
●ま: はい、思い返すと、あっという間だったのに、この8年間の中身がホントに濃くて、貴重な時間でしたねぇ。
◆ふ: お便りの中にもありましたが、沢山の愛が集まる場所でしたね。
←い: そうです・・・
●ま: ホントに温かないろんな人の想いをいつも拝読して、共感して、ふかわさんの言葉に笑ったり、ハイ、楽しい時間でしたねぇ。
◆ふ: 音楽への愛、クラシックへの愛、家族愛、兄弟愛、自然に対する目線、いろんな想いが、こちらに届いて、それがまた電波に乗って皆さんのところに伝わるという
ホントに素敵な番組、みんなで作るハーモニーを
●ま: そうでしたねぇ
◆ふ: そのそれぞれの音を、われわれが、みんなで作る音に参加できた、ということはホントに貴重な経験だと思っております。
●ま: 何より、ふかわさんのリーダーシップが、ホントに頼もしくて、温かくて、
◆ふ: いえいえ、とんでもないです
←い: いえいえ、ワタシもそう思ってましたよ。ある意味ふかわさんの番組だと。
●ま: 優しさに満ちていました。
←い: でしたしね!
◆ふ: 師匠も、師匠はねぇ、凄いですからホントに。
●ま: イヤイヤ♪
◆ふ: チゲェネェワイゼンですよ
←い: 最後は、軽いジョークで締めることができたね。

◆ふ: ということで、改めてホントに、8年間ありがとうございました。
●ま: ありがとうございましたぁ。




エンディングのラジネ紹介

←い: 最後だし、全員をば!

いずみちんさん
また会う日までさん
さとまんさん
ひこさん
きらクラ感謝さん
もーつあるこさん
めーめー森の子ヤギさん
おしゃんぴーママさん
きゃべつんこ千切りリッチさん
ゆきのこラベンダーさん
のっくおんさん
なおさん
ちょこのパパさん
うるべんさん
ちよママさん
みにすたコアラさん
こんすたんつぇさん
猫好きなショパンさん
犬とおんきゅうさん
りょうきちさん
さらやんさん
アネモネさん
真理瓶師匠の応援団長さん
メシより音楽が好き人間さん
あるびれおさん
あべひろみつさん
きらクラに元気をもらっていた二児の母さん
番組終了を惜しむ愛知ののりじいさん
おかひじきさん
おかっぱボブスレーさん
フーマンさんと同い年さん
ル・バルさん (!)
ねいねいのママさん
鳴きウサギさん
雪の尾根のカモシカさん
アクアマリンさん
ぶるーこっくすさん
ちゃちゃいこふすきーさん
たくさんありがとうさん
トランペット吹きの週休3日制さん
夜の女王様さん
やっぱりピアノはいいよねさん
いつも心に音楽をさん
いちペンスさん
きときとかあちゃんさん (!)
あなぐまになれないおいぼれさん
エスプレッソさん
ジャクリーヌ三世さん
なんだかんだばんださん
エメラルドさん
弘前のマーラーさん
ナゾメーテルさん

(フェードアウトしながら)
こずりんさん
幼馴染夫婦さん (!)
にゃんこのあくびさん



そして・・・終わりました・・・終わっちゃいました・・・



(T_T)  (T_T)  (T_T)  (T_T)  (T_T)  (T_T)  (T_T)  (T_T)


๐·°(৹˃̵﹏˂̵৹)°·๐






そしておまけ。



(「ふかわさん、泣き過ぎ!」   アハ・・・・・・  画像クリックでふかわさんのtwitterへ)



   fukawanakisugi200329.jpg







では、ではでは、ではでは、では。  banneretomo.gif  (T_T) (T_T) (T_T) 




[ 2020/08/28 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2781 ]  第367回 (2020/3/29放送) 最終回 を聴いて(3)

 


こちらの続きです。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと



尚、前回同様ラジネも書いてみましたが、聞き間違いや誤字があるかも知れません。
お気づきの方はご指摘ください。修正します。




◆: 天使の歌声が1オクターブ下がったハチベェさん

小学5年生の時に初投稿が放送されたハチベェです。その時は合唱団で天使の歌声の先輩たちから指導を受けていたので天使の歌声修行中のハチベェというラジオネームにしました。(←い:陰でふかわさん含み笑い) アイネクライネナハトムジーク、大太鼓付きを希望、でも太鼓なしでも可、という変なリクエストを採用してもらいましたが、放送されたのはやっぱり普通の演奏でした。その5年程後に少年少女合唱団を卒団した頃、「きらクラ!」ドンに一番の思い出の合唱曲アベベルム・コルプスが出題されたので解答を投稿しました。なかなか読まれなくてだめかなぁと思ったら最後に紹介されて、クリアファイルをもらって大喜びしたのが「きらクラ!」最高の思い出です。
今はクラスで一番背が高くなり、声は1オクターブ以上低くなりました。ご無沙汰合唱団が復活したら天使の渋い低音で参加したいと思います。
最後に思い出のアベベルムコルプスをリクエストします。




◆: 仙台のまりさん

北海道に暮らす母、越後(←い:と聞こえる)に暮らす姉との共通の大好きな番組で、ラジオを聴きながらお互いのことを想う大切な時間でもありました。特にベテランラジオリスナー、及び初回からの「きらクラ!」愛好家の母の落胆は気にかかるものがあり、母のために曲をリクエストします。 ベルリンの風です。
ワタシがドイツ在住の折、母と行ったベルリンフィルのバルドビューネコンサート。クラシック大好きな母がワタシの出産のためにドイツに駆けつけてくれた記念にと臨月のお腹を抱えて行った忘れられない思い出です。今年80歳になる母へのプレゼントに、そして真理さんふかわさんに今後も素敵な風が吹きますようお祈りしリクエストします。心癒される時間を本当にありがとうございました。
●ま: ありがとうございました。
◆ふ: この曲も印象に残っていますねぇ
●ま: そうですね 口笛だということで 指笛ですねぇ




◆: ちづるのムッターさん(←い: よくわからなかったのでBWV1000番さんの記事からコピペ~)

なくてはならない生活の一部が「きらクラ!」でした。 1歳8ヶ月の娘はふかわさんの「とんぶりの歌」が大好きでいつも踊り、真理さん「」たのも~」も「たもの~」と真似て大興奮。最後にこの番組で出会わせていただいた大好きな曲のひとつ(同曲)をリクエストさせていただきます。
遠くベルリンからふかわさん、真理さん、こだまっちさん、スタッフの皆さんの益々のご活躍、そしてこの番組のリスナーの皆さんのご健康をお祈りすると共にみなさまとの出会いに心から感謝します。「きらクラ!」はずっと心に生き続けます。本当にありがとうございました。「きらクラ!」大好きです。



←い: そして!
◆ふ: そして 山好きかっちゃんさんです!
←い: 投稿文はご本人がブログにアップされてるのでそちらを参照ください。
最後の放送での思いの詰まった素晴らしい文章の採用、おめでとうございま~す! 
そしてその時の曲 ↓

「パッサカリア」 ヘンデル作曲、ハルヴォルセン編曲
(6分30秒)
(バイオリン)松田理奈
(チェロ)遠藤真理

◆ふ: 素晴らしいですねぇ
●ま: 懐かしいです
←い: ワタシも・・・両方。




◆: ピアノ落第生さん

初めまして、そして8年間毎週楽しませていただきありがとうございました。空耳クラシックは捧腹絶倒のコーナーで大好きでした。音楽の空耳と言えばラテン系かヘヴィメタ系かと思っていましたが意外にクラシックも空耳の宝庫だったんですね。チャイコフスキーの悲愴の第三楽章も「さっさとコンパに行こ~♪」になっちゃうんですね。
←い: あったねぇ。
◆: もう一度聴きたい空耳はウェストサイドストーリーのアメリカでの「あんたがやったぁ」です。
●ま: あぁ懐かしい~
◆: 放送後自宅のレコードを聴いてみましたが、「きらクラ!」でかかった音源以外では聞こえてきませんので改めて聞きたいです。ノリのいい名曲にも何かが潜んでいたんですね。

←い: そうそう、あれ、ネット検索したけどとうとう見つけられなかった んだっけ・・・? 見つけたような気もする・・・アカン、忘れっぽい・・・
(で自分のブログ内検索して見つけた~!


こちら↓の2分33秒ぐらい。(クリックで遊粒へ)

   antagayatta2008.jpg



で聴いて、
●ま: そうそう、(真理さんの声が裏返って)ア~ンタがやった~♪て
◆ふ: あぁ
●ま: もうバッチリ聞こえますねぇ
◆ふ: 音源によっては聞こえなかったりするって面白いですね
←い: 遊粒だとリハみたいにも見えるね にしても、英語なの?ホントはなんて言ってるのぉ?




◆: コントラバス好きさん

「きらクラ!」を代表するコーナーと言えば、当然先週特集されたBGM選手権ですが、ワタシは空耳クラシックも好きでした。ボーイソプラノで「いまへん」と聞こえる曲がタイトル忘れましたがツボでした。またさまざまなゲストの方による演奏、公開収録の時が中心だと思いますが忘れ難いのはギタリストの鈴木大介さんが真理さんと演奏したリベルタンゴ。良く聞く曲ですがあんなに手に汗を握った演奏は初めてでした。チェロとギターが激しく闘っているようで、ソフトな印象のある真理さんの演奏家としての熱い一面を感じた回でもありました。
鈴木さんは真理さんの産休のときにゲスト主演されたこともありましたが、きまクラ時代よりリラックスされた感じでふかわさんとの男性ふたりのトークも良かったですね。もっと来ていただきたかったなぁ。

◆ふ: はい バッハのカンタータ第52番「偽りの世よ、我汝に頼らず」からアリアの中で いまへん が登場します

←い: この時だねぇ。アハ、ワタシ、
>空耳クラシック
>←い: 完全略ね
って書いてます・・・すんません、やおまへん!?


音源はこちら(遊粒へ。 微妙なイマヘン)



◆ふ: (聴いておふたり大受けで)待ってる時間がなんとも言えない
●ま: いい時間 来るぞ来るぞっていう




←い: 懐かしい、というか記念の ↓ 曲紹介なし

「桃太郎」 岡野貞一・作曲、林そよか・編曲
(6分30秒)
(バイオリン)松田理奈
(サクソフォン四重奏)ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテット
(チェロ)遠藤真理
(ピアノ)米津真浩
(特別出演)ふかわりょう
~岡山県美作市・美作文化センターで公開収録~

←い: ふかわさんの桃太郎、小林さんの旗持ち、その夜見たホタル、なんとも懐かしい・・・・・ 
ザ・レヴ・サクソフォン・クヮルテットのメンバー紹介はしないんだ・・・後継番組のMCのひとり、上野耕平さんがリーダーなのにねぇ




◆ふ: こんな方からもコメントが
 「ふかわさん、真理ちゃん、そして「きらクラ!」リスナーの皆さん、こんにちは。さてワタシは誰でしょう。」
←い: アハハ、三舩優子さんだぁ 声でわかるなぁ お姉さまぁって感じ?
 「8年間の「きらクラ!」、ホントに偉業だと思いますがお疲れさまでした。素晴らしい番組でクラシックファンの方にもそうでない方にもホントに幅広くこの番組を通じてクラシックの素晴らしさ、そして楽しさなんかも伝えていただいて全国にファンが沢山いるっていうのをコンサートなんかを通じて実感しています。
ゲストに出させていただいて、そして光栄なことに真理ちゃんが産休のときに代打を務めさせていただきまして、とても楽しい思い出が一杯あります。
ふかわさんとはピアノを通じて個人レッスンを初め連弾なんかもさせていただきまして、先生なんて呼ばれてしまっているんですが、先生なんてとんでもないんですが、(ふかわさんが)ホントに真面目で良く勉強されていて沢山の曲をご存知で、ピアノもどれだけ練習されているのかなと毎回驚かされます。
ここ近年はコンサートもやっているんですが今後もお付き合いいただければと思っています。
真理ちゃんもトリオやったり全員で演奏したり、ママもしながら、オケもやりながら、この番組もしながら、コンサートもしながら、とホントにスーパーレディーで、10年後、20年後、どんな素晴らしい大家になられるんじゃないかと思って、その頃まだワタシもいれば是非一緒に演奏したいと思うんですけれども、楽しみにしているところです。「きらクラ!」は終わってしまいますが、これからもさらに第二章、第三章と音楽人生は続いていくと思いますが、ファンの方々というのはきっと永遠だと思いますのでいろんな所を通じて、この「きらクラ!」という番組が永遠に残って行く、ということを信じて思っています。ひとまずはホントにお疲れさまでした。」
←い: お人柄が出てますなぁ。
●ま: はぁありがたい、三舩さん、素敵
◆ふ: 声もねぇ優しいですねぇ




←い: そしてまた曲紹介なしで ↓ 時間節約のためですかね?
  曲紹介するとふかわさんが泣くからだったりして?

「エクローグ」 フィンジ作曲
(10分00秒)
(ピアノ)マーティン・ジョーンズ
(演奏)イギリス弦楽合奏団
(指揮)ウィリアム・ボートン
<NimbusRecord NI5366>



続きは次回です。


ではでは。 ♪ banneretomo.gif






[ 2020/08/21 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2774 ]  第367回 (2020/3/29放送) 最終回 を聴いて(2)




こちらの続きです。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと



尚、前回同様ラジネも書いてみましたが、聞き間違いや誤字があるかも知れません。
お気づきの方はご指摘ください。修正します。



◆: せろりんさん 

暇な日曜日の午後、たまたまラジオをつけたらお笑い番組をやっていました。聞きながらゴロゴロしていましたが、あれぇ?お笑い番組じゃない、クラシック番組じゃぁん、まいっかぁ、と聴き始めてから、日曜の午後の習慣になりました。何度かメッセージえお送り、「きらクラ!」ドンのステッカーを2種類いただきました。封筒と共に宝物です。
最後のラジオネーム読み上げのとき、消えそうになりながら呼ばれたこともありました。この番組でお気に入りのクラシックも何曲か見つけました。知らない曲がなんと多いことかと知らされました。この世の中にクラシック音楽なるものが何曲存在するのでしょうか。真理さんは自分が知らない曲を演奏することってありますか。
しばらく「きらクラ!」ロスになりそうです。来週から番組名が替わるだけだよぉ、というサプライズなんてないですよねぇ。特番でもいいので「きらクラ!」してほしぃなぁ、待ってまぁす。ではその日まで、お元気で。
◆ふ: 真理さんもね、新しい曲にチャレンジする、それが知らない曲ということも
●ま: たっくさんあります、もう、はぁい。
◆ふ: そういうのにもどんどん挑んで演奏。




◆: いつも生きていてくれてありがとうさん

←い: あ!
◆: こんにちは、以前BGM選手権のお題の願いを送り(←い: 左のリンクは該当記事へのです。平仮名とは知らずに「忘れられない贈り物」と表記してます。)、今回の卒業制作で叶えていただいた者です。
←い: やっぱり!
◆: まさかこんな形で願いを叶えてくださるとは夢のようです。本当にありがとうございます。
●ま: ありがとうございます。
◆: 前回の放送で、「アナグマは」と朗読が始まった瞬間、娘とワタシは驚いて顔を見合せました。びっくりして口をポカンと開けたまま喜んだ目でラジオを聴く9歳の娘の様子は、もしもネットにアップしたら結構な再生回数になったかも知れません。ところでまたお便りいたしましたのは、皆さんに改めてお礼を伝えたかったためです。ふかわさん、真理さん、番組のスタッフの皆さんはもちろんのこと、代役で見事に司会を務め上げられた皆さま、また聴き応えのあるプロフェッショナルなお話をしてくださった多大なゲストの皆さまには深く感謝を申し上げます。そして最後に忘れずにお礼を伝えたい方々、それはリスナーの皆さま。
各コーナーで紹介されるお便りを、自分もココ好きだなとか自分と同じニアピンだぁ、なんて言って一緒に参加している気分になりました。また喜びのメッセージには微笑み、味わいある話には感銘を受け、冗談のように可笑しい経験には、外で聴いているのに我慢できずにニヤリとさせられたり、そして時には涙が溢れてしまうこともありました。
音楽の知識を得るだけでなく、歴史上にある素敵なドラマにも数多く気づかせていただきました。本当にありがとうございました。
窓から見える桜が静かに花びらを散らせています。8年もの間咲き続けてくれた「きらクラ!」のキラキラと花びらを舞い踊らせる姿も美しいですね。春風に乗ってワタシ達のところにもちゃんと届いています。「きらクラ!」みんな大好きでした。本当にありがとうございました。
◆ふ: のちほど
●ま: はい
おふたり●: 卒業制作、楽しみに



◆: モフモフうさぎのリボンくん

第一回から本放送、再放送とほぼ毎週聴いてきた隠れリスナーです。実はずぅっと気になっていたことがあります。第一回の放送の最後の方でふかわさんが 「日曜日 今日はあいつが ベートーヴェン」 と詠まれたのを覚えていらっしゃるでしょうか。
◆ふ: え?
←い: 凄い記憶力
◆: この句がずっと頭に引っ掛かっておりまして、当時どういう意味を込めてこの句を詠まれたのか、また最終回を迎えるに当たって、今ならどういう歌を詠まれるのか、お聞かせいただけると嬉しいです。
最後になりますが皆さまの益々のご活躍を祈念しております。
◆ふ: 第一回ってワタシじゃない人とやってました? ワタシとやってました?真理さん
●ま: (笑いながら)まぎれもなくふかわさんです。
◆ふ:  まったく身に覚えがないので音源で確認したいと思います。

(音源:
◆ふ: 真理ちゃんね、クラシック川柳この間にできちゃった
●ま: どうぞ
◆ふ: 進行しながら 五七五が生まれちゃう、というね
●ま: 天才
◆ふ: ねぇ、天才だと思いますよぉ

←い: で披露されたのは、

  『日曜の 午後はアナタが ベートーヴェン』

←い: で、聴いた真理さんの反応
●ま: (小さな声で)う~ん
◆ふ: あれ真理ちゃんどうしたの
●ま: なんかぁ 
◆ふ: さっき天才って言ってた人だよね
●ま: うん 聞く前には


←い: という音源を聴いて
◆ふ: よく8年もやってくれましたね こんな厄介な男性と良くやってくれましたね
●ま: いやいや 8年も前 もう素人のワタクシ相手に 信じられない
◆ふ: ワタシなりにガンバってたんだと思う。初対面で自分がガンバんなきゃと ホントによく8年もお相手してくれましたよ
←い: 確かにぃ ですな お母さんのような真理さん?

●ま: このシーンはね、わからないところがまたいいですね。
◆ふ: はい、ありがとうございましたぁ。
←い: ニャハハ、ふたりで煙に巻きましたぁ



◆: 愚直に投稿さん(←い: ワタシ)
方々が多すぎるガタガタな文章・・・(こちらの18個目です。)





◆ふ: ある方からコメントが届いているようです。

←い: 三浦友理恵さんのお便り
 「真理さんがソリストとして忙しく活動していて、更に毎週のラジオに出演。アナウンサーのように滑舌も良くなって。そしてふたりお子さん産んで育てて、さらにさらに、オケのソロチェロという重役まで担うっていう、体ひとつではとても足りないんじゃないか、と思うし、精神面でもきっと大変なことが一杯あるんじゃないかと思います。
でも子供が生まれた辺りから、真理ちゃんのチェロの音色が凄く変わって、更につややかにホールに響き渡ってるのを聞いたときに、お母さんになって度胸や覚悟が一層強くなって、音楽にも現れているんだなぁ、って思いました。そんな人としての芯の強さ、ずっと振れなさを尊敬しています。ふかわさんにも二回目の代役のときには大変助けていただきました。思いつかないような言葉のチョイスのセンスをお持ちなので、良く知っている曲でも新しい一面が発見できることも多々ありました。またリスナーの皆さんにも曲をいろいろとご紹介していただけたのも嬉しかったです。」
←い: というような内容でした。
     で、最後に、「以上、三浦友理恵でした」って。アハハ、ご性格が出てますな、って感じ。

●ま: 嬉しい、友里恵ちゃんから。全然知らなかった。
◆ふ: サプライズで、ありがたいですねぇ。
●ま: まだ初年度のずっと緊張している時に、友里恵ちゃんと賜紀さん来てくれて、「化けの皮が剥がれたね」みたいなことをふかわさんに言われたんですよ。
多分あの辺りから自分というものの何かが壊れた
←い: アハ、いい方に壊れたのかな?




で、曲紹介なく ↓

「上を向いて歩こう」 中村八大・作曲、上柴はじめ・編曲
(4分30秒)
(ピアノ)上原彩子
(コントラバス)池松宏
(ハープ)篠崎和子
(チェロ)遠藤真理
(リコーダー&ウィンドチャイム)ふかわりょう
~新潟県長岡市・リリックホールで公開収録~



◆: 京都のアーガイルさん

8年もの間ホントに楽しませていただき、ふかわさん、真理さん初め番組スタッフの方々に心から感謝しています。残念で腑に落ちない心と、忙し過ぎるふかわさんに少しお休み、充電していただきたい気持ちが葛藤しています。これまで沢山の素晴らしい曲に出会えてクラシックが物凄く身近になりました。これも「きらクラ!」マジックのおかげです。また多くのゲストの方々の珍しいお話も聞かせていただいて本当に有り難かったです。最後の最後のリクエストなのですが、今世界が大変な状況にありますので早く感染が終息して世界中の人が完治され全ての人々が心から平安を得られるための祈りを込めまして、 Look at the world をよろしくお願いいたします。
ふかわさん、真理さん、これからもメディアを通して明るい風を日本に世界に。ずっとずっと応援しています。どうぞご自愛されつつご無理なくガンバってください。




◆: ミサミサさん

何気なく聴き始めた「きらクラ!」ですが、福岡県春日市の公開収録に参加したり、ご自愛ステッカーをもらったり、いつの間にかきらクラ!沼に嵌っていました。 ワタシが印象に残っているのは(↑同曲)。 リクエストされた方のお話です。遠距離通学でしょうか、電車の中でちょっと疲れた感じの男の子に向けられるこの方の暖かい眼差しが感じられ、エールを送るのにぴったりだと思いました。
今何かと騒がしい世の中ですが、世界中の人々の未来がこの曲のように輝かしいものであることを祈っています。ふかわさん、真理さんの今後のご活躍をお祈りします。ありがとうございました。
●ま: ありがとうございます。
◆ふ: 覚えていますよ、お便り
●ま: ワタシも、とても印象的でした
◆ふ: 光景が浮かびましたねぇ。
←い: この曲過去に3回かかってるみたいなんだけどどれだろ。 このとき? このとき? このときみたいね。どんなお便りだっけ・・・なぁんとなく・・・忘れた・・・



今回はここまで。

次回はハチベェ君からぁ!




ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/08/14 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2767 ]  第367回 (2020/3/29放送) 最終回 を聴いて(1)

 
こちらで触れましたが、


今日はお便り主体だろうから3分そこいらの曲が多いんじゃないかな、と思ってたんだけど、6分とか10分があって、まぁ6分強のはライヴだからいいとして、エクローグ 10分ねぇ、ふ~ん、なんて思いつつ、結構集中して聴きました。最終回やし。




で以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと


尚、ラジネも書いてみましたが、聞き間違いや誤字があるかも知れません。
お気づきの方はご指摘ください。修正します。




Opening

◆ふ: 「きらクラ!」今週も始まりました!

◆: 明日または今日が誕生日のさうりゃーにさん

4月からはもう「きらクラ!」が聴けないのは本当に寂しいです。 ラジオを聴く習慣がなかったワタシが毎週「きらクラ!」を聴くようになったのは3年前。 県立の音高生になったばかりの長男を高校へ送る車中で聴き始めたのがきっかけでした。 約15分の道のりでしたが、月曜の朝は楽しい気持ちで過ごさせてもらいました。一番笑った思い出は「真理さんたのもう」で、カルメンの第一組曲がヤンパラパラで出題され、答えが降りてきた瞬間の喜びと興奮と大笑いの混ざったおふたりの盛り上がりシーンです。あの時、最高過ぎるだろぅ、と笑いながらぬくぬくと輸送されていた寝坊息子も、4月から某私立音楽大学生になります。高校卒業と「きらクラ!」卒業の二重の寂しさを味わう春ですが、おふたりの今後の新たなご活躍とリスナーの皆さんの新しい季節が素敵なものになることをお祈りいたします。ふかわさん真理さん、楽しい番組をありがとうございましたぁ。
◆ふ: ありがとうございます。聴けないのがさみしいって言うね、声ね、ありがとうございます。
ただですね、いつもとは違う時間になりますが、
●ま: ええ
◆ふ: たとえば寝る前、目を閉じて、心の周波数を合わせれば、きっと聞こえてくるであろう、
●ま: はい
◆ふ: 真理さんの、笑い声、ねぇ!
●ま: そんな、ワタシぃ?
◆ふ: そうですよ
←い: こういう話の振り方も独特で楽しかったなぁ
◆ふ: ふとね、日常生活の中でよぎる瞬間がね、あると思うんですよ。
●ま: いやいやそんな、そんな、もう、ありがとうございます。
←い: こういうおふたりの謙遜さも良かったなぁ・・・



◆: ゆきさん 

番組が終わってしまうってとてもさみしく思い、しばらくはお手紙を書く元気もありませんでしたが最後にお礼を伝えたくて筆を執りました。
(←い: ふかわさん早口で困る~ 以下、ところどころ聞き取れなかった箇所はカットしてます。)
「きらクラ!」を聴き始めたのは長女を産んで、育児休暇に入っているとき。赤ん坊とふたりきりで過ごす中、なかなか外出もできず、ふと思いついてラジオを聴くようになったのです。クラシック音楽をユニークな切り口で紹介してくれるいろいろなコーナーと、おふたりの楽しいトークに毎回とても癒されました。おかげでクラシック音楽に興味を持つようになり、子供が成長してからはCDを買ったりコンサートに出かけたり、今では大事な趣味のひとつになっています。
●ま: はい
◆: 今回の卒業制作の朗読はとても素敵な内容ですね。(中略)「きらクラ!」が終わってしまっても、ここで過ごした楽しい時間など、沢山の笑いや感動はワタシの心にずっと残っていくでしょう。「きらクラ!」は週に一度クラシック好きの仲間が集まるカフェのようでした。気軽に立ち寄れて、詳しい人も初心者も一緒にワイワイ盛り上がれる、そんな空間でした。
きりもりしてくれたふかわさんと真理さん、そしてスタッフの皆さまにも心から感謝します。
あの時産まれた長女は今年の春、小学生になります。
●ま: はい~♪
◆: 去年よりピアノを習い始め、少し難しい曲も弾けるようになりました。

←い: というお便りで、アハ、
◆ふ: 思い出した。ここのスタッフはぁ、 やりますね、なかなか
●ま: (笑)
◆ふ: オンエア聞いてビックリしました。
●ま: こないだのねぇ
◆ふ: こないだの、ビックリしました。
●ま: あれ?なんか起こったかな、って
←い: そうなんですよ 一瞬音が切れたんで焦ったワタシ
◆ふ: ワタシは、この8年のね、いわずもがなあそこはね、チョンとつまんでくれるかな、と思ったらしぃっかりと電波に。
●ま: ねぇ、もう、でも皆さんには伝わっていると思います。
←い: ハイ!

◆ふ: さぁ、そしてこんなお便りも届いております。
←い: で、真理さんがお便りを紹介。
◆: くらべえさん

とうとうこの日がやって来ました。今日は「きらクラ!」卒業式です。
◆ふ: はい
◆: 奇しくもコロナウィルスの影響で日本全国で、小中高大学でのあらゆる卒業式が直前になって中止だったり親御さんの参加禁止だったり、など顔を合わせられない形を強いられることになり、悔しい思いで過ごした方々も多いことでしょう。
(←い: そだ、コロナの影響で、「きらクラ!」も卒業式を延期します、でも良かったのに・・・)
◆: そんな中、「きらクラ!」でもこの晴れの日を、リスナー同士、顔は合わせられずともオンエアー卒業式という形で、電波を介して同じ時間と気持ちを共有していることを感じつつ、8年間共に過ごした卒業式にワタシも参加いたしまぁす。
今日はなんと、卒業制作まで用意されているとのこと。これは一生の思い出になること間違いなしですね。そしてふかわさん、今日は泣いてもいいんですよぉ。
◆ふ: いやぁもう予行演習で泣いたんでね そういうタイプなんでね
◆: ワタシも号泣する気がしていまぁす。
←い: 全国で多いと思う・・・
◆: その方がきっと4月から晴れやかに過ごせると思うんです。
◆ふ: んー
◆: さて、卒業式では定番のこの曲で、リスナー卒業生全員、ラジオの前に、
入場で~す♪ ↓

←い: 上手い!

「祝典行進曲」 團伊玖磨・作曲
(4分34秒)
(演奏)フィリップ・ジョーンズ金管合奏団
(指揮)エルガー・ハワース
<LONDON POCL-5065>




♪ドン


◆: 胆石が痛いさん 

出会いがあれば別れがある 正にそんな季節ですね。実はワタシの女房はクラシックが全然ダメ。同じ曲を何十回聴いても初めて聴く、と言うし、演奏会に連れて行ったら初めから終わりまで寝ていまぁす。でもそんな女房はこの番組が好きで、ドンがもう最終回と知ったら絶対に応募する、といきまきました。
でも、出題を聴いてもワタシも女房もわからない。
でも一回目の出題の後、女房が真理さんが思わず笑ったことに気が付きました。これは絶対真理さんに関係している、ということで検索に検索を重ね、見付けた、と喜び勇んでワタシに報告して来ました。
(正解♪)
動画サイトで全体を聴いてみました。とても感動的な曲で思わず涙が流れて来ました。
◆ふ: はい

←い: これかな?(画像クリックで遊粒へ。4分36秒あります。)


   mugonkaMari20081.jpg




◆: その後更に検索を重ねたところ、この曲は真理さんの演奏でCDが出ていまぁす。今度買い求めようかなぁ、というわけで、この番組はクラシックがダメな女房にとってもとても楽しい番組でした。また何等かの形でお目にかかるのを待っていまぁす。それではそれまで(←い: その後、なんかドイツ語、さよなら、って意味かな?でした)


◆: ギンダラさん

初めて回答します。
(正解♪)
実は先週、初めてお便りを差し上げ、この曲をリクエストした者です。もしかしてリクエストが取り上げられるのでは、と思い聴いていたところ、まさかの出題で、二度目のお便りで回答させていただきました。最終回の放送でこの曲を聴けるのですね。この曲は2016年2月28日の放送で、ゲストの山田和樹さんが選曲されたものです。
●ま: はい
◆: 放送の日はちょうど欧州への出張の出国日でしたので、放送を録音しておき3月2日にチューリヒからミュンヘンへ移動する列車の中で聴き、この曲に出会いました。同じ車両内には乗客もまばらで話し相手もいなく、曇空の下に延々と続く雪を被った広大な田園風景。この曲が産まれたのはこんな世界だったのではないかと想像しつつ感動しつつ車窓を見つめていました。
山田和樹さん、この曲に出会えたことを心から感謝します。
ふかわさん、真理さん、スタッフの皆さま、音楽の力、ラジオの力を教えてくれた番組、ありがとうございました。これからも音楽を通じて元気や感銘を届けていただければと思います。最後になりますが8年間お疲れさまでした。皆さまのご活躍を心から願っております。
←い: なるほど いい表現です!
●ま: ありがとうございま~す。


←い: 少し長く聴いて
◆ふ: ワタシは真理さんの生演奏を聴いて来ましたね
●ま: ねぇ 来ていただきました。
◆ふ: アンコールということですよね。
あれ?なんだ、聴いたことある曲が始まった、って
感動しましたよ。
●ま: ありがとうございます。
この演奏はね、ワタシが弾いてるのではないんですよね。
←い: あれまそうなの・・・なんで?真理さんオンパレードでも良かったのに・・・
◆ふ: 両親と3人で
●ま: 来ていただきました。
←い: そんなこともありましたか。以前に話に出た?(ような気もする)



◆: 塩尻のてるさん

(正解♪)
これも「きらクラ!」で初めて聞いて好きになった一曲です。えー、(←い:って真理さんが言ったけど原稿にはなかったかも) フィンジ、モンポウ、セブラック、ペルトなども「きらクラ!」で知り、
←い: そういうのも多いよねぇ 
◆: CDを購入。今ではワタシの生活で欠かせない一部となりました。ワタシたちリスナーに心に残る体験をさせていただき、ありがとうございました。毎週ラジオでお聴きしていたふかわさん真理さんの声が聞けないのは寂しくなります。しかしワタシも、会うは別れの初め、さよならだけが人生だ、を肝に命じて
◆ふ: うん
◆: 「きらクラ!」のない生活をキチンと始めます。ふかわさん真理さんこだまっち、スタッフの皆さまのこれからの益々のご活躍を祈念しまして、そう、最後はやっぱご自愛ください。ダンケシェーン。
◆ふ: ビッシェン
ビッテシェン
(おふたり大受け)
いつから言い出したんでしょうかね、これ。歌とかも歌いましたよね、世界の挨拶をね。
←い: だっけ・・・どうも覚えてないことが多いなぁ、歳のせいにしとこう。



◆: ぴるるさん

(正解♪)
以前放送された時、ふかわさんと同じくワタクシも涙腺ぐいぐいきました。この曲はチェロアンサンブルの演奏でしたが、
●ま: はい
◆: 他のヴァージョンもあると言われていたので弾きたいと思い楽譜を求めボチボチ練習し、やっと今年の発表会で弾く予定です。
●ま: すごい
◆: ピアノヴァージョンの演奏が聴きたいと思ってリクエストしようとしていたところ番組終了のお知らせがあり、番組企画も盛り沢山なので諦めていました。ここに至って最後にこの曲が注目されたのがとっても嬉しいです。(中略)教科書にない作曲家の素敵な曲に出会え、大変勉強になりました。
そしてもうひとつ気になることですが、番組終了に伴って「きらクラ!」ステッカー、在庫整理在庫処分ありますか?余っているようなら大盤振る舞いしていただければ嬉しいです。
←い: だよねぇ
◆: この先のワタシの人生にラジオの楽しみを教えてくださったこの番組に感謝し、ふかわさん、遠藤さん、スタッフのみなさんのさらなるご活躍をお祈りしております。
◆ふ: ありがとうございました。
大盤振る舞いはね、何週か前からそういうモードではあったんですけど、恐らくスタッフがね いつもより多くの人に 届けてくれるんじゃないかと思っております。
●ま: はい



◆: ヴォルフガング あまがえる モーツァルトさん

(正解♪)
ワタシはこの曲を2017年6月の放送でリスナーさんのリクエストに応えてオンエアーされたことで知りました。お父様を看取ったばかりの心情を綴ったリスナーの方の愛情溢れるお便りが読まれた後に、この曲がオンエアーされました。この曲を聴き終えた後、周りの風景や近くで遊んでいるワタシの一人娘がそれまでと違って見えるほど、深くワタシの印象に残ったのを今でも良く覚えています。それはワタシにとってリスナーの方のお便りと音楽の力によって、何かを大切に思うとはどういうことか、というこれから一生を掛けて考えていかなければならないことについて学んだ瞬間だったように思います。お便りの内容や曲について何も論評せず、「では、お聴きいただきます」と簡潔にお話されたふかわさんの何も言わないことで示す大きな優しさと心配りも忘れることはできません。
←い: そうなんです! そうなんですよ! ふかわさんって独特だけどとても心配りのできる人でいろんな魅力を持った人でした。
(あ、故人じゃないから過去形は拙いか・・・でも番組と共にふかわさんのこういう面はワタシの前から消えてしまったように感じるのです。)
◆: この曲はワタシが初めて真理さんの生演奏を見に行った日に演奏された曲でもありましたから。
「きらクラ!」を通してワタシが出会ったり、知ったことを一曲で象徴するような、「きらクラ!」ワタシの一曲!というような曲をもし選ぶとすれば、ワタシの一曲は間違いなくこの曲です。最後になりますが、ふかわさん、真理さんを初めとする番組制作に携わったスタッフの皆さま、それからふかわさんと真理さんを真ん中にして集まったラジオの向こう側にいるリスナーの皆さまから、ワタシは本当にいろいろなことを教えていただきました。それはワタシにとってこれからも大切にしたい宝物になっています。
本当にありがとうございました。
◆ふ: なんかこういうお便りばっかりだと最終回みたいですねぇ まるでねぇ
●ま: ホントですねぇ
←い: 明るく終わりたいのよね
●ま: シンミリしまぁす
◆ふ: こうやって褒めてくれますけどね、なんにも知らないだけですから、ワタシ。
解説とかね、こう優しさとかじゃないの なんにも
●ま: そんなことない!
←い: そんなこたぁない!
●ま: 大きな優しさです。
◆ふ: (笑いながら)ホントにありがとうございます。



◆: いちきゅうきゅうろくさん

(正解♪)
忘れもしません、平成17年の6月父を看取って十日目に発作的にリクエストして採用されました。
←い: ん?平成17年って2015年だけど?その時、まだ番組始まってなかったよ。27年の間違いかな?
>忘れもしません
がちょっとぉ・・・・・・
さっき↑のお便りにあるように平成29年だね。ひょっとするとだけど、2017年を略して17年て書いてあって、ふかわさんがそれを平成と思い込んで読んじゃったとか?
おふたり: 先ほどのお便りの(方)
◆: 実はその時の録音があるにも関わらず一度も聞き返すことができずにいます。山田和樹さんに教えていただいたこの曲は、ワタシの生涯の一曲になりました。その頃はCDを探すのも大変でしたが、「きらクラ!」のおかげで今は真理さんのチェロ演奏のCDを聴けるようにまでなりました。ワタシは亡き父に会いたいときにこの曲を聴き、必ず泣きます。今や泣きたくなったときに聴く、と言ってもいい程です。
こらからは「きらクラ!」ロスをどうやって埋めればいいのか。
←い: 罪な・・・NHK幹部?
◆: この番組は本当にふかわさんと真理さんでなくてはならなかったと心から思います。夜半亭アブラー虫さんや、楓よりイ長調さん、あまがえるモーツァルトさんなど、お会いしたこともないのにお友達のような気持ちで過ごしてきたこの8年間。本当に本当にありがとうございました。
「きらクラ!」リスナーの皆さまがこれからもご健康でお幸せでありますようお祈りしています。

◆ふ: 常連さんもね 多数いらっしゃいます。こういう会ったことはないけれど、友達というか親戚(←い: 親密?)というか繋がる感じもラジオの良さでもありますね。


さぁ、

ニアピン賞があります!

◆: オペラのパパさん

あれぇ?今日の「きらクラ!」ドンは長くない?でもなんだっけぇ、と呟きながら考えていると、「白鳥でしょ」 と4月から高校生になる長男がぶっきら棒に言い放ちました。
◆: ということで サン・サーンス作曲 動物の謝肉祭より 白鳥 
←い: おんなじ~
4分の1サイズにしがみつきながらチェロを始め、この「きらクラ!」のお姉さんもチェロを弾いてるんだよぉ、いつか「白鳥」を弾けるようになるといいなぁ、と言っていた息子が、今ではフルサイズのチェロを担いで友達とのアンサンブルに出かける姿を見ると、「きらクラ!」と一緒に成長してきたなぁ、と感じて熱い物が込み上げて来ます。
そんな我が家では、半年ほど前に生まれた4人目の弟を、3人の兄と姉が囲み、
←い: 羨ましい~微笑ましい~
◆: 四重奏、最後の砦であるヴィオラ奏者にすべく不穏な計画を練っている模様です。
◆ふ: へ~
◆: またお会いできる日を楽しみにしておりまぁす。


◆ふ: (聞き比べて)このアルペジオ
●ま: ねぇ そうそうそう
←い: ステッカーゲットぉ! 


◆ふ: あ、このようなお便りも届いております。
◆: たーたんさん

遂に最終回が来てしまいましたね。第一回放送以来8年、「きらクラ!」DONを中心にお便りを何度か紹介いただき、クリアファイルやステッカーもゲットしました。そこで今日は感謝の意を込めて、HPの「きらクラ!」DONのデータを集計してみました。第343回はまだ答えが出ていないので、それを除いてそれまでの342回の間に計346曲出題されています。そして登場した作曲家は、丁度100人。
●ま: へぇ!
◆: その内46人が1度のみの登場。一方10回以上登場した人が6人。20回以上が3人もいました。最多登場は25回のモーツァルト。以下2位がベートーヴェンで21回、以下チャイコフスキー20回、ショパンが14回、バッハとドビュッシーが12回と続いておりこの6人で3割を占めました。なんとなく番組の個性が表れているかな、と思います。とにもかくにも長い間ご苦労さまでした。またお会いできることを祈っております。
◆ふ: いやこちらこそですね、ご苦労さまです、ホントに。
こんなのスタッフ、ひとりも調べてない
他にやること一杯あるのでね
●ま: そうですね
◆ふ: ありがたいですねぇ なんかKirapediaにでも載せたいですけど
←い: 結局載ることなく1ヶ月後に番組HP自体が消えちゃったんですけどね・・・
◆ふ: 頼んでなくてもこういうこと調べてくださる
おふたり:ありがとうございます。



第344回「きらクラ!」ドンの出題

←い: は、ありません・・・・・・ The end ・・・



当選者

◆: 長女はホルン、次女はクラさん

一瞬「白鳥」と思ったんですが、いやこれは「きらクラ!」で出会い最高の一曲となった、そして最後にリクエストするならこの曲だと思っていた

(正解♪)

◆: 山田和樹さんがゲストで出演された時に、この曲を世に広めたい、とリクエストされて初めて登場したんですよねぇ。その時ももちろんいい曲だと思ったのですが、再びリクエストで流れたときに、後から後から涙が溢れてきました。
優しさが畳みかけてきて、チェロの音色が心に深く々々入って行く感じです。
ワタシはこの曲をどうしても手元に置いていたい、と思い生まれて初めてクラシックCDを購入しました。
ふかわさんと真理さんは、ワタシにクラシックという大きな門を開けてくれ、そして中においで、と手招きをしてくださったのだと心から感謝しています。これからのお二方のご活躍とご健康をお祈り申し上げます。

◆ふ: はい、ではお聴きください。



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「無言歌」 アザラシヴィリ作曲
(4分04秒)
(演奏)サンクトペテルブルク・チェロ・アンサンブル
<KINGRECORD KICC117>


←い: 今回はここまで。(書くの疲れた・・・読むのも疲れるけどぉ・・・)

あ、それと、最初のお便りで触れられていた、
>カルメンの第一組曲がヤンパラパラで出題され

これだね。

   tanomou180930.jpg



だけど、ワタシの記録には、
 弟子が正解
って書いてあるんで録音を聴いてみましたぁ。(↑画像クリックで・・・音源に(4分あります)・・・内緒ね

2018/09/30 第300回放送 ご自愛祭りのときの「たのも~」 


あぁ楽しい番組だったなぁ・・・

(あれ?お便りに
  ›答えが降りてきた瞬間の喜びと興奮と大笑い
 ってあったけど、真理さんは結局答えられなかっただぁ、でした。)




ということで次回に続きます。




JigPiece40.jpgJigPiece39.jpgではでは。 ♪ banneretomo.gif JigPiece37.jpgJigPiece38.jpg





[ 2020/08/07 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2760 ]  第366回 (2020/3/22放送) BGM選手権祭り を聴いて (4) 終わり

 


以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




◆ふ: さぁここからは我々のリクエスト

●ま: ではまずワタシが選んだBGMはこちらでした
 
★第92回 寿限無 きらクラ!スペシャルヴァージョン 武満徹 どですかでん

<朗読文(番組HPに掲載されたもの)>
(←い: なんでかいつもは出てない締め切りなんてのが掲載されてたんだねぇ。)


◇BGM選手権 : ●応募の締め切りは、4月28日(木)。このBGM選手権の放送予定は5月8日(日)です。

●名付けに悩む親心

父「うちの坊やに、どんな名前をつけようか。
この複雑な世の中を生き抜いていけるような名前がいいな。」

母「縁起の良さで言ったら・・・ (※最初は冗談ぽく)
じゃあ、寿限無にしてみる?」

父「え? うーん、寿限無寿限無・・・ (※ここまでは懐疑的だが)
縁起の良さがもの足りないなあ! (※だんだんその気になって)
寿限無寿限無、五劫の摺り切れっ」

母「もう一声! (※だんだん盛り上がって、早口になってくる)
寿限無寿限無、五劫の摺り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末」

父「よし! 一生、食いっぱぐれないように!
寿限無寿限無、五劫の摺り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝る所に住む所、やぶらこうじのぶらこうじ」

母「グローバルに生きましょうよ!
寿限無寿限無、五劫の摺り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝る所に住む所、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナァ!」

父「最後は、漢字で締めだ!
寿限無寿限無、五劫の摺り切れ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝る所に住む所、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナァの長久命の長助!」

母「ふう、これだけ縁起の良さそうな言葉が入っていれば、坊やの人生きっと大丈夫ね。
それじゃあ、双子の妹の名前はどうする?」


~寿限無 きらクラ!スペシャル・バージョン~


●ま: 発音 大変でした
←い: だろなぁ しかしお見事でした!(そこ!)
◆ふ: 長助!
●ま: (大笑い)
◆ふ: ふたりのやりとりが音、愛が溢れるという 伝わってきました

←い: いいですいいです




◆ふ: じゃぁワタシはこちらを選びました

★第90回 北国の春 シューベルト 即興曲変ト長調作品90第3

<朗読文(ワタシのパソに残ってた画像)>

   kitaguninoharu20160410.jpg




◆ふ: はぁ、溜息が洩れますよ
歌謡曲の歌詞にBGMを当てる試みの最初の作品
かすかに千昌夫さんの声も遠くに聞こえますが これはこれでひとつの世界観ができてる
ホントにリスナーさんの力で
●ま: ホントですねぇ
◆ふ: 我々も楽しませてもらった、とつくづく感じました
←い: この場合の我々は、ふかわさん真理さん、スタッフさん、そしてリスナーだぁ!




◆ふ: さぁそんなリスナーさんからのリクエスト、最も多かったのが
←い: やっぱりね!

★第70回 九百九十両 シベリウス 交響曲第1番ホ短調~Ⅲ

<朗読文(番組HPに掲載されたもの)>

「親分」
「何だ、八」
「腕が鳴るね」
ガラツ八の八五郎は、小鼻をふくらませて、親分の錢形平次を仰(あふ)ぎました。
初夏の陽を除け、とぐろを卷いた縁側から、これも所在なく吐月峯(はひふき)ばかり叩いてゐる平次に、
ひとかど言ひ當てたつもりで聲を掛けたのでした。
「腕の鳴る面(つら)かよ、馬鹿野郎。近頃お濕(しめ)りがないから、喉が鳴るんだらう」
「違げえねえ」
平掌(ひらて)で額をピシヤリ。この二三日スラムプに陷(おちい)つてゐる平次から、
この痛快な馬鹿野郎を喰はせられるのが、ガラツ八にはたまらない嬉しさの樣子です。
「八、あれを聞くがいゝ」
「何ですえ、親分」
「誰か來たやうだ、飛んだ面白い仕事かも知れないよ」
「――」
「家の前を往つたり來たりしてゐるだらう。入らうか入るまいか、先刻から迷つてゐる樣子だ、――女の跫音(あしおと)だね」
~ 野村 胡堂 作「銭形平次捕物控」より「九百九十両」冒頭部分 ~
※「シベリウス祭」開催の為、今回はシベリウスの曲 限定で募集致します。
「親分」
「何だ、八」
「腕が鳴るね」
ガラツ八の八五郎は、小鼻をふくらませて、親分の錢形平次を仰(あふ)ぎました。
初夏の陽を除け、とぐろを卷いた縁側から、これも所在なく吐月峯(はひふき)ばかり叩いてゐる平次に、
ひとかど言ひ當てたつもりで聲を掛けたのでした。
「腕の鳴る面(つら)かよ、馬鹿野郎。近頃お濕(しめ)りがないから、喉が鳴るんだらう」
「違げえねえ」
平掌(ひらて)で額をピシヤリ。この二三日スラムプに陷(おちい)つてゐる平次から、
この痛快な馬鹿野郎を喰はせられるのが、ガラツ八にはたまらない嬉しさの樣子です。
「八、あれを聞くがいゝ」
「何ですえ、親分」
「誰か來たやうだ、飛んだ面白い仕事かも知れないよ」
「――」
「家の前を往つたり來たりしてゐるだらう。入らうか入るまいか、先刻から迷つてゐる樣子だ、――女の跫音(あしおと)だね」

~ 野村 胡堂 作「銭形平次捕物控」より「九百九十両」冒頭部分 ~

※「シベリウス祭」開催の為、今回はシベリウスの曲 限定で募集致します。



←い: あれ?ふかわさん第92回って言った?
92回は寿限無ですよぉ 上で真理さんが選んだヤツね 70回ね

●ま: ここで登場するんですね、「違げえねえ」ってね
◆ふ: 意外とソフトな「違げえねえ」
●ま: 控え目にね
◆ふ: 一回しか言ってないんですよね 随分燃費のいいフレーズ あの一回で何年も楽しませてもらって
◆: 「きらクラ!」の代名詞とも言える「違げえねえ」
◆ふ: ステッカーになりましたし 「違げえねえ」のリクエストがすごかった

●ま: あんな感じに流れていたらそんなにピックアップされないのにふかわさんがドはまり
(←い: アハ、ドは真理・・・?)
◆ふ: 大好物 あぁいう 小次郎! みたいなやつ(大好き)




◆: 番組開始から今日まで走馬燈のように思い浮かびます。
↓ リクエスト
この番組終了間際には、ふかわさんが感極まって涙されたことが今でも記憶に残っています。
もう一度あの時の感動を蘇らせていただければ幸いです。


<朗読文(いーともテープ起こし)>


どこの山かわかりません。その山の崖のところに、家が一軒建っていました。
木こりが住んでいたのでしょうか。いいえそうではありません。
そんなら、熊がそこに住まっていたのでしょうか。いいえそうでもありません。
そこには、若い赤鬼が、たったひとりで住まっていました。
本当に、その赤鬼は、他の鬼とは違う気持ちを持っていました。

「ワタシは鬼に生まれてきたが、鬼どものためになるなら、
 できるだけ良い事ばかりをしてみたい。いや、その上にできることなら
 人間たちの仲間になって、仲良く暮らしていきたいな。」

赤鬼はいつもそう思っていました。
そしてそれを自分ひとりの心の中にそっとそのまましまっておけなくなりました。
そこである日、赤鬼は自分の家の戸口の前に木の立て札を立てました。

「心の優しい鬼のウチです。
 どなたでもおいでください。
 美味しいお菓子がございます。
 お茶も沸かしてございます。」

そう、立て札に書かれました。
優しい仮名の文字を使って赤鬼は、言葉短く書き記したのでありました。



「え~いこんなもの、壊してしまえ!」
まるで箸でも折るように立て札の足をポキンとへし折りました。
するとその時、ひょっこりとひとりのお客が戸口の前にやってきました。

「どうしたんだい、バカに手荒いことをして、君らしくもないじゃないか。」
青鬼は、遠慮しないで近寄りながら言いました。

赤鬼はいっとききまりが悪そうな、恥ずかしそうな顔をしました。
けれどもすぐに機嫌を直して青鬼にどうして自分がこんなに腹を立てているのかを、
訳はこれこれしかじかと話をしました。

「そんなことかい。たまに遊びに来てみるとそんな苦労で君がくよくよしているよ。
 そんなことなら訳なくらちがあくんだよ。
 ねぇ君、こうすりゃ簡単さ。
 ボクがこれから麓の村に下りて行く。
 そこでうんと暴れよう。」

「じょ、冗談言うな。」

と、赤鬼は少し慌てて言いました。

「まぁ聞けよ。う~んとこ暴れている最中に、ひょっこり君がやって来る。
 ボクを押さえてボクの頭をポカポカ殴る。
 そうすれば、人間たちは初めて君を誉め立てる。ねぇきっとそうなるだろう?
 そうなればしめたものだよ。安心をして遊びにやって来るんだよ。」



家の中では、おじいさんと、おばあさんとが、お昼のご飯を食べていました。
開けっぱなしな戸口の前に、昼間中、鬼の姿がひょっこりと立ったのを見て、
肝をつぶして飛び立って、「鬼だ!」「鬼だ!」と叫び続けて、
ふたり一緒に裏の口から逃げ出しました。
逃げて行くおじいさん、おばあさんにはちっとも用がありません。
青鬼は、中に入ると早速に、皿、鉢、茶碗、茶釜など手当たり次第手に取って投げつけました。
ご飯入れも投げつけました。
ご飯つぶがそこらに飛んで、障子のさんや柱の角にくっつきました。
味噌汁の鍋は転げて、汁は蘆口をタラタラとしたたりました。
ガラガラ、ガチャン、ガチャリン、チャリン、ドタン、バタン
と、青鬼は飛んだり跳ねたり、逆立ちしたりしていました。

「まだ来ないかなぁ。」
そうそっと思うところに、相手の若い赤鬼が息を切らして駆けて来ました。

「どこだ、どこだ、乱暴者め!」
赤鬼は拳を握って大きな声でそう言って青鬼がいるのを見ると、駆け寄って、
「やぁ!この野郎!」
と、怒鳴ると一緒に掴みかかって、首のところをグイグイと絞めつけました。
コツンとひとつ、固い頭を打ち据えました。
青鬼は首を縮めて、小さな声で言いました。
「ポカポカ続けて殴るのさ。」
赤鬼はそこでポカポカ打ちました。
どうなることかと、物の陰からおっかなびっくり覗き見をして、
ハラハラしている村人たちには、確かに強く赤鬼が乱暴鬼を殴ったように見えました。
それでしたのに、青鬼は、小さな声で言いました。
「ダメだ、しっかりぶつんだよ。」
「もういい、早く逃げたまえ!」
そう、赤鬼は小さな声で言いました。

「そんなら、そろそろ逃げようか。」
赤鬼の股をくぐって青鬼は、逃げ出しました。



こうして、鬼には、人間の友達仲間ができました。
前とは替わって、赤鬼は今は少しも寂しいことはありません。
けれども、日数(ひかず)が経つうちに心掛かりになるものがひとつ、
ポツンと取り残されていることに、赤鬼は気が付きました。
それは他でもありません、青鬼のこと。
親しい仲間の青鬼が、あの日、別れて行ってから、
ただの一度も訪ねて来なくなりました。

「赤鬼君、人間たちとはどこまでも仲良く真面目に付き合って、
 楽しく暮らしていってください。
 ボクはしばらく君にはお目にかかりません。
 このまま君と付き合いを続けていけば、人間は君を疑うことがないともかぎりません。
 薄気味悪く思わないでもありません。
 それではまことにつまらない。
 そう考えて、ボクはこれから旅に出ることにしました。
 長い、長い旅になるかも知れません。
 けれどもボクはいつでも君を忘れない。
 どこかでまた会う日があるかも知れません。さよなら。
 君、体を大事にしてください。

 どこまでも君の友達、青鬼。」

赤鬼は黙ってそれを読みました。
二度も三度も読みました。
戸に手を掛けて、顔を押し付け、シクシクと涙を流して泣きました。


★第16回(第1回BGM選手権SP) 浜田廣介作

泣いた赤鬼① ブラームス 交響曲第3番~Ⅱ
泣いた赤鬼② グノー あやつり人形の葬送行進曲
泣いた赤鬼③ ホルスト 組曲「惑星」~天王星
泣いた赤鬼④ ベートーベン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」~Ⅱ


◆ふ: それぞれの投稿者を発表します
←い: ん? これだけ投稿者発表!?
③ ゆ、ゆめこさん・・・(涙)

◆ふ: 大作
●ま: 第一回目のスペシャル もう8年前 
沢山のリクエストが来ていたということで長く聞いてくださったリスナーの方が多かったんだな、と思います。
ふたり : リクエストありがとうございました。
←い: 涙・・・




←い: ここでなぜか パッフェルベルのカノンが流れたよ(番組表には載ってなかった、けど放送後に載りました。)

「カノン」 パッヘルベル作曲
(5分20秒)
(指揮)クルト・レーデル
(管弦楽)プロ・アルテ管弦楽団




◆ふ: さぁ 実はここでお題を出したいと思います。
BGM選手権最後のお題です

←い: やっぱりラストもBGM選手権だぁ!

第177回 BGM選手権のお題

(←い: 穴熊? 死ぬ? しかもえっらい長い詩と思ったら)

◆ふ: 最後の
スーザン・バーレイ作 小川仁央(おがわひとみ)訳 「わすれられないおくりもの」です。
こちら、絵本なんですが、いつも生きていてくれてありがとねさんが紹介してくださった作品。
出版社の方でご理解いただきまして、こちらを最後のお題に。
ただここで終わりではありません。この絵本すべてのブロックにBGMを付ける、
それが我々の卒業・・・
←い: ここでふかわさん絶句・・・
◆ふ: 卒業制作にしたいと思います。
←い: で冷静な真理さん
●ま: 今回はこの絵本を8つのブロックに分けて1曲ずつ音楽を当ててもらいたい
←い: ぎょえ~ 8曲選ぶってこと? まさかの大宿題
(でしたなぁ)

(さすがにこれはテープ起こししちゃあかんでしょ。てか長いし・・・)




←い: 8まで聞いて・・・涙が止まらん・・・




エンディング
◆ふ: さぁ遠藤さん
←い: 遠藤さん・・・
●ま: いよいよ



◆ふ: 最後の最後まで全力で
特にテーマはお伝えしませんが、皆さんの聴きたいものとか、そら耳とかそういうリクエスト祭りという感じで
賑やかに終わりたい
●ま: そうですねぇ

←い: 涙はなんとか強制的に止めたみたいね



~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ 



ということで、366回が終わりました。

あと、残すところ1回・・・あぁあ、これ書いちゃうとホントに終わっちゃうよ・・・・・・





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/07/31 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2753 ]  第366回 (2020/3/22放送) BGM選手権祭り を聴いて (3) (追記あり)

 


以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと





←い: そして、「鏡の中の鏡」 アルヴォ・ペルトにはなんのコメントもなく!

           ↓↓↓


◆ふ: さぁこの時間がやってきました
カルミナブラーナ選手権♪

5つ紹介

◆: ふかわりょうさんの断髪式を始めます
♪♪♪

◆ふ: 切る前なんですけどね
←い: だなぁ


◆: 面接会場にて では、次の方入りなさ~い
♪♪♪

←い: 結婚式の新郎新婦みたい
◆ふ: しゃ、社長の御曹司! みたいなね


◆: 苦戦のBGMさん
お客さ~ん、終点ですよ
♪♪♪
←い: ナハハ、ワタシ スタッフさんが上手に端折ってくれました。


◆: ハッピーバースデー トゥ ユー♪ ハッピーバースデー ディア 真理さん♪
じゃ電気つけるよぉ
♪♪♪


◆: (先に♪♪♪) お風呂が沸きました
●ま: アハハ、そういうのも、アリだ


◆ふ: みなさん良かったので、みなさんに
●ま:  ステッカーを
←い: よしよし! ん? サイン入りだろか・・・(後日いただいたのはこれ!



←い: あ!二回目のドンでわかったぞ! 真理さんだ!
(アハ、見事はずしましたがぁ




■たのも~
◆: 拙者琢磨と申す と申します
←い: 出たぁ!
●ま: 常連さん
←い: 完全に名前覚えてもらってますな

   tanomou200322.jpg

   

●ま: ズンズンで始まるワタシの中でのぉ、はふたつある

ドボルザーク チェロ協奏曲 3楽章

◆ふ: いやぁ師匠お見事
●ま: 拙者琢磨さん、素晴らしい 選曲で
◆ふ: これで敗れたら全国修行の旅に出ると書いてありますよ
ある種どちらもお見事

←い: ドボコン、いつかワタシも出してみたいなぁ、と思ってたの。
徳島に行ったときに聴けなかったし、真理さん、CD出してはるしね。
でも文字にするの大変だし、どう書いていいかわかんないんでお手上げだったのです。
上手に書いてはりましたなぁ。(正にお手上げの反対!)
難しいけど、真理さんが当てられるように、という配慮、流石でした!







■BGM選手権祭りの続き(お便りから)

★第131回 第6回BGM選手権SP 百人一首セレクション
◆: コダーイ ハンガリー民謡「孔雀」による変奏曲~第14変奏
古関裕而スポーツショー行進曲

←い: あれ? コダーイはかけなかった?
 (追記! さかいしげはるさん(ぷっぺさん)の投稿でしたぁ! おめでとうございま~す!

<朗読文(番組HPに掲載された画像)>

   hyakuninisshu20180114.jpg



◆ふ: いやぁ素晴らしい 歌人をも行進させてしまう
●ま: みんな札を持って入って来るみたいな
◆ふ: トラックに入って来る



★第169回 つめたいメロン ストラヴィンスキー 舞踊音楽「春の祭典」~第2部~「序奏」

<朗読文(番組HPに掲載されたもの)>

おかあさんが、れいぞうきのふたを お開けなさると、いいにおいがしました。
「二郎ちゃん、メロンがつめたくなっていますよ。にいさんが帰ったら、切ってあげましょうね。」とおっしゃいました。
二郎さんはじぶんも、にいさんの写生に行っている、牧場へ行ってみようかと思っていると、おばさんが、きみ子さんをつれておいでになりました。
きみ子さんは、すぐお庭へ出て、ぶらんこにのりました。
二郎さんは、バケツの中のカニを、きみ子さんにみせてやりました。
「メロンを切りましたから、いらっしゃい。」
と、おかあさんがお呼びになりました。ふたりは、飛んできました。
「この冷たいのを、にいさんに やりたいなあ。」
と、二郎さんが いうと、
「まあ、かんしんなこと。」
と、おばさんが おほめに なりました。
おかあさんは、メロンをバスケットに入れてくださいました。
「わたしも いっしょに。」
と、きみ子さんは、二輪車の後ろにのりました。
二郎さんは スピードを 出して はしりました。
シャツのそでが風にふくらんで、かみのけが ふわふわしました。
「メロンをもってきた!」
と、ふたりがさけびました。
すずしい木の下で、太郎さんは、クレヨンで 牛の絵を書いていました。

小川 未明 作「つめたいメロン」


◆ふ: 本来 当てるべきではないかも知れないが あまりにも幸福と恐怖が表裏一体
作品本来はこういう要素は一切ない



★第66回 風の方向がかはつた ディーリアス 「フロリダ組曲」~「河畔にて」

<朗読文(番組HPに掲載されたもの)>

どこからともなく
とんできた一はのつばめ
燕は街の十字路を
直角にひらりと曲つた
するといままでふいてゐた
北風はぴつたりやんで
そしてこんどはそよそよと
どこかでゆれてゐる海草(うみくさ)の匂ひがかすかに一めんに
街街家家をひたした
ああ風の方向がすつかりかはつた
併しそれは風の方向ばかりではない
妻よ
ながい冬ぢうあれてゐた
おまへのその手がやはらかく
しつとりと
薄色をさしてくるさへ
わたしにはどんなによろこばしいことか
それをおもつてすら
わたしはどんなに子どもになるか

~ 山村暮鳥 作「風は草木にささやいた」から「風の方向がかはつた」 ~


●ま: ふかわさんが冬の詩に続いてお代わりした回
◆ふ: 何度聞いてもいい




◆ふ: このようなお便りも ちゃこぺんさん。(←い: お久しぶりです)
◆: 初回から聴いているヘヴィーリスナーです。個人的なお願いで申し訳ないですが、
★第31回 夏の終り ブルッフ 弦楽八重奏曲
ふかわさんから、いいの持って来たねぇ、こりゃぁ絶妙だなぁ、とめちゃめちゃ褒められたにもかかわらず、ベストをいただけなかった悔しい想いをした回です。
今まで一度もステッカーをゲットできておらず、この気持ちを成仏させてください。ステッカーをください。
◆ふ: この方以外にも、ベストに選ばれた チャイコフスキー「四季」~「舟歌」も素晴らしかったですが、ブルッフに感銘。

<朗読文(ワタシのパソに残ってた画像。当時はちゃんと記録してなかったのでこれが番組表に載ってたのかどうか定かではありません。)>

   natunoowari.jpg



←い: (聞いて) ウン! いいです!

◆ふ: 我々、ホントに断腸の思いでベストを ホントに正直ベストを決めなくてもいいんじゃないかと思うこともしばしばあります。
←い: わかってますよぉ、何度も言ってられたし、そして・・・ふかわさんが話すときの言葉の選び方、いろんな人を傷つけないように、という配慮、最高でしたよ~




←い: またいきなり ↓

「ワルツ ニ長調 作品42第3」 グラズノフ作曲
(3分15秒)
(ピアノ)シューラ・チェルカスキー
<LONDON POCL-1638>

◆ふ: 冷たいメロンの回でも登場 三舩優子さんにもライヴで演奏してもらった。
←い: ふ~んそうなのね。



で、また続きは後日~


ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/07/24 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2747 ]  第366回 (2020/3/22放送) BGM選手権祭り を聴いて (2)

 


以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




◆ふ: ここからは番組セレクション
まずはグルメ サンマや数の子、漬物など沢山ありましたがやはりこちらが印象に残っております

★第25回 北大路魯山人 納豆の茶漬け ハチャトゥリアン 組曲「仮面舞踏会」から「ワルツ」

<朗読文(いーともテープ起こし)>

納豆を器に出して、それに何も加えないで、そのまま2本の箸でよく練り混ぜる。
そうすると納豆の糸が多くなる。はすから出る糸のようなものが増えて来て、固くて練りにくくなってくる。
この糸を出せば出すほど納豆は旨くなるのであるから無精をしないでまた手間を惜しまず、極力練りかえすべきだ。
固く練り上げたら醤油を数滴落としてまた練るのである。
また醤油数滴を落として練る。
要するにほんの少しずつ醤油をかけては練ることを繰り返して、糸の姿がなくなってどろどろになった納豆にからしを入れてよく撹拌する。
この時好みによって薬味、ネギのみじん切りを少量混和すると一段と味が強くなって旨い。
茶漬けであってもなくても、納豆はこうして食べるべきものである。



◆ふ: 真理さんが朗読したお題の中から

★第62回 吝嗇家(しわんぼう) シチェドリン ユーモレスク

<朗読文(いーともテープ起こし)>

ごくしわい人がございまして、
「小僧や」
「へぇ」
「お隣へ行っての、蚊帳の吊り手を打つんだから金槌を貸してください、とそう言って借りて来い。」

「へぇ、行ってまいりました。」
「貸してくれたか」
「あの、お隣で何の釘を打つんだと申しますから、蚊帳の吊り手を打つんですから金釘でございましょう、と申しましたら、金と金との連れ合いで金槌が減るから貸せない、と申しました。」
「う~ん、そうケチなヤツだ。じゃぁ、ウチのを出して使え。」

◆ふ: 真理瓶師匠
●ま: 登場してたんですねぇ
◆ふ: 初登場は2014年4月 落語 日本の小僧 で
●ま: 落語を 公共の電波で やらせていただくなんて



◆ふ: 続いてはゲストが読んでくれた朗読

★第6回 NHKニュース プライアー 口笛吹きと犬

錦織健さん朗読

<朗読文(いーともテープ起こし)>

価格が高騰する鰻の代わりに、特産のドジョウをPRしようと、全国有数の産地、島根県やすぎ市でドジョウを使ったどんぶりの試食会が10日行われました。
地元のレストランが考案したドジョウの親子丼は骨を全て取り除いたドジョウの身を、酒で蒸したあと鰻のかば焼き風に味を付けた物と、ドジョウの卵が添えられています。

◆ふ: この独特な言い回し、イントネーションはご本人からの提案でホントに独特でしたね。



★第150回 歌舞伎「三人吉三巴白浪」から マスカーニ 歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」~間奏曲

尾上右近さん朗読

<朗読文(番組HPに掲載されたもの)>

お嬢:月も朧に白魚の 篝もかすむ 春の空
冷てえ風にほろ酔いの 心持ちよくうかうかと
浮かれ烏のただ一羽 ねぐらへ帰る川端で
竿の雫か濡れ手で粟 思いがけなく手にいる百両
おお、ほんに今夜は節分か
西の海より川の中 落ちた夜鷹は厄落とし
豆だくさんに一文の 銭と違って金包み
こいつあ、春から 縁起がいいわえ
道の用心持って行こう。

お坊:おお姐さん、一寸待ってもらいたい。

お嬢:何ぞ御用でござりまするか。

お坊:用があるから呼んだのさ。

お嬢:何のご用が、存じませぬが、私も急な、

お坊:サ用もあろうが、手間はとらせねえ、待てといったら、待ちなせえな。


「三人吉三巴白浪」から

◆ふ: 贅沢な時間 曲もぴったりで
●ま: ピッタリです!



◆ふ: 番組セレクション最後 第67回 懐中時計の回 お題の朗読とBGMがあまりにぴったりで、我々が続きが気になる、とコメント。
すると 翌週にリスナーさんがその続きを考えて送ってくれた さらにその続きに(も)BGMを付けてみた

<朗読文(番組HPに掲載されたもの)>

懐中時計が箪笥(たんす)の向う側へ落ちて一人でチクタクと動いておりました。
鼠(ねずみ)が見つけて笑いました。
「馬鹿だなあ。誰も見る者はないのに、何だって動いているんだえ」
「人の見ない時でも動いているから、いつ見られても役に立つのさ」
と懐中時計は答えました。
「人の見ない時だけか、又は人が見ている時だけに働いているものはどちらも泥棒だよ」
鼠は恥かしくなってコソコソと逃げて行きました。

~ 夢野久作 著「懐中時計」~


<朗読文(いーともテープ起こし)>

それから3日たち、また鼠がやって来ました。
「おいどうしたんだ、元気がないじゃないか」
「ゼンマイが緩んでボクはもうダメだ。これからはずぅっとお休みさ。君には失敬なことを言って悪かった。」
「何を気弱なことを言ってるんだ。ボクに任せたまえ。」
鼠は箪笥の向こうで暴れ回りました。
「また鼠が出てきたな」
懐中時計の持ち主が箪笥の向こうを覗きこむと、そこに懐中時計がありました。
「あぁ、ここにあったのか」
拾い上げて丁寧にホコリを払ったのです。
鼠はその様子を見ると、壁の穴の入り口でもう一度振り返り、素早く潜り込みました。

<宇宙エレベーターが待てないさんが考案>

◆ふ: その時、ベストではなかったんですが韃靼人の踊りを投稿してくださった方からのお便りを紹介
さかいしげはるさん
←い: アハハ、ややこし~ で、ぷっぺさん! 凄いなぁ~~
◆: 懐中時計の朗読の回 ボロディンのイーゴリー公 韃靼人の踊りのイントロ部分を投稿しました。
ベストははずしましたが次週の放送で、その後の懐中時計なる続編を投稿してくれた方がいて、ワタシのBGMを使用していただいたのがとても嬉しくて感激した次第です。
そして3週連続して韃靼人の踊りと懐中時計の組合せを褒め称えてくれた投稿があり、「きらクラ!」を聴き続けてきた甲斐があったと大喜びをさせてもらったのです。
是非、番組終了後も特別番組などでBGM選手権を忘れた頃にやっていただきたいと思います。
もちろん、司会はふかわさんと真理さんですよ。
おふたり: ありがとうございました。
←い: いいお便りでしたぁ! ぷっぺさんって意外と真面目なのね。




←い: そしてなんの紹介もなくいきなり ↓

「鏡の中の鏡」 アルヴォ・ペルト作曲
(9分05秒)
(チェロ)遠藤真理
(ピアノ)フーマン
~NHKスタジオで収録~

←い: ワクワクして損した・・・





←い: また続きは後日~




ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/07/18 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今10件)

[ 2740 ]  第366回 (2020/3/22放送) BGM選手権祭り を聴いて

 

事前に番組表に載ったのは4曲だけ。全部合わせても19分20秒と普段の半分以下。


① 「8つの演奏会用エチュード 作品40 から第6曲パストラール」カプースチン作曲

② 「5つのバガテル 作品23 から 第2曲 ロマンス」フィンジ作曲

③ 「鏡の中の鏡」 アルヴォ・ペルト作曲

④ 「ワルツ ニ長調 作品42第3」 グラズノフ作曲


これらを過去の放送でググってみると。あ、いやワタシのブログ内検索してみると、


まぁ③はワタシを含めリクエストは多かったと思うし、そろそろかけ時だよなぁ、という感はあったけれど、


①と④はそれぞれ
第158回 (2015/10/11放送)
第79回BGM選手権


第349回 (2019/10/27放送)
第169回 BGM選手権

でどちらもベストではなかった曲

どうしてこの2曲だけ特別扱いなんだろ、


②は①と同じ放送回

三浦友理枝さんが真理さんの代理でMCを務めた回。あ、真理さん次女出産の吉報の回!

だからかなぁ、

などと思いつつ、


また・・・ROCKETMANが金曜につぶやいてるのが妙で、今回の放送番組表は木曜夜に掲載されたみたいだし、まさか木曜に今回のを、金曜に最終回のを収録してしまったんじゃないだろな、いやいやまさかそんな、リスナーを大切にする番組なんだから、そんなことは有り得ない、と思いながらも一抹の不安を抱きながら放送を聴きました。

(当時ね。杞憂で終わったんだけどね。)





で以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: 前回見事にスッキリ レモンスカッシュを飲んだときのよう
高校で檸檬を教えていた
まだ高校の教員をしていた頃 母が教えてくれた(番組)。
県外への引っ越し、妊娠、出産。
異郷の地での暮らしになかなかなじめず一日の大半を自宅で そんなワタシを楽しませてくれたのがラジオでありきらクラ!
ふかわさんのユーモアや豊かな感性溢れたことばに 本当にその通り! うまいこと言うなぁ、など感心する日々でした
←い: 本当にそうなんです 後継番組ではそれがない(聴いたときにはなかった) ので聴いてません。
想えば、ふかわさんの力、凄かったんだなぁ、と改めて思う今日この頃です。



◆ふ: では、本日はBGM選手権祭りを開催
全176回 の中から一挙大放出


◆: 尊敬する音楽の師匠に教えてもらったこの番組
気付いたら毎週とても楽しみにする生活になっていました (←い:ワタシも・・・)
◆ふ: ありがとうございます。
◆: 偶然流れた曲 自分でも弾きたくなり番組に電話で問合せてから早くも数年
譜読みが難航していますが今年の12月の発表会には完成予定
←い: へぇ
◆:  フルヴァージョンをリクエスト
◆ふ: では音楽のみでお届けします
←い: そういうエピソードのあるお便りからだったのね ↓ (冒頭の①ね)

「8つの演奏会用エチュード 作品40 から第6曲パストラール」カプースチン作曲
(2分30秒)
(ピアノ)ニコライ・カプースチン
<music boheme DICC-24058>




♪ドン


◆: 日本人なら誰でも聞いたことある 運動会にはかかせません 短調なのにこんなにワクワクするのは珍しい
←い: クチコスト? (ふかわさん、う~んう~んって頷いてましたな)
クシコシポスト? 聞いたことあるなぁ って・・・



◆: 徒競走の定番 運動が大の苦手で徒競走が苦痛で仕方なかった 小学校を卒業したとき これで徒競走に出なくていいんだ、と心底喜んだ
←い: ふ~ん ワタシは走るの大好きだったからそういう気持ち全然わからんかったなぁ。
◆: 「きらクラ!」も徒競走のように軽やかに駆け抜けて行きたい、ということですね
←い: なぁるほどぉ


←い: 少し長く聞いて あぁやっぱりこの曲だったのかぁ 行進曲みたいなやつ、とは思ったのよね

◆ふ: 裸足で校庭を駆け抜けていたタイプ あの頃に人生の大半の歓声を浴びてしまった
←い: こういう表現が抜群!と思うのはワタシだけ?


◆: 今回が最後と思い応募
←い: なんで最後と思ったんだろ・・・?
◆: 鼻歌を妻に聞かせると 「天国と地獄」と即答
YouTubeで調べるとなんと違う曲! それどころか元の鼻歌も思い出せず 運動会の曲で検索してみればいいでしょ(と妻)
←い: 楽しいねぇ
◆: 「きらクラ!」はクラシック素人でも楽しむことができた番組で、唯一時間にチャンネルを合わせていた番組
←い: Me too! さみしいねぇ・・・

◆ふ: 天国と地獄 ぞわぞわっと来ました。
鉢巻を巻いてた頃を思い出した。
●ま: リレーとかね
◆ふ: あの頃人生の大半の歓声を浴びてしまいました
●ま: (笑いながら)2度目!
←い: いいコンビでした・・・



◆: (9歳) 学校に行く前に朝ご飯を食べているとき聞いてました(←い: 過去形・・・)
曲に合わせて体が動くのでおかあさんに早く食べてしまいなさい、とよく怒られます。
今回初めてわかったと思います
「きらクラ!」のお兄さんとお姉さんの笑い声を聞くと元気に
◆ふ: オジサンですけどねぇ
●ま: ワタシもオバサン
◆ふ: こういう注意ってしたことあります?
●ま: 目茶苦茶あります 自分もこうだったんかな、と



◆: 運動会は苦手でこの曲にも好印象ありません
ネッケは300曲ぐらい書いたらしいが唯一この曲だけが知られている
◆ふ: テレビ界では一発屋 ある種ブランド


◆: 恐らくすべての回を聞いている 残りわずかな放送 線香花火の落ちる寸前の綺麗なほとばしりのよう
ふかわさんの発言 桜でなく銀杏の良さがわかってきた などに共感
←い: んだんだ
◆: 競馬を見るのが好き クシコスポストという馬がいた
この馬の誕生日が3月22日 こだまっち仕込み過ぎです
←い: アハハ 楽しい番組を作ってたのはリスナーさんも!なんだよなぁ



◆ふ:  ニアピンなかった



当選者

◆: 息の合ったやりとり、楽しませていただいてます
←い: でした・・・
◆: その昔長男が初めての発表会で演奏 拙い指使い、おぼつかないリズムで必死に最後まで弾き終えたことをイントロの一音で思い出した
これからも音楽というのは思い出とセットで流れ続けていくのでしょう
←い: いいお便りでした




第343回「きらクラ!」ドンの出題

←い: なんじゃぁ 長いぞ~
    おふたりさんで笑ってたな
    最後だからなんか意味がある出題なんだろけどね(一応書いておきますが、あの当時に感じたことですからねぇ)



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「クシコス・ポスト」 ネッケ作曲
(2分10秒)
(ピアノ)イェネー・ヤンドー
<Deutche Grammophone
POCG-9279>




←い: ここでお琴のジングルが鳴って、
(って昔のBGM選手権のジングル)

◆ふ: BGM選手権


さ、BGM選手権祭りです。



◆: 8年間ほぼすべて聞いているが投稿は駆け込みで前回とで2回
第一回BGM選手権を聞きたいと思っていた リクエスト ↓ 
このコーナーが番組終了まで続くであろう予兆を感じさせるようなスタートだった

◆ふ: 1回から3回 風とマシュマロの国から抜粋 まずは第1回からベスト

★第1回 パガニーニの主題による狂詩曲から第18変奏

<朗読文(いーともテープ起こし)>
道の終わりがありました
その先に道はなく
見えるのは灯台らしき小さな白い建物
エンジンを止めてドアを開けると風が流れ込んできます
ゆるやかに傾斜している地面
白い建物の向こうに海が見えてきました
周りには誰もいません
水平線と太陽
聞こえるのは 風と、波の音

●ま: 思い出に浸ってました
◆ふ: ヤバイ 今日涙腺持つかなぁ


◆: あのBGMでやられた 
BGM選手権歴史遺産に指定されるべきものと思う リクエスト ↓

★第3回 リロイ・アンダソンプリンク・プランク・プルンク 

<朗読文(いーともテープ起こし)>

さぁ行っておいで

空に浮かぶ大きなマシュマロから切り離されて
小さなマシュマロたちがぽとぽとと夜の牧草地帯にふんわりと空から降ってきては
まるでトランポリンのように緑の上を弾んでいます
わぁ、止まらないよぉ
ぼよんぼよんと跳ねるマシュマロたちを草が優しく包み込みます
大きくなるんだよ
子供たちを見守りながら大きなマシュマロは遠くの空へと流れて行きました
みんなが寝ている間のことでした


●ま: もう昨日のことのように思い出しますね
ピチカートがぽわんぽわんと合ってるよねぇ、と話されてました

◆ふ: このように振り返って
●ま: どんどん行きましょう


◆: 「きらクラ!」が始まる3日前に生まれた息子が小学2年生
ワタシの中でベストBGM 高村光太郎の冬の詩


★第40回 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番~Ⅱ

<朗読文(こちらからコピペさせてもらいました。)>

冬だ、冬だ、何処もかも冬だ
高台も冬だ
馬車馬のやうに勉強する学生よ
がむしゃらに学問と角力(すまう)をとれ
負けるな、どんどんと卒業しろ
インキ壺をぶらさげ小倉の袴をはいた若者よ
めそめそした青年の憂鬱病にとりつかれるな
マニュアリストとなるな
胸を張らし、大地をふみつけて歩け
大地の力を体感しろ
汝の全身を波だたせろ
つきぬけ、やり通せ
何を措(お)いても生(いのち)を得よ、たった一つの生を得よ
他人よりも自分だ、社会よりも自己だ、外よりも内だ
それを攻めろ、そして信じ切れ
孤独に深入りせよ
自然を忘れるな、自然をたのめ
自然に根ざした孤独はとりもなほさず万人に通ずる道だ
孤独を恐れるな、万人に、わからせようとするな、第二義に生きるな
根のない感激に耽(ふけ)る事を止めよ

●ま: 音楽の力素晴らしい BGM選手権凄いですね
◆ふ: 数少ないお代わりした曲 年に一度は聴きたくなる 引き締まる


◆: お気に入りを敢えて選ぶとしたら
算数の問題 リアルに涙出しながら笑いが止まりませんでした

★第113回 カバレフスキー 組曲「道化師」~「ギャロップ」

<朗読文(いーともテープ起こし)>
1000m離れた位置に、犬を連れたA君と何も連れていないB君が立っています。
A君は分速100m、B君は分速50mでお互いに向かって歩き出しました。
犬は分速300mでB君の方に進み、B君のところまで来ると
今度はA君に向かって走り出しました。
このようにして犬はA君とB君が出会うまでの間ふたりの間を行ったり来たりします。
問題。
犬が走った距離は何mになりますか。

◆ふ: 駆け回ってる 問題でありながらユーモア
●ま: 音楽が素晴らしい


◆: なんのお題だったか忘れてしまった
ホルストの火星 緊張感のある朗読にピッタリだった

◆ふ: ではこちらのことでしょうか。

★第39回 (宮本武蔵) ホルスト 組曲「惑星」~「火星(戦争の神)」

<朗読文(いーともテープ起こし)>

いざ来い武蔵!

言い放ったことばの元に、巌流は小尻をすえ高く上げて
小脇に持っていた太刀物干し竿をぱっと抜き放つと一緒に
左の手に残った刀の鞘を波間へ投げ捨てた

武蔵は耳のないような顔をしていたが彼の言葉が終わるのを待って
そしてなお磯打ち返す波音の間を置いてから
相手の肺腑にふいに言った

小次郎、負けたり!

何?

今日の試合は既に勝負があった
汝の負けと見えたぞ

黙れ!何を持って

勝つ身であればなんで鞘を投げ捨てん
鞘は汝の天命を投げ捨てたもの

ぬ、戯言(たわごと)を

惜しや 小次郎、散るか 早や散るを急ぐか

こ、来い

おぉ!

応えた
武蔵の足から水音が起こった


◆ふ: いや何をやってんでしょうかね
●ま: 我々ねぇ 吉川英治の宮本武蔵
←い: ナハハ

●ま: ふかわさんちょっと笑いながら朗読してませんでした?
◆ふ: 笑ってはないですけどね いやぁやりましたね




◆ふ: 第一回にはこんな曲も当てました 音楽のみでお聴きください
←い: え? なんで? あ、そか、曲名・・・ワタシ、CD番号って言うの?あれが一緒のをピックアップしたんです。(冒頭の②の話ね)

「5つのバガテル 作品23 から 第2曲 ロマンス」フィンジ作曲
(4分30秒)
(クラリネット)マイケル・コリンズ
(ピアノ)マイケル・マクヘイル
<CHANDOS CHAN 10637>

◆ふ: この番組でフィンジとの出会いは大きなもの




←い: また続きは後日~




ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/07/11 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2728 ]  第363回 (2020/3/1放送) を聴いて 【後編 その1】


さて、「きらクラ!」が消えて行ってから3ヶ月が経ちました。

まだ過去の録音を追いかけてる状態ですが、何やら蜃気楼を見ているような感じもしてます。


まぁオイオイとその蜃気楼たちの感想は書くとして、

まだ3ヶ月前だし、実体として残っている像から、

って・・・・・・

まぁ要するに、まだ書いてなかった記事を書き上げちゃおう、と思います。



全然書く気にならなかったんだけど、3ヶ月経ったし、
まぁ節目として残りを書いておこうかなぁ、と
重い筆、というか重い気持ちをよっこらさ、と
持ち上げて、書いてみます。

(てか、またまた小出しの予感ですがぁ・・・
この記事3回目だけどまだ番組始まって50分過ぎ・・・)






ということで、



こちらこちらの続きです。




では、以下、

★藤: は、藤田真央さん
◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと



◆: 昨年のせんくら(仙台クラシックフェスティバル)で初めて聞いた 若手の演奏家として目が離せなくなった
左足の怪我(マメ)は回復?

◆ふ: マメ
★藤: なぜかですよ 15日間ヨーロッパとロシア 10日コンサート マメができて日本帰って来て次の日に 普段靭帯を断絶した影響で歩く姿が元々の段階で芳しくない
プラス 同じ左足に 
その時はひどかった 歩く恰好が
◆ふ: ペダルは
★藤: 足の腹の部分で踏んだ
◆ふ: 反田さんは靴下 さすがに書いたことは?

★藤: あんなにぶっ飛んでないですよワタシは
◆ふ: ぶっ飛んでるとこありますけどね




◆: 真央さんはどの曲でも座るやさっと弾き始め曲の中に入り込みご自身の音楽を奏で始めるる どんなイメージで想像?
★藤: 歩いてお辞儀をして座る ワタシの中でこうやって弾くんだというテンポ感なり音楽観なり考えて 自然とそうなっちゃった
◆ふ: 椅子の位置しっくりこないな、とか そういう揺れみたいなのないわけ?
★藤: ありますあります 途中ぐらいで気付く 激しいところになったときに瞬発力でバンとずらす でも行き過ぎてるときがあってこりゃダメだ 左がメロディーで右がせんの時に(←い:って聞こえた) ちょっとお尻を上げて 調整 そういうことしちゃだめなんですけどね本来
●ま: 小澤征爾さんとヤマカズさんと真央君 ずぅっと動いてる 体が 演奏中じゃなくて
ぴっと立ち止まれないタイプ ずっと多分音楽が流れてる 頭(の中)に
◆ふ: ピアニストとして世界の真央くんですけど ワタシが教師で普通の生徒だったらしょっちゅう叱ってる
(ふたり爆笑!)
通信簿に落ち着きがないって書かれたことは
★藤: ありますあります!



◆: 映画「蜜蜂と遠雷」 リクエスト ↓

「春と修羅(風間塵バージョン)」 藤倉大・作曲
(6分13秒)
(ピアノ)藤田真央
<NAXOS NYCC-27310>




◆ふ: たのも~ 真理さん、真央さん たのも~ どうします?今日お客さまいらっしゃる
●ま: 帰ってもらいましょうか たまには
←い: 冗談最高!


   tanomou200301.jpg

で、ふかわさんが読み上げてる途中で
●ま: 余裕ですね もう大丈夫
★藤: トゥ~でわかりました

●ま: シベリウスのヴァイオリンコンチェルト三楽章




♪空耳クラシック

◆: オッフェンバック作曲 歌劇ホフマン物語 第4幕第1場第7景 ジュリエッタの歌で始まる御ドラ(アハ、ごんどらで変換したら出たの) ゴンドラの舟唄のコーラスが続く辺りで たのも~が2度
←い: おもろかったぁ!(でもあれ?2度?1度だけだったような・・・?)




◆ふ: 番組からのお知らせ 来週はマーチinマーチ
←い: あぁ懐かしい・・・




勝手に名付け親の出題

「ドレスラーの行進曲による9つの変奏曲 ハ短調 WoO63」
ベートーベン作曲
(7分13秒)
(ピアノ)ミハイル・プレトニョフ
<Deutsche Grammophon
POCG-10065>

←い: あぁ懐かしい・・・

「クラリネットをこわしちゃった、と思ったけれどこわれたわけじゃなかったの」 そしてその後

って名付けたなぁ・・・・・・

◆ふ: プレトニョフ 好きと
★藤: 好きですねぇ 本人に2回お会いした 1ッ回目は指揮 終った公演直後 ご満悦 サインしてください チャイコフスキーのコンチェルトの譜に(サイン)してくださった
その二日後 ピアノリサイタル 素晴らしかった って言ったらむっつり 目線が合わない
早く帰れみたいなオーラ
ピアノの時は機嫌悪いんだぁ と思ったのが印象的
ピアノはワタシはこの人が一番と思う世界で
◆ふ: 真央さんのエピソードってなんかオモシロイ
●ま: ちょいちょい毒を挟んでくるところが
★藤: いやいやいや
◆ふ: いい不協和音が 笑える不協和音が届いてきますが
←い: こういう語彙の使い方、抜群だったなぁ、ふかわさん・・・



で、今回はここまで。
続きはまた次回、いつか~






ではでは。 ♪ banneretomo.gif







[ 2020/06/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2696 ]  よっぽどこっちの方が楽しい

 

音楽はないけどぉ。


遠藤真理の《オケトーク!》#3 西久保友広

(クリックで遊粒へ)

   ochetalk2005241.jpg




まぁ真理さんが台本?を俯きながら見るのがちょっと気にはなるけど。

そういう意味では四六時中画面に出てるのはちょい酷かもね。



そういう点を差し引いても、話題もいいし、なんと言っても言葉遣いがいい。

そしてお互いに(今風に言うところの) リスペクト してる!って感じがいい。

(ちょっと褒め合い過ぎちゃう?ってのはまぁご愛敬)


ということで、次回も見まぁっす!



天の声さんがこだまっちだったりしたら、もぉっとおもろいねんけどなぁ・・・




ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/05/28 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2677 ]  番組HPがない・・・

 
昨日BWV1000番さんからコメントいただいて確認しました。

なくなってます。


一昨日の朝まではあったのです。

なんでこんなに早く消しちゃったんでしょ。


ひょっとすると再放送の伏線なんでしょか。

番組内でお便り募集やらドンの答えやら各コーナーへの投稿募集してるしね。

そこで紹介する番組HPのurlから、何も知らない人が応募して来たら困るから、混乱させるから、とか?

もしそれならいいんだけど・・・・・・




いややっぱり、きっぱり終わりました宣言かな?


だとしても早いよねぇ。番組終了してまだ一ヶ月ちょっとですよ。


実は、毎朝見てたのです。


最終回の3月29日の3日後の朝見たら、投稿フォームからメアド欄が消えてて、

   hp20053.jpg






それからは毎週、「過去3か月の放送」から一ヶ月前の放送内容が消えて行ってました。

だから最後に消えるのは6月28日。

その後どうなるのかなぁ、と思ってたのです。




なのに、こんなに早く消えちゃった・・・・・・



コメントに書きましたけど、



スタッフさん、非情過ぎません?





かすかに、再放送の伏線と期待しつつ・・・・・・



ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2020/05/09 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2668 ]  はがき通信 きらクラ



これ何? (画像クリックでオリジナルtwitter記事?コメント?へ)

   twitter2004251.jpg




ググったら、


75歳の方が朝日新聞にねぇ。




でしたぁ。




ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2020/04/30 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今11件)

[ 2667 ]  とうとう一ヶ月が過ぎましたなぁ

 
番組が終わってから。


ん~ 一日延ばしにしてたけど、

そろそろ感想記事を書きますかなぁ、残りの。


なぁんかサミシくて録音を聞く気になれなかったのよねぇ。

だからちゃんと聞いてなくて記事も書けない。


でもまだそんな気になれないなぁ・・・・・・


でやっぱりまだ当分書けなさそう ・・・・・・・・・




     JigPiece35.jpg  JigPiece34.jpg  JigPiece27.jpg  JigPiece24.jpg  JigPiece14.jpg  JigPiece13.jpg  JigPiece12.jpg  JigPiece09.jpg



ではでは。   iconetomo.gif 



[ 2020/04/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今9件)

[ 2662 ]  思た


そうだ! 民放でやってもらおう!


「きらクラ!」


ならぬ


     「クラきら!」






オープニングテーマ (仔猫と子犬のワルツ)




今日から始まりました、クラきら♪


僕はMCを務める ふかわっち です。


そしてもうひとりの MCは、あの遠藤真理さんとは違う遠藤麻理さんです。



え~自己紹介のその前に、早速行ってみましょう、最初のコーナー


    「クラきら!」DONです。



でも誰にもアナウンスしてなかったのでご応募はまだありません。

なので、ワタシふかわっちと遠藤麻理さんで挑戦させてもらいます。

次回からはリスナーさん参加でバシバシやっていきますので、ご応募お待ちしておりますね。


さて早速の記念すべき第一回の問題は~ 


(ふたりで) 「クラきら!」DON! ♪



      clakira20043.jpg


おぉ、これはぁ!



~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ 


なぁんておバカなことを まぁだ やってるワタシです・・・






注記:

上掲「仔猫と子犬のワルツ」の音源は、こちら ↓ から録音させてもらったものです。(クリックで遊粒へ 2分59秒)

ショパン(小原孝 編曲):仔猫と子犬のワルツ pf.門田裕美 




ではでは。   iconetomo.gif 





[ 2020/04/24 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2659 ]  かかった曲まとめ 掲載順

 


先日、


>単純な掲載順にしたのも作るつもりですが、
>これまたその気になったらぁ、ということでご了解ください。



って書いたやつです。



で、昨日その気になったんで作りました。 「きらクラ!」でかかった曲(番組表掲載順)
簡単でした。ナハ。




これも右メニューに追加しました。



エクセルもいる?

いるならどうぞ~ (例の如くあと数日で消えますが~ 
 それとこのファイルは特に適当~
 というか、
 ワタシのメモみたいな作りになってますんで、
 なんちゅうか、
 中途半端というか作りかけというか、
 そんな箇所が随所にありますんでその辺はご承知おきくださいな。)





   kiraclapresent200302.jpg

え? あ、上の画像は記事とはなぁんも関係ありません。
なんとなく貼っただけぇ~



エクセルは ・・・ あれ? どこ行った?

今捜索中 ・・・・・・・・・





あったあった! (5:26追記)

エクセル版






★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


<<6:25追記>>

コメントにありますように、リンク先(番組表掲載順)ファイルが文字化けしているかも知れません。

イロイロ調べてますが、原因が良く分からないので、
申し訳ありませんが現状では解決できそうにありません。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


<<6:43再追記>>

こちら↓ではどうでしょうか・・・

「きらクラ!」でかかった曲(番組表掲載順) (改良?版)




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

も一回!

<<2020/4/22 17:04 追記>>

これ↓でどうですかぁ?

「きらクラ!」でかかった曲(番組表掲載順) (再改良版)




ダメなら完全お手上げ~ (万歳!???)





ではでは。   iconetomo.gif 



[ 2020/04/21 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今18件)

[ 2648 ]  きらクラ! かけクラ 比較

 
勝手に比較してみます。

 (あの・・・かけクラはさぁっとしか聞いてないので不確かなとこがあるかもぉ あ、いやあり過ぎるかもぉ)



 番組スタート時  

   hikaku20041.png





 初回放送 

   hikaku20042.png





 いーとものアクション 

   hikaku20043.png





総じて強く感じること!

結局のところ、MCにリスナーをキャッチできる技量があるかどうかだなぁ。
(つまり魅力があるかどうか)

結局、真理さんもあるしスタッフさんもあるけど、特にふかわりょうさんが凄かったってことだ!

と思う!




JigPiece27.jpg   JigPiece30.jpg   JigPiece23.jpg   JigPiece15.jpg   JigPiece12.jpg






ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/04/10 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今14件)

[ 2639 ]  御礼

 


いーともの妻です。


今までこのブログに来てくださった皆さま、本当にありがとうございました。


このブログの管理人のいーともは、


きらクラ!が終わってしまってから、なにやら塞ぎこんでいたのですが、


昨夕、


  もう!こんな時にまたブログがおかしい~


とLINEで送ってきて、


  呑みに行く!


というヒトコトを残し、


そのまま・・・・・・


夜半に警察から電話がありまして、

「残念ですが、いーともさんは」 ・・・・・・










































































なぁんて不吉なことを書こうかなぁ、とも思ったんだけど、

やっぱこれ以上性格が悪いのが露呈するのもどうかな、と思うし、

やっぱちょい明るく行きたいなぁ、と。







  JigPiece01.jpg  JigPiece03.jpg  JigPiece04.jpg  JigPiece06.jpg  JigPiece05.jpg  JigPiece08.jpg  JigPiece10.jpg  JigPiece09.jpg  JigPiece02.jpg








今日は4月1日!


この最初のところを「きらクラ!」(元?)スタッフが見て、


   こりゃえらいこっちゃ、

   やっぱ番組再開した方がえぇんちゃう?


って思ってくれたら本望!


ん? 逆に、

   こんな悪ふざけするヤツがリスナーかぁ。

   やっぱこのまま終わりにしとこう、


ってなるかな。

としたら、全国のリスナーの皆さん、すんませ~ん



ってなもんです。



あ、上のカラフルなピースは、「きらクラ!」HPのジグゾーね。
 (適当だけどぉ)




(家内はこのブログ見ていません。 と思う・・・)



<<追記>>


アハ、記事タイトル 『御礼』 が抜けてました。

いつもご訪問いただきありがとうございます。

これからも細々と続けてまいりますので何卒、

そこそこにご贔屓を~



ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2020/04/01 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今8件)

[ 2636 ]  今日で一周忌 そして番組終了・・・

 
ゆめこさんが亡くなられてからちょうど一年・・・


          (画像クリックで現在のブログへ。休眠状態のようですが)
   yahooblogpiano.jpg




今まで月命日にこちらのファイルをメンテアップしてきたけど完成です。



ゆめこさんがお亡くなりになられたことを聞いて、快鳥家族さんが、替わりたかった、とおっしゃられていたので、
(彼女のその記事コピー ↓ もうブログはありませんが。
しかし闘病のことを書かない彼女が書いてるということは
よっぽどお辛かったんでしょね。心身ともに・・・)

   kazokublogkawaru.jpg

彼女の方も一緒に完成させました。
(実際には彼女が亡くなってから半年の、2月28日に完成しアップしてましたが)


どちらも右メニューにあります。


改めて、おふたりのご冥福をお祈りいたします。




        * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




この一年、イロイロありました。


今年度に入って「きらクラ!」継続でホッとしたのも束の間、

ゆめこさんの訃報・・・

yahooブログが閉鎖されるってんでどうするんだろなぁ、と思っていた矢先でした。

あまりのショックで何もする気が起きませんでした。

未だに亡くなったのが信じられません。 亡くなる前日にコメントいただいたのに・・・・・・





そして令和に改元。


そして美作での公開収録。


(私事ですが大学クラスメートの訃報)


家族さんの訃報。

ご一緒に徳島に行ったりしたので闘病に打ち勝ってほしかったのですが・・・・・・


そして、

ゆめこさんが紹介してくださった読売新聞連載の「流人道中記」が 了 。


なんだかゆめこさんとの糸が切れてしまったような感じ・・・



love mozartさんもお亡くなりになられました。)


なんだか悲しいことの多かった一年でした。










おふたりに・・・  さようなら・・・


▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



と下書きしてたのが2月の初め。




▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼



そしてさらに、追い打ち!!


訃報というか悲報というか・・・



kiraclaendannounce2003.jpg





「きらクラ!」も今日で終わっちまう・・・・・・


この歳でかなりの試練がこの1年に襲い掛かってきたような・・・・・・





当ブログをどうするか考え中です・・・・・・・・・




もうこれ以上落ち込みようのない所まで落ち込んでました・・・・・・




こどクラもバイバイ・・・



あ、いや当ブログは(細々と?)続けますけどね。

記事ネタが少なくなるからどうしようかな、ってことです。(誤解のないように)





ではでは。     banneretomo.gif  




[ 2020/03/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今26件)

[ 2630 ]  ニアピン 男はつらいよ三昧

 


大変失礼なことをしてしまったので、そのお詫びの意味を込めて独立の記事にしました。

(あれから約一週間経っちゃいましたが・・・)



こちらで、紹介した  ◆ ニアピン 男はつらいよ の本来曲一覧

で、記念すべき一番大事な

「今日も快調の家族さん」

の初出の投稿分が抜けているという大ポカをやってしまってました。


そしてこの分だとまだ抜けがあるのじゃ?と思い、家族さんの投稿以降の記事を見て行ったら、

やはりありました。

第150回です。

多分これで抜けはないと思うんですが、もしどなたか抜けに気付かれたらご指摘いただければ幸いです。



と下書きしてて、18日の内緒コメでご指摘がありましたので、それらを加味し、

改めて一覧表をアップしておきます。



◆ ニアピン 男はつらいよ の本来曲一覧 ◆

放送回
本来曲(クリックで遊粒へ)
115(初出)
「喜歌劇“天国と地獄”序曲」 オッフェンバック作曲
150
「歌劇“売られた花嫁”序曲」 スメタナ作曲
276(ドビュッシー祭り )
「“夜想曲”から“祭り”」 ドビュッシー作曲
278
「歌劇“ローエングリン”から“第1幕への前奏曲”」 ワーグナー作曲
279
「交響曲 第6番 ロ短調“悲愴”から 第4楽章」 チャイコフスキー作曲
288
「交響曲 第3番 変ホ長調 作品55“英雄”から 第4楽章」ベートーベン作曲
300(ご自愛祭り)
「祝典序曲」 ショスタコーヴィチ作曲
329
「“ペール・ギュント”組曲 第1番から “山の王の宮殿で”」グリーグ作曲




放送293回 「交響詩“魔法使いの弟子”」 デュカス作曲 はワタシの勘違いでした。
ふかわさんが常連さんは?って言われてたのでてっきり出てきたとばっかり、の思い込みです。
どうも重ね重ね失礼しました。




天国の 今日も快調の家族さん どうもすみませんでした。




ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2020/03/24 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2626 ]  第365回 (2020/3/15放送) 日本人作曲家祭り を聴いて

 

依然と藤田真央さんの回の感想が途中だけど、
こちらを先に~

(エンディングまでカウントダウンなんで書けることを勝手に書く~)




以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: ワタシのカレリアのイメージ
(←い: ということで春の訪れを表すようなお便りでした)
◆: 次の出会いに向かってまた歩き出そう と言われたよう 思わず涙が
←い: 番組終了への気持ちも含まれてるね



◆ふ: 本日は 日本人作曲家祭り ジャパコンフェスティバル 言い換える必要ないんですけどね
←い: んだなぁ



◆: 20代だったころギターサークル 第九の合唱団に誘われたが参加できず 芥川さんの指揮を見た リクエスト ↓
「きらクラ!」終了までわずか 完全燃焼を願っています
←い: なるほど、皆さん前向きですなぁ

「「絃楽のための三楽章“トリプティーク”」から第3楽章」芥川也寸志・作曲
(2分56秒)
(演奏)新交響楽団
(指揮)芥川也寸志
<FONTEC FOCD3208>


♪ドン

←い: すんませんがお便りは略させてもらいます
まぁ 男はつらいよ だったし~
(お便りのひとつに 寅さんのように (「きらクラ!」)ひょっこり帰って来て ってのもありました そうだぁ!です)



ニアピン

◆: いけべしんいちろう 独眼竜政宗


◆: こせきゆうじ NHK 「ひるのいこい」のテーマ

←い: なんかおふたり盛り上がってはりました 
けど、
ワタシ、この「ひるのいこいのテーマ」ってのが苦手なんですよねぇ お昼のニュースが終わってこの音色が始まる前にラジオを切っちゃうの なんでかなぁ、妙に耳につくというか、仰々しいというか・・・毎日聞くのが
 つらいよ 
なの・・・
それでかどうか、実は・・・正解曲もあんまり好きではありません あくまでも個人の嗜好ですんでお許しを


◆: さとうまさる 幸せの黄色いハンカチから はためく黄色いハンカチ

←い: なんかまたおふたり盛り上がってました ワタシにはわからんのですが・・・



◆ふ: こんなお便りも
◆: (今日も快調さん) 実は2014年10月オッフェンバックの天国と地獄の序曲のニアピンにこの曲を投稿して、ニアピン狙いはクラシック以外の曲でもいいのだ、という先鞭をつけたのは昨年8月に亡くなった妻でした その時twitterなどでは大激震が走った模様です 我々は6年間でしたけれどこの番組のお蔭でとても充実した日々を送れたことを心から感謝したいと思います
←い: 涙しか・・・(この曲を一覧に入れ忘れててゴメンナサイ・・・)

どうでもいいですがステッカーに触れたのはこのお便りだけでした



当選者

◆: お弁当作りながら聞き続けてもう何年 小学生だった息子も大学生
←い: そうかぁ、8年だもんなぁ、みなさん「きらクラ!」とそれにまつわるいろんな思い出がおありなんでしょう(ワタシにはほとんどない・・・徳島へ行ったことぐらい?)



第342回「きらクラ!」ドンの出題

←い: あれ? ピアノの・・・えっと、モーツァルト? 行進曲みたいな・・・?
(で聴き直して違うなぁ、でおふざけ的に一個投稿しました)



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「「男はつらいよ」」 山本直純・作曲
(1分27秒)
<SONY 52DH613>

◆ふ: 今までのニアピンだったものが 成仏 昇華しました




◆: (←い: 伊福部昭記念ジュニアオーケストラが設立された、というお便り で・・・すんませんが、作曲家のお名前、以降はひらがなにさせてもらいます 漢字を調べたり変換で選ぶのメンドイんで・・・)


◆: かんのみつあき ピアノと管弦楽のための組曲 宿命


◆: はやしひかる オペラ 森は生きている から 森は生きている


◆: まゆずみとしろう 文楽


◆: いとうやすひで あんこまぱん


◆: リクエスト ↓ (←い: おふたりのリクエストでした)

「管弦楽のためのラプソディ」 外山雄三・作曲
(6分36秒)
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)岩城宏之
<KINGRECORD KICC2011>




◆ふ: どんどんまいりましょう

◆: とみたいさお こどものための交響詩 ジャングル大帝
←い: ナハハ、真理さん知らないのかな 3回読み直しました で、ふかわさんがお兄さんのシンセサイザーの上に座ってゲームをしていて怒られた ってエピソードも


◆: (邦人作曲家)おたかひさたか フルート協奏曲第二楽章

◆: (最初で最後のリクエスト 同曲 ←い: 初投稿って方多いねぇ ラストに滑り込み~?)
●ま: チェロ協奏曲もある


◆: ゆあさじょうじ 芭蕉の情景 第三曲
◆ふ: 浮遊感があって
←い: ここで浮遊感・・・?


◆: つやまあきら 歌曲「でんわ」

←い: 以前ラジネで「電話に出んわ」 って使ったんでどんな漢字かわからんしひらがな~(ググれって?メンドイ・・・それどころではないのです ラスト回に向かっていろいろ準備がぁ~~~?)


◆: ひらおきしお 管楽五重奏曲


◆ふ: 日本人の和が感じられるものもあれば西洋音楽に並んでいても違和感のない曲がある


◆: リクエストして美しく散ってしまった邦人作品 ↓

(←い: え? 通信が切れた! と思ったら、微妙に音が聞こえたんでそのままにしてたけど、あぁ紛らわしい・・・放送の録音途中で通信が切れると心臓に悪いのです・・・実に小さな音から始まる曲だったのね)

「交響曲第2番「地球(テラ)にて」から 第3楽章「雅歌(ガカ)・・・南からの」」
吉松隆 作曲

(7分00秒)
(管弦楽)BBCフィルハーモニック
(指揮)藤岡幸夫
<CHANDOS CHAN9438>

◆ふ: よしまつりもあった




第176回 BGM選手権~♪

◆: ① ピアノの上の眠り猫さん

「「夜曲」(抜粋)」 橋本國彦・作曲
(ピアノ)小川典子
<BIS BIS-CD-854>

◆ふ: いいですねぇ 足並みが揃っている


◆: ② となしちさん

「ファゴット協奏曲「一角獣回路」から第2楽章(抜粋)」吉松隆・作曲
(ファゴット)馬込勇
(指揮)小泉和裕
<DENON COCO75632>

●ま: まぁ素敵 映画を観てるよう
◆ふ: 深夜さぁ ふとラジオをつけたらさぁ これ流れてきたらヤバイね ヤバイねこれね
←い: 最後に溜め口~


◆: ③ ぽっちゃりマンボさん
◆ふ: お!
●ま: お久しぶりな感じ

「「水の曲」(抜粋)」 武満徹・作曲
<SHOGAKUKAN STZ46>

◆ふ: 眠れなくなる 異次元の世界に誘われて

大変なことが起きております



◆: ④ 糠に釘入れたら味まろやかさん

「「風紋」(抜粋)」 保科洋・作曲
(演奏)東京佼成ウインドオーケストラ
(指揮)山下一史
<AVEX AVCL25361>

◆ふ: これはこれで別の世界観が 移り変わる 社会とのコントラスト


全員ベストでいいんじゃ?
●ま: ワタシもそう思う
◆ふ: でも断腸の思いで
●ま: 今までもそうやってきましたもんね
ワタシはこれ
◆ふ: わかる わかるよぉ真理ちゃん わかるよぉ
←い: 今度は真理ちゃんになってるぞぉ!

で、ベストは、②に決まりましたぁ! 良かったねふかわさん。

◆ふ: どれも良かった
●ま: 素晴らしかった
◆ふ: 他の朗読と合うかどうかわからない 今日の気分もあるかわかりませんが今回は決まりました

絞ったことが功を奏した?

●ま: ワタシも今思いました ふかわさんの朗読が今と全然違う
◆ふ: 暗いヤツだねぇ 陰鬱なヤツ あんな暗いヤツとよく毎週毎週ラジオ番組できましたね すごい すっきり また成仏
←い: 真理さんがお疲れなのが番組終了の一因でもあるのかな?




←い: ん? なんでここでこの曲?
ヨハン・シュトラウスの春の声 と思ったらジングルに使われて、
◆ふ: いつもならここで名付け親のお題出題なんですが また滑り込み企画 

BGM選手権祭り

過去にベストに選ばれたものでもそうでないものでももう一度聞きたいと思うものを
●ま: 176回もあったんですね

←い: ワタシ・・・最後の名付け親出題と気持ちの準備してたんですけど・・・トホホ・・・



で、ここでこれが流れて


◆ふ: 覚えてますでしょうか 

カルミナブラーナ祭り

リクエストもこれも入れていいかも

もちろん新作も大募集

←い: ん~皆さんがんばって・・・・・・最後まで明るく終わろうとしてるんですかなぁ・・・・・・


で、曲紹介なく ↓

「「日本祭礼舞曲」から第1楽章」 清瀬保二・作曲
(5分14秒)
(管弦楽)読売日本交響楽団
(指揮)山岡重信
<VICTOR VDC-5503>

←い: でなんのコメントもなく






◆ふ: それぞれ一曲ずつ選びました

真理さんが選んだ曲

「Dolphins(version for 2 cellos)[Live Recording]」藤倉大・作曲
(8分35秒)
(チェロ)Mari Endo & 中木健二
<MINABEL MIN100>

←い: え?真理さん演奏? あれま、ローマ字でクレジット・・・
●ま: 書いてもらった
←い: このアルバム?

◆ふ: 檸檬にも合う
●ま: 合うかなぁ
◆ふ: 該当者なし って信じられないぐらい
現代音楽というんでしょうか
●ま: そうですねぇ
←い: 心配してたこと:ふかわさんが現代音楽って言わないか、と。
藤倉さんが出演されたときに意識してない、って言われてたと思うので。
おふたりが言っちゃった・・・



ふかわさんが選んだ曲

「「小さな空」」 武満徹・作詞、武満徹・作曲
(4分59秒)
(合唱)東京混声合唱団
(指揮)岩城宏之
<VICTOR VICG-40195>

◆ふ: 申し上げることは何もないのですが この曲を聞くと日本人として生まれて良かったなぁ、とさえ感じます
←い: さえ? 微妙な表現 と思うのはワタシだけ?



◆: 50年以上に亘ってジャパコンファン
悩んだ 是非聞いて欲しい リクエスト ↓

「管弦楽組曲「シルクロード」から第1楽章「綺想」」團伊玖磨・作曲
(5分44秒)
(管弦楽)東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
(指揮)本名徹次
<TYL 3SCD0002>




◆: 〇〇ロスと聞くと大袈裟な、」とバカにしていたが、「きらクラ!」終了と聞いてから心にぽっかりと穴 これがロスというものなのね リクエスト ↓
←い: ですね 穴は大きくなるばかりなんですが・・・・・・お便り長かったです 省略させてもらいます

◆: (←い: そしてまたト短調イ長調さん) 番組終了の告知を聞いて落ち込みましたが少し落ち着いて来ました
←い: ですか・・・
◆: 四季を作っていたなんて ↓

←い: ↓ 演奏時間が番組表に出てませんでした

「「花」」 滝廉太郎・作曲、千住明・編曲
(マリンバ)神谷百子
<PHILIPS UCCP-3158>

●ま: 沁みますねぇ

◆ふ: クイズ番組で(曲名) 春 って答える人いる
●ま: そうそうそう
←い: だそうです




エンディング

●ま: 日本人の作曲家といえども幅が広い いろんな世界がある
◆ふ: 日本人のアイデンティティ(を感じる)


●ま: 言葉に根ざした音楽 日本語をしゃべるように語りかける要素もある



◆ふ: すっきりしました BGM すっきりレモンです 逆に前回どんなラインナップだったんだろ
●ま: 気になりますねぇ 
←い: こんなんです ↓

「2つのバイオリンとビオラのための三重奏曲から 第1楽章」
ドボルザーク作曲
(2分00秒)
(バイオリン)イルジ・ノヴァーク
(バイオリン)リュボミール・コステッキー
(ビオラ)ミラン・シュカンパ
<EMI TOCE-7679>

「“コントラスツ”から 第1楽章」 バルトーク作曲
(2分00秒)
(バイオリン)ミクローシュ・セントヘイ
(クラリネット)カールマン・ベルケス
(ピアノ)ゾルターン・コチシュ
<HUNGAROTON HCD31038>

「バラード第1番 ト短調 作品23」 ショパン作曲
(2分00秒)
(ピアノ)ウラディーミル・アシュケナージ
<LONDON 417 474-2>


◆ふ: 虫の居所が悪かった?
●ま: ひょっとしてふかわさんが落ち込んでたとき?
◆ふ: 日本人が朗読し日本人が作曲したものがフィットした
←い: というまとめでした

で・・・・・・ナハハ、その時の該当箇所をカットして、アップしちゃったぁ。(いつもの右メニューのどっかね)


◆ふ: 滑り込んで良かった




エンディングのラジネ紹介

←い: ノー!ダメ! 終っちゃだめ~ が読まれました

が、ちぃっとも嬉しくないのはなんでだろ・・・

(あと2回で終わり・・・・・・)






最後の放送は、やっぱりBGMで締めるんじゃないだろか。

さしずめお題は、

ふかわさんの何か・・・
マシュマロの国から再出題とか、最近のブログかメルマガか、新たに例えば ナントにてナント!
なんてエッセイみたいなの書いてそれとか。
(まさかとんぶりはないとは思うけど・・・)

と適当なこと書いてると当たったときに、ほらぁ、って言える。
当たらなければ、やっぱりそんなに甘くない、って言える・・・



ついでに~


ひょっとすると BGM選手権スペシャルかも。
あるいは、滑り込みファイナル企画!

全部やります「きらクラ!」コーナー集!

とか。

今までのコーナー、
『きらクラDON!』 は当然として、
『はじまりはクラシック』
『BGM選手権』
『勝手に名付け親』
『ココ好き!クラシック』
『そらみみ♪クラシック』
『メンバー紹介』
『まりさん、たのもう!』

などなどと、今は消えてしまったという
「きらクラ川柳」
とか? なんでもかんでも詰め込む、という企画・・・時間が足りんか・・・


それと気になるのがクロージングの曲。
愛の挨拶ではないだろなぁ、と。





ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/03/20 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今9件)

[ 2624 ]  無駄なお遊び・・・

 


で、ですね、3月に入ってから(というより放送終了が発表されてから)投稿したラジネ

(それぞれここここここで発表)

を一覧にすると、こう↓なります。


ラジオネーム
同 読み
住所
 ほだされすと ほだされすと 神奈川県
 いーとも いーとも 兵庫県
 クラきら気楽 くらきらきらく 静岡県
 トカゲとワニの違い とかげとわにのちがい 愛知県
 塩、酢、タコでリッチ! しお、す、たこでりっち! 京都府
 チェリスとマリス ちぇりすとまりす 奈良県
 いーとも いーとも 兵庫県
 千福 千春 せんぷく ちはる 和歌山県
 いい音といい男 いいおとといいおとこ 兵庫県
 春なのにお別れ はるなのにおわかれ 神奈川県
 ノー!ダメ! 終っちゃだめ~ のー!だめ! おわっちゃだめ~ 和歌山県
 大事な番組 だいじなばんぐみ 兵庫県




これをですね、この中のいーともは無視していただいて、かつ「いい音といい男」までだと 


ラジオネーム
同 読み
住所
 ほだされすと ほだされすと 神奈川県
 クラきら気楽 くらきらきらく 静岡県
 トカゲとワニの違い とかげとわにのちがい 愛知県
 塩、酢、タコでリッチ! しお、す、たこでりっち! 京都府
 チェリスとマリス ちぇりすとまりす 奈良県
 千福 千春 せんぷく ちはる 和歌山県
 いい音といい男 いいおとといいおとこ 兵庫県




ということでお遊びしてみました。

え? なんのことって?





でへへ 「北斗七星」でおます。 

え?なんのこっちゃ? 

ラジネの読みの頭の一文字ね。 




ずぅっと7個投稿する機会があれば使おうと思ってたラジネ群なんですな。

年末に6個ってのはあったんだけど、7個ってのはさすがになくて。

以前だったら新春BGM選手権SPだとか年末の宿題とか沢山あって

7個は普通に投稿してたんだけど最近はずぅっとなかったのです。


で、チャンスがないなぁ、と思ってたら番組終了の報。

仕方ないから小分けで使いました。



それと住所ですが、各県庁所在地は?


で、

   hokutox.jpg


変形北斗七星・・・・・・



どうでもいい・・・というよりおバカなことやってます・・・







てかひとつも採用されてないし・・・・・・ 無駄遣い?



ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2020/03/18 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2618 ]  第363回 (2020/3/1放送) を聴いて 【中編】

 

こちらの続きです。

楽しい回でした・・・・・・

だから尚更悲しい・・・・・・

気を取り直して書きます。




以下、

★藤: は、藤田真央さん
◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




◆ふ: 心配なっちゃうぐらい(へらへら?)

元々ピアノは生まれた環境にあった?
★藤: 2歳上に兄 ワタシも始めて 当たり前のことだと思った 幼稚園でみんな弾けないの? 脚光を浴びる こういう心地良さを味わって それから
◆ふ: 練習大変だなぁとは
★藤: なかった 飽きたら新しい曲 一杯買って
◆ふ: 辛いこともなく すらすらと?
★藤: ハンマークラビーアはホント辛かった ベートーヴェンの29番
←い: レヴェルが違い過ぎる~って感じたリスナーさん多いだろな
★藤: 高校3年のリサイタルで入れた 4楽章はフーガだらけ
●ま: 暗譜がまずね 大変
★藤: 一日その4楽章だけ弾けない もういいやと思って 本番 完璧に弾けた
←い: なわけないと思いますけどぉ?
★藤: 全然練習してなくても弾けるもんなんだぁ
◆ふ: へぇ
←い: ナハ ふかわさんもちょっと懐疑的でしたな


◆ふ: 続いての曲バルトーク 物凄い曲
★藤: 3つある中で一番弾き易さがある
←い: 言うことがキザ~ だけどさらっと言うんで全然憎めませんな 明るいし
★藤: 蜜蜂と遠雷のファイナルで弾いた 3人の収録の最後 円光寺先生 お疲れだったのもあるしワタシが不甲斐なかったのもあるし死ぬほど怒られた
◆ふ: 演奏じゃなくてへらへらしてたからじゃ
←い: ナハハ あり得る~
★藤: コンチェルトは初めて 段取りに手間取ってたら こうやるんだ、って
◆ふ: 指揮の方が指導?
●ま: 人による 愛のある指導 でもそのときにちょっと虫の居所がね 悪かったのかなぁ?
←い: ナハハお優しい~


「ピアノ協奏曲第3番 から 第3楽章」 バルトーク作曲
(7分05秒)
(ピアノ)藤田真央
(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団
(指揮)円光寺雅彦
<NAXOS NYCC-27310>

←い: すっごい演奏と思ったけど 日頃聞かない曲だから余計にかな


            (クリック ↓ で twitterへ)

   mao2003011.jpg


◆ふ: 指揮者によって弾き方とか(違う?)
★藤: タイミング 巨匠は若干遅く入ればいいんだな とわかってきた
●ま: そうかも知れない 音の重みを感じようとする 時間が必要な感じがある
★藤: ウンウンウンウン

◆ふ: ゲルギエフ? ナントのあとミュンヘンで
★藤: ミュンヘンの公演が終わってディナー (声が裏返って)このディナーがねぇホント苦痛で 苦痛でと言っちゃだめだ
←い: ナハハ ちょっと軽い?
◆ふ: ちょっと気が重くなったりもね
★藤: とてつもなく長い コンサートより長い 最後の方に帰りますって言ったらあと30分待って なんで待ったのかわかんないですけど いきなりゲルギエフが立ち上がって 「今日は素晴らしい夜だ素晴らしいコンサートだ ワタシは素晴らしいアイデアを思いついたんだ」
 ワタシたちにはいっつも悪いアイデアなんですけど(←い: ふかわさんクスクス笑い) 「この公演を二日後サンクトペテルブルクでやろう」 わたしたちポカ~ン 
●ま: 酔っ払ってるとかでは?
★藤: じゃない
マネージャーたちが騒ぎだして チェロの子が「ロシアのVISAを持ってない」 マエストロが
あぁその手があったか 携帯で謎の人に電話 3分ぐらい 「VISAとれたぞ」
◆ふ: ロシアならでは
←い: でしょうなぁ
★藤: ホントに決行
●ま: 予定も空いてて良かった
★藤: 7割 ライヴストリーミングも
●ま: やって? 凄い
◆ふ: いや凄いこと
本音をね そのままちゃんと◇◇されて(←い: ふかわさんがなんて言ったのかわからず でもふたりに受けてましたんで 本音をそのまま言う憎めない性格、とかそんなニュアンスでしょな)



←い: で、今回の感想記事はここで終わり。
次はまた後日。

ちょい小出しに・・・・・・

というかサミシイんで・・・

いつになくふかわさんも真理さんも大はしゃぎなのは真央さんの快活さもあるだろうけど、番組終了の悲しさを秘めた反作用的反応じゃなかろうか・・・

という感想も・・・?




ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/03/12 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2616 ]  第364回 (2020/3/8放送) マーチ in March を聴いて

 

まだ藤田真央さんの回の感想が途中だけど、
こちらを先に~




以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: 藤田真央さん楽しかった このような楽しい番組が終わってしまう 残念です


◆: 藤田真央さん ふかわさんと真理さんに甘える弟のよう


◆ふ: 今日は念願の行進曲祭り
描写型かはたまた実行型か




←い: 番組表見て3月にまつわる曲はないなぁ
と思ったら4月!? 5月も?
6月から番組が復活したりして・・・妄想願望・・・

◆: 番組最後までしゃぶりつくように楽しみたい 吹奏楽コンクールの課題曲だった リクエスト ↓

「マーチ・エイプリル・メイ」 矢部政男・作曲
(3分14秒)
(演奏)東京佼成ウインドオーケストラ
(指揮)天沼裕子
<DENON COCQ-85082>




♪ドン


◆: シューベルトの優雅 モーツァルト華麗 に比べて
ベートーヴェンは軍楽隊の雰囲気を醸し出している

←い: まぁトルコ行進曲だよなぁ、とは思ったものの 誰の? ってのがわからず、あ、いや恐らくベートーヴェンさんだろうとは思ったものの、調べるのもメンドイしエピソードもないし、どうせ採用ないし、で投稿せず~



◆: (小学3年生) 小さい頃からこの番組を聞いています
←い: アハ、まだまだお小さいと思うけどねぇ
◆ふ: 小3でご自愛が出た!



◆: ほんわかとしたノスタルジー感

◆ふ: シューベルトってさ
←い: 久し振りのためぐち~?
で曲を口ずさんでました


◆: 最初からほぼ欠かさず母と一緒に聞いていたサイレントリスナー
←い: まだこういう人いた・・・そしていろんなお話を書かれてました まだまだ凄い人が眠ってるんでしょなぁ
◆: 生活必需品のような「きらクラ!」があと少しでお別れと思うと惜しくて堪らない
水戸の公開収録は会場が徒歩10分ぐらい 落選
←い: ん~ マジお可哀想な・・・



◆: サービス問題ですね 小学生の頃
←い: という出だしでエピソード(略ね)


◆: あてずっぽう トルコ行進曲=モーツァルトと思っていた クラスの秀才にベートーヴェンだよね



ニアピン

◆: クワイ河マーチ
◆ふ: 音階こそ違いますが 質感がかなり近い
じゃぁ~差し上げましょう 



当選者

◆: 第一回はくるみ割り人形から行進曲
(←い: その後の行進曲がドンに出題された履歴を語られ) 今回は8曲目の行進曲
(←い: 他にも行進曲にまつわるエピソード沢山)
◆ふ: 凄いデータ 「きらクラ!」辞典



第341回「きらクラ!」ドンの出題

←い: は? 一音!
◆ふ: ●ま: : え?
◆ふ: あれしか浮かばない
◆ふ: ●ま:  まさか
←い: だぁ~! まさかねぇ



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「劇音楽“アテネの廃墟”より“トルコ行進曲”」ベートーベン作曲
(1分53秒)
(管弦楽)フィラデルフィア管弦楽団
(指揮)ユージン・オーマンディ
<SONY SICC1954/5>


←い: あれ?途中で終わったような・・・? 通信が切れたかのかと思ったぁ




◆: シューベルトの軍隊行進曲 クラシック音楽の最初の曲
番組復活を期待


◆: 最終章に突入ですね 最後まで楽しませてください
(同曲)


◆ふ: テレビゲームのBGMで使われてた
●ま: お洒落~



◆: フチーク作曲 剣士の入場
UFOキャッチャーの曲やぁ


◆: ベルリオーズ 幻想交響曲 断頭台への行進


◆: (同曲) 行進できる行進曲だと思う
◆ふ: あ、しようと思えばできるんですね


◆: ベルリオーズのハンガリー行進曲


◆: ベルリオーズ ラコッチ行進曲
先輩の弓が飛んで来た
(←い: 皆さんエピソードがいろいろあって楽しいねぇ ほとんど略させてもらいますがご容赦~)


◆: リクエスト ↓ この曲を聞いたことないのですがベルガマスク組曲と同時期に作曲された連弾曲だそうで

「民謡の主題によるスコットランド行進曲」 ドビュッシー作曲
(6分20秒)
(ピアノ)ミシェル・ベロフ
(ピアノ)ジャン・フィリップ・コラール
<EMI CE33-5501>



◆ふ: 春の行進曲祭り どんどん行きましょう

◆: 威風堂々 第一
◆ふ: リコーダーで奏でるの聞いてみたい


◆: 娘の高校卒業式 (同曲が)心の中で流れていた


◆: ふじたげんば(←い: と聞こえた 藤田玄播だそうです。内緒で教えてもろた) 若人の心


◆: 東京オリンピックマーチ


◆: 交響曲にひょっこり出るもの惹かれる ショスタコーヴィチ 交響曲第五番一楽章 9分ぐらいから始まる変なマーチ


◆: 番組終わっちゃうの ちょっとマッチ マッチくれぇ ひょっこりマーチ マーラー 交響曲第三番第一楽章途中
◆ふ: 動物たちが踊ってるとか行進している曲 意図してないけどある
●ま: 最近やったんで覚えてる 弦楽器の半分だけが弾いている 遠くからやってくるみたい


◆: 夫にチェストー!と言ってとお願いしたことある
クーラ 結婚行進曲
(娘の)結婚祝いにステッカーいただきたい
←い: 残念ですが、スルーされちゃったみたい・・・


◆: 番組終了のお知らせに驚きと寂しさで胸が一杯 マーチ イン マーチにここは悲しみに蓋をして盛り上がろう
←い: なるほど・・・・・・
◆: 〇〇クーラの結婚行進曲 (←い: ふかわさん早口~ なんて言ったかわからず 館野さんのときにかかった曲なのかな? で、こちらも教えてもろた クーラ だそうです 見え消しで修正しました)


◆: リクエスト ↓ 1977年に男子校に入学
誰かシンバルやりたいやついるか? にハイ
7小節連続で鳴らす曲 途中でわからなくなり頭がパニック 
(←い: ふかわさん吹き出しながら読んでた)
静かになるところで鳴らすとぶち壊すと判断し止めた
ところがもう一小節あったんです
◆ふ: 打楽器だけでなくてもある
●ま: ありますあります 一瞬不安になったらもう終わりですね
◆ふ: ミニマルミュージックのジョンケージじゃなくて
●ま: えぇとえぇと
◆ふ: スティーブライヒの曲だ(←い: 神の声 こだまっちかな? ヘッドフォンに降りてきた?)

◆ふ: アゴゴベル あれ?どこでブレイクだっけ ピアニシモで鳴らし出す
●ま: 不安が音に乗っちゃう
←い: ナハハ、あるんですなぁ誰しも

「スラブ行進曲 作品31」 チャイコフスキー作曲
(9分08秒)
(管弦楽)ロシア国立交響楽団
(指揮)エフゲーニ・スヴェトラーノフ
<CANYON PCCL-00512>




たのも~

●ま: まさかの 行進曲でも?

●ま: (聴いて)何これ

   tanomou2003081.jpg


◆ふ: こちらの曲です
スーザ 星条旗よ永遠に
●ま: ダメだ ダメだぁ



◆ふ: たのも~

   tanomou2003082.jpg

●ま: (笑って) えっとねぇ 
チャイコフスキーの悲愴の3楽章
(聴いて) お、やった!
やったぁ!
◆ふ: 見事
←い: すげぇです!
●ま: これ全部書いてくださって 大変
←い: ねぇ、長いよねぇ 大変というか相当お時間かかってると思いますよ



で、2回目のドンで、
●ま: ウソでしょ
←い: だよなぁ あれなのぉ?




♪勝手に名付け親

◆: ① レモネードさん 『引っ越してしまうあの子へ』



◆: ② あんこだまとその家族さん 『クラリネットなくしちゃった』

←い: そっちかぁ・・・



◆: ③ ネコのにゃんさん 『人事部への道行き』



◆: ④ 芦屋ののもやんさん 『ひとりでひっそりラジオ体操』



◆: ⑤ 味付けのりかさん 『ありがとう 学舎』



◆: ⑥ 永遠の5月さん 『締切り前夜』

←い: 各曲にストーリーを考えるなんて素晴らしい!



で、ベストは、
◆ふ: これ好きなんだけどなぁ いいですか

←い: で ④

ワタシは・・・ ② ・・・




←い: で、いきなり ↓ (って知らない曲だから音楽が流れだしたんで多分この曲だろうと)

「映画“怪獣大戦争” から “怪獣大戦争マーチ”」伊福部昭・作曲
(3分05秒)
(オリジナル・サウンドトラック)
<APOLLON APCF-5096>

◆: リクエスト ↑




◆ふ: マーチ イン マーチ途中ではありますが(←い: ってBGMにゴジラの曲が流れながら)
 残すところ放送後3回 来週もやります「きらクラ!」滑り込み企画第二弾 

日本人作曲家祭り~

←い: だそうです 皆さんガンバって~



◆ふ: 
そして、BGM選手権お題の出題

(←い: なんかいつになくふかわさん、暗い系の朗読だよ ↓)

第176回 BGM選手権のお題


   ~ 梶井基次郎 著 「檸檬」より ~

◆ふ: 一度出題 なぜこの期に及んで なぜここでまた出題したかと言うと 前回ベストが決まらなかった どうしても納得できなくて(ワタシの)我儘でベストなし という権力濫用
(次回)日本人作曲家祭りという(企画なので) 改めて 日本人作曲家縛り となります

←い: なるほど ホントに皆さんがんばってね~
当時の記事、ワタシのは酷いんで、ゆめこさんBWV1000番さんのを拝借。
で、その時に採用された曲は以下の通り。

「2つのバイオリンとビオラのための三重奏曲から 第1楽章」
ドボルザーク作曲
(2分00秒)
(バイオリン)イルジ・ノヴァーク
(バイオリン)リュボミール・コステッキー
(ビオラ)ミラン・シュカンパ
<EMI TOCE-7679>

「“コントラスツ”から 第1楽章」 バルトーク作曲
(2分00秒)
(バイオリン)ミクローシュ・セントヘイ
(クラリネット)カールマン・ベルケス
(ピアノ)ゾルターン・コチシュ
<HUNGAROTON HCD31038>

「バラード第1番 ト短調 作品23」 ショパン作曲
(2分00秒)
(ピアノ)ウラディーミル・アシュケナージ
<LONDON 417 474-2>

まぁ一応書いとくとワタシの投稿は、

リストの 伝説 2.水の上を歩くパオラの聖フランチェスコ

ナハハ、箸にも棒にもかからず。



だけど、ふかわさんがベストを決めなかった
決められなかった
ので改めてね。

ん? ということは前回の朗読を使った? 聞き比べてみたらどうやら前回のみたいね 仕切り直しという意図ででしょな




◆: リクエスト ↓ 高校時代にティンパニ 楽しかったことを思い出して演奏するように と言われた
(←い: OB、友人が亡くなったというお話は略させてもらいました)

「楽劇“神々のたそがれ”から“ジークフリートの葬送行進曲”」ワーグナー作曲
(12分03秒)
(管弦楽)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
(指揮)リッカルド・シャイー
<LONDON POCL-1621>




←い: あれ? ここでジングル?





◆ふ: ここからはお互いに好きな行進曲を紹介
←い: なるほど そゆことね それで2曲ね

真理さんの選んだ行進曲

「カレリア組曲 から 第3曲“行進曲風に”」 シベリウス作曲
(4分30秒)
(管弦楽)ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)オッコ・カム
<FINLANDIA WPCS-21024>

●ま: 思い出す ふかわさんの表現力 赤毛のアン 草原を走っているよう
◆ふ: それで選んでくれた
●ま: 聞くたびに爽やかな風を感じる 調べると第100回 ふかクラでかけていた
●ま: 101回が真理クラでした
←い: そんなのもあったなぁ



ふかわさんの選んだ行進曲

「行進曲“威風堂々” 第4番」 エルガー作曲
(5分15秒)
(管弦楽)BBC交響楽団
(指揮)アンドルー・デーヴィス
<TELDEC 9031-73278-2>

←い: ふかわさんの定番になった? ↑

◆ふ: 何人メンバー?
●ま: 6人?
◆ふ: 5人(←い:神の声)
●ま: この番組で良くかかっている
◆ふ: ワタシの熱量かも
卒業式で生演奏 泣いちゃってる 女の子ですからメンタルが 



◆: 前へ進むため リクエスト ↓
←い: ・・・・・・
元旦はニューイヤーコンサート


◆: リクエスト ↓ 小澤征爾指揮
思い出 息子が高校のオケでコンサートマスター 悩んでいた 演奏者の心 ウィーンフィルを聞きに行った 息子が真剣に聞いていた横顔

◆: 息子赤ちゃんの頃 ピタっと泣き止んだ曲 リクエスト ↓

◆ふ: 拍手の準備はよろしいでしょうか 最後の曲
←い: ん? 手拍子?

「ラデツキー行進曲」 ヨハン・シュトラウス作曲
(3分30秒)
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)小澤征爾
<PHILIPS UCCP-1055/6>

◆ふ: 手拍子迷ってる人もいた リアルでいい ベルリンの風? あれもいい

←い: 番組が進むにつれて目頭が熱くなってくるのはワタシだけ? で、この曲の後半、涙が出だしたのワタシだけ?

◆ふ: 巻き舌できない
●ま: え?
◆ふ: この番組で話しましたよ
●ま: イタリア人になれない
←い: ぬはは、まぁなる必要はないだろけどぉ

◆ふ: 終わりなんだけど行進する のもいい




エンディング

◆ふ: 来週は ジャパコン
●ま: Japanese Composer
◆ふ: そぉぅです 真理さん、察しがいい
←い: いいコンビだよなぁ・・・・・・




エンディングのラジネ紹介

←い: 少なかったね


どうでもいいけど、的外れな投稿ばかりしちまった・・・お祭りなのに普通の投稿ばっかしちまった・・・



(あと3回しかない・・・)





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/03/10 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今7件)

[ 2611 ]  第363回 (2020/3/1放送) 真央マオMao~ を聴いて 【前編】

 

簡単に。

と思ったんだけど会話が面白かったんで、意外にテープ起こしみたいになってる箇所も~




以下、

★藤: は、藤田真央さん
◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆ふ: 藤田真央さんには「きらクラ!」ドンの後にご登場いただきます ジュルネ仲間 ジュルナー同士
←い: お友達になれたのね



◆: ガーン番組終わっちゃう 札幌周辺にも公開収録来て欲しかった
娘がハガキ 小学2年のとき 正解! ご自愛ステッカーはその後 彼女はもらえず
その後民放ラジオに投稿してときどき逆デンをもらってます
←い: 逆デンってなに?
◆:「きらクラ!」には心から感謝
◆ふ: 全国行脚したかったけど 西日本が多かった?
←い: こだまっちが関西だから?



◆: ショック 一年間にクラシックを千時間以上を聴くようになったのも「きらクラ!」のおかげ
「きらクラ!」の名場面集を設けてほしい また聴きたいのは じゅげむ
←い: なるほど いろいろやってほしいよね
◆ふ: なんなら「きらクラ!」三昧やりたい 悪あがきしたい
●ま: 振り返りも含めて



◆: 「きらクラ!」ステッカーをスーツケースに貼り京都へ 外国の方がじろじろ
ステッカーの使い方を聞いてみたい
◆ふ: ちげえねぇステッカーってある?
●ま: あるんですよ


◆ふ: 中途半端になった クラペディアはどうなる?
●ま: ありましたねぇ
←い: ん? Kirapediaでなくて? なんだっけ・・・?



◆: 38年間の教師生活退職
●ま: お疲れさまでした
◆: 最後の8年間を「きらクラ!」と共に過ごしてきた 胸が一杯 学生時代練習していた曲 リクエスト ↓
(←い: あとお友達が先だったという話題)

「混声合唱のための組曲“蔵王” から “早春”」
尾崎左永子・作詞、佐藤眞・作曲

(2分43秒)
(合唱)東京混声合唱団
(ピアノ)前田勝則
(指揮)松井慶太
<FONTEC EFCD4178>



♪ドン

◆: 夫とふたりで聞いていた ふたりの知識を振り絞って鍛え合っていたコーナー


◆: 始めて応募 1年前合奏に初めて参加したときの曲


◆ふ: (正解曲は)美味しいフレーズが盛り沢山 演奏経験は?
●ま: 今のところまだ



◆: ラジオでこんなにリズミカルで楽しいクラシックもあるんだぁ ジャンルを広げるきっかけになった


◆: ショック 気を取り直して
バーンスタイン没後30年に絡めた出題?
(演奏したときに)オーケストラのチューニングが吹奏楽のようにB♭ではなくAだと気づいたのは家に帰り着いてから
◆ふ: B♭?
●ま: そうなんですね みんながみんなアーがナチュラルな音がするわけじゃない
◆ふ: 共存するときはアー?
●ま: そう おもしろい



◆: バーンスタインには大阪万博のとき初めて出会った
高2のときの来日 演奏会の後 著書にサインしてもらった 握手のチャンスだったのに頭を掻いていた


◆: あぁ遂に恐れていた事態
←い: んだ・・・・・・
◆: さらっと宣告 不意打ち
一番の思い出は都城の生ドンで当てていただいた
やり残したこと 生「きらクラ!」ドンで絶妙なボケニアピンを答えることと曲名と演奏者を答える超ウルトラドンに答えること
←い: で、演奏者もお見事正解!



ニアピン

◆: ドボルザーク 管楽セレナード 4楽章
◆ふ: 大盤振る舞いで(ステッカー)差し上げましょう 



当選者

◆: 初めて応募 34年前に演奏 ボンゴとホイッスルを担当(←い:ラジネにお使いのパーカッションですな)
この曲は打楽器が多く楽しく演奏



第340回「きらクラ!」ドンの出題

◆ふ: ハイはいはい
●ま: 思わず 目が合ってしまいました
←い: ナハハ、マーチ! で、えっとなんという曲名だっけ・・・?



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「“ウェスト・サイド・ストーリー”からの“シンフォニック・ダンス”冒頭」
バーンスタイン作曲

(4分05秒)
(管弦楽)ニューヨーク・フィルハーモニック
(指揮)レナード・バーンスタイン
<SONY 30DC751>

←い: ボンゴってのはようわからんかったけどホイッスルはようわかりましたぁ



←い:、で藤田さん登場
真理さんがプロフィール紹介



◆ふ: 共演は?
●ま: 読響には何度か来てくれてるけど ワタシたまたまいなかった なので今日初めまして
◆ふ: え? そうですか僕たちは
★藤: ジュルナ―同士で
◆ふ: 真央さんの演奏に間に合うためのスケジュールだった
凄い 会場でみんながマオマオマオマオ
●ま: さすがですねぇ

◆ふ: 5年ぐらい前 北斗昌さん経由紹介

真央さんのプロフィールには消されているかも知れない
●ま: アハハハハ(大笑い)
◆ふ: 夕方の番組になぜか登場していただいた

      ( ↓ クリックでtwitter原文へ)
   gojim,u200301

★藤: あのときは中学生
◆ふ: あのときは 真央君 今はのどぼとけにブレーキ

今回ナントの楽屋に伺ったときに この番組に出たい なんなら 反田さんを出すんなら俺も出せ みたいな
(←い: 真理さん大はしゃぎ)
◆ふ: ナントの勅令
★藤: 再放送で聞いていた 番組スタートと同時期に膝を靭帯断絶 カーラジオでこの番組と出会った
◆ふ: 断絶ありがとうございます


◆ふ: ナントで弾いてた曲 初めて
★藤: ベートーヴェン 管弦楽とピアノのためのロンド 生前発表できなかった曲
トリプルコンチェルト
◆ふ: コンビニにふらぁっと入って行くように すぅっと入ってくる あの時の気持ちは?
★藤: 一曲目はひとり 二曲目は クニャーゼフ(←い:と聞こえたのでそのまま)はチェロの重鎮 一向に楽屋から出てこない (一曲目を)弾き終わってから5、6分 ようやく出て来てよぉし行こうぜ みたいな 自分が率先してやりだしたんでこりゃ面白いことになるな
そしたらずぅっとやってる
←い: 何をやってたの? 真理さんが何か言ったけどわかんなかった
★藤: でドシドミレレって入るじゃないですか あのドでワタシはやられちゃいました
◆ふ: 違うんですね
●ま: 降りて来てる感じ 音楽が 何かとつながっているんじゃないかと
◆ふ: 真理さんにはどんなイメージ?
★藤: ラジオからしか存在がわかってなかった
●ま: しゃべる人
★藤: 面白い
◆ふ: 番組終わるのに間に合って良かった
真央さんの方から言ってくださったんで
ということで藤田真央さんのピアノの音色をお聴きください

「即興曲 第1番」 ショパン作曲
(4分13秒)
(ピアノ)藤田真央
<NAXOS 8.574156>




◆ふ: 反田さんとの接点は?
★藤: 最近食事とか 音楽教室が一緒 彼は土曜 ワタシは日曜 1年前ぐらい 下に凄い人 ワタシも上に凄い人がいるって聞いて
◆ふ: 凄い建物


◆ふ: ナントはやっぱり独特?
★藤: リサイタルはいっても1時間 だからありがたい 集中する時間が短くて済む
◆ふ: 海外で演奏と日本で演奏
★藤: 日本の方が緊張 みんな知ってる人がいる 海外は真っ新な状態 弾き易い



◆: 確かな実力の一方でお茶目な一面も
ある演奏会で10数名のヴァイオリニストと協演後 何十億もの音に囲まれ幸せ という感想に噴き出した
山田和樹さんとそっくりとのことでおふたり並んだときに笑ってしまうほど似てられた
←い: 真理さんインスタ


◆ふ: やまかずさん・・・
●ま: えぇそっくりです!
★藤: マネージャー担当してるのがやまかずさんとワタシ
●ま: ですよねぇ!
◆ふ: ソフト それにしてもほがらか
●ま: こんなにケラケラ笑ってくださるなんて
◆ふ: むしろ ちょっとへらへらしすぎじゃないか
←い: 真理さん大笑い むしろ真理さんがケラケラ~


で、すんませんが、とりあえずここまでで今日の記事は終わり~

続きは後日~


なんちゅうかめっちゃおもろいんでもうちょっと引っ張れるかな、と・・・

あ、いや詳しく書きたいな、と。(いうことにしといて)





放送、あと4回で終わり・・・・・・





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/03/05 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2610 ]  益々わかりませんなぁ

 
ふかわさんのブログから (メルマガは3月1日に配信されてました。)


>このまま10年、20年と続けば、発酵して、さらに味わい深いものになるだろうと思っていました。
>毎週毎週全国からお便りが届き、これだけたくさんの人に愛されているのに、どうしてという気持ちもあります。

ってことは、やっぱりご本人は不本意ってことだよね。

真理さんの子育てとか仕事が忙しいから、ということでもなさそう。



なんで終わるんだろねぇ。



こだまっちの所属する会社となんかトラブルがあったとか?

契約切れで継続しないとか?



NHKの偉いさんが代わる? で方針変更? 8年もやってたらもういいでしょ、みたいな?


もっと若年層を狙えとか?




わからん、

わからん、

わからんですなぁ。




まぁなんにしても終了は決定なんでどうしようもないですが、

恨み節をたらたらと投稿してるワタシです・・・・・・



未練・・・・・・・・・




そういえば、こんなの↓もありましたなぁ。

   twitter200302.jpg





twitterって面白いね。 (ときどきだけど役に立つし頷いたり)

   twitter200303.jpg


アハ、


電話一本でピザ取れる日本。 ちゃう?






オモシロい番組だよなぁ。 特に今回のは面白かった。


なんで終わるの?



どなたか、 『 きらクラ! 未練 』 と書いた暖簾を作ってくださ~い!?

それを軒先に吊るす・・・???


あるいは 『 きらクラ! ロス中 』   (忌中 みたいな・・・)



   twitter200301.jpg



ではでは。   iconetomo.gif 





[ 2020/03/04 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今10件)

[ 2595 ]  第362回 (2020/2/16放送) を聴いて (「きらクラ!」ロスになる予感と共に・・・)

 

簡単に。(あと5回の放送しかないんでちゃっちゃと書いちゃいます)


<<8時追記

昨夜は酔っぱらってて記事途中のまんま寝ちゃった。

んで、今朝いろいろ修正しましたぁ。

>>



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: なかなか公開収録に行けないというお便りを紹介いただいた
前回放送でザザザと 電波障害? ふかわさんの波
←い: ヌハハ
◆ふ: うまくいかなかった 楽器としては繊細


◆ふ: らじる★らじるで失われたもの ノイズの音 ノスタルジック
←い: そっかぁ? 苦労したもんねぇ 蛍光灯つけるだけでバチっと言ったりねぇ

で、深夜の砂の嵐の話題
●ま: 子供が泣き止むって
←い: ふ~ん そんな遅くまで起こしとくのが難しいような・・・



◆: リクエスト ↓

「「春へのあこがれ」」 モーツァルト作曲
(2分12秒)
(ソプラノ)エディット・マティス
(ピアノ)ベルンハルト・クレー
<Deutsche Grammophon F26G 20190>




♪ドン


◆: 2016年 直木賞作品に登場 なかなかラジオからは流れない曲


◆: べらんめぇ とかに似てる で好きに


←い: 長めに聞いても てかぁえっらい長いけど全然わからん・・・
バラキエフ? トムとジェリーじゃなかったの?
てかぁ初めて聞くと思うんですけどぉ



◆: 一回聞くと脳内再生が止まらなくなる曲


◆: ピアノ独奏版が個人的にはいい


◆: ご無沙汰しております
◆ふ: ご無沙汰しておりましたねぇ(←い: と合わせる)
◆: なんだこりゃ でニアピン狙い
←い: あの・・・自分を褒めて上げたい、は・・・有森さんが聞くと、ちゃう~って言うんちゃう? 自分を褒めたい、って言うんですぅ、って・・・



◆: 久し振りに閃いた メインタイトルほしさに買ったCDに入っていた曲が良かったという話題 ワタシも同じ



ニアピン

◆: シューベルトの歌曲 魔王

◆: メンデルスゾーン 結婚行進曲



当選者

◆: 101曲を集めたピアノ曲CDに入っているが 抜粋でしか聞いたことない
◆ふ: あり過ぎると聞かない
●ま: お得だからいいってもんじゃないですね
◆ふ: 個人的相性もあるのかも やっぱりラジオが一番!



第339回「きらクラ!」ドンの出題

←い: え?それだけ? プファ↑ って上がった?



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「東洋風の幻想曲「イスラメイ」」 バラキレフ作曲
(7分48秒)
(ピアノ)ボリス・ベレゾフスキー
<TELDEC WPCS-4867>

←い: やっぱり初めて聞くような気がします・・・




◆: 家族一同遠藤さんの褒める語彙の豊富さと反応の素早さに感服
●ま: あらま
◆: 秘訣を
●ま: ヒトコトいいですか? 褒めてるわけじゃなくて 正直に言ってる
◆ふ: あら、そこははずさない


◆ふ: ワタシの話なんて一秒も出ない むしろ(多く)話してるのに 俺の話が一度も出ない
それに比べてもうひとりの偏屈な男はねぇ
●ま: ふかわさんがいるからワタシがいる
◆ふ: それ褒められてないです




←い: なんの脈絡もなく ↓

「「交響曲第2番」 第4楽章」 ボロディン作曲
(6分20秒)
(管弦楽)ソビエト国立交響楽団
(指揮)エフゲーニ・スヴェトラーノフ
<VICTOR VICC-2140>




←い: そして
♪始まりはクラシック はじクラ♪

略なんですけど また曲名が番組表に載ってなかったんで耳で聞いてだけど書いておきます

ヘンデル サラバンド
サラ・ブライトマンのカヴァー アレンジ

●ま: サラバンドは3拍子 (この編曲は)わざと4拍子 より重くなる
←い: だそうです。




◆: とちおとめパフェをオーダーしたら 日本酒とちおとめ
リクエスト ↓

◆ふ: アンジャッシュさんのコントみたい

「「F.A.E.ソナタ」から第3楽章「スケルツォ」」ブラームス作曲
(5分37秒)
(バイオリン)ナージャ・サレルノ・ソネンバーグ
(ピアノ)セシル・リカド
<EMI TOCE-6189>

←い: F.A.E.って何? 全然触れられず・・・自由だが孤独に



◆: またしても訃報 リクエスト ↓

「歌劇「トスカ」から 「歌に生き、愛に生き」」プッチーニ作曲
(3分16秒)
(ソプラノ)ミレッラ・フレーニ
(管弦楽)ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ニコラ・レッシーニョ
<LONDON F30L-20273>




♪勝手に名付け親

◆: ① らびにすきーさん 『まさかの誤送信』


◆: ② 静岡のマーマレードさん 『三ツ星レストランの厨房にて』


◆: ③ ペルクシオンさん 『美味しいチーズの作り方』


◆: ④ 夜半亭アブラームシさん 『熱いよタコ焼き』

←い: あらま、タコ糸ならぬ、タイ焼きならぬ、タコ焼き~


◆: ⑤ ふくさん 『ワンオペ育児』


◆: ⑥ 如月太郎さん 『まぁ一度落ち着けったら』


で、ベストは、⑤




◆: ヴァイオリニスト 飛行機事故で亡くなった 30歳 リクエスト ↓

「「バイオリン協奏曲」 ニ長調 作品61 第3楽章」ベートーベン作曲
(10分18秒)
(管弦楽)南西ドイツ放送交響楽団
(指揮)ハンス・ロスバウト
(バイオリン)ジネット・ヌヴー
<KING RECORD KICC2183>




第163回 BGM選手権のお題

   ~ 亀井勝一郎 著 「八ヶ岳登山記」 ~

←い: どうでもいいけど皆さん気づいてましたぁ?
番組表に載ったお題

   yatugatake1.jpg


わかります?

朗読では最後の
「~天然色映画のようである。」

の後に、
「淡い霧がかかっているので、平原も山林も、大湖底に沈んでいる薬草の群れのようにみえる。」

ってのがあったのに載ってないのです。
今朝もまだそのまんまです。



でここで、いつもと違うタイミングでのジングル





◆ふ: 来週と再放送はお休み
で、3月1日は(←い: 浅田真央さんじゃなくて)ピアニストの藤田真央さんがゲスト
生演奏を聞いてきました
●ま: どこで
◆ふ: (←い: 納豆でぇ って聞こえたんですけどね) ナットで~




◆: ベートーヴェンの悲愴のメロディーが出て来る曲 リクエスト ↓ (←い: なぜかリクエストにはないけど2曲かかりました)

◆ふ: ■ひょっこりクラシック:

←い: あれ? Let it be みたいな始まり 

「「心の中にきらめいて」」 田中はるか・作詞、橋本祥路・作曲
(3分31秒)
(合唱)新座少年少女合唱団
(ピアノ)肥田野清美
(指揮)望月秀夫
<COLUMBIA GES-13123>


「「春に」」 谷川俊太郎・作詞、木下牧子・作曲
(3分50秒)
(合唱)沖縄県 本部町立 本部小学校
(ピアノ)松本文
(指揮)大嶺弥生
<FONTEC EFCD-25186>




◆: 母と兄の誕生月 プレゼントとしてヒトコトいただければ母が喜ぶと思います
◆ふ: おめでとうございますぅ




◆ふ: お葉書 FBIの方?
◆: 「きらクラ!」ドンの答え久々にわかったと思ったけどやっぱりわかりませんでした
◆ふ: この写真は〇〇さん(←い: 投稿ご本人)ですよね
←い: なるほど写真がなんかFBIの諜報員みたいなカッコだったのかな?




◆ふ: では週替わりでお送りしている今日かけたい曲、今週は真理さんの番です
←い: というのはいつもと同じだけどジングルはずっと前に流れてて、いつもの流れとは違う感じで ↓ (今回の構成はいつもと随分違いますな)

真理さんの今日かけたい曲

「「バイオリン協奏曲 ニ短調」第1楽章」ハチャトゥリヤン作曲
(15分06秒)
(バイオリン)ネマニャ・ラドゥロヴィチ
(管弦楽)ボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)サッシャ・ゲッツェル
<Deutsche Grammophon UCCG-1819>
 
●ま: 読響で協演 まぁ凄い ずっと凄かった
ヴァイオリンはもちろんヴィオラもチェロも弾けるんだ 弦楽器の枠を超えて素晴らしかった
←い: 真理さんのインスタに載ってた人かぁ 髭もじゃ~




◆ふ: さて我々からのお知らせ

この「きらクラ!」この春で、終わることになりました
←い: 潔くさらっと発表・・・・・・
◆ふ: あと5回!
えぇ?まだやりたいこと一杯あるのに~
こうしましょう 月曜もやる! あと10回できる
←い: ナハハ、いいねぇその乗り!
だけど寂しいねぇ・・・
(再放送も同じことを言ってました 当たり前だけど・・・ ひょっとしたら、「昨日言ったことは冗談です、まだまだやりますよぉ」、って言うかもぉ、とあらぬ期待をしちまった・・・)




でいきなり ↓

「サンバ・ブラジル」 アリ・バローゾ作曲、上柴はじめ・編曲
(5分32秒)
(フルート)高木綾子
(ギター)大萩康司
(ピアノ 口笛)上柴はじめ
(チェロ)遠藤真理
(アゴゴベル)ふかわりょう

~群馬県・大泉町にて公開収録~
(2018年1月28日)

◆ふ: 2年前
●ま: ついこないだのよう
←い: なんでかけたのかな? 回顧?




エンディング

◆ふ: アゴゴベル 迷いベルでした




エンディングのラジネ紹介

←い: 知ってる人はいなかったね



どうでもいいけど、なぜか今回の番組表、「「 」」でくくられてるのが多くて記事書くの往生しました。
「を<u>に、」を</u>に置換してるんでぇ
「「だと<u><u>になっちゃうのです

ってなんのこっちゃ?


それと来週の放送はお休みだけど投稿の締切は水曜変わらずです、ご注意を~


(今回の放送は随分いつもと感じが違うところが多かった・・・これも4月以降への布石?)





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/02/18 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今10件)

[ 2591 ]  ンゲゲ! 余りのショック ・・・・・・・・・



来年度のNHK 「2020年度 国内放送番組 編成計画」 が数日前に出ました。


以下抜粋・・・




「2.編成計画の要点」から

   housou202001r.png




「3.新設番組等の概要」から

   housou202002r.png




別表」から

   housou202003r.png







「きらクラ!」がない・・・・・・・・・




「×(かける)クラシック」って・・・・・・先日ふかわさんが月曜応募締切を前日の日曜に紹介したやつ・・・・・・

伏線?







では     banneretomo.gif    では     banneretomo.gif   ・・・・・・・・










[ 2020/02/15 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今26件)

[ 2590 ]  第361回 (2020/2/9放送) を聴いて



簡単に。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: (沖縄)夢のような時間をありがとうございました DONで自信もないのに手を上げ見事に外しちゃいました
←い: あぁあの方だぁ


◆: まだ観覧の当落がわからずやきもきしている、という投稿を読んでいただいた
「きらクラ!」ドンでは答えることできた
←い: ラッキーでしたなぁ ん? なんでお便りを読んでる間に波の音が・・・真理さんに大受け~

◆ふ: 波が聞こえるとそっちに集中しちゃう 本物には敵いません リクエスト ↓

「波の盆」 武満徹・作曲
(4分12秒)
(管弦楽)東京コンサーツ
(指揮)岩城宏之
<MUSICTODAY WWCC7112>

←い: 不思議な感じの曲でした 日本人の感性?




♪ドン


◆: 寒いと言えばロシア
←い: あれま シェエラザード!? それで巷でドンの正解前にある番組でかかってたのが、いいのかぁ、って賑わってたのね


◆: 大海原を感じて大好きに


◆: 千夜一夜物語を読んでいる まだ61夜を読んだばかり
←い: へぇ、この話ってほんとに1001もあるのぉ? 知らなんだ、というか全然興味なかった・・・


◆: 旦那にわかったと言うと凄いね 嬉しくなった 旦那はバッハのトッカータとフーガとベートーヴェンの運命の違いもわからない
◆ふ: ●ま: 言われてみれば


◆: 出題は337回 337拍子は448と聞いた
●ま: 確かにそうですね
◆ふ: こういう話大好物 「人民の、人民による、人民のための(政治)」が不思議
最初の 人民の の が何の役割?
←い: わたしもです!
◆ふ: 誰に話しても誰も向き合ってくれない
●ま: へそ曲がりですね
◆ふ: へそ曲がりで片づけちゃだめ
●ま: そこに不思議だなぁという気持ちがないとアーティストにはなれないですね
◆ふ: ワタシはアーティストではないですけどね
←い: 立派なアーティスト!?


◆: 演奏した思い出の曲
50年ぶりにピアノ 交通事故のリハビリのため
◆ふ: メロディを奏でる喜びがある方がリハビリもいい?
←い: そうでしょな



ニアピン

◆: ゴジラのテーマ



当選者

◆: 番組開始から聞いており今回初めてお便り
←い: まだそういう方がいるんですなぁ
◆: 中学時代吹奏楽コンクールで演奏
◆ふ: 何度も話してるが モニャモニャ(←い: 聞き取れず)を好きになったのもゲーム音楽のおまけでついていたCD(に入っていた)
メインでなくサブで知るのもいい
●ま: 自分の好みに偏らない(のもいい)


第338回「きらクラ!」ドンの出題

←い: あれ? またトムとジェリー?



正解曲
<きらクラDON正解曲>
「交響組曲「シェエラザード」から第1曲「海とシンドバッドの船」」リムスキー・コルサコフ作曲
(10分00秒)
(管弦楽)ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
(指揮)キリル・コンドラシン
<PHILIPS PHCP-9302>




◆: 会場では幸せな時間を共有できて幸せ
反田さんの超絶技巧演奏と楽しいトーク
砂川さんの歌声にも感動 地元出身の演奏家を誇らしく思うと共に元気をいただいた
贅沢な気分
←い: 確かにそうでした

◆ふ: 海、あれはあれで(天気は良くなかったが)良かった
帰りに野心 ピーナッツ和えじゃないミミガー行こう がピーナッツ和えだった
●ま: ワタシ食べましたよ 空港で
◆ふ: うそぉ~ ちくしょ~
←い: 食べたことないんで話題についてけん・・・



◆: (←い: ル・バルさん!) ドンで2回も解答させていただきありがとうございました 収録の休憩の時、両隣の方にステッカーを差し上げました(←い: 太っ腹~)
帰りのタクシー(知り合った人と)同乗 「きらクラ!」談義


◆: 収録行けませんでしたが反田さんの靴下事件に笑いが止まらなかった
◆ふ: ミスター ビーンの世界


◆: 当選 日帰りで沖縄(←い: ツワモノ~) 2時間前に着いたら反田さんが練習していた
(←い: いいなぁ てか宝塚からなら日帰りで早く着けたのかぁ 次回はそうしよう は?何か?次はいつでしょね・・・)


◆: はるばる新潟から行った甲斐がありました
夜の飛行機の時間があり 涙そうそう前に会場を後に(←い: それは残念)
沖縄滞在6時間
←い: ひえ~ ワタシなんか一泊でひぃひぃ言ってたのに・・・てかワタシなんかのお便りを当日読んでいただいて恐縮です・・・
◆: しかし最終の新幹線に間に合わず夜行バスに 岡山でも帰りは夜行バス ほとんど無茶苦茶
←い: 猛者!
◆: リクエスト ↓

「亡き王女のためのパヴァーヌ」 ラヴェル作曲
(7分50秒)
(ピアノ)反田恭平
<DENON COCQ-85364>

←い: す、素晴らしい! 今回の放送で、反田さん、砂川さん、のファンめっちゃ増えたやろなぁ




♪始まりはクラシック はじクラ♪

←い: なぜか?(今回も?)番組表に曲名の掲載なし。ということでタイトルだけ ↓

モーツァルト ピアノ協奏曲第21番第二楽章
ニールダイアモンド Song Sung Blue

←い: あ、なんかフーマンが弾いたっていう話題もありました 東京フィルハーモニーと って言ってたな 凄いね




◆: 凡そ30年前 フィギュアスケートでかかった曲を間違えてリクエスト アナウンサーもこの曲で良かったのでしょうか 正しくは ↓
◆ふ: この曲でよろしいでしょうか

「「エグモント」序曲」 ベートーベン作曲
(8分20秒)
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヘルベルト・フォン・カラヤン
<Deutsche Grammophon
POCG-6043>

◆ふ: 注文と違うもの おソバ屋さんでカキフライ
入ってたのはアジフライ
普通だったらちょっと勘弁してくれよ 食べたらなにこれ アジフライこんな美味しいんだ 逆に店員さんに感謝 滑舌悪くて良かった
←い: ソースかけて食べますぅ?




◆: (←い: ん? 額田王さん? お久しぶり~) 今年が生誕200年 ↓ リクエスト
ヴァイオリン奏法の流派 フランコエルディー派(←い: って聞こえた) をリード

「バイオリン協奏曲第5番 イ短調 作品37「ル・グレトリ」(抜粋)」ヴュータン作曲
(4分50秒)
(バイオリン)アルテュール・グリュミオー
(管弦楽)コンセール・ラムルー管弦楽団
(指揮)マニュエル・ロザンタール
<PHILIPS 416 889-2>

●ま:  学生時代みんな弾く 難しい




勝手に名付け親の出題

←い: なんじゃこりゃ? オーボエよりもピアノが完全に目立ってねぇか?
は兎も角、また妙な名前が飛び交いそうな・・・・・・

「「オーボエ・ソナタ」 から「第2楽章」」 プーランク作曲
(4分00秒)
(オーボエ)モーリス・ブルーグ
(ピアノ)パスカル・ロジェ
<LONDON POCL-3057>

◆ふ: (DONの)正解曲が流れたのかと思った
●ま: ホントですよねぇ
←い: んだな




◆: アシュケナージさん 引退表明 リクエスト ↓

「2台のピアノのための組曲 第2番 作品17 から第3楽章「ロマンス」」ラフマニノフ作曲
(7分00秒)
(ピアノ)ウラディーミル・アシュケナージ
(ピアノ)アンドレ・プレヴィン
<DECCA UCCD9005>






ふかわさんの今日かけたい曲

「ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」から第3楽章」ベートーベン作曲
(11分08秒)
(ピアノ)クラウディオ・アラウ
(管弦楽)ドレスデン国立管弦楽団
(指揮)コリン・デーヴィス
<PHILIPS PHCP-3140>

◆ふ: この曲をねぇ 生演奏をね 聴いて来たんですよ
●ま: どこですか?
◆ふ: フランスで~
これから自慢が続きますんで、皆さんどうぞチャンネルはそのままで
←い: ということで自慢話はこちら↓からぁ

<ふかわさんのブログね>
ラ・フォル・ジュルネTOKYO2020☆

ナントの旅☆

ナントの旅☆☆

第822回「ナントの旅〜前編〜」



◆: アンバサダー就任決定とのこと おめでとうございます
●ま: おめでとうございます
◆ふ: 「きらクラ!」さまさまですよ
この番組やってなかったら決して声かからなかった


◆: アンバサダーだけでなくプチョヘンザクラシックも
ふかわさんが遠くなってしまう
←い: ときどきふかわさんのブログに出て来るプチョヘンザって何?とは思ってたけど

なるほどねぇ って納得していいんだろか・・・・・・変な発音と思うのはワタシだけ・・・・・・か?

●ま:  物凄く興奮してるの伝わってくる
◆ふ: 苦痛じゃない?




◆: (←い: ト短調さんよう採用されますなぁ)
インフルエンザと楽器演奏で遠藤さんに質問  


●ま: 体が楽器のひとつ
具合が悪いときは演奏は控える
◆ふ: お笑いライヴでお客さんがマスクしてるから笑い声もフィルタかかっちゃう
●ま: 表情も読みにくい まずは風邪とかひかないように予防を
←い: ですな




「民謡風の歌曲 作品73から第1曲「おやすみ」、第3曲「嘆き」」ドボルザーク作曲
(5分55秒)
(メゾ・ソプラノ)ベルナルダ・フィンク
(ピアノ)ロジャー・ヴィニョールズ
<HARMONIA MUNDI HMC901824>




エンディング

◆ふ: NHKからのお知らせ かけるクラシック

   kakecla200209.jpg


締切は10日(←い: もう終わってます)

そして
●ま: 翌日は

   zanmaiviola200209.jpg

生放送、当日でもお便り受け付けてます どしどし送ってください




エンディングのラジネ紹介

←い: 沢山紹介されたけど知ってる人はいなかったです。






ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/02/14 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2589 ]  第360回 (2020/2/2)放送 ▽沖縄県南城市公開収録 を聴いて 【4】


 
感想記事の分割、その4です。(昨日の続きね)



筆というか手が進まなかった理由。

えっと、どっかにも書きましたが、どうも歌曲が苦手で、その中でもソプラノってのは大の苦手でして。

じゃなんで公開収録に応募した?って?

そうなんですけど、応募したのが11月の初めでその頃はまだゲストが反田さんと他としか載ってなかったのです。
まさかその後ソプラノ歌手がご出演と聞いて応募取りやめます、なんてハガキも出せないし、どうせ当たらないだろうし、と思ってたし・・・


まぁそういうことで、ちょっと後半を聞くのが辛くて~


砂川さんのファンの方には大変申し訳ないですがいつにも増して簡単にさせていただきます。

(ただ、砂川さんの声やお人柄や容姿には大変感銘を受けましたし、日本語で歌われた曲にはナダそうそうになりかけました。)




砂: は、ゲストの砂川涼子(すなかわりょうこ)さん

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆◆: は、リスナーからのお便りとか会場の方のお声とか
←い: は、オイラのひとりごと



  ~沖縄県南城市・文化センターシュガーホールで収録~



←い: ご登場で即一曲

「歌劇“ボエーム”から “私の名はミミ”」 プッチーニ作曲
(4分57秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(ピアノ)江澤隆行

←い: 素晴らしいお声、声量です! あの細いお体からどうやってあんな声が出るの!? でした。

が・・・冒頭に書きましたように、このソプラノの目いっぱい張り上げる高音が、ワタシにはキンキンに聞こえまして、いわゆる耳鳴り状態になってしまうのです。

そして真理さんがプロフィール紹介


で砂川さんがふかわさんの問いに対して、クラシックと沖縄音楽の差はそんなに気にしてないというお話で、


次からは ↓ 普通に聴けました・・・

「歌劇“竹取物語”から“告別のアリア”」 沼尻竜典・作曲
(2分19秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(ピアノ)江澤隆行

「いのちの歌」 Miyabi作詞、村松崇継・作曲
(4分22秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(ピアノ)江澤隆行

←い: しみじみと沁みとおるような歌詞と歌声でした



◆ふ: 音楽の先生を心指した?
砂: もっと上手になりたいと続けているうちにう(歌手に)
◆ふ: 教わりたい
●ま: 教わりたいです 優しい先生 会いに行く



   nanjo-diary_nhk-fm2001264.jpg

      (←い: 上の画像も、こちらから拝借~)



◆◆: 体型
どうやって美声と美貌と役作りを両立?
砂: 体型のことは難しい スリムになりたいという願望はある
←い: はぁ?十分スリムでっせ!
砂: 健康的でいられる体の方がいいかな、と
←い: 説得力ありました



←い: あと会場からの質問のあとふかわさんが沖縄料理の好きなものは?って質問して 宮古ソバがお好きって言うてはりました




「ウィーン、わが夢の町」 ジーチンスキー作曲
(4分23秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(ピアノ)江澤隆行



←い: てぃんさぐぬ花 ってホウセンカだそうです
●ま: 三線の音みたいなのを出してみる
←い: オモシロかったっすよ(見もの?) 三線奏法?

「てぃんさぐぬ花(沖縄県民謡)」 加藤昌則・編曲
(2分27秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(ピアノ)江澤隆行
(チェロ)遠藤真理



←い: そして反田さんも再登場で全員で演奏

の前に反田さんとふかわさんのチョイコントがありまして、ピアニストの手を見ると大体どんんな曲をやってきたかわかりますって反田さんが言ったら、ふかわさんが趣味でやってるんですけど、って。
で、反田さん上手い! 「DJの手ですね」、って。 オモロイ人でしたぁ。 で、 ↓ 演奏。

「涙そうそう」 森山良子・作詞、BEGIN作曲、加藤昌則・編曲
(4分33秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(ピアノ)江澤隆行
(チェロ)遠藤真理
(鍵盤ハーモニカ、打楽器、波)ふかわりょう

←い: 皆さん気づかれました?
放送前の番組表↑では (ピアノ)江澤隆行 さん ってなってたのです。↑

そして、収録当日のプログラムには

   program2001262r.jpg




演奏者は載ってなくて、ふ~んやっぱり江澤さんが弾かれるのかぁ、どうせだったら反田さんと2台ピアノにすればいいのになぁ、なんて思ってたら、
あれま、ふかわさんが、ピアノ 反田恭平さんって ま、ご本人が出て来た時点でそうなんだけどね。



ということで、放送後の番組表↓では、

「涙そうそう」
森山良子・作詞、BEGIN作曲、加藤昌則・編曲
(4分33秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(ピアノ)反田恭平
(チェロ)遠藤真理
(鍵盤ハーモニカ、打楽器、波)ふかわりょう

となっておりやしたぁ。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




ふぅ、やっと感想文終わりました。



で、この後は色々な余話とか道中記とかなんですがぁ、ご存知のように? 

まだ年末の記事も書き終えてないのでいつになることやらぁ。



まぁ気長にいきましょ~~~~





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/02/13 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2588 ]  第360回 (2020/2/2)放送 ▽沖縄県南城市公開収録 を聴いて 【3】

 

感想記事の分割、その3です。(こちらの続きね)



◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん

◆◆: は、リスナーからのお便りとか会場の方のお声とか
←い: は、オイラのひとりごと



  ~沖縄県南城市・文化センターシュガーホールで収録~





第回 BGM選手権~♪

◆◆: ① ぱーかすちょんさん

「フルートと弦楽合奏のための協奏曲(抜粋)」 ジョリヴェ作曲
(フルート)マニュエラ・ヴィースラー
(管弦楽)タピオラ・シンフォニエッタ
(指揮)パーヴォ・ヤルヴィ
<BIS CD-739>


◆◆: ② ジャック天野さん

「“グレの歌”から“前奏曲”(抜粋)」 シェーンベルク作曲
(管弦楽)ボストン交響楽団
(指揮)小澤征爾
<PHILIPS PHCP-595>


◆◆: ③ 無口なセールスマンさん

「“3つのロマンス”作品28 第2曲(抜粋)」シューマン作曲
(ピアノ)クラウディオ・アラウ
<PHILIPS PHCP-3181>


←い: で、ベストは、③


ワタシは①が一番気に入ったんで盛大に?拍手したんですけど③が勝ってたかな?って感じでした。




それはそうと、なんとまぁ菅原さんご本人が! (画像クリックでtweetへ)

   binkoimizuiro200202.jpg



リンク先「恋は水色」 を見てみると、なんか全然違いますな、ふかわさんと。

やはりご本人の朗読の方がずぅっといいですな。

てかしみじみ沁みとおるって感じ。


それはそれとして、詩の内容も違うような・・・・・・



で、今回はこれだけ~

(引っ張る・・・というか筆が、手が、進まない・・・)





ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/02/12 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2583 ]  第360回 (2020/2/2)放送 ▽沖縄県南城市公開収録 を聴いて 【2】

 

 
感想記事の分割、その2です。(こちらの続きね)


 

以下、

反: は、ゲストの反田恭平さん

砂: は、ゲストの砂川涼子さん (まだご登場ではありませんが)

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん

◆◆: は、リスナーからのお便りとか会場の方のお声とか
←い: は、オイラのひとりごと



  ~沖縄県南城市・文化センターシュガーホールで収録~




←い: 反田恭平さんが登場で真理さんがプロフィール紹介 へぇお若いんだぁ~


反: よろしくお願いします

◆ふ: 沖縄との接点は?
反: 2年ほど前 安室奈美恵さんの最後のラストコンサートの日にボク沖縄で実はリサイタルを
◆ふ: 同じ日に!?
反: ボクの方が先に公表して
◆ふ: そりゃもう誰も責めてませんので
反: おかげさまで完売 それが初めての沖縄
←い: ちょっとボケの上手い人?

◆ふ: 昨日はうみぶどうを沢山召し上がってましたね
●ま: 初めて食べたって
反: 食わず嫌い 3皿ぐらい食べましたね

◆ふ: 元々サッカーに熱かった?
反: 生まれる前から元気みたいで お腹の中でダンスしてたみたい おむつしながらサッカーボールを追いかけていたり 音楽に触れる前からサッカーをやっていた 当時は名古屋 ちびっ子サッカー大会のキャプテンとかやってました
◆ふ: そんな少年が音楽の方にそしてピアノに舵を切る?
反: 両腕骨折している サッカー試合途中に3対1で押されて腕が折れてしまって 審判に指摘され(てわかった) それからドアに小指を挟んでボロボロに がっかり 手術終わったらギブスのおかげで指が長くなって 小指が長くなりまして
●ま: ホントだ長いですね 
反: 長いですよね
←い: なのです 例えて言うとイカの足で一本長いのがあるでしょ そんな感じ 分かりにくい?

◆ふ: 神様からの贈り物?
反: 且つ 且つ 腱が切れまして凄く開く 
当時12歳 ラフマニノフのコンチェルトを引き始め 最初の頃届かなかったのが届くようになった
◆ふ: こんなケガの功名
●ま: 正にですね

反: 最初の手首の骨折を機に痛い職業は向いてない 痛くない職業ないかな と思ったら あ、家に電子ピアノがあった ピアニストになろうかな、と
←い: ナハハ、ボケてますなぁ

◆ふ: 演奏するのとプロとして進もうは違う 覚悟決めたのは?
反: いろいろ重なって 大きな要因としてはオーケストラを振ったこと 12歳 2年連続で ひとつはワークショップで
●ま: 体験コーナーでね
反: それから翌年にはテレビの企画でオペラシティのホールで その思い出が強くて 一振りすればファンファーレ 快感 この道で行きたい

マエストロに相談したらとりあえず楽器をひとつやれ と ちょうど腕を骨折し
◆ふ: とりあえず今日のサブタイトルは ケガの功名ということで
←い: ふかわさん 上手いです!



◆ふ: ショパン ポーランド 国内でも特別な存在?
反: ワルシャワに住んで3年 ポーランドの方々大好き ショパンホテル、空港、カフェなんでもショパン
◆ふ: 日本人の熱量も高い?
反: 日本にショパンを愛する方々多い 日本と共鳴するところがあるのかな、と留学して感じた


「マズルカ 作品7第1」 ショパン作曲
(2分17秒)
(ピアノ)反田恭平

「ワルツ 作品34第3(猫のワルツ)」 ショパン作曲
(2分14秒)
(ピアノ)反田恭平

●ま: 素晴らしかった
◆ふ: 小犬のワルツと猫のワルツと 猫は出てこないんですね
●ま: ちょっと下手くそなので
←い: やっても良かったかもぉ ニャ~オ


◆ふ: マズルカ
反: 人生初ショパンの作品 技術的には難しくなくて小学校3、4年で弾くかな?
←い: はぁ?
反: 改めて20年ぐらい経って弾くと内面 完成度が全然違う(曲)

◆ふ: 猫のワルツは初めて聞きました
反: どちらかというと猫派 犬の方は有名 猫も有名になればいいのにな、と最近弾き始めてます

◆ふ: ピアノを持っていないと小耳に挟んだ 
反: ピアノは持ってないですね
◆ふ: 皆さんどう思われますか 
←い: で、ふかわさんが高音で笑ったんだけど観衆はちょっとどういうことかわからなくて反応薄かった(と勝手に解釈)
◆ふ: 信じられませんよね 展示してるので練習?
反: 語弊があるとあれなので 実家にはあります
←い: 観衆、まだ意味不明の理解不能・・・(ワタシがね)
反: 今住んでるおウチにはなくて この放送がされる頃防音室が完成してると思う 日本の(家)
ここ2年間ほどはピアノを持たないでいようと勝手に思っていて 24時間弾ける環境になったら甘えちゃうんじゃないかな、と いつでも弾けるんだったら後で練習しようとかとなっていしまいそうで 時間をお金で買ってみようと
●ま: スタジオに行ったりとか
反: そうです 主に学校 で練習しました
●ま: 集中力の塊 凄い

反: トータル面で見て そろそろ防音室を買ってもいいかな、と
←い: 防音室はいいけどピアノも買ってねぇ って思ったのはワタシだけ?


◆ふ: ここに興味深い話が 靴下を演奏会のときに忘れてしまった ただその時に反田さんの取った行動が非常に不可解な?
反: 大事なコンサートで靴下をホテルに忘れてしまい ちゃんと用意してた(のに) 気付いたのが出番の5分前 おっと、と 目の前に油性ペンが
◆ふ: いやいやいやいや 怖い怖い怖い 嘘でしょ
反: 止むを得ずお借りします、と
◆ふ: まさか
反: もちろん全部塗る時間なかったので
◆ふ: もう塗るって言ってますね 塗る 確定
反: 200度ぐらい お客さんには右側が見える とりあえず右側の200度
◆ふ: 右側見えないぐらい 側面を塗って
←い: 200度って言い方オモロイね
反: 左足も200度 で、難を得た(←い: と聞こえたけど難を得ずかな?)
●ま: ひとついいですか 行くのはいいけど帰るときは?
反: 弾いてるとき鍵盤が段々黒く 弾き終わってちょっとズボンを下げながらすすり足で帰って(成功)
ちょうどドキュメンタリー番組の撮影 カメラ(の方)全然気づかなかった、と
◆ふ: そこでガッツポーズしてるとこじゃない
反: 凄くいい演奏ができた
◆ふ: 別のことに集中して でも黒鍵が若干多くなった


←い: ネットでも話題になってたけど、この話の後で ↓

「献呈」 シューマン作曲、リスト編曲
(4分00秒)
(ピアノ)反田恭平

●ま: 痺れる
反: 弾きながらギャップが 話の内容が愛の歌が、と
←い: だよねぇ ご本人も難しかったでしょうな
◆ふ: マジックで塗る話の後で入り込むの大変だったでしょうが うっとりしちゃいました



←い: ここで質問コーナー

◆◆: 反田さんみたいな方でも今日は練習してくねぇなぁという日はありますか どんな対処してますか
反: 好きなときに弾きたいタイプ ショートスリーパーでもあり凄く寝ちゃう人でもあるんですけど 弾きたいときに弾くスタンス 計画性ある練習していけばはかどる そもそもピアノが大好きなのであんまり思ったことはない
←い: こういうときに手を上げてたら いーともさんって当ててくれたやろなぁ、と後悔・・・

反: せっかくなのでひとつだけお話 ふかわさんにお会いするの凄く楽しみにしてた 小学校のときに なんでピアノやんなきゃいけないんだ 喧嘩で母が読んでいた雑誌の表紙を破ったらふかわさんが出てきた ゴメンナサイ
◆ふ: なんとなく罪悪感? ワタシの顔まっぷたつじゃないですよね

反: それで喧嘩が収まってちゃんとピアノをやろうと思ったんでふかわさんのおかげで
●ま: 凄いふかわさん

◆ふ: ちなみにそのとき白いターバンしてました?
反: していなかった でもすごい覚えてる
◆ふ: 光栄 どんな悪口が飛び出すかと思いきや 良かったです


   nanjo-diary_nhk-fm2001263.jpg

   (←い: 上の画像は、こちらから拝借~)


そんな出会いの次はおふたりの協演を ↓

「チェロ・ソナタ から 第3楽章」 ラフマニノフ作曲
(5分32秒)
(ピアノ)反田恭平
(チェロ)遠藤真理

●ま: 大ファン 絶対この曲弾きたいですって 夢が叶った一日
反: 小さい頃から聞かせていただいていた大先輩 ソロ、ふたりで貴重な(経験)
◆ふ: この三人は出会うべくして出会った
●ま: トリオ
←い: 今後なんかやるかもね って? なわけないか・・・


で、ですねぇ。
放送を聴いて感じたこと。

音響!

当日現場で聞いたのと大分違いました。
なんちゅうか音が広がってて、子犬のワルツもなんか音が重なったように聞こえてモワ~ンとした感じだった。
だからドンも、放送を聴くとわりとはっきりと聞こえ、特に最後の 春 は容易に後のヴァイオリンのメロディーが思い起こせたけど、現場ではなんかわからんかった・・・

と弁解がましい負け惜しみを~!



そして逆に!
生演奏はやっぱ迫力ありまっせ。録音の放送は綺麗な音で迫力もダイレクトだけど、
会場でだと、音が反響するせいか、ドが付く迫力ある演奏や繊細な響きと余韻が素晴らしかったです。
(と思う・・・・・・)



★★===================★★


今回はとりあえずここまでぇ。

続きは後日~




ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/02/07 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2580 ]  第360回 (2020/2/2)放送 ▽沖縄県南城市公開収録 を聴いて 【1】

 

 
ということでぇ?

昨日の記事、放送を聴いてない方にはなんのこっちゃ? だったでしょうねぇ。

ということで、感想記事の分割、まずは その【1】 です。

 

 

以下、

反: は、ゲストの反田恭平さん

砂: は、ゲストの砂川涼子さん

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん

◆◆: は、リスナーからのお便りとか会場の方のお声とか
←い: は、オイラのひとりごと



  ~沖縄県南城市・文化センターシュガーホールで収録~




Opening

「小犬のワルツ」 ショパン作曲
(1分43秒)
(ピアノ)反田恭平

◆ふ: 今日最初の音楽は、「きらクラ!」のオープニングテーマ、「小犬のワルツ」を本日のゲスト、反田恭平さんのピアノでお送りいたしました。
●ま: アン、アン、アン! (←い: 小犬の鳴き声真似ね)
◆ふ: 喜んでおりますねぇ 素晴らしかったですねぇ
←い: ということで贅沢にも反田さん生演奏のオープニング!

◆ふ: 暖かい
←い: で、真理さんが南城市の紹介



◆◆: (←い: 那覇市の方) 沖縄では日本一早い桜が咲いています 公開収録応募の結果 桜散る
◆ふ: 那覇から送って落選しちゃう 抽選ですから公平とはいいながらもそこら辺は空気読んであげても
←い: ナハハ、そりゃねぇべ
◆ふ: 沖縄初めての方は? 少ないですね  じゃ沖縄在住の方はどれぐらい?
(会場を見て)
●ま: あ
◆ふ: そうなると (応募された方) 洩れてしまいますね 中々競争率も高かったということで

←い: で、



◆ふ: さぁ、一方でこの方ですね
●ま: 兵庫県のいーともさんでぇす

◆◆: (←い: ということでぇ、昨日の記事なのです)



そして




♪生「きらクラ!」ドン


◆ふ: いーともさん頑張ってくださいね
←い: って言われたんだけど・・・・・・

① ←い: はぁ?
◆◆: モーツァルト フィガロの結婚序曲
とても大好きな曲


② ←い: はぁ
◆◆: サン・サーンス 動物の謝肉祭から 水族館
とても好きな曲


③ ←い: お! なんだっけ・・・ハイドン?バッハ?
◆◆: 埼玉県からのこのこやってきました
バッハ イタリア協奏曲第一楽章
弾いたことがある


④ ←い: はいぃ?
◆ふ: おひとり
●ま: さきほど 水族館を当ててくださった方
◆ふ: ミスター水族館
◆◆: バルトーク 管弦楽のための協奏曲から 第四曲 中断された間奏曲
◆ふ: 凄い!
←い: マジ スゴ!
◆ふ: ちゃぁんとお答え バルトークお好き?
◆◆: 大好き ラジオネームにも一部取り入れてます
◆ふ: 差支えなければ
◆◆: ル・バルと申します
←い: おぉ! あの~! (ハロウィンの時のドンの当選者さんで、真理さんが落書きしたっていうクリアファイルをもらった方~)
●ま: あ
◆ふ: 常連さん



● 中トロドン
←い: お! ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ5番 春 第一楽章 って今聞くとわかるんだけど、
当時は ベートーヴェン? でしたぁ・・・
◆◆: モーツァルト ピアノ協奏曲 第23番第三楽章 
◆ふ: 残念賞ですが勇気が素晴らしい もう一度
◆◆: ベートーヴェン 春
◆ふ: ●ま:  ・・・
◆ふ: もう少し詳しく ベートーヴェンの? ピアノ・・・
◆◆: ピアノ
◆ふ: あ、失礼しました ヴァイオリン・・・
←い: ということで正解曲に辿り着かれました ワタシはふかわさんがわざわざ激励してくださったのに撃沈・・・



第337回「きらクラ!」ドンの出題

◆ふ: これだったら分かったのに~ という顔をしてられる方も
←い: 聞いたことあるけど曲名が・・・でした





ということでぇ、沖縄の公開収録に行って来ました。

ちょっと最初の方を補足しますと、ふかわさんが会場に向かって、沖縄初めての方は?って問われた時挙手したのはほんの数人って感じで、
逆に沖縄の方は?って問われたら、まぁほぼ満席の会場のほとんどの方が手を挙げてましたよ。



以降、感想やら道中記?は後日~ (かなり引っ張る予感・・・)





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/02/04 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2576 ]  第359回 (2020/1/26放送) を聴いて

 

簡単に。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: ハートの街 南城市にようこそ 今日は娘と一緒に会場にいる予定
◆ふ: 放送されている間は我々沖縄にいる
観光もできるといいが




◆: 親戚の子がテレビゲームを持って来て音楽ゲーム 一勝八敗で負けてしまった 中に入っていた曲 リクエスト ↓

◆ふ: トランプのゲームをスマフォでできたりする
●ま: オンラインで?
◆ふ: 凄い時代

「トルコ行進曲」 ベートーベン作曲
(1分45秒)
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ベルンハルト・クレー
<Deutsche Grammophon
POCG-50097>




♪ドン


◆: 初めての投稿 ヴァンクーヴァ―オリンピック フィギュアで使用された曲


◆: うぉ、ギター弾きとしては絶対投稿しなければ


◆ふ: (少し長めに聞いて) ちょっといいですか ワタシ間違えてました
●ま: 予想の曲と違いましたか
◆ふ: あぁあれね 続くメロディーラインが流れていたが今聞いて あれ~?
ニアピンで出ることを望む 出てこなかったら恥ずかしいんで家に帰ります


◆: スペインの平和への想いを込めて作曲されたらしい


◆: 初めてお便り ドンの答えがわかったから
月曜イントロと同時にカーナヴィがしゃべった時にかぎって知っている曲だったりして涙


◆: 曲名度忘れ 鼻歌で歌ったところ必殺シリーズの曲だと言われた



ニアピン

◆: ニアピストとしてチャレンジ つるおかまさよしと東京ロマンチカの 小樽の女よ

◆: 
AKB48の オーボエダイアモンド(←い:って聞こえたんでググらずそのまんま書きました)

◆ふ: ニアピンは以上なんですけど、(←い: ってふかわさんがメロディーを口ずさんだのは、チャイコフスキーの白鳥の湖 Op.20 「第2幕」ってやつ。調べてわかったんだけどぉ)



当選者

◆: ギターと言えば思い出 50年以上前当時80歳近くの祖母がギターを買ってくれた
今は孫と同じヴァイオリン教室に通い日々練習


◆ふ: では、あ、そうですね 公開収録なので出題はありません

←い: 今回はノー宿題?



正解曲
<きらクラDON正解曲>
「アランフェス協奏曲 から第2楽章 アダージョ」ロドリーゴ作曲
(10分50秒)
(管弦楽)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヤニック・ネゼ=セガン
(ギター)ミロシュ・カラダグリッチ
<Deutsche Grammophon UCCG-1660>




◆: (番組)待ち遠しい 受験シーズン真っ只中
高校生だった50年前 ラジオ番組のテーマ曲 受験生へのエールとしてリクエスト ↓

◆ふ: 受験 真理さんの場合は? 机に向かってやる時間より楽器と向き合う時間の方が?
●ま: ところがどっこい 音楽高校だけど勉強の偏差値が高かった 塾行ってた

「大学祝典序曲」 ブラームス作曲
(9分18秒)
(管弦楽)ドレスデン国立管弦楽団
(指揮)ハインツ・レーグナー
<Deutshe SchallPlatten 32TC-39>




メンバー紹介

←い: 略ね。

◆: 
「メフィスト・ワルツ 第2番」 リスト作曲
(11分00秒)
(ピアノ)シプリアン・カツァリス
<TELDEC K35Y10037>




◆: ふかわさんが口にした日本の作曲家祭り実現したらいいな 
◆ふ: テレビでやってる半蔵門のタモリ (←い: って言うてたけどなんのこっちゃ)
音楽室の外の作品も届けたい
きらクラ界ではフーマンもいる




◆: 電話の保留音話題 リクエスト ↓

「ノクターン 変ホ長調 作品9第2」 ショパン作曲
(4分13秒)
(ピアノ)中村紘子
<SONY CLASSICAL SRCR2074>

←い: ゆめこさんがなら喜ばれたろうに・・・




♪勝手に名付け親

◆: ① オムニバスオムソバさん (←い: てへ、ワタシ~) 『エリマキトカゲの婚活』



◆: ② ひまわりさん 『あと5分布団の中で、もうあと5分、本当にあと5分だけ』



◆: ③ 味付けのりかさん 『一夜漬け』

◆ふ: エリマキトカゲがまだウロウロしてる
←い: アハハ、久しぶりに思い出したぁ?意外とインパクトあったぁ?



◆: ④ そうこくらいらららいさん 『さすらいと哀愁の流し』



◆: ⑤ らふにすきーさん 『ポップコーンができるまで』



◆: ⑥ ラッキーままさん 『年上お色気雌猫と若い雄猫のお戯れ』



で、ベストは、おふたり迷った挙句、 ①!
(久しぶりのベストなんで大き目の文字で~) ありがとうございま~す!




「交響曲第1番「冬の日の幻想」から第1楽章」チャイコフスキー作曲
(11分45秒)
(管弦楽)オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)マリス・ヤンソンス
<CHANDOS CHAN 8672>




◆: リクエスト ↓ 涙がこぼれる
12月29日に愛犬が命を終えた 

「レクイエム から「楽園にて」」 フォーレ作曲
(3分30秒)
(管弦楽)ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
(合唱)オランダ放送合唱団
(指揮)ジャン・フルネ
<PHILIPS PHCP-20471>





真理さんの今日かけたい曲

←い: 何も聞こえないからまた通信が切れたのかと思った・・・静かな始まりだったのね

「交響詩「海」 から第1楽章」 ドビュッシー作曲
(10分24秒)
(管弦楽)パリ管弦楽団
(指揮)ジョン・バルビローリ
<東芝EMI TOCE-7156>

●ま: 沖縄の海を想像して
◆ふ: 沖縄って三線とか
●ま: 民謡的な?
◆ふ: 音階 体が沖縄に行く
●ま: 前から思うんですけどふかわさんっていろんなところに行って
◆ふ: ちょっと待ってください 今からクレームですか クレーム受付時間終了してるんですけど
●ま: そうじゃなくて沖縄に似合うな と
言われるでしょ?
◆ふ: 言われたことない 海が似合うとか
●ま: 三線を持って民族衣装を着て踊ってる
◆ふ: そっちがわ!? 顔の作りが南国的?


←い: こんな感じ? (ちょっと無理があるけど)

   okinawaishou20012.jpg


こちらこちらから拝借合成~




◆ふ: 25度とか 飛行機の中で短パンに着替えて
●ま: イメージある
◆ふ: 短パンにアロハ? 油断したら山下清になっちゃう
●ま: ふかわさん 公開収録で何着てるんだろ
◆ふ: 楽しみ




「3つの夜想的情景 作品72」 パルムグレン作曲
(11分40秒)
(ピアノ)舘野泉
<PONYCANYON D32L0001>

「粉雪 作品57第2」 パルムグレン作曲
(3分41秒)
(ピアノ)舘野泉
<PONYCANYON D32L0001>




エンディング

←い: 今回は最後のお便りもなく、エンディングトークもそこそこに ↓


エンディングのラジネ紹介

←い: 最後のほとんど聞こえなかった方を入れても9人だけ でしたぁ
エンディングテーマもあっと言う間に終わっちゃったし 気持ちは公開収録へ?

でしたぁ。






ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/01/31 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 2569 ]  第358回 (2020/1/19放送) を聴いて



簡単に。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: 「きらクラ!」が聞きたいがためにランニング
←い: いぃご趣味で~
◆: 初めての挑戦は?
◆ふ: ないなぁ~
●ま: ワタシは・・・ないですねぇ
◆ふ: サイクリングをすれば何かが待っている という
●ま: 原動力 ご褒美作戦




◆: 新春にリクエスト 輝かしい未来が待っているみたい(な曲) ↓

←い: ん? 最近聞いたような・・・

「組曲“ホルベアの時代から” より “前奏曲”」グリーグ作曲
(2分41秒)
(管弦楽)ノルウェー放送管弦楽団
(指揮)アリ・ラシライネン
<FINLANDIA WPCS-11693>




♪ドン


◆: 最も好きな曲 気分が落ち込んだときに元気をもらえる
←い: ナハ、元気なときも元気もらえる~


◆: 今年はベートーヴェンイヤー 周りがベートーヴェンとなるとワタシはやめとこうかな、となってしまう
←い: わかります!


◆: クラシックとの出会い 小学6年に「運命」

◆ふ: (お便りの)体育館演奏 やっぱりオーケストラの質感はなかなかいい環境じゃない
●ま: 音が飛んでいっちゃう
床に座ってるといい振動が伝わる
◆ふ: 地面から
←い: 地面~???


◆: 毎年大晦日午後 上野のホールで1番から9番の生演奏を聴くのが定番
←い: ひぇ~ そんなのがあるのかぁ って交響曲聞きながら日の出を迎える~
●ま: 経験したことがある 9番の歓喜の歌が始まると涙ぼろぼろ
←い: ひょっとして眠気でとかぁ・・・?


◆: 中二のときの卒業証書授与式で流れた 自分の時にはブラームスの大学祝典序曲 卒業生全員が授与してもらう間に交響曲全曲がかかった
◆ふ: 中学は十なんクラスかあった
←い: ワタシのときは8クラス だけど何か流れてたか全然覚えてない

◆ふ: 現場マネージャーが ベトナナ って言う 間違ってはない 一般的には
●ま: ベトシチ
←い: ですな でもベトナナでもいいような


◆: 初めて生で外国のオーケストラ ウィーンフィル カール・ベームを聞いた思い出の曲



ニアピン

◆: グラズノフ バレエ音楽四季より 秋
◆ふ: 素敵なお便りなんですが
←い: ステッカーは残念 



当選者

◆: 1975年3月 ウィーンフィル カール・ベーム NHK FMで生放送 大学合格発表で留守録 今好きな曲を一曲選べと言われたら躊躇なく上げる
◆ふ: どの曲と出会うか
←い: は兎も角、曲はわかってもエピソードがないと採用はほぼ無理でんなぁ・・・


第336回「きらクラ!」ドンの出題

←い: ん?ギター?聞いたことあるなぁ・・・



正解曲
<きらクラDON正解曲>
「“交響曲第7番” から “第3楽章”」 ベートーベン作曲
(8分38秒)
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)アンドリス・ネルソンス
<Deutsche Grammophon
UCCG-40091/5>




◆: 先日機械の作動メロディーの話題 生活の中で聞く電子メロディー 電話の保留メロディー 彼女が出るまで気まずく待った経験のある方も多いと思う 最も多く使われているメロディーは?
◆ふ: 体感的には愛の挨拶
(昔は)受話器の横にオルゴール
←い: でしたなぁ
◆ふ: なので時間がかかると遅くなる
←い: でしたぁ 待ちくたびれて切っちゃったりしてぇ
◆ふ: 生活の中のクラシック電子音を代表 ↓

「人形の夢と目覚め」 エステン作曲
(2分26秒)
(ピアノ)仲道祐子
<VICTOR VICC-60639>

◆ふ: じゃお風呂入りますんで お先に
←い: あぁそういうことか・・・ようわかっとらんです・・・日頃如何に音に鈍感か・・・?




ここ好きクラシック

←い: 略だけど
◆: ハチャトリアン バレエ音楽 スパルタクスより スバルタクスとフリーゲーのアダージョ

◆ふ: まずは(←い:ラジネの方)のおっしゃる美しく官能的な部分をお聞きください
←い: という感じでした




◆: 真理さんがマーラーやブルックナーを彷彿、と 民放で読響が放送 次は生で聴きたいと思っていたら都内で聴けた
喜びのおすそ分け リクエスト ↓

「“交響曲第1番” から “第3楽章”」 ハンス・ロット作曲
(14分05秒)
(管弦楽)ノールショピング交響楽団
(指揮)レイフ・セーゲルスタム
<BIS CD-9007>




たのも~

●ま: もうこれはねぇ (ふかわさんが)それに乗せないで読むのも大変だったと思う
ボレロです
◆ふ: 流石ですねぇ お見事

   tanomou200119.jpg



◆: リクエスト ↓
昨年大晦日ラジオマンジャックでふかわさんが「きらクラ!」番宣 とても嬉しかった
←い: でしたか

「ピアノ三重奏曲 第1番」 ショスタコーヴィチ作曲
(12分50秒)
(バイオリン)川久保賜紀
(ピアノ)三浦友理枝
(チェロ)遠藤真理
<AVEX AVCL-84101>

◆ふ: いやぁ素晴らしい
●ま: ありがとうございます
◆ふ: 録音はいつごろ
●ま: 去年夏 12月に坂本龍一さんのと発売
◆ふ: レコーディングのための奏とライヴ演奏は違う?
●ま: 全然違う セッションだとやり直しが効く コンサートは一回きりなので一度決めたものにみんなでアプローチ 方向性が変わる
◆ふ: レコーディングは根気がいる 




◆: 公開収録絶対に外したくない 埼玉から参加しようと画策 明日16日は誕生日 当選ハガキが届きますように

◆: 録音したのを毎朝聞いている 沖縄の収録に応募 結果はまだわかりませんが夫婦で沖縄旅行を申し込んだ
◆ふ: こういう方もいらっしゃる 万が一当選されなかった場合 
●ま: 絶対行きましょう!
押しかけダメなんですか?
◆ふ: 潮の波の音に耳を傾ける
●ま: え?
◆ふ: 沖縄ですよ
●ま: 塩って何かと
←い: ということで押しかけはスルーされましたぁ そりゃ当選ハガキのない人は無理でしょうなぁ だけど・・・多分ハガキ1枚で1人っていう人が複数いらっしゃるだろうから会場で皆さんに聞いてみたら融通してくれると思いますよぉ




◆ふ: では(沖縄)公開収録での■BGM選手権のお題

第174回



  ~ 菅原敏「恋は水色」 ~




◆ふ: ここで一曲 (←い: なんか今回は引っ張りますなぁ 番組始まって1時間14分)

「月夜の乙女たち」 金井喜久子・作曲
(3分48秒)
(ピアノ)小川典子
<BIS CD-854>




←い: でやぁっと ↓ (番組始まって1時間17分余り)

♪勝手に名付け親

◆: ① こまったとうさんさん 『本日のメインイヴェント20分間一本勝負』



◆: ② りんのぅじさん(←い:って聞こえた)  『暗黒教の宇宙征服』 (←い:きょう って聞こえるんで 教 を当てたけどそうかなぁ・・・?)



◆: ③ あずやの壁さん(←い:って聞こえた) 『腹弱族の悲哀』



◆: ④ ひょうたんつるさん  (←い:瓢箪蔓?) 『コンビナート』



◆: ⑤ 今日も富士山が綺麗ですさん 『パパになる』



◆: ⑥ たおきちさん 『サイは投げられた』


←い:で、ベストは、④




◆ふ: 本来であれば来週はBGM選手権のお題の回ですが公開収録でやるので(今回も)■勝手に名付け親のお題 ↓

「チャールダーシュ」 モンティ作曲
(4分07秒)
(バイオリン)ロビー・ラカトシュ
(演奏)ラカトシュ・アンサンブル
<DEUTSCHE GRAMMOPHON UCCG9030>







ふかわさんの今日かけたい曲

「ロマンス 第2番」 ベートーベン作曲
(8分18秒)
(バイオリン)クリスティアン・テツラフ
(管弦楽)チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
(指揮)デイヴィッド・ジンマン
<BMG BVCE-38094>

◆ふ:改めて 年の初めの方に聞きたいと いかがでしたか? 
●ま: ふかわさんがね、差し入れてくれたシュークリームをいただきながら より一層メロディーが甘く感じた
◆ふ: シュークリームに最も合う曲 甘さが丁度よく弾き出される曲
←い: 独特の感性~ てかオモロイね




◆: ねずみに関する音楽の話題も1月中と思うので急ぎリクエスト ↓

「混声合唱のための組曲“蔵王” から 第5曲“おはなし”」佐藤眞・作曲
(3分48秒)
(合唱)東京混声合唱団
(バス)小林潤一
(ピアノ)前田勝則
(指揮)松井慶太
<FONTEC EFCD4178>

◆ふ: 祭りのはやし立てられるような
●ま: リズム感ありますよねぇ
◆ふ: 日本の作曲家祭り どうですかぁ?
←い: あれ?いつか投稿したような・・・過去の投稿を検索してみたけど見付けられず したと思っただけ? したような気もするんだけどなぁ・・・どうでもいいか・・・




◆: (◆ふ: 今日二度目の登場(←い: ラジネだね 一回の放送で2回、ちゃんと紹介されるのは珍しいよね 記憶では過去2回か3人目? えぇ加減な記憶だけどぉ))
昨年12月25日 トリオのコンサート行ってまいりました 紅白の演奏合戦のようでした 生演奏はいい
4月のうたたねクラシックはチケット取れました
◆ふ: ドレス皆さんで相談?
●ま: 白でなくシルヴァ 遠くから見ると白

◆ふ: 沖縄への応募 非常に沢山の方
●ま: 北海道からも
←い: ふ~ん 遠いけど多いんだぁ 首里城があればもっと多かったろうにねぇ 残念なことでした は兎も角こういうきっかけでもないと行けないって人も多いかもね

◆ふ: 沖縄は22度
←い: ひぇ~ 温度差で、行く人体調を崩さないように~




エンディング

◆ふ: まだ、まだ 寒い日が続きます ご自愛ください
←い: はい! ワタシは大丈夫!




エンディングのラジネ紹介

←い: 知ってる人いなかったような・・・





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2020/01/24 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2562 ]  第357回 (2020/1/12放送) を聴いて

 

簡単に。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆ふ: 2020年最初の新作放送
沢山の年賀状
●ま: 皆さん丁寧に書いてくださって




◆: リクエスト ↓ 和風な曲
 
「新日本紀行のテーマ」 冨田勲・作曲
(0分57秒)
<Denon COCQ-83613>




♪ドン

◆: 妻のヒトコト (←い: はい、そうなのよ、曲はわかってるんだけどエピソードがねぇ)


◆: この番組のおかげで初めてクラシックの話ができる友人ができ絶賛拡大中
←い: ワタシもそうなるのかな? ブログのおかげ? あ、いや話はできねぇ・・・素人・・・


◆ふ: 出題の意図 節目ですから


◆: 前回放送でふかわさんがこだまっちの意図を深読み わからず 2019年が日本、ハンガリー外交関係開設150周年
←い: そこ? てかそんなのふかわさんわかるかぁ? と思ったけどふかわさんはそんなに反応せず


◆: 夫から ドド~ドシドシ~
妊娠10ヶ月 生まれているかも
←い: おめでと~~~!


◆: 高校生の頃吹奏楽部で(演奏) 驚いたのはピアノ曲だということ


◆: どうしてもトムとジェリーの名場面を思い出す こだまっちさんの意図とは ニャオニャオ(2020) と チュ―
◆ふ: 令和2年と第二番とか
●ま: そこまで!



ニアピン

◆: レオノーレ序曲 
◆ふ: 悲しい

●ま: 一応聞きましょうかね
◆ふ: 公開収録で当てられちゃいそうな印象に残る人(と思う)

←い: 聞いてふたりとも笑ってはりました
◆ふ: ドシドシではない 無謀ステッカーをね 
←い: おやまぁ お年玉~



当選者

◆: (←い: トム&ジェリー話題が主体でした)



第335回「きらクラ!」ドンの出題

←い: アハハ、今年はベトさんの曲が沢山かかりそう
あ、投稿するの忘れた・・・・・・



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「ハンガリー狂詩曲 第2番」 リスト作曲
(10分31秒)
(ピアノ)シプリアン・カツァリス
<Deutschlandradio Kultur P21 041-N>

◆ふ: 年々この曲を好きになっている
●ま: うんうんうん




◆: 「きらクラ!」を聞き始めて6年 初めてお便り
12日は父の誕生日 リクエスト ↓

「“イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971” から“第1楽章”“第3楽章”」バッハ作曲
(8分07秒)
(チェンバロ)オリヴィエ・ボーモン
<ERATO WPCS-10254>




♪始まりはクラシック はじクラ♪

←い: 略っす

「運命」 ベートーベン作曲、D.マシューズ編曲
(6分13秒)
(演奏)マンハッタン・ジャズ・オーケストラ
<KING RECORD KICJ676>




◆: 原因不明の難聴になってしまった 耳鳴りや眩暈 反響 ベートーヴェンのことを考える
どれほど辛かったことか
←い: 確かに・・・そしてお大事に・・・
◆: 今年はベートーヴェン生誕250年 リクエスト ↓ ベートーヴェンが大丈夫だよと語りかけてくれる気がする

「“ピアノ・ソナタ 第28番” から “第1楽章”」ベートーベン作曲
(4分19秒)
(ピアノ)エミール・ギレリス
<Deutsche Grammophon POCG-6084>

◆ふ: いい音色 いろんな側面 ベートーヴェンを嫌う人は多くはないと思う 改めて好きになる
真理さんどのようなイメージ
●ま: (笑いながら)後ほど




◆: 工場で働いています (運搬車等)メロディーが流れる リクエスト ↓
◆ふ: どういう状況で聞くかによって印象は変わる

「“交響曲 第40番” から “第1楽章”」モーツァルト作曲
(7分15秒)
(管弦楽)フライブルク・バロック・オーケストラ
(指揮)ルネ・ヤーコプス
<King Record KICC2471/2>




たのも~

←い: おぉ久しぶり~のコーナー

●ま: 久しぶり 新年ですものね 入れましょう

①拙者琢磨と申すさん

●ま: これはねぇ、楽勝でしょう いきますよ
←い: で真理さん歌って 大正解
●ま: シュトラウスの 春の声



②チューチューバスさん

◆ふ: 並んでますよ 表で
←い: ナハハ、ふかわさん、盛りますな

●ま: なんとかはかく語りき なんだっけなぁ 忘れちゃった
◆ふ: 急に素人になっちゃった?

リハルト・シュトラウスのツァラトゥストラはこう語った

◆ふ: かく語りき が出てるんだったら(わかるでしょ) 一勝一分け


   tanomou200112.jpg




◆: 子年にちなんでネズミの曲をリクエスト ↓ 新年の余興
←い: いろんな曲があるんですなぁ

「“オーパス・ナンバー・ズー” から“第3曲 ザ・グレー・マウス”“第4曲 トム・キャッツ”」
ベリオ作曲

(3分07秒)
(演奏)アンサンブル・ウィーン・ベルリン
<SONY SRCR8957>

◆ふ: 各奏者がしゃべってる?
●ま: まるで歌のようにしゃべってた




第173回 BGM選手権~♪

◆: ① ジャック天野さん (←い:お久~?)

「トロルドハウゲンの婚礼の日(抜粋)」 グリーグ作曲
(ピアノ)アレクサンドル・タロー
<ERATO WPCS-12625>

◆ふ: これはこれで化学反応ある
●ま: 元気がでる感じ


◆: ② まぬるねこ大好きさん

「弦楽のためのトリプティーク から 第2楽章(抜粋)」芥川也寸志・作曲
(管弦楽)日本フィルハーモニー交響楽団
(指揮)本名徹次
<King Record KICC246>

◆ふ: これもいい
●ま: ふたつの朗読が同じテンポで話したと思えない
◆ふ: スローモーションで出て来るよう


◆: ③ ふくさん

「“クラリネットのための3つの小品”から“第3曲”(抜粋)」ストラヴィンスキー作曲
(演奏)トリオ・ディ・クラローネ
<EMI TOCE-8554>

◆ふ: (一瞬間があって) あれ?っていう感じがね これも合っている リズミカル


◆: ④ おっさくさん (←い:そう聞こえた)

「沈める寺(抜粋)」 ドビュッシー作曲
(ピアノ)ミシェル・ベロフ
<EMI TOCE-3050>

◆ふ: 思い出してるような感じ


←い: で、ベストは、②




勝手に名付け親の出題

「交響曲第5番 から 第4楽章」 ショスタコーヴィチ作曲
(9分18秒)
(管弦楽)ニューヨーク・フィルハーモニック
(指揮)レナード・バーンスタイン
<ORFEO C819 101B>





真理さんの今日かけたい曲

「くちづけ」 ベートーベン作曲
(1分59秒)
(テノール)フリッツ・ヴンダーリヒ
(ピアノ)フーベルト・ギーゼン
<Deutsche Grammophon
POCG-3668>

●ま: ワタシのベートーヴェンの印象を大きく変えてくれた曲 留学中に大家さんがシューベルトさん、隣がワーグナーさん そこら中に音楽を目指している(人がいる ってことだと思うんだけど、さん って聞こえたけど 派 なのかなぁ シューベルト派とか? わからんです)

友だちが聞かせてくれた こんな可愛らしい曲 も 書いてるんだという一面を見た 気難しい、気性が荒い ダイナミクスの付け方が激しいとかの印象 とは違う人間的な一面を凄く感じた
◆ふ: 年代によっても心情によっても違う




◆: 新年早々残念な話題 (訃報) リクエスト ↓ 歌曲祭りもお願い

「すみれ」 モーツァルト作曲
(2分35秒)
(テノール)ペーター・シュライアー
(ピアノ)イェルク・デムス
<DENON COCO-70468>

「別れの歌」 モーツァルト作曲
(6分26秒)
(テノール)ペーター・シュライアー
(ピアノ)イェルク・デムス
<DENON COCO-70468>

「春へのあこがれ」 モーツァルト作曲
(2分15秒)
(テノール)ペーター・シュライアー
(ピアノ)イェルク・デムス
<DENON COCO-70468>




エンディング

◆ふ: いただいた年賀状を眺めていると余白の使い方(が気になる)
これだと文字数で埋める量が増えるからプリント部分を増やしたりとか
←い: わかるわぁ
●ま: (手書き)ヒトコトフタコト 年末に出してる
◆ふ: 素晴らしい
●ま: ふかわさんに出したことなかった でも、ボクは受け付けないからって言われた記憶も
◆ふ: そんな気取った言い方? 何年も前に引退 ステージに置いて
←い: ナハハ → ツイッターに!


◆ふ: 今年も皆さんと素敵なハーモニーを奏でたい
●ま: よろしくお願いしまぁす



エンディングのラジネ紹介

←い: ぷっぺさんが読まれました。





ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2020/01/17 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今5件)

[ 2561 ]  番外 (2020/1/5放送) 「きらクラ!」選 を聴いて

 


アハハ、12日の感想ではありません。

5日の館野さんの回、「きらクラ!」・選です。

こちらに記事書いてるしなんで今さら?

なんですけど、ちょっと気になったもんでぇ簡単に~





以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆ふ: 2020年 今年は東京オリンピック まだまだ先だと思っていたけどどんどん迫って来る
●ま: ホントですねぇ


←い: で、なんとまぁ5日に(再放送は6日に!) 8日到着必須の沖縄の公開収録の募集をまたやりまして、

◆ふ: 館野泉さんの回のアンコール放送 まさか会えるとは 非常に感動した日 愛に溢れた方
●ま: 本当に優しくて音楽に対しても自然に対しても


←い: でした。あと曲目は全部4月14日放送と同じだったんで割愛ね。ただ内容は、ドンやお題の箇所を上手に最新版に編集してました。(まぁちょっと取って付けたような箇所もあったけど及第点!なんちってぇ)




以上、簡単に~でしたぁ。 アハハ、これで終わり~




で最初に書いた、気になったこと。

ってのはぁ、アハ、放送聞いて思い出したの。

あぁこの時に名付け親でベストいただいたなぁ。

クリアファイルに館野さんのサインをいただいたなぁ。


って。




で、



あれ?



ベストいただいてるじゃん!

こちらで昨年はベストがなかったって書いたよね。


えらいオオボケ~

で、あちらの記事修正しましたぁ。



これを書きたかったのです・・・・・・ナハ。





ではでは。 ♪ banneretomo.gif






[ 2020/01/16 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 2540 ]  第356回 (2019/12/22放送) 今年最後の放送を聴いて



簡単に。



以下、

 は、今年の一曲(曲名等聞き間違えがあるかも知れませんがご容赦)
◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: シュトーレン 実はモヤモヤ イタリアではパネットーネ
←い: 北海道のお知り合いのお店から贈ってもらったそうです おふたり、良かったね
◆ふ: そしていつもシュトーレン職人さんが
←い: おぉこちらも贈っていただけましたか そりゃ果報なこって



◆: 北海道在住 昨年の大地震で電気や水、品物がない生活 千葉県の方々のことを気にしていた
緊急放送の飛び込まない番組を最後まで聞けるのはとてもありがたいこと リクエスト ↓

「“ゴシック組曲” から “ノートルダムへの祈り”」ボエルマン作曲
(5分47秒)
(オルガン)マリー・クレール・アラン
<Erato 4509-94812-2>




♪ドン


◆: 第222回は長靴を履いた猫と白い猫 今度の333はどんな意味?(←い: え?あれ?くるみ割り人形? なんとも・・・恥ずかしい・・・)


◆: もうすぐクリスマスぴったりの出題
←い: すんません 意味わかってない・・・
◆: 沖縄での公開収録待ってましたぁ メンソーレ


◆: 今年最後の投稿
←い: ナハハ そうだねぇ
◆: アメリカではクリスマス前にくるみ割り人形を見に行く習慣


◆: 幼稚園年長の娘がわかった 代筆 カスタネット奏でトレパーク
●ま: 素晴らしい お見事ですぅ


◆: イントロを聞いて体が動き出しそうに 花のワルツの振り付けは思い出せない


◆: 放送の日、母100歳 


◆: 3,3,3 トレはイタリア語で3
←い: ナハ、3のパック詰め?



ニアピン

◆: (小学校3年生9歳) モーツァルト アイネクライネナハトムジーク 第一楽章
◆ふ: もう一回検証
●ま: 和音は一緒 厚みが(ある)
◆ふ: 差し上げましょう  
←い: あれま、甘~い (まぁクリスマスだしね)



当選者

◆: ロシア語の勉強を始めた 英語に違和感 ロシア語の文法も単語もすいすい入って来る
◆ふ: 相性ってある?
←い: あるんだぁ。しかしもうそんな気力もねぇな。



第334回「きらクラ!」ドンの出題

◆ふ: へぇい!
←い: わかったぞ なんだっけ・・・トムとジェリー?


●ま: 締切は1月8日(水)




正解曲

<きらクラDON正解曲>
「バレエ音楽“くるみ割り人形” からトレパーク(ロシアの踊り)」チャイコフスキー作曲
(1分07秒)
(管弦楽)モスクワ放送交響楽団
(指揮)ウラディーミル・フェドセーエフ
<ビクター音楽産業株式会社 VDC-5043>



◆ふ: 年末年始の放送予定
12月29日、30日 お休み
1月5日、6日 館野泉さんにお越しいただいた回
新作は1月12日(日)から




◆ふ: 今年の一曲を沢山紹介

◆: ★ベートーヴェン 交響曲第五番
←い: 左手で指揮された記者さんでしたぁ


◆: ★シューマン 弦楽四重奏 第3番第四楽章


◆: ★ドヴォルザーク スラブ舞曲 作品72第2 4手連弾
←い: 羨ましいピアノ遊びの話題でしたぁ


◆: クーラの結婚行進曲
←い: 館野泉さんのお話に力を得たというお便り

◆: ★(◆ふ: そしてこちらも) クーラの結婚行進曲で泣いてしまった


◆: ★ボロディン 交響曲第2番第四楽章
 初めてオーケストラに参加


◆: ★ライヒ マレット楽器、声とオルガンのための音楽 から」
←い: あぁ名付け親の課題曲ね ふ~ん 何回か聞いたけどもういいや、と思いましたが逆の方もいらっしゃるんですなぁ


◆: ★オネゲル ラグビー
 ラグビーWC ↓

←い: あれ? 真理さん交響的楽章って言ったよ

「交響的運動“ラグビー”」 オネゲル作曲
(7分23秒)
(管弦楽)ニューヨーク・フィルハーモニック
(指揮)レナード・バーンスタイン
<SONY SICC1673>

●ま: 今年2回も演奏




◆: 新天皇 新元号
★團伊玖磨 新・祝典行進曲
◆: 3月に一日行進曲マーチ三昧をやってほしい
←い: や、やられた・・・・・・2月まで投稿待ってたのに・・・・・・まぁちょっと企画内容が違うんで1月に入ってから投稿しよっと


◆: ★山田耕作 この道変奏曲


◆: ★フォーレ 組曲ドリー 子守歌


◆: ★バッハ 平均律クラビーア 第二巻第一番


◆: ★シェーンベルク グレの歌
●ま: 聞いただけで幸せになる


◆: ★SEKAI NO OWARI ブルー・フラワー
紳士的なバッハ ↓ リクエスト

「“クラヴィーア協奏曲 BWV1052” から 第1楽章」バッハ作曲
(7分15秒)
(ピアノ)アレクサンドル・タロー
(演奏)レ・ヴィオロン・デュ・ロワ
(指揮)ベルナール・ラバディ
<EMI TOCE-90225>




◆:「混声合唱とオーケストラのためのカンタータ“土の歌”から第7楽章“大地讃頌”」
大木惇夫・作詞、佐藤眞・作曲

(3分38秒)
(合唱)東京混声合唱団
(管弦楽)東京交響楽団
(指揮)岩城宏之
<VICTOR VICG-40188>




◆ふ: (2度目のドンで) 出題の意図まで汲み取りました
←い: はぁワカラン・・・




♪勝手に名付け親

◆: ① ぷっぺさん 『スキージャンプ ラージヒル』

←い: おめでとうございま~す!



◆: ② ふらふらふらりさん 『殿、謀反でござる』

←い: 上手い!



◆: ③ チャチャイコフスキーさん 『逃避行』



◆: ④ 鏡割り人形さん 『その1秒を削り出せ』



◆: ⑤ 夜半亭アブラームシさん 『なまはげ』



◆: ⑥ たけとよちょうめりささん(←い: って聞こえた) 『サスペンス劇場 失われた愛と悲しみ』



◆: ⑦ いつまでもどこまでもさん 『なぜ?』



で、ベストは、②

←い: 今年最後、に採用ならず・・・




強化月間

◆: ★「弦楽のためのアダージョ」 ルクー作曲
(11分34秒)
(演奏)イ・フィアミンギ
(指揮)ルドルフ・ウェルツェン
<IMS ISC1701>




第173回 BGM選手権のお題

   文部省唱歌「雪」

←い: ナハハ、灯油が来たぁ (え? いえね、この辺りではガソリンスタンドからやって来たタンクローリー車がこの曲を流し乍ら灯油を売り歩く、いや売り走るのです)







◆ふ: 我々の★今年の一曲
●ま: ワタシの一曲からどうぞ

「メリークリスマス・ミスター・ローレンス」 坂本龍一・作曲
(5分42秒)
(バイオリン)川久保賜紀
(チェロ)遠藤真理
(ピアノ)三浦友理枝
<avex classics AVCL84102>

←い: これ↑ってミューズで出してるCD? と思ったら ↓ だそうです
●ま: 坂本龍一ピアノトリオ集ショスタコーヴィチピアノトリオ集 CD2枚出た 
◆ふ: 今年の一曲としてリクエストもあった

◆ふ: クラシックと坂本龍一さんの曲、演奏違いは?
●ま: 拍間の取り方


←い: なんで? ↓ 宣伝し過ぎのような・・・・・・ CMソングかい!

◆ふ: 続いてワタシなんですが えぇ 温かい目で見守っていただけたらと思います 演奏します
←い: 生?

「とんぶりの唄」 ふかわりょう・作曲
(3分21秒)
(ピアノ)ふかわりょう
~NHK放送センター CR504で収録~

●ま: パチパチパチ ふかわさん素敵です~
←い: うん、いい曲でした・・・オイ?

●ま: 町おこしにつながる 子供も大好きな曲
◆ふ: すみません ありがとうございました。
←い: しおらしくてよろしい!




◆ふ: 最後の今年の一曲
◆: やはり★花のワルツで終わってほしい ピアノ版はいかがでしょう ↓
←い: ナハハ、ふかわさんが駄々こねたかと思ってたけど違いましたぁ

◆: やっぱり年末最後は★花のワルツで締めてください
◆ふ: ワタシの我儘で (番組として)習慣
←い: ようわかってはる~

「バレエ音楽“くるみ割り人形” から “花のワルツ”」チャイコフスキー作曲、上原彩子・編曲
(7分24秒)
(ピアノ)上原彩子
<KING KICC1164>




エンディング

←い: 沖縄の公開収録の案内をしてたけどやはり番組HPには載らない・・・
だけどなんか知らんが、いつの間にかこんなの↓が載ってる・・・
(画像をクリックすると、現時点でそちらのサイトに行きます。恐らく一ヶ月もすると消えるんでしょうが)

   hp191226.jpg


中嶋朋子って誰?




●ま: 一年段々短く感じるんだけど思い起こすとやはりいろんなことがあった
←い: 確かに~

◆ふ: 皆さんメリークリスマス そして良いお年をお迎えください




ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2019/12/27 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2533 ]  第355回 (2019/12/15放送) を聴いて

 

簡単に。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: ワルツ祭り とってもいい企画 
コンサートを聞きに、日帰り東京往復 北海道新幹線の恩恵 
◆ふ: (ワルツ祭りの)感想、後ほどご紹介




「そりすべり」 アンダソン作曲
(2分49秒)
(管弦楽)ボストン・ポップス管弦楽団
(指揮)アーサー・フィードラー
<BMG BVCC-35042>




♪ドン


◆: 高校時代にお気に入りの一曲に


◆: 初めて聞いたときいきなりの大音量にビックリ
みなさまにおかれましては風邪などおひきにならないように、何卒ご自愛くださいますよう心よりお祈り申し上げます



←い: (少し長めに聞いて)あ!この曲だったのぉ?トホホ・・・
◆ふ: 2楽章はゆったり?
●ま: これは目が覚める 次来るぞ来るぞ



◆: 再放送聞きながら通勤 


◆ふ: イヤフォンしながらニヤニヤ 最近は不審者に見られない
●ま: イヤフォンにコードがないやつ なじんできた
◆ふ: ワイヤレスの
←い: ワタシもですけど、って感じ?



◆: 北西に雪をかぶった浅間山に夕日
冬のブラームス 芯から温まって良い


◆: 最初でメロディーが出る だが曲名が出ない 二回目でようやくすっきり
実演を聞く機会に仕事で行けず
◆ふ: 仮に完売していてもまったく空席がないのは珍しい そういう人を追跡する番組見てみたい ここに来られない理由はなんだったのか
←い: 素人ながら考えられるのは想像つくけどなぁ



◆: 納豆とろろご飯を食べながら聞いていた
◆ふ: とんぶり混ぜてほしい
←い: はまってますなぁ・・・



ニアピン

◆: モーツァルト そり滑り 3つのドイツ舞曲 第三番

◆: K605(同じ曲)

←い: あとスキー話題 ふかわさんが準備するのがメンドイみたいなこと言うてはりました ワタシも同じ~ スキーやってる人見ながらレストランで酒飲んでるのがいい~ (ちゃう?)



当選者

◆: 所属する吹奏楽団で練習中 各種のオーケストラ曲をアレンジ クラリネットなのでヴァイオリン担当 奮闘努力 次回で引退を考えている 最後の曲かなぁ



第333回「きらクラ!」ドンの出題

←い: あ! あれだ! ムフフ・・・・・・
ん~なんて投稿しようかなぁ・・・エピソードなんてないしなぁ・・・・・・捻り出すしかない・・・



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「交響曲 第4番 ホ短調 から 第3楽章」 ブラームス作曲
(6分27秒)
(管弦楽)北ドイツ放送交響楽団
(指揮)ギュンター・ヴァント
<KingRecord KICC-1125>



◆: 今年の放送で衝撃だったのは 上野聖矢さんが選んだフォーレのピアノ五重奏曲
フォーレにすっかり惚ぉれました(←い: はい、座蒲団1枚!) リクエスト ↓
(←い: 12分余り)

「ピアノ五重奏曲 第1番 から 第1楽章」 フォーレ作曲
(12分12秒)
(演奏)フォーレ五重奏団
<KingREcord CD 50-8603>




◆: 来年はオリンピックイヤー 行進曲祭りを企画されたら?

「行進曲“威風堂々”作品39から 第1番 ニ長調」エルガー作曲
(6分33秒)
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)ジュゼッペ・シノーポリ
<Deutsche Grammophon
POCG-3934>




お知らせ

◆ふ: 来週はこんなことをやりたい
●ま: 今年も残すところ1回
←い: え? まだあるの!?
●ま: 今年の一曲
←い: あ、そか、それは忘れてた
それはそうと過去の最後の放送日はどうだった?

     2012年 : 12月23日
     2013年 : 12月22日
     2014年 : 12月29日
     2015年 : 12月20日
     2016年 : 12月25日
     2017年 : 12月24日
     2018年 : 12月23日
     2019年 : 12月22日

ということで、規則性があるようなないような、ようわかりませんでしたぁ・・・ナハ。




強化月間

(←い: 約16分)

「ピアノ四重奏曲 から 第1楽章」 ルクー作曲
(15分44秒)
(演奏)アンサンブル・ミュジック・オブリク
<Harmoniamundi KKCC-293>

◆ふ: 情熱的
●ま: ずぅっと熱い思いを語っている
◆ふ: フィギュアスケートに合うと思う
●ま: 確かにそう
←い: だそうです 短く編集しなくちゃならないね




◆: 偲んでリクエスト ↓

(←い: 約14分)

「交響曲 第2番 から 第3楽章」 ラフマニノフ作曲
(13分42秒)
(管弦楽)サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)マリス・ヤンソンス
<Emi TOCE-8432>




第172回 BGM選手権~♪

◆: ① ぱーかすちょんさん

←い: いつもながらの凄い文章ですた。(でした、と普通に言えない凄さ・・・?)

「スール:愛への帰還」ピアソラ作曲、ホルヘ・カランドレリ編曲
(1分00秒)
(バンドネオン)ネストル・マルコーニ
(ベース)エクトル・コンソーレ
(ピアノ)レオナルド・マルコーニ
<SRCR-1954>

◆ふ: お昼のドラマのような雰囲気が出ていた


◆: ② すだっぴぃさん

←い: こちらも背徳感、お上手ですた・・・

「交響曲 第8番から 第3楽章」 ドボルザーク作曲
(1分00秒)
(管弦楽)アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
<IMG TOCE-59610.11>

◆ふ: これもかなり情熱的
●ま: スピード感


◆: ③ 片田舎の奏楽堂さん (←い:そう聞こえたんで勝手に漢字にしました)

「歌劇“カルメン”から“ハバネラ”」 ビゼー作曲
(1分00秒)
(メゾ・ソプラノ)モニカ・グローブ
(管弦楽)フィンランド放送交響楽団
(指揮)タン・ムーハイ
<FINLANDIA WPCS-11408>

◆ふ: 奔放さが強く出ている


で、ベストは、① (←い: 妥当ですな あ、あの・・・それとどうでもいいけど、真理さんの朗読箇所で、「だから何でも考えていないで」の 何でも で切って読んだのは妙でしたなぁ 今更ですがぁ)




勝手に名付け親の出題

←い: なんだいこりゃ! こりゃまた難題で・・・

「四季から“冬”第1楽章」 ヴィヴァルディ作曲
(3分38秒)
(管弦楽)南西ドイツ室内管弦楽団
(指揮)フリードリヒ・ティーレガント
<COLUMBIA COCQ-84444>

◆ふ: 浮かびやすいかなぁ、と
●ま: そうですねぇ
←い: そっかぁ? 真理さん、最近ふかわさんに合わせ過ぎちゃう?







ふかわさんの今日かけたい曲

「悲しいワルツ」 シベリウス作曲
(6分13秒)
(管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヘルベルト・フォン・カラヤン
<Deutsche Grammophon
UCCG-3181/2>

◆ふ: ワルツ祭りでかける曲 決勝戦 戦った曲 勝ったのは花のワルツ でもこれもかけたくて
●ま: 沁みます
◆ふ: 対極にある




◆: 風邪で寝込み誰も寄り着かずラジオをゆっくり聴けた ラッキー




「歌劇“ロメオとジュリエット”からジュリエットのワルツ“私は夢に生きたい”」
グノー作曲

(3分29秒)
(ソプラノ)パトリシア・プティボン
(管弦楽)リヨン国立歌劇場管弦楽団
(指揮)イヴ・アベル
<UNIVERSALMUSIC UCCD-1211>

←い: すみません、ワタシ・・・歌曲、その中でも特にソプラノの雄叫び、ならぬ雌叫び(めたけび)?は超苦手・・・思わず耳を塞いでしまうのです・・・すんません。




エンディング

←い: 来週は今年の一曲と来年1月26日の沖縄での公開収録のお知らせ なんだけど依然番組HPには載りません。

◆ふ: スタジオにはサーターアンダギーが
●ま: いただきました
←い: ありゃまシュトレンじゃないのね




エンディングのラジネ紹介

←い: 常連さんとお初さんのバランス?


それと、今日はちょっと長めの曲が多かったような?

それとそれと、なんちゃらコーナー(空耳とかメンバーとか)がなかったね。





ではでは。 ♪ banneretomo.gif




[ 2019/12/20 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 2526 ]  第354回 (2019/12/8放送) ワルツ祭 を聴いて

 

簡単に。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆ふ: お便りを止めてるクリップが悲鳴 もう無理もう無理



◆: ワルツとの出会い 最近聞いた3拍子の曲 リクエスト ↓

◆: リクエスト ↓ (←い:る・ばるさん 例のハロウィンヴァージョンのクリアファイルどんなんだったんでしょうね 触れず) クリスマスプレゼントとして買ってもらった

「“四季”から“12月 クリスマス”」チャイコフスキー作曲
(4分51秒)
(管弦楽)ソビエト国立交響楽団
(指揮)エフゲーニ・スヴェトラーノフ
<VICTOR VICC-2024>




♪ドン


◆: 木曽のあばら屋さん(←い:良く採用されますな) 危ないところ 最初チャイコフスキーのイタリア奇想曲かと思った


◆: ふかわさんのナイスアシスト


◆ふ: ニアピン 常連さん
●ま: 来そう


◆: 掃除の時間に流れている曲?


◆: 氷の上を滑らかに滑るシーンが鮮やかに浮かぶ


◆: フランスのワルツ王 誕生日12月9日 再放送日

◆ふ: 333回でワルツ祭りだったら奇遇


◆: 氷とはなんと痛いものだろうと(滑って転んで)



ニアピン

◆: チャイコフスキー イタリア奇想曲


◆: もうスタッフさん欲しがりなんだからぁ アルプスの少女ハイジ (←い: ふかわさんも真理さんも受けて)
◆ふ: なんならね スケーターの方がハイジっぽい
●ま: 確かに



当選者

◆: 妻と早押しクイズ形式で楽しんでいる 小学3年生から(←い:ウィンナーワルツ・・・)を聞き始め



第332回「きらクラ!」ドンの出題

←い: わかりませんなぁ オーケストラ? なんか元気な曲の予感



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「ワルツ“スケートをする人々”(スケーターズ・ワルツ)」ワルトトイフェル作曲
(7分12秒)
(管弦楽)フィラデルフィア管弦楽団
(指揮)ユージン・オーマンディ
<SONY 35DC103>



◆: ドリーブ作曲 コッペリア ワルツ
◆ふ: (BGMでかかってるのを聞きながら)あぁこの曲なんだぁ

←い: もう一個同じ曲へのお便り(生で見たい)があって、


◆ふ: 凄い綺麗に繋がった

◆: ベルリオーズ 幻想交響曲 第二楽章 舞踏会

←い: そしてこれにももう一個同じ曲へのお便り(結婚披露宴のお色直し後に選んだ曲)があって、


◆: ドナウ川のさざ波
◆ふ: どなたの作曲?
●ま: (←い:ちょっと間を置いて、神の声?) イヴァノヴィチ


◆: ショパンのワルツ19番 母を看とることから始まった激動の一年
(←い: yumekoさんも家族さんも逝ってしまった激動の一年・・・)


◆: 今日も快調さん! リクエスト ↓

「“オーケストラのためのディヴェルティメント”から“ワルツ”」バーンスタイン作曲
(2分10秒)
(管弦楽)イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)レナード・バーンスタイン
<Deutsche Grammophon
F35G-50358>




◆: 断トツ一位で好き ハチャトリアン 仮面舞踏会からワルツ


◆: ウェーバー 舞踏への勧誘 弾いたのは小学生の頃

←い: もう一個同じ曲へのお便り(母の宝石箱の曲)があって、


◆: ラヴェル ラ・ヴァルス 

←い: これにも同じ曲へのお便り(自然に心と体が揺さぶられる)があって、


◆: ウィーンフィルのサマーナイトコンサート ヨハンシュトラウスⅡ世 ウィーン気質 で締めくくられる 


◆: 8分音符の分散和音がキラキラと飛び回る リクエスト ↓

「ヴァルス・カプリス 作品30」 フォーレ作曲
(6分34秒)
(ピアノ)ジャン・フィリップ・コラール
<EMI TOCE-59152>




■お知らせ

←い: 沖縄での公開収録の案内



   koukaiokinawa200126.jpg





しかし・・・番組HPに掲載なし(木曜夜の時点)・・・

住所の漢字とか、リスナーさん勝手に調べてぇ、ってこと?


      hp191212.jpg




◆: BWV1000番さんも! ある音楽愛好家サークルで知り合ったMさんが出会った曲 演奏したくて自分でスコアを作り始め ↓
●ま: 凄い
◆: 演奏 指揮 (←い:すげぇ人だったのね)

「音楽的イラストレーション“吹雪”から“ワルツ”」スヴィリドフ作曲
(4分09秒)
(管弦楽)モスクワ放送交響楽団
(指揮)ウラディーミル・フェドセーエフ
<ポニーキャニオン PCCL-00289>




♪勝手に名付け親

◆: ① G線上のあららさん 『大都会で迷子』

←い: 中二の息子さんが名付けたそうです 素晴らしい!



◆: ② 4時間は長かったさん 『流れ流されて』



◆: ③ あらま おばっちゃぁとぅりあんさん 『冬は野菜買えない』

もやしにやっぱりあなただよねぇ



◆: ④ 無口なセールスマンさん(←い:またぁ!) 『ラブレター』

◆ふ: 彼を待っていたら校門からガールフレンドと一緒に出てきたとか という悲しさがある


◆: ⑤ さかいしげはるさん 『トイレのお掃除』

←い: ぷっぺさん、おめでとうございま~す! 視点が独特ですなぁ


◆: ⑥ えびまるさん 『待って行かないで』

←い: 空港で恋人同士のお別れのシーンでした なかなかオジョウズで



で、ベストは、①




強化月間

「“ピアノのための3つの小品”から“忘れられたワルツ”」ルクー作曲
(4分09秒)
(ピアノ)ボヤン・ヴォデニチャロフ
<CYPRES MCYP1617>




第172回 BGM選手権のお題

  ~ 谷崎潤一郎​ 作「痴人の愛」より ~

←い: これに曲を? むっつかし!




♪ (←い:あれ?ここでジングル? と思いきや ↓)


◆ふ: 我々の好きな今日かけたいワルツ
←い: あぁそういうことかぁ

真理さんの選んだワルツ

「ワルツィングキャット」 アンダソン作曲
(2分30秒)
(管弦楽)セントルイス交響楽団
(指揮)レナード・スラットキン
<BMG BVCC-37280>

●ま: ね、これも外せない
◆ふ: ヴァイオリン?
●ま: ニャォ~ 弦(の上)をスライド


ふかわさんの選んだワルツ

「バレエ音楽“くるみ割り人形”から“花のワルツ”」チャイコフスキー作曲
(7分30秒)
(管弦楽)ロサンゼルス・フィルハーモニック
(指揮)グスターボ・ドゥダメル
<Deutsche Grammophon UCCG-1831/2>

◆ふ: 例年は最後の放送 ワルツ祭りのタイミングで(かけた)
聴きこんだヴァージョンと多少違っても包容力 違和感がなくなる




◆: ワルツというと必ず思い出す本 (←い:一瞬ふかわさんが詰まったんで、うわ!通信が切れた、と思っちゃったよ、冷や汗~) らちちから先生の 青きドナウのらんちき (←い: 良知 力:青きドナウの乱痴気) のあとがきを書き終えた二週間後に亡くなった

この文章にふさわしいのは ↓ しかないと思う
(←い: 長いお便りだったねぇ)


◆: 一日にマリス・ヤンソンスさんが亡くなるというショッキングなニュース リクエスト ↓

「ワルツ“美しく青きドナウ”」 ヨハン・シュトラウス作曲
(9分50秒)
(管弦楽)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)マリス・ヤンソンス
<SONY SICC-1478-9>

◆ふ: ウィーンでカウントダウン(の経験)は?
●ま: ない
◆ふ: 花火が
●ま: 爆竹がね
◆ふ: 身の危険を感じるぐらい カウントダウンでこの曲 みんなが踊り出す 町全体を包み込む
●ま: みんな滑り込んでね、って言葉がある
←い: アハ、日本ではヤバイな (受験シーズン)



◆ふ: ワルツ祭
●ま: 冬にもってこい 心が熱くなる
◆ふ: ワルツは魔法 落ち葉も待ってるように景色がキラキラ


◆ふ: 楽しい二時間を羊羹と共に シュトーレンではなく和菓子と共に堪能
←い: あれま、送ってもらえなかったの?間に合わず?




エンディングのラジネ紹介

山好きかっちゃんさん、おめでとうございます。


スリーラン・ドットコムさん(ワタシ? なんで読まれたの?


愛もす爺さん(これはワタシ! だけど残念賞。でもまた山好きかっちゃんさんとアヴェック~)




ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2019/12/13 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今12件)

[ 2518 ]  第353回 (2019/12/1放送) を聴いて



簡単に。



以下、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆ふ: サイクリング 富士山が綺麗だった 得した気分


◆: 鰤起こし 簡単に言うと日本海側の冬の雷



◆: スリーラン・ドットコムさん(アハ、ワタシ! だけど大分編集されてましたぁ ↓)

     <オリジナル>
   mes1911242.png


     <放送されたの>
    (アンダーライン箇所は追記されてたの。抹消線は文字通り消されてたの。上手に編集してくださって感謝!)
   mes1911242r.png

真理さんも100個作るって言うてはりましたなぁ だけどふかわさんは完全スルー・・・




ん? 餃子から中国? ↓

「中国の太鼓」 クライスラー作曲
(3分28秒)
(バイオリン)シュロモ・ミンツ
(ピアノ)クリフォード・ベンソン
<Deutsche Grammophon
POCG-30065>




♪ドン


◆: 日曜日の昼下がりのひととき おふたりの楽しいトークと美しい音楽に耳を傾けています
山椒のように小粒なのにピリリと辛い小品



◆: 月の光が断トツ人気ですがこの曲が好き

トトトト トントコトン



◆: 管楽器用にアレンジしたことがある
最初の16分音符が右手左手交互に弾くように書いてある(楽譜)

聞いてたイメージと楽譜が違う経験ありますか?
◆ふ: しょっちゅうですよ ねぇ
●ま: ねぇ! いつもいつも
弓の切り方とか ダウンから始めるとかアップから始めるとかでも表現の雰囲気が変わる
←い: なぁるほどねぇ (と言ってみる)



◆: ラジオを聞く習慣なかった
学生のとき試験で弾いた 97小節で頭が真っ白 チ~ン トホホ
◆ふ: トホホって誰が言い出した?



◆: 幼少期 体の弱かった母が横になりながら聞いていた



◆: 中山七里先生の「さよならドビュッシー」でクラシックにはまった
北陸で公開収録切望 蟹でん(蟹のおでん)と鰤しゃぶでおもてなし



◆ふ: ニアピンはありませんでした。



当選者

◆: CDのなかった頃、転校してきたお嬢さんに(お店で) 何かおさがしですか? 今練習しているピアノ曲のいい演奏がないかな、と 亜麻色の乙女 ヴィレッジシンガーズ?(←い: アハハ、ワタシと同じ~) なんとバンクライバーンの新盤 お値段が高い テープに録って差し上げた ドビュッシーとの出会い



第331回「きらクラ!」ドンの出題

←い: ホルン? 聞いたことあるんだけどなぁ・・・
あれ?おふたりはわかったみたい。 ワタシはわからないみたい



正解曲

<きらクラDON正解曲>
「“ベルガマスク組曲”から“メヌエット”」 ドビュッシー作曲
(4分15秒)
(ピアノ)チョ・ソンジン
<Deutsche Grammophon UCCG-1779>




◆: 真理さんに質問 楽器選択の最終決定は演奏者?指揮者?音楽監督?
●ま: 間違いなく指揮者
配置に関しても
◆ふ: 映画監督に近い 全権を握ってる いや映画監督より凄いかも 編集権は持ってない(ことがある)




◆: 図々しいお願い さだまさしさんの「関白失脚」の中間 教えて
◆ふ: グリーグ(ピアノ協奏曲)




◆: 11月17日のニアピンの曲名忘れた リクエスト ↓

「協奏曲第1番 ト短調~ソロ・バイオリンのための~ から第1楽章」
ヴィヴァルディ作曲

(4分21秒)
(バイオリン)フェデリーコ・グリエルモ
(管弦楽)イタリア合奏団
<DENON COCO-78974>




♪始まりはクラシック はじクラ♪

←い: 略っす。

「ユモレスク」 ドボルザーク作曲、ジャック・ホワイト編曲
(3分13秒)
(歌)ジャック・ホワイト
<SONY SICP-31143>




「前奏曲 作品23第2 変ロ長調」 ラフマニノフ作曲
(3分29秒)
(ピアノ)反田恭平
<DENON COCQ-85458>




◆: 超絶好きな反田恭平さんのオフィシャルサイトでマジですかぁ~
◆ふ: ということで、沖縄で公開収録
←い: やっと ↓ の案内でした。(画像クリックで応募ページへ)


   koukaiokinawa200126.jpg



(こちら↑では出演者が反田さんほかってなってるけど放送では、砂川涼子(すなかわりょうこ)さんの名前も出てました)

「歌劇“ラ・ボエーム”から“愛らしい乙女よ”」プッチーニ作曲
(3分51秒)
(ソプラノ)砂川涼子
(テノール)村上敏明
(ピアノ)渡辺まどか
<JAPAN OPERA TKCA-74146>




強化月間 (←い: なのかな?曲がかかった後でふかわさんが来週も、って言うてはったから。まぁ投稿文に是非強化って書いてあったみたいだからそうなんでしょう しかし21分って・・・・・・)

「バイオリン・ソナタ ト長調 から 第1楽章、第3楽章」ルクー作曲
(21分11秒)
(バイオリン)アルテュール・グリュミオー
(ピアノ)ディノラ・ヴァルシ
<PHILIPS PHCP-24071>




第171回 BGM選手権~♪

◆: ① コーヒーの木さん

「タンゴ 作品165第2(抜粋)」アルベニス作曲、クライスラー編曲
(バイオリン)川畠成道
(ピアノ)寺嶋陸也
<ビクター VICC-60797>



◆: ② 賀茂川ぶらってさん(←い:って聞こえた)

「ゴールトベルク変奏曲 BWV988 から アリア(抜粋)」バッハ作曲
(チェンバロ)アンソニー・ニューマン
<SONY SICC 2107>



◆: ③ 糖質大好きさん

「ピアノ五重奏曲 イ長調 “ます” から 第4楽章(抜粋)」シューベルト作曲
(演奏)ボザール・トリオ
(ビオラ)サミュエル・ローデス
(コントラバス)ゲオルク・ヘルトナゲル
<PHILIPS PHCP-9343>


で、ベストは、①

おふたり: (お茶漬け3杯)御馳走さまでした




勝手に名付け親の出題

「ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64第2」 ショパン作曲
(3分26秒)
(ピアノ)ウラディーミル・アシュケナージ
<ポリドール POCL-5024>

←い: あんれまぁ、ですなぁ






真理さんの今日かけたい曲

「ピアノ協奏曲 嬰ハ短調 から 第2楽章」 プーランク作曲
(5分20秒)
(ピアノ)アレクサンドル・タロー
(管弦楽)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)ヤニック・ネゼ・セガン
<Lpo LPO0108>

●ま: 読響にソリストとして来てくださって協演 この番組でかかっていたので物凄く楽しみにしていた タローさんという名前からのイメージとは全然違いお洒落
←い: アハハ、聞いて想像した曲と楽譜が違う話~???




◆: パユさまの演奏を聞いた リクエスト ↓

「ハバネラ形式の小品」 ラヴェル作曲
(3分08秒)
(フルート)エマニュエル・パユ
(ハープ)安楽真理子
<EMI TOCE-55576>

「チャールダーシュ」 モンティ作曲
(4分21秒)
(フルート)エマニュエル・パユ
(ハープ)安楽真理子
<EMI TOCE-55576>




エンディング

◆ふ: 好きな沖縄料理はなんですか?
●ま: デュルテン
◆ふ: & ←い: なにそれ!?
◆ふ: ミミガー (←い: あと沖縄のラーメンの話とかしてはりました)



◆ふ: 来週はワルツ祭り ワルツということばがタイトルになくても構いません
←い: そりゃそうやろ というか、実際はワルツでなくてもワルツがタイトルに入っているものでも構いません、の方がオモロイのに~(変?てかあるんかな・・・?)




エンディングのラジネ紹介

←い: 朝だ朝だよおでこが眩しいさん(ワタシ)が読まれ、山好きかっちゃんさんも。 またアヴェックで登場させていただきました おめでとうございま~す!(ふたりに?)





ではでは。 ♪ banneretomo.gif





[ 2019/12/06 05時05分05秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)