[ 971 ]  無情の日々





オフクロが入院しているリハビリ病院の、作業療法室に貼ってあった。

      mujyou.jpg



          今を去る70余年前

          中国大陸の奥地、湖南省・美沙で

          無条件降伏した兵士として戦場の

          悲惨さ、語るに尽きない無情の日々を

          二度と繰り返しては為らない思いで

          「語りべ」を務めています
                            (95才)



ワタシはこれを見て、涙目になってしまった・・・



では。




↑↓ 写真をクリックすると拡大されます。



湖南省・美沙で地図を見ると、

    mujyoumap.jpg


上海、香港から600kmぐらい・・・奥地です。

(ドンピシャが出てこなかったんで、この辺りらしい、というところに赤丸入れました)



中国 美沙

でググると・・・もっと奥地・・・  (↓この画像は原寸です)

      mujyou2.jpg


何も言うことはありません・・・



ではでは。


[ 2015/09/13 05時05分29秒 ] カテゴリ:・閑話休題 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今7件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 6707 ] なんか早くね?


手回しいいというか・・・

もうBGMのお題が載ってるよ。
http://www4.nhk.or.jp/kira/48/

[ 2015/09/13 21時18分46秒 ] [ 編集 ]

[ 6708 ]


ひとりの人間の尊厳を
受け止める事が出来た
リハビリ病院の作業療法士さん
受け止める事が出来た
いーともさん

いーともさんから私達へ
95才の方の思いをしっかりと
心の奥底に思いとどめる事が
出来たと思います。

[ 2015/09/13 22時02分27秒 ] [ 編集 ]

[ 6709 ] 胸がいっぱい

こんばんは。

敗戦を中国の奥地で知られた95歳の方、今の戦争を知らない世代に
語り継がなければなりませんね。

それを生き甲斐としてもっと長生きして頂きたい貴重な方ですが、
入院されているのですね。

実体験は、何ものにも勝ります。

今日の番組少々食傷気味でした(;-_-)
オペラは苦手なので、採用された方には申し訳ございません。

空耳は、合間に一寸聴くほうが良いように感じたのは、
私だけでしょうか?

来週がピアニストの三浦友理枝さんで、楽しみです。

では・・・sでした。何のsでしょう?

[ 2015/09/13 22時11分41秒 ] [ 編集 ]

[ 6710 ] 思い



おはようございます、ドイユミコさん。

95才の方の素朴で短い文章ですが、
戦争に対する胸の奥底からの
搾り出すような思いの多々を感じました。

そこが作業療法室だったというのも
影響しているのでしょうね。

[ 2015/09/14 05時25分59秒 ] [ 編集 ]

[ 6711 ] 胸に残り続けますね


おはようございます、ゆめこさん。

戦争の体験は、一生心から消え去ることはないでしょう。
でも体験してない人にとっては、結局他人事かそれに近いもの。
語るしかない。
忘れ去ってはならない。二度と戦争をしてはならない。
そういう思いをヒシヒシと感じさせてくれる、感じさせられる、文章でした。


昨日の「きらクラ!」、ワタシも歌系は苦手なんでほとんど上の空耳、
じゃない上の空で聴いてました。(投稿者の名前だけに集中・・・)

感想文、書くの難しい・・・

MCおふたりが交代で?というのは楽しみですね。
ピアニストだし、ショパン祭りもあるかもだし、ゆめこさんにとっては
尚一層楽しみなことと思います。

s?
はて・・・食傷、相撲、酒の呑み過ぎ? ← これはアタシか・・・

[ 2015/09/14 05時44分55秒 ] [ 編集 ]

[ 6751 ] 「無情の日々」―シベリア抑留

こんにちは。
今朝は読売テレビの「ウェークアッププラス」で「日本にとってのシベリア抑留」、昼からはEテレの「こころの時代(再)」で「シルクロード戦後70年文化人類学・加藤九作」でシベリア抑留の話が出ていました。

いーともさんの「無情の日々」の記事に載った方は中国でしたが、今日のお二方のシベリア抑留の話も大変重く引き込まれました。読売テレビの方は来週も同じ方の続編が放送されるので録画予約しようかなと思ってます。41年前の今日兄が亡くなったので、何となく真面目な番組に気持ちが向いているのでしょう。生きていたら還暦でした。

ふかわさんが生まれた頃って「傷だらけのローラ」とか「精霊流し」とかが流行ってました。
その後私は「圭子の夢は夜ひらく」の替え歌で「17.18.19と私の人生暗かった~」ってやけくそでよく歌ってましたね。あの頃の暗さに較べると今は明るいです。やっぱり就職、結婚、出産、子育て、介護…。いろいろ経験するって事は大事です。
これまた生きているからこそ出来るんですよね。

[ 2015/09/19 15時33分10秒 ] [ 編集 ]

[ 6753 ] 今日がお兄様の命日ですか



今晩は、ドイユミコさん。

ワタシよりおひとつ下だったんですね。
お若いときに亡くなられた方や、戦場で命を散らした方々を思うと、
生きる、ということの重みを感じますね。

経験は大事ですね。
ただ、悲惨な経験はなるべくしたくないですね。
平穏で楽しい日々が沢山ありますように!

[ 2015/09/19 18時34分56秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/971-066cdba3