[ 831 ]  ワタシの親族

 


どっかで書いたけど、

母親は89歳、認知症、要介護1、体は丈夫。


最近、警察の厄介になること頻繁。

自分で外出するとほぼ必ず帰れない。

誰かが連れて帰ってくれる。(警察とかご近所さんとか)

そのタンビにワタシの携帯に連絡が来る。

大概、夕方から夜にかけて。

そのタンビにワタシの部屋から確認しに舞い戻る。(連れて帰ってくださった人へのお礼も兼ね)


なので二週間付きっ切り状態。(これからどうするか模索中)




姉は近所に住んでいる。

統合失調症。

実は毎週火曜に行っている。

一時間余り話しをする。



   ごく近くに日本は中国に占領される。

   ヘルパーさんはスパイだ。盗聴器がしかけられている。

などと話すのを聞いてあげる。


   そうかも知れないしそうでないかも知れない

   で、オイラたちになにができる? 政治家さんたちに任せようね。それしかないよね。

というのがいつもの結論。


何か意見を言うと今言った意味はどういう意味か、と根掘り葉掘り聞かれる。

自筆のメモとか手紙(出したり出さなかったりする)を見せられ意見を聞かれる。

ご主人は、その日はほとんど不在。(解放してあげてる?)



弟はフィリピンに単身で住んでいる。 家族はさいたま。

女、女、男 の子供がいるが、その男子は発達性障害。

弟はもう58になるが、一応会社を経営しているものの、百万円の借金を返せない、自転車操業が続いている。

それって経営者?



ワタシの家族は、なんとか自活している。(かろうじて。だけどどっかで遺伝子が活躍するかも・・・?)


姉貴からメールが来る。(ワタシは頭がおかしいから、と)

弟から最近の情勢報告のメールが来る。(たまにスカイプでも話す)


どっちも暗いか、わけわからん内容、あるいは冗長。


あたしゃハキダメか?


こんな思いを家族(ワタシの奥様とご子息、ご息女、並びにお孫さんたち)に味合わせたくないので、

なんというか、ひとりでイロイロやっている。

で、ヒトリでやればやるほどヒトリでしかできなくなる。(ワタシは婿養子ではありませんけどね)


ナハハとしか言いようがなくなる。


面白い蟻地獄? いや面白い一人芝居。


人生は劇。


劇団ひとりっていたような・・・


ま、なんというか、それはそれで現実を受け止めないとね。

みな、自分ができることをやっている、それが現実だ。



そして・・・



自分の限界を超えた、と感じたときに人は切れる。

のかな?


許容範囲ってのが未だに自分ではわからない。

てか性格がわからない。

またやっちまった、みたいな・・・



許容できない自分と、許容すべきだという自分。

そして、一杯一杯になると、投げ出す、という性格。


またやっちまった。


会社辞めたのは54。


アホらしなって辞めた。
(いや、自分の役目が終わった、と思って辞めた。詳しくはまたいつか・・・があるかどうかはともかく)


新しく親会社から天下ってきた人が常務から社長になってまず集合させた部拠点長会議での議題が、

「部拠点長の役割」


その次の部拠点長会議の議題が、

「この会社の役割は何か」



おまん、アホか!

順番がまったく逆やろが!


だけど、まわりの部拠点長さんはな~んも言わずに、それらしいオリエンやって、

それらしい意見交換して、夜の懇親会も手をスリスリして・・・


まぁアホらしい・・・


その社長さんは、天下りしたときには常務で、ワタシの直属の上司でよく怒られた。

   この部品の調達状態はどうなってるんだ!

   担当者を呼びます

   なんでおまえが知らない!

   はぁ、そんな細かいことは・・・

   だからおまえはダメなんだ。

   はぁ・・・


で会社辞めてから、その社長さんは一年後に嘱託になられたそうで・・・辞めて正解だね。


で、次になった社長さん。


ワタシが名古屋にいる頃に、中国の子会社の現地調達率を上げたいので、と切り出してきた親会社の部長さん。

笑た。↓

一旦、中国の現地商社に輸出し、その商社から現地子会社に販売すれば現地調達になるから協力してくれ、と。

へぇ、なんとまぁ、姑息なことを考えるんだなぁ、と思いつつ、ハイハイと答え、上司(上の常務さんね)へ報告。


   おまえアホか! なんでそんなことを了解するんや! オレが白紙に戻す。

   はい、どうも申し訳ありません。


で、東京からやってきたその常務さん(後の社長ね) は、アホな現地調達拡大案を出したお方と一時間世間話して、

こっちがジレて

  常務、あの件は?

と言うと、

  なんとか現場でやっておきなさい


アホらし。


その実績がものを言って、親会社の部長さん、いろんな出向とかあったみたいだけど、目出度く次の社長になれました。(らしい)

良かったね。


いやぁ、ホントに早く退職してて良かったよ。



あれ? タイトルと全然違う話に・・・


ま、続きはまた、ですな。



あれ? 何を書きたかったんだろ・・・


かなり混乱というか支離滅裂精神になってます。


にゃはは。


多分、そういう状態を言いたいんでしょぅ・・・・・・


ではでは。



[ 2015/05/20 05時05分20秒 ] カテゴリ:・閑話休題 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今7件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 6236 ]  皆 様 へ



暖かい励ましのコメントの数々、本当にありがとうございます。

皆さんのコメントに個別に返コメいたしませんが、
いくつか触れさせていただきますね。

まず、コメントを承認制にしてますが、一切公開するつもりはありません。
理由は、誹謗中傷、罵詈雑言でも受け付けるという主旨と、
その逆の場合でも、他人の目を気にせず書き込みできるだろう、という配慮です。
ご安心ください。
(またまた偉そうに、ですけど)

次に、いただいたコメントのなかで、私が心の病なのでは?というご指摘がありましたが、
多分違うんだろと思います。
いやそうなのかも知れませんが、
私自身は性格のなせる業と思ってますのでご心配いただき大変恐縮しております。

それから、ブログ閉鎖の責任が自分にある、あるいは原因のひとつになった、
と心痛されていらっしゃる方もいらっしゃいましたが、全然そのようなことはございません。
すべて私個人の了見の狭さですので、どうぞご放念ください。

ご心配いただき感謝しております。
そして、ご心労をおかけしてしまい大変申し訳なく思っております。


さて、


あと36時間で当ブログも終わりますので、ちょっとたまってる記事を一挙公開する、
 知れません。


では、残りのお時間、お楽しみください・・・・・・???

[ 2015/05/20 05時40分03秒 ] [ 編集 ]

[ 6237 ] いやぁ面白い



ブログの訪問者。(FC2で足跡を残すと設定している方々だけだけど)
クローズした途端にピタっと止まりました。
つまるところ、ワタシが訪問してたからお礼の意味合いで(要するにお義理で)訪問してくださってたわけだね。

やっぱりアクセスカウンターなんてなんの意味もないね。

http://blog-imgs-73.fc2.com/k/i/r/kiracladays/visitors150520.jpg

おバカなアタシでしたぁ。

[ 2015/05/20 05時57分13秒 ] [ 編集 ]

[ 6238 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2015/05/20 09時20分40秒 ] [ 編集 ]

[ 6239 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2015/05/20 10時43分30秒 ] [ 編集 ]

[ 6242 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2015/05/20 11時57分52秒 ] [ 編集 ]

[ 6243 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2015/05/20 12時08分51秒 ] [ 編集 ]

[ 6244 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2015/05/20 13時03分22秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/831-896a8b6c