[ 799 ]  第137回(2015/4/19放送) を聴いて

 

来週はGW前。再来週は変則か? 何か特番か?の発表があるかな?  (←ありました)


◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
←い: は、オイラのひとりごと
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか


Opening
◆ふ: 暖ったかくなりましたねぇ 暖房器具はしまいました?
●ま: まだなんとなく置いてある(不安)
←い: ウチなんかまだストーヴついてまっせぇ、一日中。

◆: (いろんな花が咲いています) 春がコルトゥーナフォルトゥーナのような早さで進む
◆ふ: 幸運の女神 後ろの髪の毛がない
←い: はぁ、アタシのこと?男ですけど・・・あ、上もないですけど・・・


「ザ・マン・アイ・ラヴ」 ガーシュウィン作曲
←い: あれぇ? 左から高音が聴こえる。 で番組表見て納得。ピアノ2台でしたぁ。


ドン
◆: 瑞々しい季節
◆ふ: 瑞穂さんの(瑞)

◆: マリッペさんと呼ばれていると言っていた(第一回放送で真理さん自身が言っていた) 臥薪嘗胆 ようやく(投稿) 川つながり 小川さんの作品?
●ま: バッハとはドイツ語では小川 ベートーヴェンでしたっけ? バッハは小川ではない バッハというけど小さな川ではない (と言った)
←い: バッハのハの発音が違うねぇ 本格的だねぇ

◆ふ: こだまっちは意図して たまたまではない?
●ま: それはないでしょ!
◆ふ: にくいですねぇ。
←い: ふ~ん、なるほど・・・

◆ふ: そんな中、なぜこの曲? 小川の先楽しみ 毎回何かと関連しているわけではない

◆: 10年来のトリオ ピアニスト転勤 来るべきときに備えフルート練習 バルネリの意味 冗談 よくわかりませんが難しい曲

◆: 人はなぜ存在するのか 宇宙はなぜ存在するのか に、(この曲が)答えてくれた 音楽はご自愛そのものですね
◆ふ: 自分なりに感じるものがあった?
●ま: 音楽はご自愛そのもの

◆: フルートの演奏 テンポが速くて小気味が良すぎる

◆: ながら族イヤホン 生まれ変わったら楽器と英語ができる人に 娘に今からでも遅くないとヒトコト(言われてしまった)
◆ふ: 還暦すぎて こういう感情が生まれることが素敵
←い: ・・・・・・(無言)
◆ふ: 楽しむこと大事 好きなことを見つけるって意外に難しい
←い: ・・・・・・

◆ふ: ニアピンはなし
←い: あれ? アタシ・・・・・・なんか別の曲と思ったんだけど・・・


◆: おぉ、消しゴムハンコさん! いわくつきの曲 この曲の正体をつかむため半年 ジャズ 渡辺貞夫ファン バッハのラテンジャズアレンジのアルバム フルート演奏 バッハはジャズだなと思う

◆ふ: 曲名知らない さがす 店員さんに口ずさむ
●ま: やったことない

←い: あ、出題自体がそうだったのか(ナベサダがフルート)
あ、違うか(ちょこっとかけてくれただけでしたぁ・・・

●ま: 自然に聴こえますね すごい上手 そんなに簡単に吹けるのかな(ナベサダのフルート)
←い: だねぇ


当選者
◆: 高校の部活でフルート 酸欠になりながら練習 沖縄の更に南にある宮古島 ただただ必死に練習 20年振りにフルート再開

◆ふ: どこにも教室があるわけではない クラシックピアノ独学ではなかなか
●ま: いやぁいない 聞かない
←い: 言い直したね いないという断定はまずいんだろね

←い: でもって、ふかわさんが曲紹介する直前に、ではぁ、って間をおきながら言ったら
●ま: 正解曲聞きましょうか
←い: って真理さん、ちょっとリードした。


次回(129回)ドン
←い: あれぇ? 映画音楽?ちゃうわなぁ・・・


◆: ドクターキッズさん 北海道でも春を強く感じる季節 仕事暇 子供達はご自愛忘れてはちゃめちゃしてほしい ウグイス色 エンドウマメの色
●ま: エンドウマまで一緒だった 小学校のとき言われてた あんまり嫌いじゃなかった
←い: あれ? 旧姓がエンドウさんなのか、真理ちゃん。 今頃・・・

◆: 石垣島はうりずんの季節 うりずんとは暖かくなり大地が潤う時期 甥っ子 春から尾道で大学生
←い: 今回沖縄の方が多い?
◆ふ: 春から尾道の大学生 プレミア感 映画のイメージも
←い: レントさんはそれで記事にしたのね。



「組曲“カヴァティーナ”から“舟歌”」 タンスマン作曲
←い: ゆめこさんが紹介くださったのとはまた違う舟歌ですな。



◆ふ: 春から大学生 ぴったりだね
●ま: (一瞬の間を置いて)どちらかというと あぁ行っちゃって寂しいな
←い: 取ってつけましたな、ふかわさん。


メンバー紹介
←い: 略 は できまへ~ん!

今日も快調の家族さんのご主人の今日も快調さん!(ヤヤコシかぁ)

        おめでとうございま~~~す!!!
狙い通り!(スゴ!)

◆: 通称ドボコンのお兄さん
◆ふ: 兄弟仲が悪かったのかも 真理さん演奏は?
●ま: ないです 演奏(CD)あるんだ!
←い: へぇ、チェロプロの方でも知らない曲なんですなぁ。てかなんでそんな曲を知ってるんだろか、快調さんは。

←い: あ、この二番(ちょっとかけてくれた)って、真理さんが徳島へ来たときの演目だぁ! すげぇオイラ! 聞いただけでわかった!(レヴェル低!)


←い: ってこの記事書いてるところに沖縄で強い地震って!!!


●ま: (←い:聞いての感想)いい曲 強いて言うなら、弟(第一)の方がチェロらしい、かな? ヴァイオリン的 軽やかな部分が多い 若いかな?
←い: あの・・・どっちが弟だ・・・?


 ♪

二回目のドン。
←い: あれ?ジングル聞いてから聞くとなんかそのジングルみたいにも聴こえるんですけど・・・頭混乱。


◆ふ: 5月3日はお休み。10日はシベリウス祭り。
←い: おぉ、シベリウスさんのリクエスト?が現実にぃ!

●ま: 好きな曲 投票は断トツになりそうな(曲がある)

●ま: シベリウス祭りのお便りの締め切りは5月1日、5月4日はベト祭り(再放送)


勝手に名付け親
◆: ①おばあさんのふところ
←い: お婆さんの懐? うん、まさにそう、直球ですな。

◆: ②睡魔からの挑戦状
←い: ふかわさん、捻りましたな。

◆: ③昔の夢
←い: なはは、アタシ、夢のまた夢、ってのを考えたんだけど・・・秀吉の辞世・・・ちと違う?

◆: ④スープのある食卓
←い: 文章の感じ、よく聞くパターンのような・・・いつも投稿(採用)されてる方かな?

◆: ⑤ようこそわたしのお別れ会へ
←い: おぉ! お葬式! そうよ、それよ! いい人だったなぁって感じでしょ?

◆: ⑥50年目のラブレター
←い: こういう感じの曲にはどれも合いそうな名づけですな。(というヒトリカンソウ)


◆ふ: 見事に分離(←い:ふたりで2個指差しで)

ベストは⑥
←い: あれま・・・・・・・・・


←い: あの・・・どうでもいいですけど、このコーナーに使う時間、短い、短くなってきてる、ような・・・
そろそろ終わりかなぁ・・・・・・番組情報にも載ってないし(以前から思ってるけど)・・・・・・・・・


さらにどうでもいいですけどぉ。なんか和楽器は分が悪いのかなぁ。
お知り合いの方でドンに和楽器ネタを使って投稿したって方がいらっしゃるけど、ジャズが採用されるし、
和楽器とか曲とか、ほとんど話題にならないような・・・採用もないような・・・とちょいふてくされる、というか
多分、トンチンカンな妄想なんでしょけど・・・・・・(前回の尾・・・)


◆: 大学のオケ(時代から) 4年 30年 5年 ヴィオラ ボーイングからもう一度習ううれしさ
◆ふ: 楽譜に書いてある?(ボーイング)
●ま: ではなくて 音の出し方を勉強


◆ふ: あえてヴァイオリンではなくてヴィオラにしようというのは(作曲)
●ま: 曲調 独特の中音域


「ビオラ・ソナタ 第2番から 第2楽章」 ブラームス作曲
←い: ちゃこぺんさ~ん! ・・・ ?


BGMのお題(第69回)
~ 鈴木三重吉 作 童話「命の泉」より ~

●ま: 文章の流れに沿っていい曲つくんじゃないか ワクワク
←い: もう!他人事みたいにぃ! 難しいお題なんすけど・・・(リスナーを代表して!)


「3つの映画音楽から“訓練と休息の音楽”“ワルツ”」 武満徹・作曲
←い: はっはぁ、連なってるんだね。繋がってる、というべきか?


おふたりの好きな曲
●ま: 「2つのチェロのための練習曲 第11番 イ短調」
←い: いっそがしい曲!練習してたら、腕と指つりそう!(想像)
●ま: デュポール モーツァルトとかベートーヴェンとかとも関わり チェロの技術をより向上させる テクニックだけではなくて様式を学ぶ(学生時代) 音楽的に充実
◆ふ: 学生時代に
●ま: 二本では弾いてなかった
←い: はぁ? 一本でってこと? 2台のチェロ分を1台でってこと?(なわけないか)

●ま: ふかわさんも是非チェロに挑戦を
◆ふ: さすがにこれ以上広げられない


◆ふ: 「組曲“ボヘミア”から“ポルカ”」 ドボルザーク作曲
←い: あれ? この曲、のだめちゃんの曲じゃないの?プラハかなんかの情景で、かな? かなかな? 前回に刺激を受けた?

◆ふ: これ良くないすか。
←い: いきなり圧力! ふかわぶし。

◆ふ: ふりまわされる音楽が好き(と言ってたが) メロディーラインこそキャッチーだが感情が振り回される
●ま: くすんだような 真鍮のような
◆ふ: 途中から楽しく また切なく 短時間に 気持ちを こんなにも振り回されるか
←い: この間、プラハってしらっと言いましたぁ、ふかわさん。

◆ふ: 音楽室の肖像画には必ず レギュラー
←い: ん? 話題復活?
◆ふ: ポルカの構成 ドボルザークの要素ぎっしり詰まってる
●ま: やっぱり故郷への愛 一度国を離れて より強く思いが詰まってる


←い: やっぱりジングルだぁ!(ドン3回目を聞いて)


◆: 県内ただひとつのパイプオルガン 定年退職後 3年レッスン 5月にコンサート 胸ドキドキ 手が震える
●ま: 素晴らしい企画
◆ふ: 仕事でパイプオルガン触ったことある
●ま: いろいろ(種類)
◆ふ: とにかく大きな壁
●ま: やっぱり練習すると言ってもオルガンの鍵盤だけではね。 ホールへ行かないと

◆ふ: 地方には少ない(パイプオルガン)


←い: あれ?最後の曲紹介の語調が変わった! ひょっとして録音? (考えすぎ)


◆ふ: このオルガンは何オルガン?(←い:最後の曲を聞いて)

◆ふ: オルガンは元々パイプオルガンが小型化?

◆ふ: 独特 寧ろデジタルに感じた(曲の感想)
●ま: ボォ~っという音の伸び方がね
◆ふ: 教会は音響が響きやすくなってる? 教会で演奏会は?
●ま: 音がものすごく伸びる  あと寒い
◆ふ: あの、おまえんち天井低くない っていうプチギャグ
←い: 知らない 聞いたことあるような気もするけど
◆ふ: 録音するときに お客さんが入ったときと入ってないときの音と違う
●ま: そこらへん計算

◆ふ: 夏と冬で厚着薄着でも違うのでは?そこまで気にしすぎ?

●ま: きにしすぎです (←い:ちょいあきれ気味。ご苦労さん) あと湿気
◆ふ: 寧ろ湿度 そこまで気にする段階ではないだろけど
●ま: 耳がいい証拠 残響がね すごい
◆ふ: バカにしてる バカにしてる凄い バカにしてるかどうかの針 敏感 すぐにがが~ん!


エンディング
◆ふ: 5月のシベリウス祭りいい
●ま: 一曲 思い浮かべてる 自転車の
◆ふ: わかりますわかります 赤毛のアン的なね


←い: あれ? 最後のラジネ紹介、異常に短けぇ!
スタッフが時間配分間違えた? なんかの録音? 誤魔化した? スタッフ代わった? などなど、野次馬的というか再度の妄想的憶測?


ではでは。


[ 2015/04/21 05時05分59秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今13件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 5802 ] いとうおおきにどすえ

いーともさん、詳しい紹介ありがとうごんざりますだ。
略してくれても良かったに。
兄は一郎、弟二郎です。ただし一郎産んだ時、母はまだ若かったちゅうことですな。
このサードロのCDたまたま中古品で見つけて、目から鱗飛ばしながら買ったんさあ。

我々夫婦の音楽の好みはかなり違うのですが、共通して大好きな作曲家というのが実はドヴォルザークとシベリウス!
これから夫はドヴォリウス、妻はシベルザークと名のろうやなどと半分本気で話し合いましたとさ。

[ 2015/04/21 10時45分35秒 ] [ 編集 ]

[ 5803 ] サード■ イチロー ・・・?


おはようございます、今日も快調さん。

>たまたま中古品で
見つけて、って、端から鱗は落ちてたんでしょなぁ。(目がいい!)


>略して
???
そんなぁ、ドヴォリウスはん、遠慮せんといてかぁ、これからもアンジョウガンバッテヤァ。


[ 2015/04/21 11時32分30秒 ] [ 編集 ]

[ 5804 ] コルトゥーナじゃないよ

オルフの「カルミナ・ブラーナ」に登場するのは「フォルトゥーナ」です。

[ 2015/04/21 15時47分29秒 ] [ 編集 ]

[ 5805 ] メンバー紹介の曲

今回メンバー紹介されたのは第一番にあたるチェロ協奏曲イ長調から第3楽章です。第2番がいわゆるドヴォコンと呼ばれるチェロ協奏曲ロ短調作品104です。僕はドヴォコンでは第三楽章が好きです。ちなみにこの曲の第一楽章のチェロが登場する前の第二主題の所がここ好きクラシック第一号として紹介されていました。第二号は僕が投稿したリムスキーコルサコフ作曲「シェエラザードから第4楽章「バグダッドの祭り~海~船は青銅の騎士のある岩にての難破~終曲」の祭りの部分の金管楽器の高速タンギングが紹介されました。
良かったらドヴォルザークのチェロ協奏曲ロ短調作品104から第3楽章
リムスキーコルサコフのシェエラザードから第4楽章を聞いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=q4iUyqI0WIw
https://www.youtube.com/watch?v=cI-aVgSThnY

[ 2015/04/21 15時58分55秒 ] [ 編集 ]

[ 5808 ] あっちゃぁ、また!



こんにちはぁ、シベリウスさん。

やってしまいましたか・・・
フォルトゥーナなのね。取り急ぎ修正しましたぁ。

いつもありがとうございま~す。

[ 2015/04/21 16時38分36秒 ] [ 編集 ]

[ 5809 ] URL、助かります。



続けてありがとうございます、シベリウスさん。

あとで聴いてみますね。


[ 2015/04/21 17時00分45秒 ] [ 編集 ]

[ 5812 ] 長くて申し訳ありません

こんばんは、シベルザークこと家族で~す。
ちょっとお疲れ?お忙しい?所、コメントご免なさいです(汗)

炬燵、うちもまだ出てますよー。というか道産子はストーブ派なので、コタツは家人専用。

川繋がりねぇ、レントさんの所で次は「美しく青きドナウ」か?!と盛り上がりました。

ナベサダ、懐かし~、んだんだ。
思うに、指使いがアルトサックスとフルートとソプラノリコーダーは仲間だと…。
中学の時、アルトサックスの子がフルートも器用に吹いてましたから。クラリネットの指はアルトリコーダーの仲間ね。

北海道のきな粉はウグイス色で、うぐいす餅も緑なのです。これは着色料ではなく、何だったかな?豆の種類が違うとかで…確か青大豆!初めて内地(本州の事)に来た時、きな粉が黄色くて驚きました。

そうそう、エールを送って下さい!とのお便りの学生さん(尾道系)、エールはどこ?と一瞬思った我々(笑)

メン紹でブログに取り上げて頂き、再々再度のお祝いのお言葉、ありがとうございました!

ブラームスのビオラ・ソナタ 第2番、大好き~!クラリネット版も。

武満さんの内訳(?)は、映画「ホゼ・トーレス」より「訓練と休息の音楽」、「黒い雨」より「葬送の音楽」、「他人の顔」より「ワルツ」って事らしいですね~

チェコ組曲(組曲ボヘミアとも言う)~ポルカは、千秋の指揮の先生…ヴィエラ先生が登場する時にかかりますよね、マンガもアニメも苦手で実写版(ドラマ&映画)しか観ていませんが。

シベリウス特集、楽しみぃ~~~♪

※曲名に間違い発覚、訂正済み。

[ 2015/04/21 17時55分27秒 ] [ 編集 ]

[ 5813 ] ひょっとして見てしまいましたぁ?



今晩はぁ、シベルザークさん、じゃない今日も快調の家族さん。

↑返コメに妙なのがあったでしょ。
疲れてるってかですねぇ、最近目が手に追いつかないのです。
(いわゆる手が早い!あれ?危ない人? じゃなくて、大分たってから、あれ?って気付いて編集しましたぁ)

>炬燵
なはは、アタシは今も入って書いてまして、
オフクロは、ストーヴに当たってますな。
(内地の人らしいっしょ?)

>レントさんの所で
の盛り上がりは、ご想像のとおり、なんじゃらほい、ですんでスルーね。

ナベサダンダ?
楽器のこともさっぱワカラン。
>アルトサックスとフルートとソプラノリコーダー
はお仲間なのね。ワタシが知ってるのは、中間(なかま)だけ・・・フルートね。

>北海道のきな粉はウグイス色
えぇ? 桃太郎さんのイメージがぁ・・・

>メン紹
麺正ってどっかで聞いたような・・・ん? 逆だったかな?(ナイスボケ!?)

>クラリネット版も。
あるのね。また聴かなきゃいけない宿題が・・・

>武満さんの内訳(?)
って、映画が3本あって、それぞれに作曲したってことですかぁ?
また宿題・・・・・・調べる時間がぁ・・・

千秋・・・実写版・・・
アタシモです。
あ、だけど、アニメも見たような・・・てか実写版、ほとんどアニメに忠実なような。
アニメ好きだけど、どうしてもTVになるとコマ数がねぇ。(関係ない? アニメの好きな異性を、そういえば知らないような・・・)
描く人の大変さと収入のアンバランスを思ってしまいます。(ちょい真面目・・・ヒトリゴト)

メンゴです!
>シベリウス特集
よりも足元がぁ・・・明日の記事がぁ・・・


[ 2015/04/21 20時35分02秒 ] [ 編集 ]

[ 5814 ] ありがとうございます

•゚・✿ヾ╲(。◕‿◕。)╱✿・゚:✲こんばんは~♬♫♬

遅くなりました、詳しく有難うございます。

舟歌はまだまだ知らない作曲家の曲があるのですね!
消しゴムはんこさんは、SL私と違う意味のSL(スペシャル・リスナー)
の中に入っていると思いました。
やパさん、パーカスちょんさん、などと同じ様にです。


今日は用事があって電車で出かけていましたが、
ここ数日お腹の具合があまり良くなかった猫が吐いていたので
心配で、すぐ猫専門のある病院へ事情を話して
お薬など貰ってきました。

女医さんで、すごく親切気に入ってしまいました。
様子を見て良くならなかったら連れて行くか、
往診にも来てくれるそうで安心しました。

昨年モモv-286がかかった病院は
猫専門でもないし、変えました。

なんてたった、家のv-283v-283達は
外を知らないんで、連れて行くほど重症でも無さそうだし
(食欲があるので)お薬だけ貰いました。

夫は冷たいもので、元気はあるし、食欲もあるし
何も心配ない、と言うのですが、口がきけない猫は
ほっておけないのです。
私が神経質すぎるのかもしれません。

そんな訳で、疲れ果てました (;-_-)

記事のこととまるで関係なくてすみません。

では・・・



[ 2015/04/21 20時59分07秒 ] [ 編集 ]

[ 5815 ] 遅いの?



今晩はぁ、ゆめさん。

ワタシは・・・いっつも24時間以上たってからコメするんで、何が遅いのかよくワカランのです。
毎日、その日のうちにコメいただき恐縮しておりやす・・・


ねぇ舟歌、いろいろあるんですなぁ。
日本だと、舟を漕ぐときの歌って感覚ですかねぇ。
漁師さんとかが鼻歌で歌ってたのが陽の目を見たとか?
なぁんて勝手なこと言ってます。

ニャンコちゃんの調子が悪いの?心配ですな。
ニャンともなければいいけど・・・使い古されたオトボケ・・・メンゴ・・・


[ 2015/04/21 22時20分27秒 ] [ 編集 ]

[ 5846 ] 六重奏曲

プーランクの六重奏曲から第3楽章の冒頭の合奏の後のホルンのフレーズが何回聴いても「いいものここから東京インテリア」と聞こえてしまうのは僕だけでしょうか?
別の記事に投稿してしまい削除したかったのですがパスワードを設定していなかったので削除できませんでした。
改めてここに投稿します。

[ 2015/04/23 17時04分30秒 ] [ 編集 ]

[ 5849 ] 空耳ですかぁ?



今晩はぁ、シベリウスさん。

あとで聞いてみまぁす!
(いつもそればっかでスンマセンン)

先のコメ、消しましょか?
削除したほうがよければ言ってください。管理人は消せますんで。


[ 2015/04/23 17時22分48秒 ] [ 編集 ]

[ 5852 ] 聞きました



今晩はぁ、シベリウスさん。

こちらを聞いてみました。
https://www.youtube.com/watch?v=_LdPtfBLemw

けど・・・ご想像どおり、さっぱわかりませんでしたぁ。
メンゴメンゴです。

>冒頭の合奏の後のホルンのフレーズ
ですよねぇ・・・

あのね、人の声に聞こえないのです。

ま、人それぞれだからいいじゃないですか!
(と自分に言う・・・)
ということで・・・

[ 2015/04/23 20時29分52秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/799-3412520c