[ 1668 ]  俳句作ってみたい

 
なんか歌心みたいなのが必要だよなぁ。 おいらには欠如してるよなぁ。

と常々感じるのが、BGM選手権や勝手に名付け親を考えるとき。

BGM選手権は曲を沢山知ってる人の方が有利。だろうけど、でもやはり連想力のようなものが必要。

名付け親もしかり。


ワタシの性格として、まぁしょもないことに興味を持つのはいいとして、

それを上手に言葉で言い表すのが下手だよなぁ。


と常々感じておるのです。

(あの・・・なにゆうてんねん、BGMでも採用されてるし名付け親なんて、自分で命とか言うてるやん!

っていうツッコミが聞こえてきそうでやんすが、なんちゅうか、もぉっとレヴェルを上げなあかんなぁ。

上には上がいてはるし、ってことです。

おうおう、どんどん上に昇って昇天してしまえ! っていう声も聞こえそうだけど・・・ここは謙虚に~ ん? 素直に?)


ということで、俳句の本を借りた。

あんまり難しそうでないのをね。


100年俳句計画

   bookhaiku100nen1.jpg


面白かったぁ。

そっかぁ、季語を入れなきゃ、って考えるんじゃなくて、

季語の残りを考える、季語の前後とか季語を決めてから考えるって発想かぁ。

これならできそうだぞぉ。


いっちょやってみっかな。


セミが庭で毎朝うるさいんで、蝉時雨(せみしぐれ) なんて季語はどう?


     せみしぐれ、いつもぎゃんぎゃんうるさいぞ

これって俳句やないよなぁ。
(小学一年生でももっと上手・・・)


     おやつどき蝉時雨止む甲子園

夏の甲子園大会をテレビで見ていて、ふとセミが鳴き止んだのに気づいた、という・・・
シーンを思い浮かべ・・・ないか・・・それに季語がふたつ入ってるし・・・

難しいねぇ。



     蝉時雨止むをじっと待つ小トカゲ

小さなトカゲがなんでか夏の日差しの強い日に、その日差しを受けながらじっとしてて
その上では、蝉がぎゃんぎゃん鳴いているという構図。
そのままではトカゲ君、干からびるよぉ、という警告も内在しているという非常に高度な俳句。

なんて・・・


いやぁ難しいっす。


他に、オフクロの病院へ行く車内で、いつもはラジオを点けて行くんだけど、
昨日は点けず、俳句を考えて、思いついたのが


     毎朝の勝者は誰だ蝉時雨

     涼風の雲海の下蝉時雨

     兼題の蝉時雨にて頭鳴る


ん~漢字は多いけど、小学3年生レヴェルかなぁ・・・難しい。


でしたぁ。


ではでは。     iconetomo.gif 



[ 2017/08/14 05時05分31秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今14件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 13224 ] どうなってんねん


涼しい、というより寒いぞ。

ただ今気温24℃! 曇り。


[ 2017/08/14 07時17分06秒 ] [ 編集 ]

[ 13225 ] どないしたんで(阿波弁ヴァージョンで)

番組ホームページに来週のタイトルが出ました。
それが・・・
「公開派遣」になってます。
ええっ、これまでこんなタイトルだったことはないですよね。

[ 2017/08/14 07時32分35秒 ] [ 編集 ]

[ 13226 ] どうなってんねん2


こちらは25度、晴れ。 涼しい、というより暑いぞ。(笑)

実は「季語」を入れて「俳句」に似たようなものを午後早くにいーともさんの記事を拝見したときに
考えたのですが、恥ずかしくて書きませんでした。でもいーともさんの「どうなってんねん」の
コメントに励まされて書くことにしました。
季語にはせみしぐれを使い、先日の記事のカニさんのような可愛いお目目をしたセミさんにお願いの
文章みたいなものです。 --せみしぐれくるまのなかでしなないで

あたたかくして(?)お過ごしくださいね。:-)

[ 2017/08/14 07時35分57秒 ] [ 編集 ]

[ 13227 ] 阿波弁ってえらいやっちゃ


おはようございます、BWV1000番さん。

番組HP確認しましたぁ。(今朝見たときには気づきませんでしたぁ)

http://blog-imgs-114.fc2.com/k/i/r/kiracladays/hp1708141.jpg


再放送もそうなってますな。

http://blog-imgs-114.fc2.com/k/i/r/kiracladays/hp1708142.jpg



なんでしょねぇ。「ほ」を変換すると放送ってなるよう辞書登録してて、
「は」は派遣で、「ほ」を「は」と打ち間違えてしまったとか?

ん~公開放送って変だから違うか・・・

   クイズです。どうしてこういう間違いをしてしまったのでしょう。
   正解の方にはステッカーを。
   締切は8月13日です。

なんてやれば面白いのに・・・? (締め切りは過去・・・)


[ 2017/08/14 09時26分22秒 ] [ 編集 ]

[ 13228 ] どうやったん?


こんにちはぁ、うめさん。

こっちも暑くなってきたぞ。蝉時雨たけなわ。

え?
>「どうなってんねん」
が励みに? それはそれは、何が幸いするかわかりませんな。


一句浮かんだのね。なかなか素直・・・
ただ・・・あの写真を見てない人は、つまりこの作品しか見てない人は、
イミシン(意味深長の略。 直接表面に現れない意味を奥に含んでいるようす。 byワタシの携帯内辞書より)
になりますなぁ。 suicide防止標語みたいな・・・車の中からセミの生命力を感じるみたいな、ね。
まぁ俳句っつぅのは、いろんな風景や事象を想像させるものだという意味ではいいと思いますけど、
ちょっと違う意味に取られちゃうかもぉ。難しいです。(てか し という単語の使い方が難しい?)

単純に、 せみしぐれ くるまのなかは べっせかい
なんてどうでしょう。


[ 2017/08/14 09時33分49秒 ] [ 編集 ]

[ 13229 ] どうやったん?2


Hahahaha
あの写真の拡大したセミさんの顔しか私には浮かんできませんでしたが いーともさんの仰る通りですね。

[ 2017/08/14 10時32分10秒 ] [ 編集 ]

[ 13230 ] コニチィワ

俳句に勤しむとは風流ですな。

蝉しぐれ 金時しぐれ 待つ日暮れ
訳・蝉が五月蠅い暑い日にゃ かき氷でも食って涼しい日暮れを待つのさ

[ 2017/08/14 10時52分10秒 ] [ 編集 ]

[ 13231 ] 面白い

こんにちは。

いーともさんが、歌心が欠如しているのなら、
私は、まるで無い事になります。

名付け親の文章、BGMに付ける文章にいつも感心しています。
そこで、俳句のお勉強ですか!

俳句と川柳は川柳の方が入りやすいですね。
うめさんがカニさんに反応してくださったのは嬉しいです。

「森が減りもっと聞きたい蝉しぐれ」

唯一残っている林があっという間に家が六件建ってしまいました。
こんなに引っ付いて建てて、住む人いるの?という感じ
庭無し、駐車場は二台分、耐震が条件みたいです。

では・・・

[ 2017/08/14 11時45分04秒 ] [ 編集 ]

[ 13232 ] どうやったん?3!


こんにちはぁ、うめさん。パート2?

すみませんね、好きかってなこと書きまして。
まぁそゆことで。


[ 2017/08/14 13時51分19秒 ] [ 編集 ]

[ 13233 ] 小さいコニチワ?


こんにちはぁ、ぷっぺさん。

ささっとそういうのができるって凄いですなぁ、相変わらず。
ん? 日ごろからネタ持ってる?

そういえば、かき氷、何十年食してないか・・・


[ 2017/08/14 13時54分58秒 ] [ 編集 ]

[ 13234 ] 面白楽しく


こんにちはぁ、ゆめこさん。

>川柳の方が入りやすい
ですかぁ? 前から思ってたんですけど川柳って難しい。
で今回、なんちゅうか俳句の登竜門の前まで来て、こりゃできるかもぉ、
って思ったんですけどね。やっぱ難しい・・・っす。

>「森が減りもっと聞きたい蝉しぐれ」
なるほどねぇ、そういうもんですか。

>こんなに引っ付いて建てて
まぁ不動産屋さんも儲けなあかんしね。
3階建てですかね?最近多いですね。


[ 2017/08/14 14時16分56秒 ] [ 編集 ]

[ 13235 ] もう・・・


公開収録の写真が載ってますな。

いっつもこんなに早かった?

http://www4.nhk.or.jp/kira/234/


[ 2017/08/14 20時02分40秒 ] [ 編集 ]

[ 13241 ] 五七五だから難しい

歌心!で俳句へ行きましたか^^;
会得するのに100年もかかるんですか?寿命が・・・(違
表紙を見て、誰々が何々するそーだ。と読んでしまったおバカな私を許して~
連想力?ならお任せ下さい!?あらぬ方向へ突っ走ります^^;
七五三の千歳飴とか・・・

蝉の脱皮からセミヌードへ行くのは仕方ないとして~
蝉時雨から時雨、中里恒子の「時雨の記」に、ラジオで朗読を聞いたのです、地味でしょ?
蝉時雨そのものは、藤沢周平の小説にありましたな、映画「蝉しぐれ」は観ました。
蝉時雨からしぐれ煮へ、蝉のしぐれ煮ではございません(食す地方もあるようですが・・・)、シジミか何かにしておきましょう、地味に~

いや~皆さん俳句をご披露されていますが、俳句は難しい!
まだ川柳や味噌一文字・・・もとい、三十一文字の短歌の方が楽かも?
あるブログの記事投稿が1000字、コメントは800字、きらクラの投稿が400字、ツイッターの投稿が140字、文字数が減れば減るほど難関だと思っています。

[ 2017/08/16 00時57分26秒 ] [ 編集 ]

[ 13243 ] 七五三は字足らず


おはようございます、快鳥家族さん。

アッハッハぁ!
>会得するのに100年
やのうて5分でできる俳句、から始まりまっせ。もろ入門書です。
というか、著者の熱意みたいなのがヒシヒシと感じられる本でしたぁ。
もちろん、登場人物、作品にも感動しましたよ。
100年後の俳句やら句界(というのかな?)がどうなっているか楽しみ、って感じです。
逆に、ワタシも子供達に習わせておけばよかった、って思いましたぁ。

連想一杯ありがとうございます。

>中里恒子の「時雨の記」に
どんなでしたっけ・・・あとで図書館に予約しまぁっす!

>藤沢周平の小説
読みました読みました! あれ?どんな内容だっけ・・・

>蝉時雨からしぐれ煮
どんなんでしたっけ? 佃煮みたいなもん? まぁ検索してみりゃいいことですな。
(てかなんでも忘れるの得意!)

>文字数が減れば減るほど難関
ナハハ、ワタシャ逆かもぉ。短い方が好き。
「きらクラ!」の投稿文なんか、しゃしゃっと短いの書いて、そこに肉付けしていく感じですもんねぇ。
修飾とかメンドイけど、どうやら丁寧に書いた方が採用されやすっぽいみたいなんで
泣く泣く、は大袈裟か、渋々、これも言いすぎ? まぁえっちらおっちら語数を増やしてます。

人それぞれなんでしょね。


[ 2017/08/16 06時12分22秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/1668-249a7860