[ 1976 ]  でっかい本と分厚い本

 

一体どこまで記事にしたかわからなくなった・・・

何せ、猫で袂の関係で一杯借りたから。

で、過去の写真を探したら、

まぁほとんどが浮世絵とか歌仙集とかなんでそれはまたいつかぁ。(大量にあるし・・・)


で、最近読んだ、あ、いや読まなかった本。 です! はぁ? ですみません。



クラシック作曲家大全

どこで見たんだっけなぁ。忘れたけど予約してたの。

   book18060301.jpg


でっかい! で、開いて、はっはぁなるほど、辞典ね。

   book18060302.jpg


こりゃお家に一冊あれば重宝するだろうなぁ、だけど字が小さいし、多分だけどネット検索したら情報は取れるんだろなぁ、で即返却しちゃったぁ。

   book18060303.jpg





蜜蜂と遠雷

一昨年前かな? の芥川賞昨年の直木賞の方ですよねぇ。

   book18060304.jpg


でやぁっと借りられたんだけど、

字が多い~! 分厚い~!

   book18060305.jpg



最初に、なにやらピアノかな?のコンクールの実際のプログラムみたいなのがあって、

   book18060306.jpg

   book18060307.jpg

   book18060308.jpg


面白そうなんだけど、話が込み入ってそうだなぁ、で読むの諦めましたぁ。


なんせ最近目が・・・(こればっか) それとイロイロ考えるのめんどくさくなってきたしぃ。


ということで読まなかった本でしたぁ。





ではでは。   iconetomo.gif 





[ 2018/06/15 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 1938 ]  猫で袂を分かつ? - Ⅱ -

 

忘れた頃と言いつつ意外に早い?続きのⅡね。
(中身はないけどぉ。 ただ、かなりこの話は続きそう・・・)

4月3日、図書館から電話がありました。

あの、すみません。外大図書館は3冊しか予約できないんだそうです。

って・・・・・・はぁ・・・・・・

まぁしゃぁないんでどれでもいいから3冊にしてください、って言った。


あ、残りの3冊予約する時、またロシア語書かなあかんのか・・・


と思ったけど、先日書いた残りの予約カードをキープしておいてくださるそうです。




そして



4月5日、図書館から用意ができた、との電話あり。

あれ? 意外に早いじゃん!


で4月10日、やっと借りられたぁ。

   nekotamoto_12.jpg

   nekotamoto_13.jpg

   nekotamoto_14.jpg



で、見てみたけど写真が全然ない!

(例の如くの図はあるけどぉ)

   nekotamoto_15.jpg


   nekotamoto_16.jpg


   nekotamoto_17.jpg


   nekotamoto_18.jpg




で、即返却。




するのもなんかカッコ悪くて(だってもう読んだの?カッコつけて外国語の本を借りたの?なぁんて思われたくないじゃん)

ということで見栄張って、ちょっと借りておくことに。


っつぅことで、この時は収穫ゼロ。

こちらの記事のコメのやりとりで触れた、あるいは触れられた件は次回以降ですな)




ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2018/05/09 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 1928 ]  猫で袂を分かつ?


マイラさんのこちらの記事の写真がどうも気になって。

実はいろいろググッたり、図書館で本を借りてきたりしたのです。

気になるのは、この女性の鼻。(というか顔形)

なんか浮世絵にしては手で書いたような、しかもちょっと現代的な顔してない?

色もなんかくっきりで新しそうだし。



それと、猫のために切るということは、尋常なことじゃないよねぇ。

昔の着物、それも女性の着物ってとぉっても大事なものだったはず。
それを猫のために切る? ひょっとするとこの猫はかなり高貴なお方?

そういえばシャムネコみたいにも見える。

シャムネコが日本に来たのはいつ?

こちらによると
>日本へシャム猫が初めてやってきたのは明治後期ごろとされていて、


とあるから違うか。 

だけどやっぱり貴族(だろうと思う着物を召してる女性)が気を使って猫を起こさないように自分の着物の袂を切るなんて異常だと思う。


それと、この女性が使ってる小刀(短刀?)。

当時、っていってもいつかはわかんないけど平安時代?

こんな鋭利な小刀があったんだろか、とかね。

こちらによるとあったみたいね。(刀子って言うのか・・・)



まぁあれやこれやで(それほど大層なもんでもないけど)気になったんで


平安時代に猫が登場するお話ってどんなのがあるの? でググったら、
枕草子の中に出てくる、
ってんでイロイロ見てみたけどど袂を切るなんてそんな逸話はないみたい。


確かに高貴な(とされていた)猫は出て来るけど話が全然違う。(むしろ犬じゃん!ってね)



で仕方がないんで、いろんな本を漁って見てみることにしたの。

画像でネット検索してみたら、ロシア語みたいなサイトに行ったんで、

海外の本なんだ。で図書館で借りた。

まずはこの2冊。

   nekotamoto_makura01.jpg

一冊は古くて、挿絵は皆無。

   nekotamoto_makura03.jpg


もう一冊。

   nekotamoto_makura02.jpg


英語です・・・

   nekotamoto_makura04.jpg


枕草子 ・・・ ナハハ、英語だと 枕本?

   nekotamoto_makura05.jpg




そしてこんな挿絵が最後にどばっと載ってた。


干支?

<<4月30日修正>>

そっか、時刻ですな。 (マイラさんに気付かせてもらいましたぁ)


   nekotamoto_makura06.jpg


へぇ、こういう間取りだったのかぁ。

   nekotamoto_makura07.jpg


街路図?

   nekotamoto_makura08.jpg


へぇ、こう言うんだねぇ、着物の部位?は。

   nekotamoto_makura09.jpg


こんなのも。

御簾(みす)のことかな、Standing curtains。

女性達の顔があの画像のとは雰囲気が違うよなぁ、お召し物も。
(まぁ作者によって、更には時代とか作品とか、で違いはあるだろけどね)

nekotamoto_makura10.jpg





なんぞと感心したり感想をひとりごちたりしてたら、

あれ?何を探してるんだっけ、ってことが随分あったけど、まぁ結局見つけられなかったんで、

外大図書館の蔵書を予約することにしたの。



3/25に近くの図書館に予約に行って、 6冊!

なことより、予約するのが大変だったの。

まずネットでは無理、ってんでカードに書く。 

ただでさえ書くの苦手!なのに、
ロシア語なんて書いたことないんで窓口の女性に話したら、

「あっちゃ~ ロシア語!?」

って。

こんな感じ ↓
Записки у изголовья

それとこんなの ↓
El libro de la almohada de la dama Sei Shônagon
(イタリア語?)


すると

とりあえず冒頭の数文字を書いて、あとはご相談ください、

ってんで書いてカウンターへ持って行った。


そしたら、VPナンバー(図書の番号)を書いた方がいいんでワタシが転記します、

って。

(なら最初からそうしてよ、なぁんて露とも思わず。
 だって可愛らしい女性だったし、ワタシが指をつりそうになりながら
 四苦八苦して書いてるの見てて可哀そうに思ってくれたんだろから・・・)



へっへぇ、ありがとう。


で、予約カード提出完了。


で、その係りの女性曰く、

「今外大図書館が春休みの整理中で休館なので」

「へ?」

「これからお送りして(ネットではできないので)ご連絡がかなり遅くなるかと」

「はっはぁ、早くて3週間後ぐらい?」

「いや、あの・・・そんなに早くは・・・」

「2、3ヶ月?」

「まぁ3ヶ月はかからないと思いますが」

「ひぇ~ですね。でも仕方ないですね」

「それと・・・・・・メールではご連絡できなくて」

「あれま」

「電話連絡となります」



だってさ。

その係りの方は非常に恐縮してはったけど、まぁしゃぁないですな。


しかし、役所仕事は遅れてますな・・・


こっちもどっちも・・・?


ということで、結果はまた忘れた頃に~~~

あ、いや続きは忘れた頃に~かな?


ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2018/04/29 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今9件)

[ 1916 ]  棺を読んだら訃報が・・・

 
日曜にこの本を図書館に返して来ました。

nobunaganohitugi1804.jpg

   

信長の棺

いやぁ、実に面白かった。(そりゃ当然ですな。ベストセラーになったぐらいだもんね。ん?逆?)

途中からこりゃ史実に近いんじゃないの? って思うぐらい。

しかもこの著者が、証券会社、経済研究所にお勤めで、辞めたあとの処女作ってのには舌を巻いた。

しかも!
wikiによると、
>75歳での高齢デビューが話題

って・・・凄すぎ!


あとがきに、5000枚の原稿から、主人公を絞って書いた、って。

小説ってそういうもんなんですなぁ。

ワタシみたいに投稿文の400字をあれこれ書いてるのなんて、

まぁ言わば、お釈迦さまの掌でうろうろしてる悟空みたいなもん?

あ、いやいや悟るなんて恐れ多いんで、誤空ってところ・・・



またwikiによると、
>同名でテレビドラマ化
って・・・見てみたい!



なんて記事を書いてたら、月曜の朝、こんな新聞記事が ↓

   katou180415r.jpg



87歳ですか。

ワタシにはあと24年。 こういう生き方ができるだろうか・・・



ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2018/04/18 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)

[ 1868 ]  そういえばこんな本も・・・


随分前になるんだけど、読みましたな。

book1801012poison.jpg

港かなえさんの ポイズンドーター・ホーリーマザー



相変わらず人物描写が緻密ですなぁ。 そしてストーリー展開もお上手で。

オモシロかったぁ。





子規365日

   book1712sik365i.jpg

昔読んだ子規の日記(なんちゅう本だっけ・・・忘れた)

をちょろっと思い出しつつ、その時代背景とか子規の境遇とか考え併せて解説してくれてるんで、

もちろん俳句主体だけど、これも面白かった。





で、

   book1712chouseii.jpg


これはいつぞやの番組で出てきた調性の話で、(一応こちらの記事こちらの記事



吉松隆の調性で読み解くクラシック




昨日のゆめこさんへの返コメに引用したのはこの本だった・・・

うろ覚えだけど、いろんな勉強になりましたぁ。


ただ・・・


調性とか知らずに聞いて感じるまま、ってのもありかなぁ、と。

もちろん知ることによって幅とか深みが広がるんだけど・・・

まぁワタシとしては知らない世界の入り口の5mぐらい前まで来たかな?ですけどね。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


   今回の勝手にBGM選手権~♪は、快鳥家族さんからご指摘があったように、

   締切日の表示がちぐはぐだったんで今夜にしました。

   (応募も少なかったし丁度いい? という割には依然少ないけど・・・)

   ということで今夜の20時に締め切って、明日の投票。

   ということは今後の予定は一日ずつずらしますかね。
   (スケジュールを書き直さなくっちゃ・・・)



ではでは。   iconetomo.gif 




[ 2018/03/01 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 1854 ]  脅威!中国!

 

うすうす、というか強く感じてはいたけど具体的な脅威として真剣に見ていなかった!

この本読んで、う~ん、と唸ってしまいましたぁ。


一刀両断

   book1712ittouryoudan.jpg







アタシを含めて、日本人、あまりにノホホンと生きてるなぁ、と。


陸、海、空、宇宙、情報、宗教

すべての面で独占しようとしている、支配しようとしている国!






だからってどうすればいいんだろ・・・わからん。


まぁ少なくとも現実を見る目と耳?は必要でしょうな。


とわかったようなことを書くけどわからん・・・



ではでは。     iconetomo.gif 



[ 2018/02/15 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 1810 ]  書初めならぬ本初め・・・本だらけ (3)

 

菅原 敏さんで検索したらあった本。


   book1712sugawara.jpg

   
ナハハ、サトシさん。人違いでしたぁ。

だろうとは思ってたけどぉ。



というおバカな話は置いといて(このパターン多いな・・・)



オフクロん家にある本。

   bookoyaji17121.jpg


     代数とか、幾何とか・・・

     応用有限要素解析とか・・・

     線形代数学精説明か・・・

     応用数学とか・・・

     マイコンによる境界要素解析とか・・・


などなど、なぁんかさぁっぱりわけのわからん本が一杯ありましてぇ、

親父がまだ若い頃に勉強したんでしょうなぁ。 学者肌だったから。



と思えばこんな本も・・・・・・ナハハ・・・・・・庶民でんな。

   bookoyaji17122.jpg



一方ワタシが読んだ本。

   book1712tetugaku.jpg

哲学


凄!? と思う?

お笑い芸人さんが書いた本ね。 おもろかったっす。(中身は真面目よ~)




それと、

大阪弁ちゃらんぽらん
以前のBGM選手権のお題になった本だね)


   book1712charanporan.jpg


   book1712charanporan2.jpg

読み易い~


だけど中身は濃い~

ただ・・・もう今では使わんやろなぁ、という言葉が多かったのと、

大阪人以外読まへんのんちゃうやろかぁ、と思ったぁ。


他にも何冊か並行読みしてるんで、また続きは後日~ (読むの遅いし・・・)



  ではでは。 ♪ banneretomo.gif


[ 2018/01/02 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今0件)

[ 1768 ]  本だらけ (2)

 
放送の感想記事はぁ、えっとぉ、呑み過ぎてぇ、っていい訳でぇ、

まぁこっちの記事に差し替えます。


_(._.)_



続きです。

って、別に続きって言う必要ないけどぉ。独立してるし。


しらんぷり

快鳥家族さんが紹介してくださった本。


   book1711siranpuri1.jpg

   book1711siranpuri2.jpg

    画に興味もちましたぁ。(版画?)




どっかで見たか聞いたか。

うちのネコと幸せに暮らしたい

   book1711nekosiawase1.jpg


男は不利ですな。 せっかちだし動作が早いし声でかいし(一般的にね)。

   book1711nekosiawase2.jpg



まぁいろいろ頷けるところ満載の、飼ってる人やこれから飼おうと思ってる人には、とぉっても頼りになる本、

でしたぁ。(と思う)



で、こっちはワンコ。

しばわんこの和のこころ

快鳥家族さんのところで紹介されてたの。

こちらの記事のコメントね)

とりあえず一冊借りてみた。

   book1711sibawanko1.jpg

   book1711sibawanko2.jpg



へぇ、単なる絵本かと思ってたら、中身が濃い!


まぁだ読んでるところっす。




山女日記

   book1711yamaonna.jpg


面白かったです。人物描写、心理描写、そしていろんなネタが絡んでて。

ただ、なんちゅうか、女性ってそんなにいろいろ考えてるのかぁ、大変だわ。

男にとってようわからん心理もあるしぃ。 まぁ小説やけどぉ。



あれ? 同じ本が二冊!

シンクロニシティ

   book1711synchro.jpg


ナハハ、間違って二冊借りてしまったぁ、

ではありません。

先日横浜へ帰ったおりに借りてきたんだけど、

読む時間がなくてぇ、郵送で返却したの。

それと同時に神戸の図書館でも借りたの。読もうと思って。

いつ読めるかわからんけどぉ。(字が多い、小さい・・・)


横浜へ返却する前にパチリね。



さぁて、なぁんか段々目も衰えてきてるみたいだし、

読むのが辛くなってきた今日この頃なんですけど。 拡大鏡がいるかなぁ・・・・・・



でもまだ続きます。 (いつか・・・)



      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



それとぉ、明朝5時5分に、勝手にBGM選手権の募集を締め切りますんでよろしく~

    【応募専用フォーム】
   (右メニューにもあり)


ポランさんの朗読はこちら↓

   お題 『 「風」』 のポランさんの朗読



ではでは。     iconetomo.gif 





[ 2017/11/21 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今2件)

[ 1763 ]  本だらけ (1)

 

本三昧でもマンダラケでもござんせん。

いろんな本を並行読みしてます。



自助論

   book1711jijyoron1.jpg



啓発本の最高峰のひとつみたいなこと書いてありました。

   book1711jijyoron2.jpg



明治維新の後、ミリオンセラーになった本に、「学問のすすめ」と「西国立志編」ってのがあって、

その「西国立志編」を翻訳したもんだそうです。

ってその本は知らない・・・

   book1711jijyoron3.jpg



こんなのも読んじょります。 見て楽しんでる、ってところかな?

生ゴミ堆肥ですてきに土づくり

え? まぁなんちゅうか、庭の草刈りやってもらったら、

ゴミ袋が70以上になったんで、捨てるのシンドイなぁ、でなぁんとなく借りてみたの。

   book1711namagomitaihi1.jpg


      ふむふむ。

    book1711namagomitaihi2.jpg


      ふ~むフムフム (ヘムヘムやないよぉ)

   book1711namagomitaihi3.jpg


      ふむフムフム

   book1711namagomitaihi4.jpg



そして、こちらで紹介いただいた、

ブッタ・シッタカブッタ (表紙の色が違うけど、版に依るんでしょね)


book1711sittakabutta1.jpg


面白かったぁ

book1711sittakabutta2.jpg


え?

book1711sittakabutta3.jpg


やっぱり! 十牛図の豚さん版だぁ!

book1711sittakabutta4.jpg

本って面白いねぇ!


で、まだあるんで続きます。(いつ? 後日でしょ!?)



      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

勝手にBGM選手権の募集中ですんでよろしく~

    【こちらの応募専用フォーム】
   (右メニューにもあり)


ポランさんの朗読はこちら ↓
お題 『 「風」』 のポランさんの朗読


応募締め切りは、
11月22日(水) 5時5分
ね。(少々遅れても入れちゃうけどぉ)


      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



ではでは。     iconetomo.gif 






[ 2017/11/17 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今5件)

[ 1746 ]  そりゃ売れん

  
最近火曜に感想記事をアップできませんなぁ。

ということで、とりあえず?



   book1710nekomite.jpg

港かなえさんの本を何冊か読んだけど、この本も予約してたみたい。

何人かの短編集ね。 ま、それなりに面白かったです。 軽~く読めました。

いわゆる各作者の片鱗が窺えるってやつかな?



で、


ヒロシはん。



おぉ? 真面目に~

   book1710hirosi1.jpg




まぁこの辺りはヒロシさん、ですな。

   book1710hirosi3.jpg

   book1710hirosi4.jpg






ふ~ん、これ書道? なかなか味のある、ような気もするけど稚拙とも・・・

      book1710hirosi5.jpg


なんだ? やっぱりおふざけ?

   book1710hirosi6.jpg















大体、こんな表紙で、中身は・・・・・・・・・ その・・・・・・ 

   book1710hirosi7.jpg

かなり危ないネタがある。 女の子は引くやろねぇ~



ということでこの記事のタイトルでしたぁ。




      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



尚です。

明朝5時5分に、勝手にBGM選手権の募集を締め切りますんでよろしく~

   【専用応募フォームはこちら】
   (右メニューにもあり)


ポランさんの朗読はこちら。

   夏目漱石 作 『こころ』より
   (同じく右メニューにもあり)





ではでは。     iconetomo.gif 



[ 2017/10/31 05時05分05秒 ] カテゴリ:・本 | TB(0) |  コメント歓迎!!  (今4件)