[ 605 ]  外遊録?(その10)- 香港(後編) -

 
前回の記事からまたちょい日にちが空きましたな。


今、香港がもめてますけど、この記事内容は、当時まだ英国領で、

中国に返還される前年。(確か)

尤も、そんなこととは全然関係ない記事内容だけどね。


さて、確か香港へは、向かいの大陸の深セン(王に川と書くけど変換されない)への出張の帰りに一泊したのです。

香港入りしたのは夜で、一応夜景なんぞを楽しんだ後、香港の夜を・・・

と思ったけど、なんしろ疲れてたのと、なんというか雑多な雰囲気に付いていけないというか、

で、徘徊もそこそこにホテルへ戻ってお寝んね。


狭い部屋でした。

日本のビジネスホテルよりちょい広いぐらい。

それでいて、ルームチャージは1.5倍ぐらいした。確か・・・

東京は物価が高い、って言うけど、香港も同等でしたよ。

日本人だからかな・・・?


ま、それはトモカク。

翌朝は、昼過ぎのフライトで帰国するんで、大急ぎで身支度して、街を徘徊。

今はどこに泊まったのか忘れちゃったけど、港に出て、繁華街を通って、

なにやら怪しげな雑居ビルに入って、そこは、小さなお店が一杯あるようなところ、


で、お土産品買おうと、財布を出して・・・・・・


と思ったら、


あれ? 財布がない!

え? あれ?

確か・・・・・・



で、記憶を辿る・・・・・・


今朝、ホテルを出るときに、

     ホンコンは物騒なとこやから、身につけるもんは最小限にしよう。

と思って、財布の中から銀行カードやら家の鍵やら名刺やら、は全部出して、

クレジットカードと現金だけにしたのは覚えてる。

ほんでもって、部下と(部下ひとりとの出張だったのです)約束してた時間にロビーに降りて、

     おはよう あれ、お前、そんな、お尻に財布入れてたら、

     どうぞ取ってください、って言うてるようなもんやぞ

と言ったのは覚えてる。

     いーともさんはどうするんですかぁ?
 
     オレは、ズボンの横の深いポケットに入れてるから大丈夫

って胸張ったのは覚えてる。確かにあの時にはあった・・・ということは・・・


ふたりでホテルを出て、港へ向かったときに、部下がお土産の小物を買う、ってんで見てたときに、

念の為にポケットを触ってみたけど、確かにあった・・・ということは・・・・・・

で、繁華街でも、なにも買わずに、ポケットに手を入れたりしてたから確かにあった・・・


ん? そういえば、交差点渡るとき、人がごった返してて。

ずらぁっと並んでるタクシーがいたな。

その先頭の運転手と目が合った途端に、

なんか、人が渡りきるのを待てないように、その運ちゃん突っ込んで来たな。

あやうくぶつかりそうになったんで、一瞬身を引いて、

     おらぁ、信号無視するんじゃねぇ、危ねぇだろが、

って感じで睨みつけてやったけど、そ知らぬ顔で、

すっとバックして、信号が変わると何事もなかったように走って行ったけど・・・


ホテルへ戻って、従業員にクレジットカード会社の電話番号を調べてもらって

使用ストップを伝えて切ると、

     どこでなくしたんですか?

って。で、

     わからんのよ。ただ、タクシーが

ってさっきの様子を話すと。

複数の従業員さんが

     それだね。

って。え?

     お客さんの後ろを歩いてるやつとグルです。

     人の列に突っ込む。普通人はよける。前に突っ込んできたら、あとずさりする。

     その瞬間にポケットから、ありがとうございます、って抜く。

     人は、後ろへ身を引いてるから、財布を後ろへ抜かれても気付かない。

     プロだね。

って。



部下が、お尻のポケットから財布出して、

     ボクのは無事なんで、お金貸しましょか?

目が輝いてる、というか勝ち誇ってる、というか・・・

     大丈夫大丈夫。 こういうこともあるかと思て、

     ちょっとしか入れてないし、部屋にほとんど置いてるから

って、言ったけど、財布には5、6万入ってたのよね・・・部屋にもそのぐらいあったけど・・・


情けなかぁ。

朝の部下への注意はなんだったんだろ・・・


落ち込んでる間もなく、帰国のためにタクシーで空港へ。

そうだそうだ、盗難届け出しておこう。カードは止めたけどシャクにさわるし。

で、ポリボックスに行って、事情を説明すると。

紛失届け、みたいな用紙を渡された。

     ちゃうちゃう、盗まれたの。すられたの。

と言っても、

     これでいいの。

って言うんで、なんで?ってちょっと怒りをこめた顔したら。

     じゃ、証明できるか? 証明できなきゃ、アンタが失くしたってことだ。

って言われて・・・ギャフン・・・確かに・・・


二度目の落ち込み 

横でニヤニヤしてる部下・・・



あれ以来ホンコンへは行ってません!



ではでは。


[ 2014/10/19 05時05分24秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今7件)

[ 595 ]  外遊録?(その9)- ヨーロッパの香りする港 -

 
徳島も海外?だけど、ちょっと遠い海外の話。

(海の向こう、ね)


香港には何回か行ったんだけど、変換、じゃない返還前の話。

1967年だと思ってたけど1997年だったか、という曖昧な記憶。

てか、あんた、1967年ってまだ13歳やがな、です・・・

ま、なんにしろ、確かその前年、つまり1996年に行ったような記憶が。


いずれにしても、もうはるか昔でんな。


綺麗な街や港も、変わっていくのかなぁ、と思ったのを覚えてます。

現地の人も、

     全然喜ばしくない! 共産党に支配されるのはわかってること!

     富裕層は海外へ退避していってる。

と嘆いてました。

中国という国は、100年先を見ながら行動してる、って「沈黙の艦隊」で見たのかな?
(マンガに影響され易い性格・・・)

まさに、

     数年先なんて関係ない。数年は、今のままを維持できるだろうけど、

     10年も経ったら、中国に併合される! 自由がなくなる、

って言ってましたな。

10年以上もっただけでもいいのかしらん・・・

20年近くになるけど、このまま中国に併呑されるのか、かろうじて今のまま行けるのか、

まずは注目したいと思います。


  <6:10追記、というか修正>
     ↑↓断定的に書いちゃったから誤解を招くかも、と思い、書き換えましたぁ。


しかし、英国に植民地化されたところに自由(あるいは民主主義、に近いもの?)があって、

その植民地化から開放されたら自由(民意?)が束縛されるようになる、束縛されるかも知れない、

という、なんとも皮肉な展開、には、やっぱり歴史の難しさ?を感じますな。



あの・・・突然、話がかわりますけど、



どうでもいいけど、国会の答弁とか所信表明への質問とか、ってなんであんなに効率悪いんでしょうか。
てか、形式的なばっか、という印象。

そろそろ、国会運営の方法自体を変えよう、という行動があってもいいと思うんだけど・・・

議長が名指しして、ま、それはいいにしても、

なんでイチイチマイクのところに歩いて出てくるの?

各自マイク持っときゃいいじゃん、時間の無駄。

原稿読むんならマスコミにも配っておいて、なんなら明日の国会答弁の原稿とか、

前日のニュースとか、それこそWEBで公開しておけばいい。

そしたら、国民も内容を良く理解できるし、原稿にない、本当の議論にも集中できる、と思う。

マスコミに配るのがいやなら、国会とかいうHPを作ってそこに掲載すれば?

などなど。


あ、それと、北朝鮮と交渉してきた人。

すんません、ワタシが上司なら、

     お前ら、ガキの使いか!

って一喝しますけど・・・


既に、引き締めを緩和した手前もあるけど(ワタシだったらあちらの出方を見て結果が出てからするのに、政府はなんか知らんがいきなりやっちゃったね)、

     なんでこっちからあっちへ行かなアカンネン!

     なめられたらイカンゼヨ!

って。


被害者が、なんで加害者のとこへ行く必要があるの? 素朴な疑問・・・


ではでは、と書きかけて、


あれ? ワタシが香港記事で書こうとしてたことを忘れてたぁ、と気付いたよ。

続きは次回ということで。


ではでは。


[ 2014/10/09 05時05分49秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今13件)

[ 574 ]  いーとも の 外遊録 なんちゃって?・・(その8)

 
明日書くつもり、って書いて・・・早や! あれから二ヶ月とは行かないまでも8週間も経ってるよ!


いえね、スコットランドが独立するかも、ってんで思い出したの、

そう言えばグラスゴーの記事書いてないな、と。


 ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ 


で、続きね。




えっと、朝9時に現れた見知らぬ人の車にふたりは乗りまして、

その後、




実は、




ほとんどな~んにも覚えてないのです。



どっか、いろいろ連れて行ってくれたような・・・


昔の造船所跡とか、博物館とか・・・

セピア色の写真のように、脳裏にちょこちょこ出てはくるんだけど・・・


ただ、はっきり覚えてるのが、


こちら。



そうでっす、スコッチ(ウィスキー)の蒸留所。



見学させてくれて、大っきな樽の前で試飲させてもらって、おかわりして、


ほんでもって、なんか記念撮影みたいなのもしてもらって、

   写真できたら送ってね、

とかなんとか冗談を言って、

当時はデジカメなんてなかったし、当然、焼いて、航空便で送ってもらう、

なんて面倒なことしてくれるわけないよね。

というか、酔っ払ってましたからねぇ、適当なもんです。


そして、ボトル1本お土産にもらって、ホクホク顔でそこを後にした。



で、夕方の黄昏時、確か、公孫樹の葉っぱが舞ってたように思う。


ふと車の窓越し、遠くに石垣みたいなのが見えるので、例のおっちゃんに、


   なにあれ?

と聞くと、


   あぁ、あれはエディンバラ城

   え! あの有名な? 今から行ける?

   え? 行きたかったの? もう4時過ぎてるから今日は閉まってるね。



   おりゃぁ!造船所なんかえぇから、そっちへ連れて行けよ!


って日本語でぼそり、と言ったら、すまなさそうにしてた・・・


明くる日は午後の便でロンドンへ移動。


で、エディンバラ城へは行けず・・・・・・悔いが残ってます。



ちゃんと旅行へ行くときには下調べをして行かないとね。

ん? 出張だったか・・・

でも仕事でもね。やっぱりね、相手国の文化を知ることはとぉっても大事なことよ。

ということで、それ以来、

外国へ出張するときは、ちょっと下調べして、時間があれば観光してみることにしました。



ではでは ・・・・・・・・・ なんだけど ・・・・・・・・・ 後日談。


帰国後、一ヶ月ぐらいしてからかなぁ。



職場で上司に呼ばれました。


なんだろな、と行ってみると、


   今、スコットランドから送られて来た書類の中にこんなんが入っとった。

と言って、現地の新聞を。


   げげげ! 


なんと一面にでかでかと、

満面の笑みを浮かべてグラス片手に乾杯のポーズ取ってる、オイラと相棒が!



   オマエラ、何しに行ってきたんじゃぁ! (ピカドン雷  )

その上司、酒飲めないの・・・


で、


それ以来、海外出張で昼間にアルコールを飲むときには写真は撮らないことにしましたぁ。





え? 飲まなきゃいいだろ! って?


そりゃそうだけど・・・・・・



ではでは。


[ 2014/09/19 05時05分22秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今7件)

[ 449 ]  いーとも の 外遊録(6) <番外>なんちゃってぇ?

 
こちらの記事(最近来てくださる)を拝見して思い出したので。



いつだったのか・・・どこへの出張だったのか・・・忘れた・・・けど、かれこれ20年以上前と思う。



成田空港で、海外出張から帰って、

   今、空港着いたよぉ、何時何分のバスやから何時頃着くねぇ

って関西弁で電話してたら、右横で東北弁のお嬢さんが

   今着いたっぺ ダイジョブだぁ

みたいなこと言ってる。(東北弁って知らないから適当・・・)

当時(今では少なくなった)緑の公衆電話ね。

で、その子、

   あぁもうカードがなくなるから、きれるっぺ 切れたら終わる、あ、いつ着くかぁ あ!

って見るとカードの度数が、カチッカチッって減っていく。

なんかカウントダウン、あと数秒、みたいな。

   あ、切れるべ

ってときに、ワタシは、手元にあった新品のカードを挿入口に押し込んだ。

彼女が使ってる電話ね。


   はれ?

きょとんとしてる。

   いや、今カードが

ってワケワカラン説明し始めたんで、ワタシは、ちょっと小首を傾げて、じゃね、って感じで去りました。






もうちょっと綺麗な彼女なら、恐らく・・・話しが終わるまで待って・・・で・・・ちょっと話して・・・

って、また妄想がぁ・・・


あ、テレカを入れたのは事実です。

で、彼女の会話が続いたのも事実です。

それからそれから、首を傾げて去ったのも事実です。

ん??? 邪まな気持ちがあったのも事実・・・・・・・・・ちゃう!


普通に、なんか、困ってる人がいると、なぜか、瞬間的に自分の今できることは? って考えて行動してしまうのです!

目の前の今! 永い目じゃなくて・・・

これっていわゆる短絡的ってやつでして・・・経営的には向かないのです・・・

なんでこんな話題になるんだろ・・・・・・って自分で自分がワカラン・・・


あ、あの時入れたテレカ、500円だったような・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・オイオイ!


なかなかホノボノした話題でしょ?
なかなか受けそうな記事だぜ!?  ←  ヒトリゴト!!!


ま、簡単に言うと、人のいいオッサンを演じただけなんだけど・・・・・・セイカク・・・・・(^^;;;;;;;;;;) ← これって虫みたい・・・






ではでは。


[ 2014/05/21 05時05分26秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今7件)

[ 424 ]  いーとも の 外遊録 なんちゃって?・・(5)

 
昨日の記事では続きはいつになるやらわからん、みたいなこと書いたんだけど、

ある事情で連続アップです。ナハハ。


今回はノルウェーです。

でも、こちらの記事で北方のドライブ?をスライドショーで紹介しましたけど、今回はまったく違います。

首都オスロへ泊まったときのこと。


翌朝、ホテルのロビーで集合。メンバーは3人。

お迎えの車を待ってるとき、ちょっと時間があったので、ロビーのソファーに座ってしばしボ~~~っとしてたら、

ホテル奥から、3人のグループが横並びで、いかにもリラックスした様子のスローペースで、談笑しながらやってくる。

真ん中の一人は、小柄で、小銭をチャラチャラさせながら、右手から左手に移したり、逆に戻したりしてる。

で、おっと、という感じで数枚落としちゃった。

チャリ~~~ン、って音に、みんなが注目。

まぁ、偶然にも、ワタシたち3人が囲んでいるテーブルの横にも転がって来て、慌ててその落とした人が拾いに来た。

スンマセン、って感じ。

ワタシらはニコニコして、ドモドモって感じ。


で、落としたその小柄な人は、戻るのかな、と思ったら、なんか仲間と、数が足りないみたいなことを言ってて、

また今度はテーブルの下とか探し出した。

おやおや、って見守るワタシ達。

でしばらくさがした後、どうやら見つからないので、小銭だし、まいっか、ってあきらめたようで、ゆっくりまた談笑しならが去って行った。


で、しばらくするとお迎えが。

おっはよぉ~~~ 遠路はるばるご苦労さん!

って感じでニコニコ、握手握手。

で、さて、出発しますか、ってときに、後ろで声が。


あれ? カバンがない。


しまった!

ワタシャ、即ピン!

ワタシは、特に海外に居るときには、絶対カバンを脇に置かないのです。(日本でも癖でそんな感じ)
必ず、両足で挟むか、両足と椅子の間に挟み込むんだけど、

彼らふたりは、椅子の脇に置いたので、おい、大丈夫か?って一瞬気になってたんです。
でもここは北欧。治安もいいし、事件も少ない、ましてやここは立派なホテル。まいっか、って思ったのが甘かった。
やられた、と、瞬時に思いました。

案の定。ふたりとも、きょろきょろしながら探してるけど

時、既に遅し。

さっきのチャリ~~~ンでした。


みんなの目を集めておいて、その隙に仲間がカバンを持って行っちゃう。

あぁあ、やられたね。


って、みんなショックでポカンとしてるんで、

パスポートは? 財布は? (飛行機の)チケットは? (クレジット)カードは?

って聞くと、

全部入ってた

ってんで、こりゃあかん

おい、今すぐ予定変更、大使館か領事館へ直行。それと銀行。
あ、それから、航空会社へ電話!
それと、ホテルの監視カメラの映像とか調べてもらわないと。
そぉだ、警察だね。

って、なんでオイラが指示出してんねん! と思いながらも、そこは性格。



はい、ということで、

昨日の記事の額田ハニーさんのコメで、
置き引き、って鋭く突っこまれたので、早々に、
ありゃま、のネタばれ記事にしましたぁ!


え? その後? はい、カバンは出て来ました。仕事の書類以外はすべてなかったけどね。

カバン、どこにあったと思います?

関西で言うところの、マクド。 関東では、マックだね。

テーブルの下に、放ってあったそうです。

北欧の、日本から20時間もかけてやってきた綺麗な街で、パスポートとかお金とか全部盗まれて、マクドという響きも異様に感じたけど、
どこも油断はならねぇな、というお話しでした。

あ、その晩食べた、北海ネタ(というのかな?)の寿司はめっちゃ旨かった、です。ワタシだけかな・・・?

あ、それとそれと、大使館だったか領事館だったか忘れたけど、普通に日本人がいる、というのはとっても心強かったです。
いざというとき、やっぱり同国人は頼りになります。
仮のパスポートってので無事帰国できました。 最後の最後まで落ち込んでたけど・・・そのふたり・・・・・・

いやぁ、面白い経験を味わわせていただき感謝! → おふたりさん!



さぁて、次はどうすっかなぁ。 一足飛びに香港での話題にしますか。ただいつになるかワカンナイけど・・・

ではでは。


[ 2014/04/25 05時05分23秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今5件)

[ 421 ]  いーとも の 外遊録 なんちゃって?・・(4)


ゆめさんのコメで思い出したので番外的に。

ある友人の話です。(一応念の為、もいちど、友人の話です。ワタシではありません!)


イギリスからシンガポールに寄って日本に帰るという道程。

シンガポールの仕事を終えたら久しぶりの日本、約一ヶ月振りで合う家族。

を思い浮かべながら、ちょっとハイになってた、って本人は言ってました。


で、シンガポール空港、到着ロビーで、

ハ~イ、ともいーさん!(仮名・・・って言わなくてもわかるか・・・)

って、声をかけられて、

あれ?迎えを寄越してくれたのかな?と思って、ニコニコしながら握手。

ロンドンはどうでしたか? 飛行機は快適でした?

って日本語で(ま、片言って感じだけど)言うので、そこそことか適当に答えつつ車へ。


いやぁ、助かります。(雨が降ってたし)

助手席にいたアシスタントみたいな人もニコニコ。

で、席に腰をうずめて、ほっとした。

会話も弾む、

どうして迎えに来たの? いつもタクシーで行くのに。

上司の指示です。

あら、そう、ゆぅめんさんの?

はい、ゆぅめんさんが是非と、

そう、でも不思議だね、そんなことヒトコトも言ったことない人だけど。

ヒトコト?

あ、難しい日本語はわからないね。


などという他愛ない会話をしながら、ともいー君は、ちょっと旅の疲れと時差のこともあってウトウト。


はっと、気付いて、

あれ? まだ着かないね。 あれ? ここはどの辺り?

あぁ、なんか道路工事してるんで遠回りしてます。
(これ英語)

あ、そう。 


で、また一眠り。


で、まどろむ瞼をこじ開けたり、その重みに負けたりしながらしばし、多分20分ぐらいだったと思う、との本人言。



あれ? まだ着かないね。

と言っても無言・・・


あれ? 暗くね? え? ここどこ? どいうこと? え? ひょっとして?

という心の声と共に、声を出したのが、

あのぉ、なんか違う方向へ向かってます?

でも返事は無言。

あたりは真っ暗。シンガポール市街に向かうはずが、その華やかな明かりはどこへやら。
森?林? 暗闇の中にうっすらと下から街の明かりで照らされてる、みたいな山中・・・


これって・・・ヤバイかも・・・



って思った一時間後。







彼はパンツ一丁で、山の中のとある家に助けを求め、保護されました。



Help me としか言えなかったそうです。(ブルブル震えながら・・・)



命があっただけ、儲っけもん!って今でこそ笑いながら言ってますが、

すんません、お下品ですけど、

ションベンちびりそうやった、

って言ってました。


お前、その話、作ってるやろ!

って、ワタシ。

あほ、なに言うてんねん、あの恐さは忘れられん!
暑いシンガポールで、メッチャ寒い思いしたんやぞぉ~~ 

って真顔で言うてました。


みなさん、犯罪者はあの手この手で嵌めてきますからね、ご注意を。

(あ、シンガポールをたまたま上げましたけど、彼の国は、治安はいいほうですよぉ。
 むしろ、これだけで済んだだけ良かったんでしょ。他の国・・・もっと治安が悪い国だったら・・・
 おぉ、考えただけで恐ろしい!)


え? なんでって疑問が?
ですよねぇ。

なんで彼らは ともいー の名前を知ってるの?

なんでロンドン帰りだって知ってるの?

なんで ともいーさんは 相手を確認しなかったの?

そもそも、なんで彼らは、 ともいー さんをカモ(獲物)に選んだの?

などなど・・・



海外ではねぇ。よくあることなんですよねぇ。

要するに、自分の身は自分で守る、ってのが基本ってことですねぇ。


ではでは。
(え? 答えになってない? はぁ、ご自分でお考えくださいな。投げやり!? オイラの性格です!・・・・・・)


あ、それから、似たような経験というか、海外ではご注意を、というネタで、次回も(いつになるかわからんですが)書いてみようと思います。


ではでは、ではでは。



[ 2014/04/24 05時05分45秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 387 ]  ワタシの兄弟


姉と弟がいます。

姉は精神的病いで、毎週ご主人付き添いで病院へ通ってます。

弟は海外で会社やってます。
というとカッコいいけど、日本に居られなくなって脱出したのです。
(あ、逃亡ではありません・・・)

姉からは妙なメールが時々どばっと来ます。

弟からは近況報告ということで、円安で苦しいとか愚痴と、面白くもなんともない、こちとらにとってはチンプンカンプンな仕事内容などを羅列した長~いメールが、時々来ます。


そして、オフクロが日曜に警察に保護されました。


この三つが一辺に重なったのは初めてです。(まだ尾を引いてます・・・)


で、今日は雨・・・ブルーというかなんというか・・・




名付ける気が起こりません。

「連続憂鬱出来事」 とでもしようかな・・・?




えっと、これは記事なんだろか、ツブヤキなんだろかヒトリゴトなんだろか・・・

やっぱ愚痴ですな、スルーしてくださぁい・・・


ではでは。


[ 2014/03/26 11時42分16秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今13件)

[ 383 ]  いーとも の 外遊録 なんちゃって・・(2)


 
まぁえっらい古い記事の続きですんません。


シンガポールへ行ったときのことです。

ホテルから出てブラブラ散歩してたら、あれまこんなとこにもセブンイレブンが、

って入って、興味本位でウロウロしてたら、

「日本のビールはイマイチだよねぇ」

「アタシは、ハイネケンかなぁ」

なんて、会話が耳に入ってきたの、後ろから。

ただ、その声が余りにも若い、お嬢様、って感じなのね。


で、振り返ってびっくり!



どうみても

小学生!

シンガポールの日本人学校に通ってる小学生!? あ、しかも女の子の集団!



で、言われました。



「なんか、あのオジサン、アタイラを睨んでるよぉ!」

でもそう言いながらも、普通にレジに並んで買って帰りました。


はい、オジサンは開いた口が、開いたままで見送りました・・・


   ○△□、大事にしぃやぁ 


どころではありません。


なんせ、普通の女の子、しかも小学生・・・

呆気に取られるってのを、シンガポールで経験するとは・・・


ま、20年ぐらい前の話ですけどね。


売る方も売る方だけど、親御さんたちは知ってるんだろか、いや、それどころではないぐらい忙しいんだろな、シンガポールだもんな、

とか、いろいろ、あとで思ったものです。あのシーン、小学生たちがアタシを睨む(逆か?)、は今だに忘れられません。


こないだの記事でこのシーンを思い出したのです。


という外遊録でしたぁ・・・

次回は、いつになるかわかんないけどロンドンへ行ったときの小話をば・・・

ではでは、

なんだけど、ついでに昨日のお昼シリーズ! 第なん話?


カレーパン!

      lunch9.jpg

ワタシの大好物のひとつ!


だけど、こっちに来てやっと巡り合えたのです!


揚げパンがいやで、特に、なんでカレーパンを揚げるんだ、って悶々と過ごした幾数十年!


やっと出ました! 焼きカレーパン!
(実際には、1年以上前から出てます・・・時々食べてます)

昨日は、内緒さんへの返コメ書きながら頬張ってました!


これをいくつか買って、横浜へ戻ると、孫や息子が、あっと言う間に、ぺろっと食べちゃうの!


なので、お土産は551の肉まんと、白いチーズロールと、ときに御座候(ござそうろう)と、コレ!

あ、このカレーパン、神戸コープのオリジナルみたいです。

むっふっふぅ!(ドヤ顔・・・いえ、別にオイラがドヤ顔することではないけど・・・)


あ、お値段は、通常は128円なんだけど、なぜか突然98円になったりするのです。

そこが狙い目! あ、めっちゃ庶民的倹約家です・・・アタシといーとも家・・・

今更いわでもがな・・・?


それと、話は変りますが、いかなご・・・やっぱり半値になりました。

      ikanago4.jpg

だけど、今年はちょっと早いような・・・

今年は漁が少ない、って言ってたから、

   少量→ニーズは変らず→値段は維持か高騰

と思ってたら

   少量→今年は無理して作ることないか→ニーズ減少→早期値崩れ???

ということですかね。人の心理はわからんもんんです。どだい予想するのが無理か・・・


ではでは。


[ 2014/03/23 05時05分50秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今9件)

[ 333 ]  いーとも の 外遊録 なんちゃって・・



昨夕、近くのスーパーで、ポイントになる単位の買い物額はぁ、なんて主婦もどきで、
だけど主婦ではあり得ない、お酒売り場の前で考えてたら、

後ろで、かわゆい声が・・・


   そやなぁ、ワタシは○生でえぇわ。


は?っと思って反射的に振り返ったら、数人の若い女の子が。

どう見ても、高校成り立てか、ひょっとしたら中学生か。


で、ワタシ。


   ン? キミタチガノムノカナ?


って、顎を引きながらちょっと斜に構えて、がちがちの関東弁。


すると、その5、6人の女の子たちが一瞬固まった感じで、

○生がいいわ、って言った子が、おずおずと 首を縦にこっくり。


だけど、その横の、大きな子、リーダーなのかな? グラサンしてる子は横にゆっくり首を振った。


で、ワタシは苦笑しながら



   ○△□、大事にしぃやぁ



すると、そのリーダーみたいなのが、


   ありがとうございます。

ってすかさず言うの。(慣れてる)


おじ(ぃ)さんはこれ以上言えません。同じ世代のときのことを考えると・・・

で、退散しました。



さてここで問題。


ワタシが言った○△□の箇所、なんと言ったでしょう・・・?























ヒント:ひらがな3文字です。簡単だね!



ではでは。
(ん? なにが外遊録だって? なはは、続きはいつあるかわからん次回ね。
 ん? この方式だと、一回のネタで記事ふたつ書けるな?)
[ 2014/02/07 05時05分33秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今9件)

[ 192 ]  [番外]納涼なんてもんじゃないアエロ (2)

 
続き、ね。


真冬のモスクワ経由ロンドン行きの途中、モスクワ空港で一杯飲んでぼったくられたワタシ。

そんなことより、社会主義のイヤな感じから早く逃れたくて、飛行機になんとか戻ったワタシ。

だけど、着席してシートベルトもちゃんと締めて、みんな席に戻ってるのになかなか動き出さない飛行機。


だんだんイライラしだした乗客。



という状況で・・・・・・



さて、その続きです。


ワタシの席は、飛行機のやや後ろ左寄りの通路側、翼のエンジンのお尻が見えるような位置。

確か、横に3席、通路、中央4席、通路、向こうに3席だったと思う。だから結構な人が乗っていた。


なんか太ったスチュワーデスが、前方で外の人としゃべってるな、と思ったら、


なんと


兵隊みたいな人たちがどやどやと入って来た。怖~い顔した人たちが・・・ライフルみたいなのをかついで・・・

こんな格好した人(空港警察なんだろけど、格好は完全に兵隊)

      russianarmy1.jpg


イメージとしてはこんな感じ。

      russianarmy2.jpg


こんな感じでこっちに迫ってくるんですわ。(写真は適当なのがなかったのでちょっと場違いかも・・・)


ドカドカ、と機内奥まで。

そうねぇ、5、6人いたかな。


でもって一旦退散したと思ったら、ちょっと経って、今度はさっきの上官みたいな人がひとり入ってきて、

床をひっぺ返した。

そしてなんか外に向かって言ったと思ったら、兵隊さんたち、またどかどかと入ってきて、次々と床をひっぺ返す!

乗客? みんな足をイスに上げて、男も女も関係なしよ。

そいで全部はがし終えたんだろね。なんか兵隊の代表さんみたいなのが多分、

「いません」

ってでっかい声で、報告したんだろ。今度は元に戻しだして、

バタバタバタって。


戻し終わったら、さぁ~って潮が引くように兵隊さんたち出て行った。









あとは静寂・・・








それからどのぐらい経ったかしらん。4~5分? 長かったこと。 み~んな、体が強張ってましたな。









そしたら、なんと





まいりました。





ひとりのメガネをかけたオッサンがペコペコしながらやってくる・・・






しかも、





「すんまへん、すんまへん、迷子になってもて」

って、関西弁。

なんで成田から関西人が乗ってるねん! って関西人のワタシは舌打ち。

そのオッサン、後ろの方の席へ。

(兵隊さんたち、この人を探してたんだね。みんな揃ってなかったわけだ・・・)



スチュワーデスさんが、ほっとしながら、口と顎を横に引っ張ったような顔してた・・・





いやぁ、あの時ほど、

 「この日本の恥ぃ、関西のオッサン!」

って思ったことはなかったね。




だけど・・・



そ、





一歩間違えば、オイラがそうなってたかも、なんだわさ。(おつりくれ、とか言ってたらね)



ってあとで気付いて、ゾクっ!!



だから、帰りの機内猛暑の不時着は、マジ背筋が寒かったのです。


機内はサウナ・・・だけど、背筋はゾク!

ってこの感じわかります?



  このままシベリアへ強制連行されて、収容所で強制労働させられるかも。

  で、極寒の中、耐えられず、永久凍土に倒れ臥し、絶命するんだ・・・・・・


  遺書は日本には届かないだろな。

  保険金は下りるのかな、ソヴィエト相手だったらスズメの涙だろな、


って考えたもんね。


あぁ恐かったぁ・・・


あれ以来、モスクワ経由便は拒否しました・・・・・・・・・お粗末・・・



ではでは。

 
[ 2013/10/09 05時05分21秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今12件)

[ 188 ]  [番外]納涼なんてもんじゃないアエロ (ちょっと季節はずれになっちゃったけど)

 
アロエジュースでも、ゆめさんのエアロでもでもなくて、アエロ。


アエロフロートっていう航空会社があります。

昔のソヴィエト(現ロシア)の国営会社です。


こちらの記事の一番下で、寒~い経験を紹介(投稿)したんですけど、

クラシックを離れると、この出張で人生一番寒~い、怖~い経験をしてます。


今回は、プロフィールの番外でこのことを記事にします。



初めての海外出張で緊張しながらもウキウキして成田から出国。

利用した航空会社がアエロフロート。

当時、ディスカウントでも10万円を超えていたヨーロッパ行きが確か6万円だったと思う。

会社もセコイ・・・

で、機内食にキャビアが出て、おぉ、さすが、とか言ってたのは良かったんだけど、

初めて一時着陸したモスクワ空港。(ロンドン行き)


夜ということもあるんだけど、照明が暗い。
(本を読めないくらい・・・)


当時のソヴィエトはペトルーシカ以前で、 ← ありゃま、ペレストロイカの間違いね、メンゴメンゴです。

経済は完全に冷え込んでて、統制経済、しかも末期とはいえ東西冷戦。


モスクワ空港は、ちょっとピリっとした緊張に包まれてる感じ。

だから、一旦機外に出された乗客は暗いロビーで待つしかなかったんだけど、

まだ若かった私は、冒険に。


薄暗い通路、いわゆる普通なら別のターミナルに移動する通路なんだけど、

薄暗いからお化けが出そうな、そんな雰囲気のところを歩いていると、遠くにぼぉっと明りが。


近づくにつれ、そこはバーだとわかったんだけど、今じゃ考えられないけど、なんとそこだけがほの明るくて、

周りはほぼ真っ暗。


数人の外人さんがカウンターに座ってチビリチビリやってました。

で、ワタシも真似して、スコッチを頼んだら、「そんなんあるわけねぇだろ」

みたいなこと言われて、強制的にウォッカのロックが出てきた。


なるほど、みんなこれを飲んでるわ。


棚にずら~っと飾ってある世界各国のボトルは、よく見ると全部カラ。


見掛け倒しかぁ、経済相当疲弊してるね、みたいに感じながら飲んでると、

何やら構内放送。


ロシア語だからさっぱわからんけど、時計を見ると、そろそろ行かなきゃならない時間。


いそいそと米ドルを出すと、ひったくるようにそれを取って、「ツリはねぇ」みたいなこと言う、筋骨隆々のバーテン。

こちらはひょろひょろの青二才、しかもコトバはわからん、飛行機にはハヨ戻らなあかん。



3ドルって書いてるけど10ドル紙幣しかなかったの。
(当時の単純価値で3千円ぐらいだね。
でも当時のソヴィエトは外貨がなくて困ってたから価値はそれ以上だったと思う)、


そりゃもう退散退散、つりどころじゃねぇよ、こんな暗いトコはよオサラバよ。

で、急ぎ飛行機に戻って、着席。



もうほとんど席は埋まってて、ほっと、胸を撫で下ろしました。確かあのとき満席だったと思う。




さぁ、あと数時間でロンドンだな、と思ってたら・・・




なかなか動かないのです、飛行機が。

みんなも、どしたのかな? って雰囲気。

機内放送は ナシ!

みんながジリジリしてきた頃・・・・・・





それからが怖かった~~




続きはまた次回ネ。

 
ではでは。


 
[ 2013/10/06 06時05分44秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今11件)

[ 123 ]  プロフィール(11)

 
さて、これで何回目の引越し?

魚住から西明石、向日、和歌山(2回)、横浜(2回)で、合計6回・・・向日で2階から1階に引っ越したのも入れると

合計7回かぁ・・・

だけど、このあと、さらに4回引っ越してますな。 ま、その話しはおいおいと、ということで。


とりあえず続きをば。


犬を飼うために買った家・・・横浜市青葉区。

娘は市立の高校から近くの大学へ。

息子は私立の中学で、和歌山から続けてたサッカーの有名な学校、に入れたのはいいんだけど

そのサッカーの入部テストの前にケガをして入れず・・・ちょっとふてくされて、

少しぐれて・・・って言ってもワタシに比べれば可愛いもんなんだけど、ゲーセンに行ったり、

授業さぼって釣りに行ったり、と、モンモンとした日々を送っていた。


で、サッカー部の二次選考があると聞いたら、

ピタっと生活改めて、ひとりで走ったりして練習しだした。


人間、目標があるのはいいことだ。


で、めでたく入部できてレギュラーにもなって、はいいんだけど、今度は親が大変。



肉を一杯食べろ、牛乳は毎日2リットルだ、体作りにいいプロテインはこれだ、

って、急にアスリートになっちゃったんで情報集めと、なんだかブロイラーを飼いだしたみたいに・・・

ま、これはちょっとしたブームで終わっちゃいましたけどね。食いたくないもの飲みたくないものを

無理矢理やっても長続きはしません。



そういう意味では、こっちの方が大変だった。


今週の練習試合は、大和だ、秦野だ、十日市場、はたまた御殿場(高速片道90キロ強)だって

送って行ったり、迎えに行ったり、送迎両方したり、はたまた応援に行ったり。



ま、その大変さは、神奈川県で優勝したんで一応は報われたけど。


で高校へスライド進学。




ここからまた微妙に・・・


高校では監督やコーチも代わり、転校してくるライバルもいて

レギュラーになれるかどうか微妙な立場に。

で、そんなときに、なんとワタシに名古屋に転勤の話しが・・・


続きはまた次回。


ではでは。

[ 2013/08/10 05時05分59秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今5件)

[ 96 ]  プロフィール(10) 「エルク」

 
今日は参院選、投票日なのね・・・って他人事(ヒトゴト)みたいですんません。

個人的にはイロイロ意見もありますが、ま、それはそれとして、



先日NHK総合のダーウィンがきた、で「へらじか」(エルク、ムース)をやってた。




サンタのトナカイさんだね。 ノルウェーではエルクって言ってた。(カナダではムースらしい)



で、ノルウェー行ったときのことを思い出したんで、(前回の放送でも話題に出たノルウェー)

ちょっとその時の写真を、番外的に紹介。(もう10年も前ですけどね)


首都オスロから北へ飛行機で2時間。

その後3時間のリアス式海岸ドライブ。写真はそのドライブ中に撮ったもの。

(あ、ドライブが目的ではなくて、当然ながら、仕事場へ向かうのがドライブしかない、ということです)



スライドショーになってますんで、自動で画像が切り替わっていきます。

こちらからどうぞ (約2分10秒)

BGM付けたかったんだけど、選手権で疲れた・・・どなたかいいのあります?













タイトルと写真の関係? 


まぁまぁ、細かいことは気にせずに・・・








って、ちょっとは関係あるんだけど、またおいおいと・・・・・


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


今日の「きらクラ」聴けるか、また微妙。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


おまけ

近所に   elk.jpg

季節はずれのトナカイさんと・・・・・・赤い服の○○○さん・・・暑っつぅ~!


ではでは。

[ 2013/07/21 05時05分26秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 65 ]  プロフィール(9)

 
NHK Eテレの悪口だけじゃいけませんな。

もう始まってるけど、「ハリウッド白熱教室」って番組。


見てません・・・



は?





だけど見たい!



作り手からのネタが一杯出てくるんじゃないだろか、「きらクラ」投稿の参考になりそう。

スタッフさんたちのご苦労と投稿者の対応と、いろいろ参考になるノウハウがあるんでないかなぁ・・・


というよりただ単純に、作り手からの視点ってのを知りたいよぉ~ という興味津々!

なんだけど ・・・ 寝てるし ・・・ ウチのテレビは録画できないし・・・
(ウチって、オフクロの家・・・昔のテレビ・・・でないとオフクロは操作できない・・・
 ワタシの部屋にはテレビはありません!)


NHKの番組はYouTubeには出てこないしなぁ・・・

まぁ、どなたか見てる方がいらっしゃったら、要点だけでも教えてほしいなぁ・・・

見たいなぁ、このシリーズ全部、見たいなぁ、こういう番組はwelcome!ですよNHKさん!

(続けてのプロフィール記事、実はこのことを書きたかったから・・・今夜放送あるしね)




ということで一応バランスを戻したということにして(ゴマスリスリ?)、本筋に戻ろう!



▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽


横浜緑区に引っ越して、ちょっと記憶が曖昧なんだけど、娘は高校進学、息子は中学進学、

と同時期だったと思うんだけど、犬を飼いたくなって・・・



家を買って引っ越した・・・。



ということは、ハイ!


犬のためにン千万のローンを組んで家を買ったと・・・・・・

ミックス(雑種)のただでもらった犬だけど、ン千万と引き換え・・・? すごいね。

だけど、あとから考えるとそれだけの価値はあったかも。

家族として・・・あ、すみません、ウチは猫ではなくて犬派です。

お泊り旅行とか、なんせ犬と一緒に行動してたから、まさに家族、それも手のかかる、

旅行のときなんか、一番弱い立場にいる(話せない、自分で意思表示できない)

ワンコ最優先でプラン組み、移動してましたからね。(もちろん宿は犬OKのところ)


一度ペットホテルに泊めて、オヤジの法事に一泊で行ったとき、引き取りに行ったら、

目が地面ばかり見て、オドオドして、その後、そのペットホテル方向へは一切散歩に行きたがらなくなって・・・

当然ながら、ペットホテルはそれっきりです。




10年ぐらい前に家族で箱根へ初詣へ行ったときの写真です。(初詣って雰囲気ではござんせんが)

      inhakone.jpg

↑スタイルが良くて、精悍で、カッキー! (あ、犬のことね・・・親バカ!)

(↑写真左上、奥に富士山が写ってます。このあと、雲が冠のようになって、すっげぇ光景を見ましたよ ↓ の写真)


死んじゃったときは、ちゃんとお寺で供養してもらいましたよ。今も骨壷が家にある・・・どうしていいかわからない、んですけどね。


ちょっと今日は短めで、続きは次回に。



   結構風が強くて、雲の移動速度も凄かったんだけど、一瞬、こういう光景に!
      inhakone2.jpg


ではでは。
[ 2013/06/21 05時05分19秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 64 ]  プロフィール(8)

 

転勤先は 三田


え? 東やないやん! 北やん!

って関西の人は思うわなぁ~

ところが、これ、さんだ ではなくて みた と読む。

昔?イノシシ鍋(ボタン鍋)で有名な 三田市(さんだし) ではありません。

関西では さんだ 関東では みた なわけね。


また余談だけど、関西では 町 を 普通に まち と読むことが多いと思うけど、関東(東京?)では、

ちょう と読むことの方が多いような・・・・・・

門前仲町 ← これ もんぜんなかまち ってのが普通のように思うけど(関西人は?ワタシは?)

もんぜんなかちょう!

あれ? だけど、京都に 先斗町 (ぽんとちょう) ってあるな,

大阪には上本町 (うえほんまち) ・・・あれあれ?

という余談は置いといて、


この三田(みた)って、かの有名な、勝海舟と西郷隆盛が会談し、江戸城無血明け渡しを決めた場所。

駅の近くに石碑もあるよ。

あれ? また横道に・・・?


三田(みた)は、JR山の手線の田町って言う駅からすぐ・・・あれ? これは たまち たちょう ではない!普通・・・

品川の次やね。羽田行きモノレールが出てる浜松町(これは はままつちょう) の手前、関西人から言うと、だけど。

関東人から言うと、品川の手前、浜松町の次 となるかな?



要するに東京だわさ!


で、引越し先は、勤務先よりちょっとでも関西に近いところ、つまり西より、をイロイロさがして、

結局、横浜市緑区に。


和歌山から、横浜の北の方に・・・和歌山で引越しのトラックを見送って、家族は車で夜の名神、東名を走って、

明け方、海老名SAで運転手のワタシ、仮眠。

で、当時は市ヶ尾インターってなかったので、東名横浜で降りて、引越し先に。

で、着いて、車降りようとしたら・・・・・・・・・娘が・・・


靴の片方ない!


って・・・ は?

あ、そういえば、海老名でなんか荷物整理してるときにドアの下に黒い靴が片方あったなぁ

あれ、あんたのやったん?

って、ワタシ

えぇ!? お父さんが整理する、いうて降ろしたんやんかぁ!

って娘・・・

今から取りに戻るわけにもいかず、


メンゴメンゴ って謝るしかない・・・ 娘はカンカン

で、息子は?

あれ? もう近所の子供と遊んでるよ。


そうじゃなくて こうすりゃいいんだよ そうそう 簡単じゃん!

って言いながら、ローラースケートで走って競争してる!


おいこら、関西弁でしゃべれ!(昨日まで和歌山弁やったやろがぁ~!)


そやのうて こうすりゃえぇんや そやそや 簡単やんけ!


やろがぁ、と思うワタシ・・・しかも娘と関西弁でやりとりしてる横で・・・


子供は、小さければ小さいほど環境に順応するのが早い!

そして、恐らくだけど、言語吸収も! と思います。


そういえば、小学校で英語が必須になるって?

なんのために? アメリカの属国化を仕上げるために?

あ、言っておきますけど、ワタシは右でも左でもありません、中性です・・・見てくれはどっちに見られてもオカシクない容姿ですが・・・


英語を修得したい人、あるいは修得させたい親は子供を、単に英語を話す国に放り込みゃいいのよ。(早いうちに)

そうすりゃ、イヤでも覚えますよ。

それと、いくら外国語を覚えても、ちゃんと日本語で自分のことや日本のことを語ることのできない人は、通用しませんから!

プラス相手の立場に立って物事を理解し、行動できないと通用しません!

言葉はあくまでもツール(道具)なんですからね!

だから、そういう意味では、日本語をもっときっちり教えろよ! 学べよ! (って大きな顔で言えませんが)


あと、明治以降の歴史もちゃんと教えろよ! ← あ、これ余談の余談




って、余談ついでに言うと、なんでNHKの語学番組ってあんなに日本語が多いんだ?文字が多いんだ?

ヒヤリングを鍛えるんだったら、聞くことと話すことに徹する! つまり、日本語の説明は最小限でいい。

文章を覚えるんだったら、聞くことと見ることと書くことに重きを置く。

でしょ!

横道のまま・・・次回に。(ちょっと長くなったよ)


ではでは。
[ 2013/06/20 05時03分50秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 63 ]  プロフィール(7)

 
随分間が空いちゃったけど、続きをば。


和歌山へ引っ越して、毎日通勤で使ってた、


一銭橋 (いっせんばし)


ちゃんとした名前があったんだけど忘れた。

昔、紀ノ川を渡るのに渡し舟で一銭だったそうで、そこに橋がかかって、そういう俗名がついたとか聞いたな。

一銭って今のお金で百円ぐらい?

その橋、今は広くなってるらしいけど、車1台が通る幅と狭い歩道で、車がかち合ったら真ん中で交差できるだけの

幅の広いところがあるんだけど、そこも車1台同士がすれ違うのがやっとこさ、という幅で、渡る前に、向こう岸を遠望して車が来てないか確認し、

来ていなければ橋に侵入してもいいんだけど、来ているようならその車が橋を渡りきるころを見計らって、後続がないことを確認して渡りださないと、

橋半ばまで行って、バックで引き返す羽目に・・・・・・川幅約100mだから50mぐらい!

毎朝、通勤時間帯になると、もう順番待ちで、向こうから1台来たら、次はこちらの1台ってな感じで、

イライラしながら通勤してましたな。


それはともかく、ここでの事件はなんといっても ハムスター!


家内がある日、突然咳をし出して、医者に行ったら喘息だと!

もう夜中でもヒィヒィって呼吸困難に・・・で、車に乗せて病院へ。

なんて生活が数ヶ月続いた後、


ある日の朝


飼ってたハムスターが死んでるのを発見



するとなんと、ホントに、マジで、その日から喘息がケロっと治っちゃった。

ほんとにケロっと、咳のひとつも出なくなっちゃったのよ・・・

当時はアレルギー検査なんてなかったから仕方ないけど、妻はハムスターアレルギーだったんだろな。


あ、そういえば、弟の娘が犬アレルギーだと診断されたそうな。

今まで犬を飼ってて、平気で接していたんだけど、小さい頃から体調が良くなかったのはそのセイだったそうな。

この頃では、ピーナツやら卵やらと、やたらとアレルギーが出てるみたいだけど昔からあったんだろか・・・?

現代病?


話しを戻すと、妻のアレルギーはともかく、通勤が大変なので、また引越し。

和歌浦ってところ。

ここは良かったよ。

海が近くて、海産物のうまいことうまいこと。

毎日市場に出かけたらその日に揚がった魚が売られてるんで、堪能しました。

しかも、春先から潮干狩りもやってて、この頃が一番楽しい生活だったかも。


息子は、毎日近くの池に行って、手づかみでザリガニとか獲って来るし、

ある日に白文鳥が舞い込んできて、そいつがオスだったんでメスを買ってきてツガイにして

子供を手乗り文鳥にしたり、と自然と生物と沢山接した、モチロン釣りにも行ったし、海水浴もしたし、

子供が成長する様を目の当たりに見ながら、日々楽しくしてました。


で、下の子が小学4年のときに、今度は東へ転勤!


続きはまた次回ね。


ではでは。

[ 2013/06/18 05時06分01秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 41 ]  プロフィール(6)


昨日の今日なんで、昨日の「きらクラ」のこと書こうかな、
と思ったけど、ちょっと興奮気味なのと、再放送もあるし
(NHKさんも再放送が終わってから番組表メンテしてるし・・・ってあんまり関係ないけど)

やっぱ明日にしよ!

ということで、プロフィールの続編をば。


 
ん ~~~~~~~~~~~~ と

お酒は、厳密に言うと小学生からかも・・・・・・

梅酒を親の目を盗んでグビグビやってたような・・・

当時、梅干も梅酒も普通に自宅で作ってたでしょ! 親も梅酒は体にいいから、とか言って黙認してたし・・・

ウチだけかな・・・?


そう言えば、梅酒の水割りはおいしくないんで、ロックで飲んでたような・・・

あの梅酒のビンの底に沈んだ梅の実・・・・・・あれをしゃぶるとうまくて、しかもいい気持ちになれて

最高! って小学生が言ってたよ・・・・・・ヤバイ!?

お酒の失敗談は一杯ありますが、一番の失敗は~~~~~ いつか記事にします。



えっと、話しを戻して、西明石から、今度は転勤で京都府向日市鶏冠井町に。

は? 鶏冠井町?

向日町競輪の近く・・・・・・って関係ないけど・・・



鶏冠井町



これなんと読むかというと、「かいでちょう」です。

近くにJRの当時、「神足」という駅があって、長岡京といい、古い歴史を感じるところだったんだけど、

そういえば、「神足」が今では「長岡京」になってますな。神足・・・好きだったんだけど・・・

あ、読み方は こうたり です。

阪急に長岡京市って駅があるんだから、なにもわざわざ紛らわしくしなくても、と思う・・・オトナのやることはわからん・・・?

ってまた脱線気味・・・



鶏冠井町では、一応ハイツってところで、その2階に。

で、2番目の子供ができて、こいつがやんちゃで、当時キョンシーってのがハヤってて、

男の子なのに2歳になる前から、キョンシーごっこに没頭してて、ぴょんぴょん跳ねるもんで危なくて・・・

と思ってたら、1階が引っ越していったんで、今度は2階から1階へお引っ越し。

1階には、小さな庭もあり、自由に遊ばせてたら、1mぐらいあるフェンスをよじ登って大脱走!

フェンスは、金網

   XXXXXXXXXX
    XXXXXXXX
   XXXXXXXXXX

おぉ登ってるは、すごいすごい、って思ってはいたけど、親のいないときに・・・

子供の行動力って、早いし想定外のことを平気でやりますからね、要注意!


そういえば、西明石では、1階だったんだけど、娘がハイハイして大脱走ってのもありましたな。

裏の小道をハイハイしてるところを発見!

十数メートル先にはトラックが行き来してる幹線道路がぁ・・・・・・なんて笑えない 危ない 経験も。


さて鶏冠井町に6年ぐらい住んで、今度も転勤で和歌山へ。

和歌山市の楠見という紀ノ川の北側に転居。

今度は立派なマンションで、広いしこりゃいいや、なんだけど、ド田舎!


通勤が大変・・・明石時代は電車、向日時代は徒歩、そして和歌山に来て車。

この車通勤がなんとも・・・・・・一銭橋ってのがあって・・・・・・


と、この続きはまた次回に。

ではでは。

[ 2013/06/03 05時24分42秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 37 ]  プロフィール(5)

 
就職した会社が神戸の三ノ宮だったので、まず住んだのは、魚住というところ(神戸の西の明石の西)

それから西明石に。

確か家賃が、魚住では1万8千円! (当時のお給料 9万円!)

4畳半、4畳半、6畳、一応風呂と台所付き

だけど、いわゆる文化住宅(死語かな・・・?)

ドアを開けると裏の田んぼが見える、築後ウン十年ギシギシ言うみたいな・・・


で、西明石では、なんと家賃3万9千円!

広さはそんなに変わらないんだけど、子供(長女)が生まれたので、もちっとましな所へ引っ越そうと。
(一応西明石には新幹線も止まるし、ミスドもあるし・・・って田舎だけどね)

そういえば、子供ができてから たばこ 止めました。

一度娘(まだハイハイもしてない)が、たばこを口に入れて・・・慌てて両足持って逆さにして、必死で吐き出させた!

という苦い経験で、きっぱり止めました。 意外にすんなりと・・・ってことはそれほど好きでもなかったし、体にも合ってなかったってことでしょう。


ということで、タバコも30年以上吸ってませんな。

もうこの頃では、なんで禁煙席がないんだ、ってレストランなんかで文句言うとります・・・!

あ、タバコは高一、つまり15から吸ってました。 ハタチになったら止めるって言ってたんだけど、

 結局、25までだったかな? ← ちょっとこの理屈おかしいネ・・・(^^;)













ということは・・・・・・




酒もタバコも高一から? ひょっとして?



ハイ! そうなります!



でコーラス部? ハイ! なにか?




と、またまた脱線しながら・・・


続きは次回に。

ではでは。
[ 2013/05/31 05時57分20秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 28 ]  プロフィール(4)

 

そう言えば・・・・・・大学時代に・・・・・・今度は、ジャズを・・・・・・

まぁ節操のない・・・!


ジャズピアノを習いに行ったり、ちょっとバンドを組んだり、したな、というのを思い出したよ。


え? わざわざ習いに行かなくてもって? ハイ、友達に誘われて一回行ったら、


メッチャ可愛い子がいたので・・・・・・ そんなノリですから、これもモノにはならず・・・



で、ホントにそれからは全然ピアノを触ってません・・・大学卒業前からだから35年以上ですな。

じゃ、何してたんだろ・・・・・・・・・


大学卒業して、喫茶店で雇われオーナーして、(大学中にホテルに住み込みのアルバイトや、

バーテンや、今でいうゲーセンの店員とか、水商売系ばっかやってたんでその流れ)


6ヶ月後になんと突然

サラリーマンに!


理由?

ハイ、結婚するため・・・・・・・・・まぁ、ホントに節操のないこって・・・

しかも、ジャズの女の子ではありません、一応補足しとくと、できちゃった婚でもありません。


自分の性格から、決めたら早く、ってなもんで、大学卒業して遊んでたら

相手の親が承知してくれないと思って、手っ取り早く信用してくれそうなサラリーマンに・・・


で、翌年1月に結婚しました。(大学卒業して一年未満・・・・・・てか、知り合ってからも一年も経ってないんだけど・・・一応今も続いてます・・・なはは)


一応浪人も留年もしてないので結婚したのは・・・ 23のとき

それから前述したように引越し人生が・・・


続きは次回に。
[ 2013/05/25 06時31分05秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 25 ]  プロフィール(3)

中学の夏の大会で準決勝で負けたとき・・・・・・ホントに後悔先に立たず、という苦い経験をし、

上位2位に入るかどうかで(当然準決勝で負けたから、3位か4位なわけで)雲泥の差を味わった。

まぁ、その時のバッテリーは運もあって、あ、モチロン実力もあって、甲子園出場を果たしたし、

確か甲子園で2勝かしたから、やっぱすごいヤツラで・・・・・・そういう面でも、あの時もうちょっと

頑張ってれば・・・キャプテンとしての責任が・・・という気持ちは今だに持ってるよ・・・・・・


という話は置いといて、本題に戻って、


野球人生も終わり、高校に入ってからは・・・・・・

なぜか、ワタシは、コーラス部に入って、個人的にピアノも習い始め、しかもなんと、

ロックグループを結成して、長髪にして、GパンGジャンで登校するという、

まぁ、当時で言うヒッピーみたいな格好して、当然ながらコーラス部でそんな格好してるのはワタシだけでしたが、
なんか一風変わった高校生活を送ってました。

学生運動も盛んで、その影響もあり、職員室に怒鳴りこんだり、授業やテストをボイコットしたり、
はては、授業中に酒を飲んだり・・・・・・一応進学校だったので、いろんな面で目立ってた・・・というか、
アウトローを気取ってた?

まぁ、ピアノの方は・・・・・・いい加減にやってたんだけど、確かツェルニーの40番とかで練習してたような記憶が・・・

なんか有名な先生で、自宅から徒歩、バス、徒歩で片道1時間かけて、週一回だけどレッスンを受けに行ってましたな。

一方で、ロックの方は、こちらの方が熱心で、毎日のように放課後やってましたよ。

しかし、今考えても、いい加減な生徒でした・・・まわりは、ちゃんとした格好して、ちゃんと進学の準備して、将来のこと考えて、

だったのに、ワタシと言えば、前述の如くひどい格好で、コーラスとロックとそして未成年なのに酒を・・・・・・

だから当然の如く成績も悪く、というか進路のことなんか考えてないから、ま、落ちこぼれの生徒になってました。

なわけだから、ピアノの先生から、

「どこの音大目指す?」

とか、

「アンタが行ってる高校なら、国立の音楽科かな?」

とか言われても、な~んも返答ができない・・・卒業できるかワカラン成績です、なんて言えない状態・・・・・・・・・

なわけで、自然にフェイドアウトしていったな・・・・・・だから以前書いた4歳から高卒までピアノをやってた、ってのは、中学3年間抜き、しかも、いい加減に、という注釈が必要、かつ、中途半端で終わりました、っていうオチもあり。

ま、恥ずかしい話しです。


あれ? だけど、そう言えば・・・・・・大学時代にもひいたことあるな、なんか思い出してきた・・・・・・


続きは次回に・・・・・・


ではでは。
[ 2013/05/22 05時49分11秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 17 ]  プロフィール(2)

 
台湾からの引き揚げ後、神戸の舞子というところに、オヤジが勤めてた会社の社宅がありそこに居住。

当時はテレビのある家がほとんどなくて、近くのお寺に近所の人が何十人と集まって、
もちろんオトナもコドモも、みんなで相撲とかプロレス(ご存知!? 力道山!)を
楽しんだものです。

あと、電気屋さんに1台あって、店頭はいつも人だかりだったのを覚えてます。
子供は大人に肩車してもらって見てましたな。

そんな時代だから、ピアノを習うなんて、ちょっと考えられないんだけど、
なぜか、テレビはないけどピアノはあったような・・・・・・いやひょっとすると
テレビを買ったあとにピアノなのか・・・? 記憶は定かでないですが、

なんにしても、当時はちょっとブルジョワ(今は死語?)みたいな感覚でしたな。
普通のサラリーマンの家だったのに、かなり無理したんでしょうな。

そんな無理して買ったピアノなのに、ワタシャ練習が大嫌いで、結構さぼってましたな。
レッスンに行く日に、わざと畳に大の字になって昼寝をしたり。
(熟睡してるように見せるのがウマカッタ・・・ほんとは寝てないのにね。
 でもそのうちホンマに寝てしまう、というパターンが多かった)

ワタシャ、野球ばっかりやってたな。ピアノなんてやわなことやってられるか、って・・・


で、小学1年で、同じ神戸だけど歌敷山ってところに転居。(一応家を買ったんだね)
いわゆる高度成長時代が始まって、みんな裕福になっていった時代の先駆け。

依然ピアノと野球。

いやワタシにとっては、野球の合間に嫌なピアノを親のためにやってやる、
みたいな状態が続いて、中学校へ。

だけど、その時、ピアノの先生に言われたよ。

「野球をやるならピアノはやめなさい。野球は手首を使うが、ピアノは手首を使っちゃイカン!」
って・・・・・・女の先生だったけど恐かった・・・・・・

要するに矛盾しているからどっちつかずになる、ということだったみたいで、

当然ながら、ワタシャ野球を選択。

で中学3年間は野球漬け。

おかけで、野球部のキャプテンに選ばれ、県大会には行けなかったものの
(今だに当時のメンバーと会うと、少なくとも近畿大会までは行ける実力があったのに、
 とオジサンの愚痴回顧録?で盛り上がる・・・この件は別の記事ができそう・・・)

市で3位にはなったので、それなりにいい経験をさせてもらった。


で、


続きはまた次回・・・・・・

おっと、確か小学4年のときだったと思うが、東京オリンピックがあって、
今度はカラーテレビが珍しくて、友達の家に見せてもらいに行ってたよ。

ということで、長くなったから今日はここまで。


ではでは。
 
[ 2013/05/17 06時25分27秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 11 ]  プロフィール(1)

 
ワタシは、台湾の台北市で生まれました。

戦後大分経ってからなんだけど、父親が台湾電力に勤めていた関係で引き止められていた、
と、認知症の母親が言っております。

最後の引揚者で、会社がチャーターした飛行機で帰ってきた、他の人はみんな船だったけど、と・・・

当時小学生だった姉(ワタシはまだ2歳か3歳)は、確かに飛行機に乗った記憶がある、
と言ってるんで、一応半分ぐらいはオフクロの記憶も正しいのかも知れません。


引き揚げ後、福岡経由で神戸に居住。
大学まで過ごし、結婚。

そして大移動の始まり始まり・・・


結婚して明石(神戸の西)に住み、その後、向日(むこうと読む。京都の南)、和歌山、横浜、名古屋、横浜、

と仕事の関係で引越し、今は、なんと神戸に単身赴任中・・・

オフクロの認知症介護がメインになってます・・・・・・


とまぁ、概要はこんなもんですが、ピアノとの関わりも含め、次回にもう少し詳しく書こうかな。



ということで今日の記事は終わり。



ではでは。



[ 2013/05/10 08時50分53秒 ] カテゴリ:・プロフィール | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)