[ 1014 ]  小林くん

 
大分前だけど、NHKで、阪急電鉄の創始者のドラマをやってた、みたい。

みたいというのは、あとで知ったので。


その方のお名前が、小林一三さん。

いちぞうさん、とお読みするのね。 かずみさんではなくて。


えっと阪急(電車)の駅に、十三というのがありまして、

これとなんか関係があるのかな、とも思ったけど、

な~んも関係ないみたい。

え? 読みは「じゅうそう」でっせ、多分、かなり有名と思うけど、

伊丹十三さんは、じゅうぞうさんね。ややこしいね。



で、3冊借りてみた。左から、

      book151002kobayasi.jpg


日本で最もユニークな経営者、 (阪急と宝塚歌劇団を創ったビジネスの天才)小林一三、 日日これ夢


やっぱマンガがいぃ!(真ん中ね) 読みやすい(見やすい)し、要点を絞ってくれてるんで分かり易い!

ナハハ! 


しかし、凄い人だね。


サラリーマンやめて大事業家になったってんだから、今の若い人たちもガンバッテほしいねぇ。

(あ、大臣さんにもなってますな)


え? オマエが若い頃わい! って?


確かに、小林さんの没年は1957年(昭和32年)。


いつの世も、今時のワカイモンは! って言う年寄りはいます・・・その、約1名!

ワタシが、小林さんをもっと早く知っていれば、今や日本を代表する大事業家になって!







ないわなぁ~~~


ではでは。   banneretomo.gif


[ 2015/11/15 05時05分30秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今5件)

コメントの投稿











管理人への内緒コメント
 (内緒コメントは、一旦送信すると編集も削除もできませんのでご注意願います。)








↓ いただいているコメント ↓
 (えっと・・・直下に トラックバック って出てたらまだコメントはいただけてないってことです コメちょうだいね~ 




[ 7282 ] 今日本番


旭川フィルハーモニー管弦楽団
http://asaphil.jimdo.com/%E6%BC%94%E5%A5%8F%E4%BA%88%E5%AE%9A/

神戸マラソン
http://kobe-marathon.net/2015/


ま、いしりんさん(やぱげーのさん)は大事を取って棄権したそうですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/riverston/13933815.html

ぱーかすちょんさんはガンバッテね。(当日でちょい遅いけど)

[ 2015/11/15 09時48分15秒 ] [ 編集 ]

[ 7283 ] 東奔西走、ちと違う。


遅なりました~
成吉思汗の材料を買いに行っていたもので・・・というのはウソです。
西の阪急、東の東急?西武もあったような・・・ドキュメントを見た事あります。
阪急の事を何も知らないだろう~と、家人が私の(基礎知識?)の為に録画してくれた物ですけど。
ドラマはちょっと苦手カモ?で、映画「阪急電車」は一応観ました。
本も今は(事実は小説より奇なり…の人生経験をしてから?)フィクションよりノンフィクションが好きですね、何度も書いています老眼のせいでメッキリ読めなくなりましたが。
小林さん、五島さん、堤さん、経営者はそれぞれに面白いと思います。
発想や着眼点が、凡人とは違うんでしょうね~

[ 2015/11/15 19時22分38秒 ] [ 編集 ]

[ 7284 ] 映画「阪急電車」知りません・・・



今晩はぁ、快鳥家族さん。

まぁ、たまたま目に入った、残った?って感じでちょい調べたら、
えっらい人なんで借りましたぁ。

そうそう、
>経営者はそれぞれに面白い
>発想や着眼点が、凡人とは違う
です。ただ、なんというか古きよき時代というか、その時に、
こういうはばたいた人がいたんだなぁ、と思うと、
アメリカンドリームがどないやねん、ウチにもあるぞぉ、
ちょっと生き方ちゃうけど、みたいな鼻フンフンなんです。

ずれてるかな・・・・・・?

[ 2015/11/15 19時54分08秒 ] [ 編集 ]

[ 7285 ] ドラマ


こんばんニャ☆⌒ヾ(Φ∀Φ)ノ

小林一三さんのドラマを見ました、阿部サダヲさんが上手に演じていました。

NHKドラマ・経世済民の男は三部作で、
一部が高橋是清、三部が松永安左衛門でした。
一部だけ見逃しました。

ドラマを見てから本を読むとより深く分かりますね。

・・・∧∧

では、おやすみなさい。

[ 2015/11/15 23時26分12秒 ] [ 編集 ]

[ 7286 ] 経世済民?



おはようございます、ゆめこさん。

経済の語源になったと言われてるんですなぁ。
http://www.nhk.or.jp/dsp/keisei/
知らんかった・・・

松永さんも知らんし・・・・・・また本さがしてみます。

>ドラマを見てから本を読むとより深く
そうなんでしょねぇ。ドラマはどうしてもストーリーを端折ったり、
強調したり、あるいはちょっと違うエピソードを入れてみたりして、
大分、本とは違う場合が多いように思います。
ま、伝記物はそうでもないのかな?

ドラマ見てないのでよくわからんですけど・・・

∧∧;

[ 2015/11/16 05時31分03秒 ] [ 編集 ]

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kiracladays.blog.fc2.com/tb.php/1014-8c8739a1