[ 1130 ]  第176回 (2016/2/28放送) 【ゲスト】山田和樹さん を聴いて

  
なんか凄い人がゲストに来られたんだね・・・(よく知らない・・・)



で以下、
◆ふ:は、ふかわさん
●ま:は、真理さん
 :は、ゲストの山田和樹さん
◆: は、リスナーからのお便りとかメッセージとか
←い: は、オイラのひとりごと




Opening ゲスト話題
◆ふ: 指揮者としもあこがれるけどヤマカズという略しかた (自分は)いいあだ名がついたためしない
●ま: フーマンはいいですよ
◆ふ: 自らつけた 街でフーマンと呼んでくれる人いない
←い:ですか まだまだマイナー?




◆: 最近ふかわさん明るくなった いいことあった?
◆ふ: 季節合わせてる
●ま: 昔の録音を聞くと昔はふかわさん声高かった
◆ふ: 場合によっては孤独なおじさんの声




「ピアノ・ソナタ 第25番 ト長調 作品79から 第3楽章」 ベートーベン作曲
(2分02秒)
(ピアノ)アルフレッド・ブレンデル
<PHILIPS PHCP-5325>




ドン
◆: 行進曲はいつ聞いても勇気を与えてくれる 家内不在のときに大音量で聞いている
←い:わかるような気がする、ちょっとだけ。


◆: 心豊かな番組ありがとうございます。
←い:うまいこと言うねぇ。
◆: キャンパスで聞こえると春が近く感じる 造船所の進水式でも流される曲



きらクラDONの正解曲
「行進曲“威風堂々”第1番」 エルガー作曲
(6分15秒)
(管弦楽)BBC交響楽団
(指揮)アンドルー・デーヴィス
<TELDEC 9031-73278-2>



◆: 時節柄間違いないと思う
←い:・・・・・・?
◆: 卒業式と始業式のギャップを楽しんで


◆: Eテレのラララクラシック イギリスの第二の国歌 番組企画してみては?
◆ふ: 沢山ありそう
←い:そっかなぁ。国歌となるとねぇ。


◆: 先週のふかわさんの反応にただならぬものを感じた ゴリラマーチ? 本当のタイトルが思い浮かばない


◆: どや顔風の音楽 正解さがしでネット活躍話題 ふかわさんと同じくそこまではしない 釣りと同じ 釣れても釣れなくても楽しむ


◆ふ: ニアピンはいなかった 間違った人いた? 派手に間違えたんでしょうねぇ



当選者
◆: 卒業式の季節
←い:ふ~ん、そうなのか・・・あんまり記憶ないなぁ
◆: おふたり曲に合わせて退場とならず来年度も
◆ふ: デリケートな話題 さてどうなんでしょうね
←い:ねぇ、番組は続いてもMCがどうなのか気になるね




第165回きらクラドンの出題
←い:聞いたことあるよ。なんか続きも出てくるよ。でもタイトルは出てこないよ。




ゲスト登場
●ま: ベルリン在住 オーケストラにとどまらず合唱の指揮にも力を入れている(紹介)

●ま: 学校の先輩

 : (真理さん)凄い人がいる (一緒に演奏して)天才!
●ま: またまた
 : 持ち上げてない
●ま: 二度目ご一緒して 雲の上の人になっちゃった


◆: 長野で拝見 これから世界にはばたいていく山田和樹さん 昨日のよう 


 : 一年の4分の1から3分の1は日本
◆ふ: ニューイヤーコンサート
 : NHKづいている


◆ふ: 団員違う?
 : 雰囲気が違う 国によってもオーケストラによっても




「“アルルの女”組曲 第2番から“ファランドール”」 ビゼー作曲
(3分23秒)
(管弦楽)スイス・ロマンド管弦楽団
(指揮)山田和樹
<東京エムプラス PentaTone
PTC 5186 358>

◆ふ: スイス・ロマンド管弦楽団との関係は
 : 主席客演指揮者 一番ゲストで呼ばれる回数が多い指揮者 うん
←い:ちょっと鼻につくしゃべりかただね

◆ふ: 聞きながら振っている 自分の演奏は反省モード?
 : ほとんど反省 いいとこもあるけど



◆ふ: そもそもの話 いつごろ指揮者意識?
 : 早かった小学校1年生
◆ふ: 指揮真似はクラスにあまたいる 音楽への関心?
 :ピアノは幼稚園の頃からいやいややっていた 小学校から帰って来てから鏡の前で1時間でも指揮の練習 音楽がかかっていようがなかろうが
◆ふ: どうしたら能力を?ブラッシュアップ?
 : わからない
●ま: カリスマ性 人格大事

◆ふ: 手ごたえ瞬間ある?
 : 職業としてはつもりなかった 高校まで たまたまオーケストラ振った で人生棒に振って
◆ふ: マエストロジョークが!
 : 高校はブラバン 発表会で指揮させてもらって 全身総毛だって
◆ふ: 音で
 : これで人生 たとえだめだとしても悔いはない
◆ふ: お笑い芸人と同じ
 : 快感なわけよね
←い:自信たっぷり!!



◆: 是非ともリクエスト マーラーチクルス(←い:って聞こえた)を実施中 簡単に聞きに行けない 地方の悲哀
 : (マーラーは)番号がついている交響曲を9曲書いている 長い大きい 一遍に全部やるのは大変 3年に分けて3っつずつ
◆ふ: 使うエネルギー 筋肉違う?
 : なんか吸い取られちゃう マーラーは常に死ぬことテーマ 生きることを考えている

●ま: ブルックナーとマーラー 単純にマーラーが好き
 : 知れば知るほど底なし ちょっと怖い




「交響曲 第2番 ハ短調“復活”から 第2楽章」マーラー作曲
(10分41秒)
(管弦楽)日本フィルハーモニー交響楽団
(指揮)山田和樹
<Octavia Records OVCL-00592>

←い:じゃくさんの記事楽しみぃ~


◆ふ: どのようにして山田和樹の音になる?
 : なにもしなくても その人の音になる ふかわさんが立てばふかわさんの音になる


●ま: すっごい緊張 見透かされるような

◆ふ: 演奏家の人に気持ちよく演奏してもらう ちょっとおだてる?
 : 自分の心がオープンでないとだめ
←い:これ真髄だろね
 : 媚びてはだめ 上手くいくんだったらおだてても 手段選ばずも
◆ふ: ある種の戦いも




そら耳クラシック
◆ふ: このコーナーやるんですね 世界のマエストロにお付き合いいただいちゃう



←い:おぉ! 高速タンギングさんだぁ!

     おめでとうございま~す!

     記念になりますなぁ! 羨ましい!



◆ふ: なんと世界のヤマカズさんからもひとネタ

 : マーラーの8番第二部 痩せた痩せた

 : 賞とかもらえないんでしょうか
←い:ナハハ なかなか面白い
◆ふ: あとでステッカー
←い:え? 高速タンギングさんはぁ? 持ってかれちゃったぁ! サイン入りとかで送ってあげればいいのにねぇ。



 ♪ 



◆ふ: 合唱の指揮者として合唱のお話し
◆: 嬉しくてお便り 14年前熊本県民第九の会 指揮者のお弟子さんとして練習のタクトを振りにいらっしゃった 全員が一目ぼれ
 : 覚えてる アシスタントとして
◆ふ: 皆さんの印象に残っている 
●ま: やはり持ってますねぇ この人に付いていきたい
◆ふ: 聴衆をひきつける
●ま: 聴衆だけじゃなくて団員も


◆ふ:  オーケストラと合唱 頭の中で切り替え?
 : ない 歌詞のあるなし(ぐらい)
◆ふ: 合唱は楽器の音色という解釈?
←い:事前にスタッフが用意した質問かな?
 : (合唱は)繊細 自分の体が楽器みたいなところ 息遣いひとつでかわっちゃうし


◆ふ: 日本の合唱曲で気を付けているところは?
 : 曲よりは詞を自分なりに読む 作曲者が自分のイメージと違う曲をつけていたりする それ(その差)はいったいなんなんだろう
←い:含蓄あるぅ!



◆ふ: 耳の穴を大きくして聞いてほしい
↓←い:BGMのお題だもんね



「うた」 佐藤信・作詞、林光・作曲
(3分47秒)
(合唱)東京混声合唱団
(ピアノ)寺嶋陸也
(指揮)山田和樹
<fontec FOCD9602>

◆ふ: 原曲
●ま: 初めて
◆ふ: ワタシも初めて びっくりしました まさかの3拍子




BGM選手権
◆ふ: (お題)セレクトの理由は?
 : 催涙ガスがショック 東大の安田講堂とか安保闘争 若い人が破壊力があった
←い:そういうことかぁ 戦争とは無関係ね、とんだおとぼけでしたぁ、ナハハ。


◆: ①となしちさん やったぁ! おめでとうございま~す!

組曲“ハーリ・ヤーノシュ”から 間奏曲(抜粋)」 コダーイ作曲
(管弦楽)フィラデルフィア管弦楽団
(指揮)ユージン・オーマンディ
<BMG BVCC-38125>

 : 凄い すご~い! 第一番じゃないですか? 悲しくもうれしくもあり 絶妙!
びっくりしちゃった!
←い:凄い!絶賛!



◆: ②午後のおっちゃんさん

「ジュ・トゥ・ヴ(抜粋)」 サティー作曲
(ピアノ)高橋アキ
<EMI TOCE-3347>

←い:ワルツにワルツを当ててきたのね ごめんなさい、ちょっとピンとこない

 : なんか優しい 詞の色が変わってくる
●ま: 色が、違って(←い:なはは、山田さんの影響?) 温度とかまったく違う 解釈が変わる



◆: ③クシシュトフツンデレラさん

「おお人よ,おまえの罪に泣け(抜粋)」 バッハ作曲、細川俊夫・編曲
(ビオラ)今井信子
(ピアノ)ローランド・ポンティネン
<EPSON TYMK-022>

 : もうねぇ これ 言葉がない感じ バッハで来たのか バッハって凄いな
◆ふ: 朗読のテンポがバッハに合わせたみたいな
●ま: 涙が



 : 決めなきゃいけない?
◆ふ: いつも好みという言い訳をしてるので


 : ダラララララン♪ バッハ(③) 詞と曲が溶けちゃってる 自分の中で分離している感覚と時間が止まっているような曲 曲がそのためにあるような
◆ふ: ①を 上書き?
 : コダーイもよかったが、あれは詞がまだあった ③は溶けて


◆ふ: 初めての試み メロディーのあるものを一回平たくして
 : 全然面白い 違う可能性が
←い:今後こういうお題が出るのかなぁ。名付けも、タイトルがあるのにそれに上書きしろって出るもんね。BGMもそうなると、ますます難しくなるねぇ。




「ねがい」 佐藤信・作詞、林光・作曲
(6分47秒)
(合唱)東京混声合唱団
(ピアノ)寺嶋陸也
(指揮)山田和樹
<fontec FOCD9602>

←い:あと一曲も合唱曲だし、既に合唱祭りの感? しかしあと30分以上あるけど、まだ何か企画があるのかな?




ここ好きクラシック
◆ふ: 山田和樹さんにもあるという
 : チャイコフスキー
5番の第二楽章 129小節目から130小節目に移るところがたまらなく好き
◆ふ: マイクオンにしておきます
 : ここっていいますから

←い:聞いて、は?どこ?


●ま: メロディーと思ってたけど ヴァイオリン
 : ラシラ~レに変わるところ ものすごく好き マニアックでしょ
←い:全然わからん

◆ふ: 今度はここって言わないのでリスナーの皆さんちゃんとキャッチしてください。

◆ふ: (聞いて)乗り遅れました
←い:良かった。アタシだけじゃないのね。


●ま: 伴奏の箇所
 : ここにロシアの夕日が見える
●ま: こうやって演奏家の単調な作業にトキメキをくれる
◆ふ: (僕も)朝日が見えるって別の曲で言お!
←い:いいぞ!ノリ!




勝手に名付け親
←い:おやおやあるの? まさかあと1曲しかないのよ・・・?
◆ふ: ここ好きつながりで
←い:あれま!番組表に出てなかったのね

チャイコフスキー作曲「交響曲第5番 ホ短調 作品64」から 第4楽章


●ま: これも山田さんに選んでいただいたお題
 : タイトルがついてるのが6番「悲愴」だけ 5番有名なのにタイトルがない


◆ふ: 音源ライブ ブラボーは指揮者を育てますか?
 : う~ん 寄りすぎてもね そりゃ嬉しいけど

◆ふ: 自分の中で出る?
 : 逆は悲しい そういうパターンも一杯ある
←い:謙遜だろね てか冗談もお上手ですな。




◆ふ: いつもはふたりが選んでいるが今回はここでも。


山田和樹さんのお好きな曲

「無言歌」 アザラシヴィリ作曲
(4分02秒)
(合奏)サンクトペテルブルク・チェロ・アンサンブル
<KING RECORD KICC 117>
 

◆ふ: やばかったわぁ 涙腺ぐいぐい
 : 高校一年のときにたまたま聞いた ヨーロッパ旅行 飛行機でかかってた 自然に涙
◆ふ: この作曲家は初登場 時代としては?
 : まだ生きてらっしゃる
●ま: チェロが重厚に鳴っているが高音部がキューっとくる どの楽器でもいいと思う
 : 真理さんとやりたい
←い:あれ?真理さんスルー???


◆ふ: ヤマカズさんが紹介してくれたから余計に
 : この曲を世に広めたい




◆: よくぞ日本の至宝ヤマカズさんをお呼びいただきました 本放送の前日愛知から東京渋谷にヤマカズさん詣で 歴史的瞬間を今作り上げている最中の若き巨匠の公演を見逃すわけにいかない
総理大臣の代わりはいくらでもいるがヤマカズの代わりはいない
←い:ナハハ すっごいヨイショ!


◆: 確信 2026年ヴェルリンフィルの音楽監督に就任
●ま: 素晴らしい!
←い:誰かが待ってるって言ってたけど聞き取れず

 : 過分な
◆ふ: みんなのヤマカズになってます
 : ホントにありがとうございます。


◆ふ: なりたい指揮者像は?
 : ひとつひとつ成功させていく 60、70になっても続けていたい お客さんと想いを共有できれば
◆ふ: 今のマーラーと10年後のマーラー変わってる?
 : 違っってると思う 今しかできないこともある



●ま: いるだけでしびれます こちらは。 疲れますね
◆ふ: 演奏家としてはね 真理さんへの言葉 
 : 世界的アーティスト お互いに 心から思う


◆ふ: リスナーへのメッセージ

 : 距離を置かず 当たりが出るまで通い続けてほしい。クラシック通の方邪魔しないで
●ま: そうですね
←い:んだ、ろな。だけどド素人には道しるべもほしいね。難しいところだ。



◆ふ: 来週Eテレ クラシック音楽館

 : おもちゃ、人形
◆ふ: まつしまななこさんナレーション



◆ふ: お別れの時間
●ま: 寂しい気もするがほっとする気も
 : なになになに!?


 : 今度はお便りしますよ ベルリンから投稿しますよ
←い:気さくな方ですなぁ。好感度抜群だね。しかもイケメンなんでしょ。最近、天から二物も三物も与えられてる人が多いような・・・?



◆ふ: 最後の曲
←い:あれ?これまた番組表に出てなかった曲。

「ワルツ」 グリーグ作曲、鈴木大介・編曲
(2分18秒)
(ギター)鈴木大介
<fontec FOCD 9165>


エンディング
◆ふ: 本日はヤマカズクラシック
●ま: わかりやすくて 
◆ふ: 出てくる言葉が ヤマカズマジックありました
●ま: リハーサルのときに言葉の魔法も大事 音楽に対する愛も深い 演奏家はこの指揮者のためにいい演奏をしたい(と思う)
←い:カリスマ性だねぇ


◆ふ: 表情がほっとしてますね 演奏家としては緊張する?
●ま: いつもに戻った


◆ふ: 人間力 人としての魅力

←い:だそうで~す!




ではでは。   banneretomo.gif


[ 2016/03/03 05時05分29秒 ] カテゴリ:・きらクラ!放送の感想など | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今8件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 8238 ] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[ 2016/03/03 22時04分34秒 ] [ 編集 ]

[ 8239 ] 魅力ある方


•゚・✿ヾ╲(。◕‿◕。)╱✿・゚:✲こんばんは~♬♫♬

遅くなりました。

山田和樹さんのお話から魅力のある方だと思いました。
言葉のマジック、興味深かったです。
日曜日のEテレが楽しみです。

冒頭のベートーヴェンのソナタop79の一楽章は、かっこうソナタと
言われています。自分のブログへ書くのを忘れました(^_^;)

真理さん相当緊張されていましたね?

では・・・

[ 2016/03/03 23時52分55秒 ] [ 編集 ]

[ 8240 ] つらいですかぁ



03/03 22時04分34秒の内緒コメ、ありがとうございます。

>1行目から6行目までが次でも反復
ホンマやぁ! 削除しましたぁ。

[ 2016/03/04 05時42分59秒 ] [ 編集 ]

[ 8241 ] 魅力一杯の方なんでしょうね


おはようございます、ゆめこさん。

>日曜日のEテレが楽しみ
ですかぁ。
クラシック音楽館  <N響 第1826回 定期公演>
ってやつですな。代わりに?見ておいてくださ~い。

>かっこうソナタ
そういえば・・・聞いたことあります。
ブログに書き忘れましたか。
ゆめこさんも緊張?追記しましょ。

[ 2016/03/04 06時05分39秒 ] [ 編集 ]

[ 8245 ] ヤマカズパワー

いーともさんこんばんは!
僕の名前を途中にさりげなくちょろっと入れていただき、ありがとうございます。

真理さんの緊張&お疲れ発言が、面白かったですね。

最初の方のデリケートな話題をふかわさんがさらっとスルーしてたのが気になったりしています。

[ 2016/03/04 23時00分25秒 ] [ 編集 ]

[ 8247 ] 見透かすパワー?



おはようございます、じゃくさん。

ナハハ、さりげなく入れちゃいましたぁ。
マーラーだもんねぇ。記事楽しみにしてますよ。

真理さん緊張されてたようですね。
凄い人に会うと自分の未熟さを見透かされる、
というか未熟さに否応なく気づかされることがあります。

そんな感じだったのかも知れませんねぇ。

>デリケートな話題
気になりますね。
おふたり継続なら明日発表? 発表がなければ・・・・・・(勝手な予測)

[ 2016/03/05 05時58分02秒 ] [ 編集 ]

[ 8256 ] 悲しいです

昨日知り合いに「ステッカーゲットおめでとう!」と言われたので
すごく傷ついてしまいました。もらったのはヤマカズさんだと言ったら
「ええそうだったの!」と言われて・・・
ああもう嫌だ!勘違いにもほどがあります!
わああああああああああああああ!

[ 2016/03/06 11時28分33秒 ] [ 編集 ]

[ 8259 ] それはお辛い!でしょうが・・・



こんばんはぁ、高速タンギングさん。

そのお知り合いの方に悪気はなかったんだろから、
許してあげましょう!
今度投稿するときは、ステッカーくださ~い、って書いておきましょうね。
(今日の放送、聞いてないし録音もできてないんでわかりませんが、
 BGMのお題が出たんでしょ? また次がありまっせ!)

[ 2016/03/06 18時03分42秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/1130-a8348b3f