[ 1329 ]  第203回 (2016/9/11放送)  を聴いて

 

カタルシスってなんじゃろか・・・




で以下、いつものように、

◆ふ: は、ふかわさん
●ま: は、真理さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening

◆: フーマン、ありがとう、夏にフタをしてくれて。ダニーボーイは大好きです。
←い:簡潔なお便り!
◆ふ: 嬉しい。その表現でよかったみたい。みなさんのフタソングも知りたい。



◆: 冬は装いが似合うのでは?
◆ふ: なるほど! (でも)冬だけのものにはなってないかも。
←い: 前回の話の続きですな。偏屈さんはなかなか折れません。


◆: 5月2日から4日、東京芸大の芸祭 息子が是非見に来てくれと 上野公園でアピール合戦 (←い:ふーん) 完成度の高さと盛り上がりにびっくり 真理さんもお神輿をかついだり踊りまくった?思い出話ある? 相当な声フェチのワタシにとって、おふたりの声はカタルシス
●ま: 懐かしい お神輿にしておくのは勿体ないぐらい そのまま美術作品

◆ふ: 真理さんは積極的に参加?
●ま: いいえ
秋はコンクールの時期なので・・・


←い: どうでもいいけど、カタルシスって・・・wikipediaによると・・・難しい・・・(略)



◆ふ: リクエストにおこたえ。(←い:お便りの紹介なくいきなりでした) ↓

「歌劇“カヴァレリア・ルスティカーナ”から 開幕の合唱“オレンジの花はかおり”」マスカーニ作曲
(5分09秒)
(合唱団)コヴェントガーデン王立歌劇場合唱団
(管弦楽)フィルハーモニア管弦楽団
(指揮)ジュゼッペ・シノーポリ
<Deutsche Grammophon
POCG-9319>



◆ふ: 見つけてしまったよ 冬支度
←い: まだ尾を引いてますな
◆ふ: あともう一個見つけた 冬将軍
●ま: 今一歩語呂が(合わない)
◆ふ: え?きましたぁ?厳しいですね。
←い: いいコンビというか真理さん強くなりましたなぁ。




ドン
◆: プロコフィエフの古典交響曲と混同していた。今回の出題でしっかり覚えた。
←い: ふ~ん。(こればっかになりそう・・・)


◆: これこれ、大好きだった 鼻歌は最後までいきそうなのに 題名がでてこない 体のどこかにひっかかっている記憶はじたばたと無心を繰り返すことででてくるもんですね
◆ふ: 視覚情報も目が動いてるほうが活性化するという話も。 家でじっくり熟成させる時間も意味もあるんでしょうけど。


◆ふ: プルチネルラって ロシア語?
●ま: すみません 音楽を聴いていた すごくいい曲 所々ストラヴィンスキーらしさも
←い: 強いマリ~



◆: ちげぇねぇ自信満々 春の祭典、ペトルーシュカ、火の鳥ぐらいしか知らなかったが(←い:そか、その辺りが入門なのね) 初期の歌曲にでくわしてこれはなんだ?と。 無骨で怖そうなオッサン 少し感心 騙されたような気がしたものです。
←い: ふ~ん、ベトさんみたいなもんか?


◆: アマチュアチェロ弾きの夫が練習している曲



●ま: プルチネルラって鳥のこと イタリア語と
◆ふ: あ、今連絡が?
●ま: 耳に入りました


◆: 原曲のドメニコガロ作曲~~と(←い:ようわからんので略ね)紛らわしいが 音の多さから間違いないと思う。 どうアレンジしようかと思っていたら NHK古楽の楽しみで(のおかげで) 演奏できた。
◆ふ: ガロの曲を元にしたもの。はじクラ現象。


◆ふ: (聞いて)違いがわからないぐらい。
●ま: ストラヴィンスキー、オーケストラのために元々書いた。 イタリア組曲やったときに聞いた。思い出した。
←い: ようわからん話・・・リキマリ~(力ね)

◆ふ: この曲を知っていながら見分けるのもなかなか。
←い: 確かに。




ニアピン
◆: 夫婦で意見が分かれた。 オーボエ吹きのワタシはプルチネルラ フルート吹きの妻はアルルの女 メヌエット。 どちらもはずれなら家庭は温和なのですが。
◆ふ:(聞いて)凄い似てますね。
●ま: ヴァイオリンの跳躍がある。でもその跳躍の距離がちょっとねぇ。

←い:真理さん今日はなんかリキリキです。 三浦友理枝さんを思い出す・・・ ステッカー残念



当選者
◆: 今から20数年前大学のオーケストラでやった曲。後輩と結婚し娘。同じく大学オーケストラを満喫し来春就職。自分の昔は白黒でないのに、そう思われてるんだろなぁ、と不思議な気分。
●ま: 写真の話?
←い: ようわからん展開でしたな。

◆ふ: セピア色? 色あせる。デジタルだとどうなんだろ。
←い: なかなか話題を繋ぐのが難しかった? (ひょっとすると投稿文をカットしてるとか?)



<きらクラDON正解曲>
「バレエ音楽“プルチネルラ”から 序曲」 ストラヴィンスキー作曲
(1分57秒)
(管弦楽)ロンドン交響楽団
(指揮)クラウディオ・アバド
<Deutsche Grammophon
POCG-2758//9>




◆ふ: 以前紹介したアフリカにまつわる曲のお便り ↓ (リクエスト)

「アフリカの民謡による交響的変奏曲 作品63(抜粋)」 コールリッジ・テイラー作曲
<LONDON POCL-1327>

◆ふ: ブラックマーラーと呼ばれている(↑の作曲家)
←い: こりゃじゃくさんのコメント(or記事)が楽しみですな。


◆: 茶人とイチゴさん おぉ、おめでとうございま~す! 高速タンギングさん。 ↓ (リクエスト)

「ウィンドオーケストラのためのムーブメントⅡ “サバンナ”(抜粋)」石原忠興・作曲
<KOSEI PUBLISHING KOCD-2902>


●ま:(聞いて)象がパオーンって出てきました。
←い: ホンニ!


◆: リクエスト↓

「アフリカン・シンフォニー」 ヴァン・マッコイ作曲、岩井直溥・編曲
(4分23秒)
(吹奏楽)東京佼成ウインドオーケストラ
(指揮)岩井直溥
<TOSHIBA Records TOCZ-9288>

◆ふ: 作曲者、遠藤さんもご存知と思う ハッスル!
●ま: アッハッハッハ わかりました。




ここ好きクラシック
←い: サン・サーンスもアフリカつながりらしいです。まぁ略させてもらいますけどね。 11分強! ↓

「ピアノ協奏曲 第5番 ヘ長調 作品103から 第2楽章」 サン・サーンス作曲
(11分48秒)
(ピアノ)パスカル・ロジェ
(管弦楽)ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
(指揮)シャルル・デュトワ
<LONDON POCL-3089>




始まりはクラシック はじクラ♪
←い: これも略
 
「組曲“キージェ中尉”から“ロマンス”(抜粋)」 プロコフィエフ作曲
<SONY 32DC218>

「ラシアンズ(抜粋)」
(歌)スティング
<AMT D25Y3276>



←い: ↓ 今度はスティングつながり。

「ウィロビー卿ご帰館」 ダウランド作曲、スティング、カラマーゾフ編曲
(1分34秒)
(リュート)スティング
(リュート)エディン・カラマーゾフ
<DEUTSCHE GRAMMOPHON
UCCH-1018>


「暗闇に私を住まわせて」 ダウランド作曲、スティング、カラマーゾフ編曲
(4分07秒)
(歌)スティング
(リュート)エディン・カラマーゾフ
<DEUTSCHE GRAMMOPHON UCCH-1018>




◆: 初めてお便り 先日は兄共々お世話に
←い: ん?
◆: はじクラ
←い: またはじクラ? また略ね。 と思ったら、 え? ピアニート公爵って言った? そうなんだ! いいねぇ。リスナーの鏡だね! だけど略ね・・・一応、お便りは・・・また時間があれば筆起しします。



「ダッタン人の踊り(抜粋)」 ボロディン作曲
<CANYON Classics PCCL-00562>

「The Garden of Everything ~電気ロケットに君をつれて~(抜粋)」菅野よう子・作曲
(歌)坂本真綾
(歌)スティーブ・コンテ
<VICTOR VICL-35472>


←い: また11分強、というか12分弱↓ まぁいいけど・・・

「歌劇“イーゴリ公”から“ダッタン人の踊りと合唱”」 ボロディン作曲
(11分48秒)
(管弦楽)ロシア国立交響楽団
(指揮)エフゲーニ・スヴェトラーノフ
<CANYON Classics PCCL-00562>




勝手に名付け親
←い: 番組始まって1時間19分 えらい遅いね。

◆: ① すずもと さちこさん 「名月に魅せられ 名月に見入る人々」

←い:名月に見入る人々 だけでもいいような・・・偉そうに!


◆: ② 孫なし爺さんさん 「自分に聞かせる子守唄」

←い:母親や子守唄は連想しましたな。あと、おふたりの寸劇があったけど、お便りに書いてたんだね。ということはお手紙?


◆: ③ みほっぺさん 「それでもワタシは歩み続ける いつかアナタに会える日まで」

←い:前回のちゃこぺんさんの作品に似てるな


◆: ④ 平塚のハイカラさん 「お父さんの千鳥足」

←い:BGMのお題、酒の追憶に影響された?


◆: ⑤ 晩酌にはパン食さん 「消え行く我が家」

←い:ん~ワタシにはない発想! てか、ばぁんしゃく、って聞こえたんでピアニート公爵の投稿かと・・・違うか・・・


◆: ⑥ ぱーかすちょんさん (←い:お! おめでとうございます!) 「絹のスジ雲」

←い:綺麗!(いつもながらの綺麗な作品だ・・・)


ベストは、⑤




「パッサカリア ト短調」 ビーバー作曲
(7分54秒)
(バイオリン)エンリコ・オノフリ
<Anchor Records UZCL-1003>



◆ふ: こんなお便りが届きました
◆: カセットテープにインレタしていた時代があった 背ラベルや表裏に 書体を見つけて喜々としていた
◆ふ: あったねぇ! うんうん(←い:ふかわさん嬉しそう)
◆: 熊本地震から5ヶ月。クローゼットは扉が開かないまま。まともな夏服を着られないまま秋を迎えてしまいました。
←い: 凄い元気をもらえるお便り!




 ♪ 



おふたりの好きな曲
●ま: 「涙」 タレガ作曲
(1分42秒)
(ギター)イェラン・セルシェル
<Deutsche Grammophon
POCG-10113>

◆ふ: 涙ですか
●ま: 秋の気配を感じる
◆ふ: 方向性が近い↓


◆ふ: 「故郷の人々」 フォスター作曲、湯浅譲二・編曲
(5分50秒)
(合唱)東京混声合唱団
(指揮)山田和樹
<Fontec EFCD4110>

◆ふ: 曲調、ノスタルジー。郷愁の しゅう は哀愁 のしゅう。 秋の心と書くわけじゃないですか
←い: どしたの、急に。前回は心が2回とか・・・

◆ふ: 小学生の頃 生意気に最後 リタルダント
●ま: フェルマータ
◆ふ: 可愛らしい あれね
←い: これね。

  160912fermata.jpg
クレヨンしんちゃんの目みたい・・・ ちょっとデカ過ぎたか・・・



◆: 始めて応募させていただきます。主人が子供達を映画館に連れて行ってくれたおかげで前回放送を最後まで聴けた。 8年振り、パパに感謝。
●ま: 自分ひとりになる時間がどれだけ貴重なものか。 家族がいる幸せもあるんですけどね。
←い: そうよ、そういうちょっとした気配りで人間生き返るんですよ! (←い:って、偉そうに! ん?自コメです)




「パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV825からプレリュード、クラント」バッハ作曲
(4分31秒)
(ピアノ)フランチェスコ・トリスターノ
<Deutsche Grammophon
UCCG-1537>



◆: 前回の福島公開収録 風邪をひき 扁桃腺♪  今回は往復ハガキを持って近くの神社へお参り 当たりますように! 新潟の収録にお伺いします。
←い: ハニーちゃんさんってハニーさん? お便りの内容から考えて違うハニーさんか。




エンディング
◆ふ: ワタシも楽譜を渡されて・・・
←い: なんかやらされるんだぁ! そりゃそうだろね。



●ま: 今日は3回も遠藤さん
◆ふ: 違和感あります? なんなら真理でも 近づきすぎ?
●ま: 近づき過ぎですね。
←い: どうしたんだろね。確かに遠藤さんって言ってましたな。 改まってなんかあった?



←い: あれ? 宿題なし? スタッフさん、夏休み? ふかわさん旅行? 真理さん休養?

あ、そか、公開収録のときに宿題出すわけね。
また生演奏に名付けろとか?
ま、自然体で行きましょ。



えっと・・・ 9.11 には触れなかったね・・・・・・




ではでは。   banneretomo.gif


[ 2016/09/13 05時05分01秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今10件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 9946 ] まとめありがとうございます


✲◕‿◕✲おはよう✲◕‿◕✲

ピアニート公爵さんには、驚きましたね。
兄共々お世話になりましたって??
何方かと思いました。

お便りで白黒の意味、写真ではないと思いましたが?
お二人意味が分からなかったようですね。

サン・サーンスのピアノ協奏曲5番が良かったです、
多分CDがあると思うのですが、5番が入っているかどうか
探してみます。

私は、もう一度録音を聴きます。

では・・・こちらは大雨ですが水の中へ

[ 2016/09/13 10時36分06秒 ] [ 編集 ]

[ 9947 ] プルチネルラは鳥のこと?

僕には「プルチネルラはイタリア語」と聞こえたのですが・・・
ウィキでプルチネルラを見たらイタリア語と書いていました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%A9
プルチネルラの第1曲は以前に朝岡聡さんが司会をしていた「特集クラシックリクエスト」の
オープニングテーマに使われていました。
エンディングが同じくプルチネルラの「ガヴォット」でした。
http://recochoku.jp/song/S1000963260/
僕はその次に演奏される第7曲「ヴィーヴォ」が大好きです。
http://recochoku.jp/song/S1001962187/

[ 2016/09/13 15時05分45秒 ] [ 編集 ]

[ 9948 ] まぁまとめてみましたぁ



こんばんはぁ、ゆめこさん。

ナハハ、ピアニート公爵さんと、ばぁん酌さんの語呂合わせ?にも驚きましたぁ。
(関係ないか・・・)

>白黒の意味
ワタシもいまいちわかんない・・・昔の写真のように人生が白黒ってことでしょうかねぇ。
もっと深いものがあるんでしょうか・・・?

>サン・サーンスのピアノ協奏曲5番
ワタシのHDには4番しかないです。5番はマイナーなんですかねぇ。
今放送のその部分を聴きながら書いてます。なかなかいい曲・・・のような感じがする・・・

>大雨ですが水の中へ
そか、外は雨でも水の中は雨ではない! 過ごし易いんでしょうなぁ。
しかしお好きな・・・早う水の中へ引っ越しなされ!?


[ 2016/09/13 17時16分30秒 ] [ 編集 ]

[ 9949 ] プルチネルラはイタリア語ですね。直しました



こんばんはぁ、高速タンギングさん。

ご指摘ありがとうございました。確かにもう一度聞くとちゃんとイタリア語と言われてますね。
(というか、ワタシの耳を信じてはいけないのにどうもいけません。今後はちゃんと確認するようにします)

ご紹介いただいた曲、聞いてみましたが試聴レヴェルですね。
こちら↓に全曲入ってるんでしょうか。まぁおぃおいと聞いてみます。
https://www.youtube.com/watch?v=SJdtf8RPriw


[ 2016/09/13 17時37分00秒 ] [ 編集 ]

[ 9950 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2016/09/13 21時38分51秒 ] [ 編集 ]

[ 9951 ] しらっと



09/13 21時38分51秒の内緒コメ、ありがとうございます。

遅くなりましたぁ、直しましたぁ。いつもホントにありがとうございます。

しかし無心を繰り返す、って表現は不思議。
自分に対して無心する、ってことですかねぇ。


[ 2016/09/14 06時17分37秒 ] [ 編集 ]

[ 9954 ] 初耳でびっくり

こんにちは!
さりげなく振っていただいてありがとうございます。ブラックマーラーとはまったく初耳でした。世界にはマラマラ知らないことが多いのでござりますな。コールリッジ・テイラーさんという人の曲、ぽちぽち聴いてみようと思います。

[ 2016/09/14 15時51分55秒 ] [ 編集 ]

[ 9955 ] 初耳の方でしたか



あれ? さりげなく振っったの、
あ、いやいやさりげなく触れたの、気づきましたぁ? じゃくさん、こんばんはぁ。

本当に知らないことが多いです。まぁじゃくさんが知らないんだったら
ワタシが知らないのは当たり前、あいや知らない人、曲の方が多いんだから、
と開き直りつつ、BGM候補のために何曲か聞いてみます。(脳内やのうてHD内に保存)

まずは24の黒人のメロディなんつうのから・・・


[ 2016/09/14 17時31分57秒 ] [ 編集 ]

[ 9956 ] 金の無心?


>無心を繰り返す
身体をいっぱい動かして無心状態を作り、それを繰り返すって意味でしょうか?
太極拳なんかは、そうらしいですね。知らんけど~

[ 2016/09/14 18時24分05秒 ] [ 編集 ]

[ 9957 ] 金の無心ではないんですな



こんばんはぁ、快鳥家族さん。

アンダースローの恰好を繰り返すみたいなことを言われてましたねぇ。(投稿)
ということは、
>身体をいっぱい動かして
なんすかね。
ま、いぃっ巣。 ワタシはいつも平常心 → 無心なんっ巣!

一度も、BGMで採用されたいとかベスト取りたいとか、
名付けで、連続採用されたいとか思ったことないですもん!

決して、ステッカーちょうだい、なんて無心したことないし・・・
これからも、
無私の無心の無知の自分に鞭当てる・・・なんのこっちゃろ?


[ 2016/09/14 20時07分57秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/1329-7c7750d6