[ 990 ]  マディソン

 
実は、こちらの記事に書いたオスプレイのお家をさがしてるときに偶然目に入ったアメリカ・ウイスコンシン州のマディソンという地名。

ん?

で、思い出したのが、かなり前になるけど、テレビでやってた「マディソン郡の橋」っていう映画。
Myraさんに見透かされちゃったけどね。


マディソンはマディソンでも、あちらはアイオワ州だから全然違うマディソンだったけど。

地図で見れば一目瞭然。

左下のマークがアイオワのマディソン:映画の舞台、
右上のマークがウィスコンシンのマディソン:オスプレイさん家の近く?
左下のマークの右に マ と ソ って文字があるけど、これは、アイオワのマディソンは検索しても出てこないんで、
ずぅっと拡大していって、マディソンを冠した建物だったかな?で絞り込んだ残骸。
(つまり、ウイスコンシンのマディソンの周りを切り取って、アメリカの地図の上に貼り付けたわけです。なことはどうでもいいけど)

   madisonmap2.jpg

でその映画。
主演は、クリント・イーストウッドさん
と女優さんの名前は知らない。(なんか物凄く有名な人らしい・・・最近知った! メリル・ストリープさん)


たった4日間の熱愛、というか不倫の物語。

なんだけど、大人のそれも若くない大人の、お互いを尊重し労わる愛を描いた作品、というイメージがあったので、

小説の方を読んでみようかな、と思ったのです。


で早速図書館から借りて読みました。


そしたら、今度は、こんなに重い小説を映画化するのってどうやるんだろ、

でやっぱり映画を見たくなって、


で、例の如く遊粒で調べてみると、いろいろあるんだけど


マディソン郡の橋の曲だね。
The Bridges of Madison County Neil Diamond The Story of my Life
(5分15秒)


ロマンティックなシーンを集めた?
Bridges of Madison magic: "For All We Know" full 59min collection (romantic Johnny Hartman)
(59分もあるから要注意ね)


最後の方の別れのシーンだね。
The Bridges of Madison County Heartbreak Scene
(5分弱)


ということで
そのものずばりがなかなか見つからなくて、やっと英語版(フル)を見つけた。
と思ったら、削除されてる・・・・・
The Bridges of Madison County 1995 Drama / Romance Full Movies

(でも実はDLしてるんで大丈夫なんだけど、字幕スーパーがないんで何を言ってるのかさっぱり)


でまたさがして見つけた。
The Bridges of Madison County 1995 Full Movie
(2時間14分余りありますよ~)

こちらは字幕スーパーはあるけど、DLできない・・・なので、オスプレイみたいに動画キャプチャしてみたよ。
(結果は・・・・・・また機会があればね)



でもやっぱ日本語のも見てみたいわなぁ。

ニコニコ動画には有料で日本語版があるみたい。当然DVDを借りてもいいわけだけど、

そこはケチなワタシ。なんとか無料で見られないかなぁ、と思いつつ、

本をもう一度読んで、映画(英語版ね)ももう一度見て、

なんか、本と映画は違うなぁ、もっと本の方が重みがあるよなぁ。
と思いつつ、ま、日本語版の映画は置いといて、本、

どうやったらこんな風に邦訳できるんだろう、という疑問が湧いてきて、

原語版の本を予約したのです。(だらだらスンマセン)

      book150926madison.jpg

つまり、(左から)邦訳版、映画版、原語版。

を借りましたぁ! ようやるね。


え? 英語版? まだ最初の1ページです・・・


ではでは。


[ 2015/10/13 05時05分47秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今16件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 6973 ] 拍手ができなくなります(再掲)




いつも拍手をしてくださる方、ありがとうございます。

FC2がメンテナンスをするそうです。
http://fc2support.blog85.fc2.com/blog-entry-1596.html
今日、
>10月13日(火) 午前7時~午前8時 のうち、数分間
>FC2拍手上のすべての表示、操作が出来なくなります。

とのこと。お知らせでしたぁ。

[ 2015/10/13 05時47分22秒 ] [ 編集 ]

[ 6974 ] 困りました


また過去3ヶ月の放送が更新されず、きらクラDON!は更新されてるという・・・

なので、明日アップ予定だった記事を繰り上げましたぁ。

[ 2015/10/13 05時50分03秒 ] [ 編集 ]

[ 6975 ] 拍手してみました


うゎ~、こういう調査?大好きです。
この作品は映画も本も未観?未読ですが・・・相当入れ込んでらっしゃいますね、原語版とはサスガです!
で、曲も知らないので聴いてみたらニール・ダイアモンド!この方も好き~!
そして先週、たまたま見つけたコレ、ビールの写真のひとかたまり、ふたかたまり上の本文、もしかして間違ってますよね? このリサイタルは行ってないので真相は分かりませんが、それと書いてらっしゃる方、落語や講談で時々お見かけするあの方だと思いますが~何ちゅう狭い世界!(笑)
http://opera-ghost.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-8416.html

[ 2015/10/13 06時17分14秒 ] [ 編集 ]

[ 6976 ] ちょっと入れ込んでるように見えるかな?


おはようございます、快鳥家族さん。

そんなに長くないしわかりやすいストーリー。
登場人物も少ない。
心理描写、情景描写が端的で意外に深い。
(なんてわかったようなこと書いてますけどね)

ということで、要は、とっつきやすそう、と思って英語版を借りましたぁ。
(ちょっと甘かったかな、と思いつつ・・・)


リンクありがとうございます。
間違って?
どこが?

吉瀬さんはヴィオラ弾きだし、(っていう表現でいいのかな?)
PACオケの楽員だったし(多分今は違う)、と思ったら、

>ウィスコンシン州は小説「マディソン群の橋」の舞台となった場所の近く
ってところですかぁ?
アイオワ州はウィスコンシン州の隣だし、アメリカ的感覚では近いのかも知れませんよぉ。
(左下のマークがアイオワのマディソン辺りです)

  http://blog-imgs-82.fc2.com/k/i/r/kiracladays/madison_distance151013.jpg

あ、拍手ありがとうございます。(拍手機能ってイマイチわかってないんですけどね)

[ 2015/10/13 06時54分52秒 ] [ 編集 ]

[ 6977 ] ひと言だけで また後でね。



こんにちは。

私はいまとても忙しいので拍手だけしにきました。:-)

州都のMadisonからオスプレイさんのお家までは平均で数時間くらいです。
(私は道に迷いやすいのでひと月で行かれたらラッキー!)

地図に地名がカタカナで書かれているのでびっくりしました!

ミネソタ州のミネアポリスまでも車で数時間。
地図で見ていると変に思われるかもしれませんが。

BBL. :-)

[ 2015/10/13 07時08分55秒 ] [ 編集 ]

[ 6978 ] ひと言だけで十分ですよぉ~



こんにちはぁ、Myraさん。

お忙しいのにありがとうございます。。

そうですか、数時間の距離なんですね。
それじゃやっぱり近い、ってことになるんでしょうね。


>地名がカタカナ
最近のgoogleは使い易いです。ありがたやぁ!

[ 2015/10/13 09時22分56秒 ] [ 編集 ]

[ 6979 ] 嵌りました

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぁ~*。♡

マディソン郡の橋は、映画で見て、テレビで見て、DVD借りて見ました。
相当嵌ったということになりますね。

言語も吹き替えも、良かったです、メリルストリープの演技が光りました。
さすが、アカデミー賞主演女優賞を取った大女優です。

娘の考えと、私とでは、違っていた感想でした。
娘は、愛する人の元へ行くべきだ、結局夫を騙していると、
私は、家庭を壊さないヒロインの決断は正解だと思いました。

たった四日間の濃密な愛が数十年にも勝ると思います。
最後の場面、お骨をマディソン郡の橋から撒いて
愛する人と一緒になる、なんともロマンティックなお話ですね。

白い蛾が羽を広げる頃、の詩がとても印象に残っています。

又、見たくなりました。HDに保存してあるので、それより本も読みたいです。
映画では見られない、細かいところが出ているのでしょうね?

では・・・k

[ 2015/10/13 11時00分09秒 ] [ 編集 ]

[ 6980 ] の、濃密なコメント・・・


こんにちはぁ、ゆめこさん。

>濃密な愛
・・・なんか凄い・・・?
まぁ、たったの四日間の出来事を大事にする、それ自体が愛ですかね?
(わかったようなわからんような・・・)


娘さんの言われること、ご尤も!
ゆめこさんのお考えも然り!

ま、正解はないような・・・


>お骨をマディソン郡の橋から撒いて
ねぇ。ある意味カッコ良かったですよねぇ。
ワタシもエンディングノートに書こうかなぁ。
マディソン郡の橋から撒いてくれって。
多分残された者は、は? メンドクサイ、そこいらの川に撒いとこ、
てなもんでしょけど・・・ワタシに似て家族はみんなメンドクサガリ!


>白い蛾が羽を広げる頃
そうそう、その白い蛾、それとブランデー。
映画と原作の取り扱いの違いにちょっとこだわった、というか違和感を感じたのもそこ!
本を映画化することの難しさとか、いっちょ前に感じましたぁ。

お時間があれば本いいと思いますよ。濃密です・・・かな?


しかしクレイマークレイマーって見たことないですけど、そちらにもメリルストリープさんがご出演で?
なんで、クレイマークレイマーって二度続けるんでしょ・・・
クレイマーだけの方がインパクトが強いような・・・今だからそう感じるのかな?
という、またまた筋違いなヒトリゴト・・・


==================================
2015/10/14 4:57追記

あれ?クレイマークレイマーが消えてる。
http://kiracladays.blog.fc2.com/blog-entry-990.html#comment6979
編集されたのね。

だけどMyraさんもコメくださってるし、まいっか?
都合悪いようなら言ってくださいねぇ、ゆめこさん。


[ 2015/10/13 11時38分12秒 ] [ 編集 ]

[ 6981 ] Kramer vs. Kramer



こちらでの題は Kramer vs. Kramer です。
クレイマーさん(夫)とクレイマーさん(奥さん)の「闘い」だから。

また来ます。

I'll be back. (ターミネーターになった気分!) ;-)

[ 2015/10/13 12時48分34秒 ] [ 編集 ]

[ 6982 ] 無知の知、ならぬ無知の恥!



今晩はぁ、Myraさん。

なはは、クレイマーっててっきりクレーマー【claimer】かと思ってましたぁ。
人の名前だったのね。お恥ずかしい・・・
(だけどちょっと調べたら発音記号が cláim・er ってことはクライマー?・・・恥の上塗り)


で、ターミネーターって?
有名な映画だということはわかるんですけど・・・
その映画の中で、I'll be backって言うのが出てくるのかしらん?


で調べたらwikipediaに 「この台詞が初めて登場した作品は『ターミネーター』」
と出てましたぁ。世間知らずでゴメンナサイ。

[ 2015/10/13 16時56分33秒 ] [ 編集 ]

[ 6983 ]



ターミネーターの1で I'll be back.が有名になったので
その後の映画でも何度か使われています。

https://www.youtube.com/watch?v=HG3W37bxuqg

オーストリアから来たシュワルツネッガーさんが I'llの発音が
難しかったと言っていたと思います。
この映画の1と2は面白かったけれど、3,4,5はそれほどでもなかったです。
1ではこの人はとても悪いロボットでしたが、映画の続きを作るのなら良いロボットに
なりたいとのことで、2から後はずっと良い人の役です。

KとCのクレイマー。両方とも同じ発音です。:-)

いーともさんはYouTubeの動画をコンピューターにダウンロードできるの?
それをDVDにする方法をご存知ですか。

私はいくつかのバレエの作品をDVDに保存したいのです。
いくつかの国でDVDが売られていないか探しましたがありません。
ステージで撮られたもので売られてはいないようなのです。
インターネットの繋がらないところでもポータブルDVDプレイヤーを使えば
それを身ながらレッスンができると思うので。

フリーソフトをコンピューターにダウンロードすると、YouTubeの動画が簡単に
コンピューターを通してDVDを作れるというものをいくつか見ました。
でもそれをダウンロードしようとしたら、コンピューターが壊れるかもしれないという
警告のようなものが出るのです。それで怖くてできませんでした。
私はコンピューターについて殆ど何もわかりません。
何か安全でよい方法をご存知ではありませんか?

今回はKとCとBのお話でした。もうすぐYです。
(ゆめさんのまねをしてみました、笑) :-)

肝心なマディソン郡の橋のお話を忘れていました。すみません。
上に書かれていたURLで見てみました。
以前にもDVDを借りてみたので今回は全部はまだ見ていません。ところどころです。

別れのシーン。
私だったら車を飛び降りていってしまうかもしれません。
でも、遠くに行く前に一度家によって猫たちを全員つれてきて、ごはんや
お気に入りのおもちゃ、キティリッターボックスなどをそろえなくてはならないし、
どうすればよいのかしらと悩みます。

遺灰をまくことについてもお話したいのですが、長くなるので
また今度聞いてね。

いつもありがとうございます。 これからYです。 :-)

[ 2015/10/14 05時24分02秒 ] [ 編集 ]

[ 6984 ] お忙しいのに続けてありがとうございます。


こんにちはぁ、Myraさん。

wikipediaによると、
「当初の台本では「I'll come back」であった。シュワルツェネッガーは当初、「I'll be back」という台詞が砕けていて女性的だと嫌い、監督のジェームス・キャメロンに何度も「I will be back」 の方が機械的で、自身のドイツ語訛りを活かせるとして変更を求めたが、「僕は君に演技指導をしないから、君は脚本に口出ししないでくれ」と強硬に突っぱねられ、聞き入られなかった」
とありました。

>良いロボットになりたい
ってなかなか笑えますねぇ。
そのおかげでロス市長になれたのかな?


>同じ発音
なんですね。ありがとうございます。(本場の方が言ってくださるのが一番!)


>の動画をコンピューターにダウンロード
は・・・えっと、ここには書かない方がいいと思います。

この件は、慎重にする必要があると思いますのでゲスブにコメしますね。


>私だったら車を飛び降りていってしまうかも
ですかぁ?
でも、
>猫たちを全員つれてきて
ですよねぇ。そこんところが難しい。
つまるところ今までの人生で人と人(動物含む)との関わりが一杯あったわけですものね。
それらを断ち切って行く勇気と生じる影響を考えると悩みますよね。

ま、全然関係のない世界なんでいいんですけど・・・


遺灰のお話しですか? いつぞや、Myraさんのブログで怖いこと書いてごめんなさい、
ってありましたねぇ。その系統?

いつでもいいですよぉ。こちらでいいのならお書きくださいねぇ。


これからYなんですね。行ってらっしゃ~い。

[ 2015/10/14 05時51分56秒 ] [ 編集 ]

[ 6986 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2015/10/14 06時39分23秒 ] [ 編集 ]

[ 6987 ] すみません



ヤフーでは内緒でコメントをしても自分ではログインしていればそれが見えるし
消すこともできますが、こちらではできないのですね。
先程試しに「テスト」をしました。
それを消そうと思っても消せません。
ごめんなさい。

Yは今回の場合はヨーグルトを食べてくる、でした。:-)

遺灰のお話。
単純な疑問です。
ゆめこさんも書かれていますが日本の方は「お骨」と言いますね。
こちらは原則として土葬ですが、最近は火葬でもよいといわれるところもあります。
でもその場合、「灰」なの。「骨」ではないの。
「灰」だから川にもまけるし、大空からスカイダイビングをしてその途中でまくこともできます。
(私は知らないでそんなものが降ってきたら怖いけれど。)
でも「骨」だったら、そのようにまけない気がします。
火葬をしてもきちんとお墓に埋めることもあります。
「灰」ですから容器はとても小さいです。
でも大きな棺と同じ値段を取られます。
変な話でしたね。自分で何を言いたいのかわからなくなりました。

それから私はときどきタイトルを書き忘れます。;-)

良いロボットになりたい人。
市長さんにはなれても、メイドさんとよくないことをしたみたいですね。
そう考えるとやはり車から簡単に飛び降りてはいけないのでしょうね。

[ 2015/10/14 06時54分52秒 ] [ 編集 ]

[ 6989 ] テスト



06時39分23秒の内緒コメ、ありがとうございます。

って、Myraさんが下にご自身で書かれてますな。ナハハ。

ではそういうことで↓。

[ 2015/10/14 07時00分58秒 ] [ 編集 ]

[ 6990 ] お手数をおかけしました。



続けて、すみません、Myraさん。

ヤフーとの仕様の違いで戸惑いますよねぇ。

コメントを消すには、事前に
「PASS(↓ここにパスワードか暗証番号を入れておくと、あとで修正・削除ができます):」
の欄に記入しておき、事後に「編集」で削除の選択ができる仕様になってます。

ややこしくてゴメンナサイ。(fc2に成り代わりまして・・・)


お遺灰のお話し。(日本ではなんでもかんでも「お」を付けるもんで付けてみました)

日本の火葬は、灰にまでしてしまわないのです。
なぜかと言うと、骨に意味を持たせてるから、みたいです。(詳しくは知りません)
火葬場でご遺体(なぜかこの場合は「お」でなくて「ご」)を、
荼毘に付したあと(だびにふしたあと、つまり焼いたあと)お骨拾いというのがあって、
骨壷に喉仏(のどぼとけ)とかあと忘れましたけど、いろんな部位のお骨を入れるのです。
そしてその骨壷をお墓に入れる、というのが一般的だと思います。
(最近はかなりこういう風習も変わってきつつあるようですけどね)

で、確か最近まで、日本では、遺体を灰にして撒くことは違法だったように思います。
(それも変な法律だったような・・・環境を汚染する?みたいな・・・詳しく知らないのでゴメンナサイ)

国や場所によって風習や慣習はいろいろ違いますね。
もっと詳しくお知りになりたければまたどうぞ~


タイトルの件はお気になさらず、ね。


あ、そうですか。
良いロボットになっても、良い人間には・・・なかなか難しいんですな・・・教訓!?

[ 2015/10/14 07時14分09秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/990-30507743