[ 1386 ]  第211回 (2016/11/6放送)  を聴いて

 

前番組の松尾堂も面白い! だけど録音してまで聴こうと思わないのはなんでだろ・・・
(あ、そか、投稿コーナーがないもんね)

ただ、最後の音楽。
なんか小鼓がポンポンとなるエンディングの音楽を聴くと、ごめんなさい、次の「きらクラ!」に向けて身が引き締まるのです。
(変?)





で以下、いつものように、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening
◆ふ: 先週はお疲れさまでした すみませんね カンカンね
●ま: 終わってしまうとまたさみしい


◆: 先週の公開収録は 四国お遍路の途中 カーラジオで拝聴 徳島から室戸岬へ向かう途中 水平線の遥か先にはアメリカ 吸い込まれていきそう ラジオがあればどこでも聴ける


◆: 東京都のハニーちゃんさん 
←い:あれ? ハニーさんではない?
◆: 公開収録に伺いました 最後は掛け声で参加 クラシックとジャズの融合 きらクラ!の懐の深さ 帰りにNHKの社食近くでいい香りまで 堪能
◆ふ: 何も知らずんにラジオをつけたら あ、ジャズ番組かなと思ってしまうぐらいジャズ濃度が強いクラシック番組だったんじゃないか
←い: でしたなぁ
◆ふ: 音楽が垣根を超えて イントロのチェロで奏でるサンバ ぐっとくる
●ま: 意識せずに いただいた楽譜を見て 楽しんで弾いた
◆ふ:  チェロでメロディーラインを弾いているのは初めて
●ま: 上柴先生 編曲ありがとうございます。

◆ふ: 手拍子が 自然なのか誰かがけん引してるのかわかりませんが
←い: ナハハ 誰かがやってるよね

●ま: 不思議なのはふかわさんが楽譜見てなかった あのアドリブ感が良かった
←い: だよねぇ。ギャラリー見て、あれぇ?と思ったよ
◆ふ:  楽譜は見なかったものの聞きまくりました 曲の中に溺れようと 自然に。 慌てて止まるぐらいな
←い: なぁるほど。それで、あれ?中途半端に止まった、って箇所があったのね。




←い: Devil's Loveかと思ったワタシ↓・・・てか目が悪なったぁ・・・

「デビルズ・ラグ」 マティシア作曲
(4分49秒)
(サクソフォン)大森義基
(ピアノ)白石光隆
<MEISTER MUSIC MM-1120>




ドン
◆: 公開収録は迫力 お地蔵さまになってしまいそう おとなしく家で寛いで聞くのが向いている ダメでもニアピンという気持ちで応募
◆ふ: あそこで座っていると勇気いる

●ま: 今回手の上げ方練習してもらって良かった


◆: 小学生の頃中学生になった姉が買ってもらったCD 天体を眺めるのが楽しみに 最近では娘も関心を


◆: いつもいつも憂鬱な月曜の朝を楽しみに変えてくれる (正解曲)キラキラが宇宙空間


◆: (小学校6年生)3回目の投稿 投稿前の月曜朝の放送楽しみ ドンはなんとか聞けてます 小学校生活最後の音楽家会で演奏(正解曲) 生で初めて聞いたのは小学校1年のサントリーホール
●ま: 凄い!
◆: 今回はトライアングル担当

●ま: コンサートホールは小学生から入れる 満を持して、ですね


◆: 中学校1年のときに買ってもらったステレオにデモLPレコードの最初に入っていた曲 
◆ふ: カセットテープも最近盛り返して
←い: そうらしいね ラジオを聞いてると新曲をカセットで販売なんて言ってることがあるね


◆: 小学生の頃 家の風呂を沸かすかかり(←い:おぉ!オイラもぉ!) 薪を焚いて湧かすタイプ 
←い: 紙を焼いて、木に火を移して、石炭で炊いてたなぁ・・・懐かしい
◆: 6時のテレビのニュースの冒頭が正解曲
風呂の焚口の鋳物の扉を開けるきしんだ音 が正解曲に似ている 不思議だなぁと思っていた
←い: 言われればそういえば・・・


◆ふ: たいていのことは時間が輝きを与えてくれる 
←い: うまいこと言うなぁ
●ま: 素敵なエピソード



ニアピン
◆: 公開収録見に行った いろいろなものを感じ取れる素晴らしい時間
バルトーク ピアノ協奏曲第3番の第一楽章に似ている 


◆: 太田裕美さんの木綿のハンカチーフかな? 
 でもやっぱり正解曲ではないでしょうか。 
是非ともステッカーを。 

◆ふ: ハンカチーフをつけずに木綿と木星だけでxx (←い:なんて言ったのかわからんかった) 
(DJとして)反省 はい! 残念!

←い:ステッカー残念



当選者
◆: 中学の音楽の授業で初めて聞いた それまではクラシックは敷居が高かった この曲を聞いてダイナミック まるでSF映画みたい かっこいい なけなしの小遣いをはたいてレナードバーンスタインのLPを購入 クラシックを好きになるきっかけ
◆ふ: お小遣いを貯めて 懐かしい
●ま: 欲しくてしょうがないものをね



第196回きらクラ!ドンの出題
◆ふ: あ! わかりました!
←い: へ? わかりません!



<きらクラDON正解曲>
「組曲“惑星”から“快楽の神、木星”」 ホルスト作曲
(8分17秒)
(管弦楽)ニューヨーク・フィルハーモニック
(指揮)レナード・バーンスタイン
<SONY SRCR 9080>




◆: 公開収録に妻とふたりでいそいそと出かけた 本番前の掛け声の練習から始まりすっかりリラックス そのくせゲストの演奏ではその音色の美しさやテクニックの素晴らしさにいつの間にか背筋がピン! 生きらクラ!ドンも半分ぐらいわかったが勇気が出ず、隣の妻に小声で囁く程度 まったく困った性格。



◆: 公開収録は落選 ふかわさんがあの曲を演奏するのに、と残念だったがブラジルでした パーカスチョンをやっていたワタシには思い出深い曲 特にホイッスルは一番美味しそう チェロスタートとは飛び上がった アゴゴベル(ふかわさん)の手首の疲労感がラジオを通じて見えるよう まるで発表会に出ている我が子を見守る保護者のようにハラハラ そしてホイッスルの番 遠慮がちな恥ずかしがりのラテン系という感じ 完奏に拍手
楽譜にも記載があるブラジルという掛け声にはきらクラ!という声も混じっていて一体感
←い: きらクラ!っていう声もあったの?わかんなかった。

◆ふ: コルクがね まさかのつまっちゃった
●ま: 持ってますね
◆ふ: 全然でないんですよ
●ま: 面白かった



◆: きらクラ!のおかげで友達ができた 昨年公開収録の抽選でがっかり ネットで書くと返信が (それから)やりとり 彼女は鳥取県在住 今回抽選に当たり、彼女上京して一緒に参加
←い: 鳥取県の人いらっしゃいましたなぁ。え?↓
◆ふ: さぁそして 鳥取県の
◆: SNSで知り合った顔も知らなかった友人 収録開始一時間前に初めまして ふたりでNHKに乗り込み 以前いただいたステッカーを分け合い
←い: あ、当日のではないのか
●ま:  あら
◆: とてもいい友人に出会えたときらクラ!に感謝感謝 真理さんへも質問できてとてもいい思い出
●ま: あの方ですね。
←い: あぁいいお話しだぁ~




「蝶と花」 フォーレ作曲
(2分15秒)
(ソプラノ)ヴェロニク・ジャンス
(ピアノ)ロジャー・ヴィニョールズ
<EMI TOCE-55154>



◆ふ: 続いてのお便りも公開収録にまつわるお便りではあるんですが、
◆: 初めて投稿 村治さんの演奏素晴らしかった たまたま思い立って ディアンスを検索 先週の放送前日に61歳で亡くなられていた(←い:61!) 哀悼の思いを込めて ↓

◆ふ: 以前パククギさんがいらしたときにも同じ曲を演奏なさったぐらいギタリストにとってはなくてはならない曲


「“マルセル・ダディへの2つの賛歌”から “悲しいミュゼット”」ローラン・ディアンス作曲
(5分01秒)
(ギター)ローラン・ディアンス
<avex AVCL-25010>

◆ふ: 早い印象(亡くなられるのが) 月並みだが音楽はずぅっと奏でられる




ここ好きクラシック
←い: 略ですなぁ。

「チェロ協奏曲 第1番 ハ長調から 第1楽章」 ハイドン作曲
(8分20秒)
(チェロ)マキシミリアン・ホルヌング
(管弦楽)カンマーアカデミー・ポツダム
(指揮)アントネッロ・マナコルダ
<SONY SICC 30230>

●ま: 演奏していても非常に気持ちを入れて弾いてしまう箇所 なのでここ好きとおっしゃっていただくと嬉しい
←い: だそうです。




◆: 最近アニメとコラボしたオーケストラ演奏会が人気
←い: ふ~んそうなの。
◆: いつも聞いている機械的な音と違って生は興奮

◆ふ: ゲーム音楽の存在感、非常に高まっている
●ま: ホントにそうですねぇ
←い: へぇそうなの。 以下、ようわからん会話なんで略ぅ。(そもそもRPGの面白味がわからないワタシです・・・)



「交響組曲“ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…”から 戦闘のテーマ~アレフガルドにて~勇者の挑戦」
すぎやまこういち・作曲

(5分33秒)
(管弦楽)NHK交響楽団
(指揮)すぎやまこういち
<SME・ビジュアルワークス SVWC7071>




◆ふ: なんと、(日曜日の)今夜!
●ま:  午後11時50分からNHKBSプレミアムにてシンフォニックゲーマーズ
←い: なんちゃら、という番組があるそうです。(ってこの記事アップした時にはもう過去のこと・・・月曜の再放送聞く人にもなんじゃらほい。というかぁ、なんでこういうことは触れるのに再放送がないとかには触れないのかねぇ。ようわからん!)




BGM選手権

◆: ① らめちゃんさん

「交響曲 第7番から第2楽章(抜粋)」 ブルックナー作曲
(管弦楽)フランクフルト放送交響楽団
(指揮)エリアフ・インバル
<Warner WPCS-21015>

◆ふ: 素晴らしい 
●ま: なんて美しい


◆: ② satotakaさん

おぉ、おめでとうございま~す!
(凄い文章!)

「“ラメンターテ”から 第8曲(抜粋)」アルヴォ・ペルト作曲
(ピアノ)アレクセイ・リュビーモフ
(管弦楽)SWRシュツットガルト放送交響楽団
(指揮)アンドレイ・ボレイコ
<ECM Records UCCE-2049>


◆ふ: シリアス

◆: ③ ピアノ大好きさん

「ピアノ協奏曲 第1番から 第1楽章(抜粋)」 バッハ作曲
(ピアノ&指揮)アンドラーシュ・シフ
(管弦楽)ヨーロッパ室内管弦楽団
<ポリグラム POCL-4363/4>

←い: ん~ バッハかぁ・・・なぁんにでも合う曲がありそうなぁ・・・(って言ってみましたぁ)


◆: ④ だいこんおろしさん ←い:なんとぷっぺさんでした!(ひらがな) おめでとうございま~す!


「アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618(抜粋)」 モーツァルト作曲
(合唱)バイエルン放送合唱団
(管弦楽)バイエルン放送交響楽団
(指揮)レナード・バーンスタイン
<DEUTSCHE GRAMMOPHON
POCG-1437>


←い: ん~ベストは②でしょうなぁ。



●ま: いいですか?
←い: ん? どういうこと? ふかわさんは違う曲だったの? ①か?

で、

ベストは やはり文句なしの②でしたぁ!

satotakaさん おめでとうございま~~す!





←い: で、番組表で気になってた曲。↓ まさかの・・・
勝手に名付け親のお題 !

「交響曲第9番 ホ短調 作品95 新世界から 第2楽章」 ドボルザーク作曲
(12分09秒)
(管弦楽)クリーブランド管弦楽団
(指揮)ジョージ・セル
<SONY SRCR 2551>

←い: 段々スタッフさんが意固地になってまんなぁ。
これでどないや、みたいな・・・

に対して、リスナーは、まぁ適当にやりま、こっちは、みたいな・・・(あ、ワタシがリスナー代表してぇ・・・って!?)

てかぁ、なんでこんな長い曲をお題にするかなぁ。途中でいろんな展開があって、名付けるのめっちゃ難しいでしょ。 (え? そこ!? 自返コメ・・・)




おふたりの好きな曲
◆ふ: 「組曲“カレリア”から行進曲風に」 シベリウス作曲
(4分14秒)
(管弦楽)オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)マリス・ヤンソンス
<EMI TOCE-55322>

◆ふ: ワタシがこの曲をかけたら冬 さぁ冬だ始まりだ、と
←い: ブログにもなんか書いてはりましたな



「ギター五重奏曲 第7番 ホ短調から 第4楽章」 ボッケリーニ作曲
(5分15秒)
(ギター)ナルシソ・イエペス
(演奏)メロス弦楽四重奏団
<Deutsche Grammophon
POCG-90160>

●ま: 先日公開収録のあとに村治さんとご飯行ってお酒飲みながら何かやりたいよねぇ いつかやりたい、と
◆ふ: 共演は?
●ま: こないだが初めて
◆ふ: 張り合いあった?
●ま: 素敵としか言葉が出てこない
◆ふ: しなやかさもあるが強さ逞しさ がありました



ドンの3回目を聞いて
◆ふ: ワタシはもう。 ワタシがわかったってのある種ヒント?
←い: ん~ わからんけどなぁんか聞いたことあるかも・・・




◆: 23日の第九合唱後半 還暦記念にアマチュア第九合唱団に参加 ベートーヴェンは暑苦しいという思い込み いざ参加してみると暑苦しいのもいいなぁ 自分で演奏したり歌ったりしてみると感動も倍増


◆: 北海道は既に冬の様相 ふかわさんお奨めの曲マリンバによる亡き王女のパヴァーヌ 哀感と温かみを併せ持つ不思議なトーンで体に染み入りました。今はもう会えない親しい人や失われた物事を思う時間はこんな風に暖かさを与えてくれ、それが一層悲しさを深めるような気がします。
昔アメリカのオムニバス映画で、母と娘のピクニックの話がありました。晴れた日にふたりで楽しく時間を過ごした後、ふとした瞬間に娘はいなくなります。
そして本当は大分前に亡くなった娘の幻を見ていたことに母親は気づいて、少し泣いたあとまたいつもどおり家路につきます。こんな風な場面を思い出しました。これからもきらクラ!で多くの未知なる曲に出会えることを願っております。
◆ふ: お便り、ありがとうございました。
←い: 右に同じ・・・です。




「6つのピアノ小品 作品118から 間奏曲 イ短調」 ブラームス作曲
(2分13秒)
(ピアノ)ヴァレリー・アファナシエフ
<DENON COCO-70444>




エンディング
◆ふ: さっきのオムニバス映画のタイトル・・・わからないままでもいいのかなぁ
←い:今日はなんか押してて残り時間も少なく、ちゃっちゃと終わりました。




結局、やっぱりまつゆき草の話には触れませんでしたぁ。








ではでは。   banneretomo.gif


[ 2016/11/08 05時05分34秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今8件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 10491 ] おはようござーいます

改めて、ありがとうございます。
しかし、④のアヴェ・ヴェルム・コルプスは有名すぎたんでしょうか
イマイチしっくりこなかったのかなぁ。

[ 2016/11/08 06時30分47秒 ] [ 編集 ]

[ 10492 ] お便りありがとう・・・


おはようございます、気になる事はすぐ調べて快感を得る少数派で~す。
時間が無かって、ふかわさんが思い出せなかった映画。
昔って言うから、どんだけ昔かと思いましたよ、アメリカのオムニバス映画。
2005年、ロドリゴ・ガルシア監督の「美しい人」(原題は“9 lives”)の9番目、「マギーの場合」らしいです。
確かに10年ひと昔とは言いますね、それとタイトルは英語の諺“A cat has nine lives.(猫に九生)”からとっているとか。
美しい人にも、美しくない人にも様々な人生がある!? ちょいきらクラ!から話がずれました~

[ 2016/11/08 06時32分39秒 ] [ 編集 ]

[ 10493 ] おっはよう、ござーいまーす



有名曲すぎたんですかねぇ、ぷっぺさん。

なんかふかわさんのノリがイマイチでしたかね。
しっくりきすぎてたとか?


[ 2016/11/08 09時34分00秒 ] [ 編集 ]

[ 10494 ] あんなお便り書いてみたいです



おはようございます、快鳥家族さん。

少数派の検索魔さん、検索ありがとうございます。
どうやって見つけるのぉ?

ん?あれ? タイトル、
A cat has million lives.
じゃないのね・・・・・ テヘヘ。
http://kiracladays.blog.fc2.com/blog-entry-1325.html


[ 2016/11/08 09時40分13秒 ] [ 編集 ]

[ 10495 ] お便りに感心


•゚・✿ヾ╲(。◕‿◕。)╱✿・゚:✲こんばんは~♬♫♬

今回もリスナーさんからのお便りが良かったですね。
何でも採用はお便り勝負でしょうか?

A cat has nine lives、これは有名で猫仲間では、
お病気の猫ちゃんなどに、使っています。
なので、大丈夫よ!という意味です。
簡単に死なないと、本当にそうなら良いのですが。

お話が反れましたm(__)m

[ 2016/11/08 17時15分33秒 ] [ 編集 ]

[ 10496 ] お便りにほろっとします



こんばんはぁ、ゆめこさん。

>お便り勝負
ナハハ。単純なお便りだとエピソードとか文章力とか必要でしょうなぁ。
でもコーナーだと凄い文章のもあるけど簡単なのもあるし。
やっぱ内容(あるいはインパクト)では? (あ、ラジネのインパクトは関係・・・ある?ない?)

>A cat has nine lives、これは有名
でしたか。それはまたお恥ずかしい・・・
教えていただきありがとうございます。(世間知らずのワタシ・・・)


[ 2016/11/08 17時34分47秒 ] [ 編集 ]

[ 10497 ] 新世界ならズボラかまそか

名付け親、確かに仰るとおり、長すぎて苦戦しておりま。
今日が〆切かあ、きついなあ^^;

[ 2016/11/09 02時40分47秒 ] [ 編集 ]

[ 10498 ] づぼらやでてっちり食べた~い



おはようございます、今日も快調さん。

寒なりましたなぁ。
こたつの周りにいろんなもん集めてなるべく出んでもええようにしてます。(ずぼら?)

苦戦ですかぁ。
アタシャ開き直っていくつか・・・


[ 2016/11/09 05時26分05秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/1386-40e7c0b3